ハワイでも使えるWi-Fiレンタルおすすめランキング【6社19プラン徹底比較】

ハワイ旅行のリピーターたちが「ハワイのWiFi対策」にほぼ必ず持って行くのが、セキュリティ万全で格安のレンタルWiFiです。

最近でこそハワイでも無料Wi-Fiスポット(フリーWi-Fi)が多数設置されるようになっていますが、電波が弱かったり速度が遅かったりするスポットが多くて、あまり快適に使えるとは言えないんですよね。

ハワイ(ホノルル)の無料WiFiスポットまとめ

ということで、今日はハワイのリピーターたちが「ハワイでスマホを使うなら必須」とまで言う格安レンタルWiFiについて詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ハワイのレンタルWiFiのおすすめ人気ランキング

ハワイ向けレンタルWiFi人気ランキング
1位 グローバルWiFi
★★★★★
★★★★★

満足度90%

1日970円~
2位 GLOBALDATA(イモトのWiFi)
★★★★★
★★★★★

満足度78%

1日490円~
3位 WiHO!
★★★★★
★★★★★

満足度68%

1日750円~

※2018年5月当ブログによる調査、有効回答数269。「とても満足」~「とても不満」の5段階で尋ね、「とても満足」「満足」と回答した割合。

1位:グローバルWiFi

グローバルWiFiのアメリカ/ハワイ向け機種。通信速度も電池容量も非常に優秀です。

ハワイWiFiレンタルの人気No.1は業界最大手のグローバルWiFi(Global WiFi)。

料金は他社の格安ハワイWiFiレンタルに比べればやや高めですが、その分だけ品質やサービスの質が高く、これまでにグローバルWiFiを利用したわーとら!読者の90%が「満足した」と答えているほど。

ハワイ旅行中のトラブルはできるだけ避けたい、安心してハワイ旅行に出かけたいという方にはおすすめできる会社です。

グローバルWiFiの評価

評価
おすすめ度 4.5

料金に見合った安心感

料金 3

料金設定はやや高め

速度 5

米国No.1のVerizon社回線

容量 5

300MB~無制限まで豊富なプラン

電池持ちの良さ 5

まる1日使っても電池持ちは十分

受け取り・返却の便利さ 5

・受取は全国16空港+ハワイ現地受取
・待ち時間ゼロのスマートロッカー(成田・羽田・関空・中部)
・返却は24時間OK

トラブル対応 5

LINEに友達登録すれば24時間無料でトラブル対応

グローバルWiFiのハワイ容量プランと料金

速度・容量 料金/日
高速4G 標準容量
(250MB→300MBに増量中)
970円
高速4G 大容量 オススメ!
(500MB→600MBに増量中)
1270円
高速4G 超大容量
(1GB→1.1GBに増量中)
1470円
高速4G 無制限 2370円

グローバルWiFiの口コミ

初めての海外旅行だったので、ネットでの評判が良かったグローバルWiFiをレンタルしてみました。速度もとても快適だったので、帰り道に迷った時もグーグルマップを使って安心して帰れました。(20代女性)

ハワイは何度も行っていますが、グローバルWiFiはバッテリー容量も十分で、心配な時にはいつでもすぐに使える安心感がありました。(30代女性)

グローバルWiFiのおかげで、ハワイにいる間ずっと料金の心配なくインターネットが使えたのが便利でした。(30代女性)

繋がりやすいと評判のグローバルWiFiを借りてみました。外でもネット環境がある安心感があって、レンタルして大正解でした。(20代女性)

大容量のグローバルWiFiをレンタルしたのでいつでも自分専用のWiFiが使えて、セキュリティの不安がありませんでした。(20代女性)

グローバルWiFiのキャンペーン

👉わーとら!からの申込みで1000円OFF!

グローバルWiFiではわーとら!からの申込み&4000円以上の利用で、レンタルWiFiの通信料が1000円OFFに!

👉わーとら!からの申込みで受渡し手数料が無料に!

わーとら!からグローバルWiFiを申し込めば、通常500円(税別)のレンタルWiFi受渡し手数料がなんと無料に!

👉最大20%⤴⤴各プラン容量増量中!

いまグローバルWiFiを申し込むと、3G/4Gの各プランで【通常プラン250MB→300MB】【大容量プラン500MB→600MB】【超大容量プラン1GB→1.1GB】の超太っ腹増量中!

👉【優先スマートピックアップ】受渡し待ち時間ゼロ!

グローバルWiFiが各空港に設置中の「スマートピックアップ」での受け取りを選択すれば、WiFiが優先的に受け取れるから、朝の混雑する時間帯でも行列に並ばず待ち時間ゼロ

私はこれまでプライベートや仕事の出張で何度もグローバルWiFiを使っていますが、電波もいつも安定していますし、サポート体制がちゃんとしているので、いつも安心して使えています。

 

 

2位:イモトのWiFi

イモトのWiFiは世界ほぼ共通の機種で、扱いが簡単なのがポイント。

TV-CMなど初心者用WiFiレンタルとして知名度が非常に高いイモトのWiFi

わーとら!管理人も何度かイモトのWiFiを利用したことがありますが、カウンターでの説明が非常に丁寧だったり、機種が統一されていて使いやすいなど、初心者向けの配慮が随所になされているのを感じます。

速度の遅い3Gプランを除いては料金設定もかなり高く、価格の高い4Gプランを選択してもあまりスピードが出ないという声もありますが、性能にあまりこだわりがない方なら3Gプランなどにすれば費用も節約できていいですね。

イモトのWiFiの評価

評価
おすすめ度 4

初心者向けの配慮が随所に

料金 2

料金設定はかなり高め

速度 3

速度遅めのAT&T社回線

容量 4

500MB/1GBの2つから選択

電池持ちの良さ 3

電池持ちが悪いという声も

受け取り・返却の便利さ 3

・受取は国内6空港
・待ち時間ゼロのスマートロッカー対応(関空)
・返却は24時間OK

トラブル対応 3

営業時間中に国際電話にて対応

イモトのWiFiのハワイ容量プランと料金

速度・容量 料金/日
低速3G 
大容量(500MB)
490円
低速3G 
超大容量(1GB)
840円
高速4G 
大容量(500MB)
1580円
高速4G 
超大容量(1GB)
1880円

イモトのWiFiの口コミ

イモトのWiFiをレンタルしましたが、速度が思ったより速くとても使いやすかったです。それとともに充電の減りがとても早かったです。使える場所が限られていて接続ができない場所などあったのでもっと広い範囲で使えれば良いと思います。容量ももっとあれば良いと思います(20代男性)

ポケットサイズのイモトのWiFiルーターは便利でした。動画を見たりするわけではないので速度も充分で、一日あたりの通信料金も定額プランにより安価で利用できるのも安心できた。(50代男性)

イモトのWiFiを自宅受け取り&空港返却で利用して、旅行の前後に面倒な手続きのロスタイムがないのが魅力的でした。接続方法も簡単で、なおかつ接続のスピードも速く、安心して使うことができました。ちょっと見た目が汚れていて古い?ものだったのか、バッテリーの持ちがやや弱いのが残念でしたが、おおむね満足でした。(20代女性)

イモトのWiFiへの接続は簡単でした。海外でも気軽にネットや連絡が出来るのは便利だと思いました。海外での待ち合わせも不安にならず、携帯が使えました。通信料の割に容量が少なかったです。(50代女性)

イモトのWiFiのキャンペーン

👉超早割で最大35%OFF!

イモトのWiFiでは夏の旅行シーズンに備えて、65日以上前からの申し込みでレンタル料金が大幅割り引き(最大35%OFF)になる「超早割」キャンペーンを6月26日まで実施中です。

イモトのWiFi
3位:Wi-Ho!(ワイホー)

Wi-Hoはコスパが売りのWiFiレンタル。旅慣れた人にはオススメです。

定期的に激安キャンペーンを開催するので格安WiFiユーザーに人気のWiHO!(テレコムスクエアのワイホー)

使い勝手など若干のクセはありますが、それを上回るコスパなので、WiFi料金を節約したい方は必見です。

WiHo!(ワイホー)の評価

評価
おすすめ度 3

クセはあるがコスパは抜群

料金 5

キャンペーン適用で激安に

速度 4

実用十分のT-Mobile回線

容量 5

300MB~無制限まで柔軟に選べる

電池持ちの良さ 2

電池持ちはあまり良くない

受け取り・返却の便利さ 4

・受取は国内6空港
・成田空港T3で受け取れるのが便利
・返却は24時間OK

トラブル対応 3

営業時間中に国際電話にて対応

WiHo!(ワイホー)のハワイ容量プランと料金

速度・容量 料金/日
高速 
4G標準容量(300MB)
750円
高速4G 
大容量(500MB)
1050円
高速4G 
超大容量(1GB)
1250円
高速4G 
無制限
1850円

WiHo!(ワイホー)の口コミ

ワイホーは接続方法もとても分かりやすく、一台で10回線まで接続できたので、友達と一緒に利用する事ができて助かりました。(50代女性)

ワイホーの通信速度や安定性、バッテリーの持ちなどはあまり良い印象はなく、最低限の通信のみにとどめ、保険的な役割として持ち歩きました。(20代男性)

テレコムスクエアのワイホーが1番簡単で毎年利用していますが、機器によって当り外れがあり、渡航先でネットが勝手に途切れるものにあたると困ります。リセットの仕方等も説明書きはあったのですが、それをやっても不具合が解消されませんでした。(50代女性)

ワイホーを空港で受け取るときに、だいたい分かりずらい、狭い乗り場から遠いところに受け取り所があるので不便ですが、安いから仕方ないかなぁと思いました。(20代女性)

WiHo!(ワイホー)のキャンペーン

👉無制限プランが最大40%OFF!

ワイホーでは夏の旅行シーズンに先立ち、無制限プランが最大40%OFFになるキャンペーンを6月28日まで実施中です。

WiHO!(テレコムスクエアのワイホー)

ハワイのレンタルWiFiの使い方

SSIDとパスワードはポケットWiFi本体に貼り付けてあることが多いです。(写真はグローバルWiFi)

ハワイのレンタルWiFiの使い方は、ホノルル空港に到着したら貸し出されたポケットWiFi(WiFiルーター)の電源を入れるだけ、ととっても簡単。

スマホやタブレットをポケットWiFiに接続する方法も、2つの操作をするだけ。

1.ポケットWiFiに書いてある「SSID」に接続して
2.パスワードを入力する

たったこれだけで、自分専用のWiFiがハワイでも安全に使えるようになるんです。

モバイルバッテリーのレンタルは必要?

モバイルバッテリーがあれば街歩きも安心

レンタルWiFiの機種によっては、内蔵電池の連続稼働時間が3~4時間程度のものがあるので、移動中もポケットWiFiを充電できるようモバイルバッテリーをレンタルまたは購入するのがオススメです。

モバイルバッテリーはどのくらいの充電容量が必要?

モバイルバッテリーのサイズ比較。左から20000mAhクラス、10000mAhクラス、5000mAhクラス、比較用のiPhone7。

あまりネットを使わないならコンパクトな5,000mAh程度のバッテリーでも十分です。グループ旅行だったり、地図アプリやSNSなどで良くスマホを使う場合は10,000mAh前後のものを持っていくと、充電切れの心配がありません。

モバイルバッテリーをレンタルすれば自分のスマホにも充電できる?

モバイルバッテリー(右)のUSB-A端子とiPhone7(左)のライトニング端子

モバイルバッテリーのUSB-A端子から自分のスマホにつなげる充電ケーブルを持って行けば、レンタルしたモバイルバッテリーから自分のスマホに充電することができます。

手持ちのバッテリーからレンタルWiFiも充電できる?

ポケットWiFiに充電するにはmicro(マイクロ)USBケーブルが必要

もし自分の手持ちのバッテリーがあるなら、そのバッテリーをレンタルしたポケットWiFiの充電用に使うこともできます。

ポケットWiFiの充電端子はmicro(マイクロ)USBになっているので、レンタルセットに付属しているmicro(マイクロ)USBケーブルか、手持ちのUSB充電ケーブルを使うこともできますね。

内蔵バッテリー容量の大きいレンタルWiFiは?

グローバルWiFiがハワイ向けにレンタルしている機種。内蔵バッテリー容量が大きいので1日中外出していても大丈夫。

グローバルWiFiなどはポケットWiFi本体の内蔵バッテリー容量が十分との口コミが多いプランです。

こうした大容量バッテリー搭載で連続稼働時間の長い機種をレンタルすれば、一日中外出するような日でも予備のモバイルバッテリーをレンタルして充電する必要がないので、移動中の荷物を少なく身軽に旅行できますね。

【2019年9月更新】ハワイのレンタルWiFiを徹底比較

ここからはハワイ向けの主要レンタルWiFi会社6社(グローバルWiFiイモトのWiFiWiHO!(テレコムスクエアのワイホー)アロハデータXMobilejetfi)の料金プラン・速度・通信容量について徹底的に比較してみたいと思います。

価格や性能を徹底的に比較してから申し込みたいという方はどうぞ参考にしてください。

価格・容量・料金で比較

まずは、レンタルWiFi6社の料金プラン19種類を、通信料が安い順番に見ていきましょう。

申し込み 料金/日 速度・容量 契約手数料
最安 人気No.2 
イモトのWiFi
490円 低速3G大容量 無料
ALOHA DATA 690円 高速4G大容量 無料
~540円
Wi-HO! 750円 高速4G 無料
~540円
イモトのWiFi 840円 低速3G超大容量 無料
XMobile 850円 高速4G 360円(宅配)
~2160円(空港)
人気1位 
グローバルWiFi
970円 高速4G 無料
ALOHA DATA 930円 高速4G無制限 無料
~540円
jetfi 980円 高速4G 650円(空港)
~1250円(宅配)
Wi-HO! 1050円 高速4G大容量 無料
~540円
XMobile 1100円 高速4G大容量 360円(宅配)
~2160円(空港)
Wi-HO! 1250円 高速4G超大容量 無料
~540円
グローバルWiFi 1270円 高速4G大容量 無料
jetfi 1280円 高速4G大容量 650円(空港)
~1250円(宅配)
グローバルWiFi 1470円 高速4G超大容量 無料
jetfi 1580円 高速4G無制限 650円(空港)
~1250円(宅配)
イモトのWiFi 1580円 高速4G大容量 無料
Wi-HO! 1850円 高速4G無制限 無料
~540円
イモトのWiFi 1880円 高速4G超大容量 無料
グローバルWiFi 2370円 高速4G無制限 無料
通信容量の目安
  • 標準容量:1日250MB~300MBが目安。LINEをしたりインスタグラムなどのSNSを見る程度の使い方なら全然OK。動画を見たり、グループ旅行やビジネス出張の場合は容量に注意しながら使う必要があるかも。
  • 大容量:1日500MB~600MBが目安。旅行中もネットをよく使う人におすすめ。LINEやインスタなど軽い使い方ならグループ旅行でもOK。
  • 超大容量:1日1GB~1.1GBが目安。グループ旅行やビジネス出張に最適。大抵の使い方ならまず使い切らない容量、動画も1時間ぐらいまでなら大丈夫。
  • 無制限:動画もビデオチャットもグループ旅行もまったく問題なし。ただ、「1日中動画を流しっぱなし」などの極端な使い方をすると制限がかかる場合もあるのでご注意ください。

会社によってWiFiの速度に違いがある?

ハワイでレンタルWiFiを提供している各社は、それぞれ現地のどの通信会社と提携しているかによって、WiFiの速度にいくらか違いがあります。

そこで、レンタル会社によるハワイの通信速度を比較してみました。

順位 WiFi会社/プラン 現地通信会社 WiFi速度
1位 グローバルWiFi Verizon かなり速い
アロハデータ basic
3位 アロハデータ Super/BIG T-Mobile 速い
WiHO
5位 イモトの
WiFi
4Gプラン
AT&T やや遅い
6位 jetfi CloudSIM 遅い
出典:rootmetricsによる調査結果(2019年1月)他

ハワイ向けのレンタルWiFiの中で極端に遅い会社はないのですが、Verizon回線を使用しているグローバルWiFi(Global WiFi)やアロハデータの「アロハデータbasic」プランはかなりの速さでWiFiが使えそうです。

逆に、AT&T社の回線を使用しているイモトのWiFiは、やや遅いと感じるかもしれません(それでも、動画の送受信をするのでなければ十分な速さです)。

レンタルWiFi通信速度の目安
  •  遅い ~1Mbps:LINEのテキストメッセージ(文字のみ)ならなんとか使えるレベル。場合によってはテキストメッセージすら厳しいことも。
  •  やや遅い 1Mbps~10Mbps:LINEなどのメッセージアプリやWEB検索ぐらいなら十分使える。地図アプリや、インスタなど写真が多いアプリ・ページだと少し引っかかりを感じるかも。
  •  速い 10Mbps~20Mbps:Google Mapなどの地図アプリや、インスタなど写真が多いページ・アプリでも問題なく見られる。動画も画質を落とせば十分見られる
  •  かなり速い 20Mbps~:WEB検索や地図アプリはもちろん、動画視聴も問題なく使えるレベル。インスタやLINEに動画を上げてもストレスフリー

3Gプランのメリット・デメリット

イモトのWiFiが提供しているハワイ向け3GレンタルWiFiプランは価格がかなり安いので、LINEでテキストメッセージしか送らない、というような場合には費用を節約できて便利です。

ただし、3Gプランは場合によっては日本でスマホの速度制限にかかったような遅さになることもあるため、マップを見たり、LINEやインスタで画像を送ったりするのには不向きなことに注意が必要です。

画像をたくさん使ったブログ等を読み込むのも、3G回線ではかなり遅く感じるでしょう。

jetfiに「遅い」口コミが多い理由

上の料金表でも最安値になっている「jetfi」、ネットの口コミを見ると「遅い」という書き込みが多く見られます。

これはjetfiが「クラウドSIM」という特殊な仕組みを使っているため。

日本でも「楽天モバイル」や「LINEモバイル」などの格安SIMはドコモ/au/ソフトバンク本体よりもかなり速度が遅くなることがありますが、これと同じことがjetfiでも起きているようです。

特にハワイのjetfiはかなり遅いという口コミが多いので、マップ検索をしたり写真をアップしたりすることが多いなら、他社のプランの利用も検討することをおすすめします。

WiFiの予約申し込み期限で比較

ハワイ旅行の間際になってWiFiの申し込みを忘れてたことに気がついた!

そんな時に助かるのが、間際の申し込みも受け付けてくれるWiFiレンタル会社ですね。

ハワイ向けWiFiのレンタル申込期限は、会社によって、また同じ会社でも受け取り空港によっても異なります。

特にハワイ旅行の出発日が近いという方は、この表を参考にしてまだ申し込みができるWiFiレンタル会社を探してくださいね。

成田空港

順位 WiFi会社 申込期限 備考
1位 アロハデータ 前日17時まで その日申込は不可
2位 イモトの
WiFi
前日16時まで その日でも在庫があれば申込可
3位 グローバルWiFi 前日15時まで その日でも在庫があれば申込可
4位 WiHO 前日12時まで その日でも在庫があれば申込可
5位 jetfi 2日前12時まで 前日申込・その日申込は不可
6位 XMobile 2営業日前16時まで 前日申込・その日申込は不可

羽田空港

順位 WiFi会社 申込期限 備考
1位 イモトの
WiFi
前日16時まで その日でも在庫があれば申込可
2位 グローバルWiFi 前日15時まで その日でも在庫があれば申込可
3位 WiHO 前日12時まで その日でも在庫があれば申込可
4位 アロハデータ 2日前17時まで 前日申込・その日申込は不可
5位 jetfi 2日前12時まで 前日申込・その日申込は不可
6位 XMobile 2営業日前16時まで 前日申込・その日申込は不可

関西空港

順位 WiFi会社 申込期限 備考
1位 グローバルWiFi 前日15時まで その日でも在庫があれば申込可
2位 イモトの
WiFi
2日前16時まで 前日申込は不可、その日は在庫があれば申込可
3位 WiHO 2日前12時まで その日でも在庫があれば申込可
4位 jetfi 2日前12時まで 前日申込・その日申込は不可
5位 XMobile 2営業日前16時まで 前日申込・その日申込は不可
6位 アロハデータ 3日前14時まで 前日申込・その日申込は不可

中部空港(セントレア)

順位 WiFi会社 申込期限 備考
1位 イモトの
WiFi
2日前16時まで 前日申込は不可、その日は在庫があれば申込可
2位 グローバルWiFi 2日前15時まで その日でも在庫があれば申込可
3位 WiHO 2日前12時まで 前日申込・その日申込は不可
3位 jetfi 2日前12時まで 前日申込・その日申込は不可
5位 XMobile 2営業日前16時まで 前日申込・その日申込は不可
6位 アロハデータ 3日前14時まで 前日申込・その日申込は不可

福岡空港

順位 WiFi会社 申込期限 備考
1位 グローバルWiFi 2日前15時まで その日でも在庫があれば申込可
2位 jetfi 3日前24時まで 前日申込・その日申込は不可
3位 イモトの
WiFi
3日前16時まで 前日申込は不可、その日は在庫があれば申込可
4位 WiHO 3日前12時まで 前日申込・その日申込は不可
5位 XMobile 3営業日前16時まで 前日申込・その日申込は不可

新千歳空港

順位 WiFi会社 申込期限 備考
1位 イモトの
WiFi
3日前16時まで 前日申込は不可、その日は在庫があれば申込可
2位 グローバルWiFi 3日前15時まで 前日・その日申込は不可
3位 WiHO 3日前12時まで 前日申込・その日申込は不可
4位 XMobile 3営業日前16時まで 前日申込・その日申込は不可
5位 jetfi 3日前24時まで 前日申込・その日申込は不可

那覇空港

順位 WiFi会社 申込期限 備考
1位 グローバルWiFi 2日前15時まで その日でも在庫があれば申込可
2位 jetfi 3日前24時まで 前日申込・その日申込は不可

その他の空港

空港 申込期限 備考
伊丹空港 グローバルWiFi 2日前15時まで その日でも在庫があれば申込可
仙台空港 2日前15時まで その日でも在庫があれば申込可
静岡空港 2日前15時まで 前日・その日申込は不可
小松空港 2日前15時まで 前日・その日申込は不可
大分空港 2日前15時まで 前日・その日申込は不可
宮崎空港 2日前15時まで 前日・その日申込は不可
旭川空港 3日前15時まで 前日・その日申込は不可
新潟空港 3日前15時まで 前日・その日申込は不可
秋田空港 jetfi 3日前24時まで 前日・その日申込は不可
広島空港 3日前24時まで 前日・その日申込は不可
松山空港 3日前24時まで 前日・その日申込は不可
鹿児島空港 3日前24時まで 前日・その日申込は不可

宅配受け取りの申し込み期限

順位 WiFi会社 申込期限 備考
1位 アロハデータ 前日17時まで 空港への発送も可能
2位 イモトの
WiFi
2日前16時~4日前16時まで 発送先によって異なる
3位 WiHO 2日前12時~3日前12時まで 発送先によって異なる
4位 jetfi 2日前12時~12日前12時まで 発送先によって異なる
5位 グローバルWiFi 3日前15時~4日前15時まで 発送先によって異なる
6位 XMobile 2営業日前16時~4営業日前16時まで 発送先・発送方法によって異なる

万が一のときの補償範囲で比較

不慣れな海外、しかも小さなレンタルWiFi機器(ポケットWiFiルーター)は、十分に注意していても盗難や紛失に遭う危険も高くなります。

万が一の時の補償に備えて申し込んでおくと安心な、各社の「あんしん補償」などの補償オプションを比べてみました。

順位 WiFi会社 部分補償 オススメ
100%補償
追加補償
1位 アロハデータ 200円
1位 WiHO 200円
3位 イモトの
WiFi
200円
・80%補償
300円 500円
・携行品20万円
・手荷物遅延10万円
・航空機遅延2万円
・後遺障害10万円
4位 グローバルWiFi 200円
・80%補償
300円 500円
・携行品10万円
・手荷物遅延10万円
・傷害死亡30万円
XMobile 料金の15%
・免責1080円
・盗難紛失は補償外

わーとら!が強くお勧めしている「100%補償」プランで比較すると、アロハデータWiHO!(テレコムスクエアのワイホー)が1日あたり200円で最安となっています。

日数が長くなれば、補償オプションの差額も大きくなるので、賢く選択したいですね。

海外旅行保険に入っていればあんしん保証は不要?

海外旅行保険の「レンタル品の賠償責任保障」は、ほとんどの場合で盗難に対応していません。できるだけレンタルWiFi会社のあんしん保証オプションを申し込んでおくことをおすすめします。

バッテリーなどのオプションで比較

WiFiルーターに予備のモバイルバッテリーから充電

レンタルWiFi会社では、モバイルバッテリーやUSB充電器などもレンタルしています。

上手に使うとハワイ旅行がもっと楽しくなりますね。

バッテリー・充電器のレンタル料金

ポケットWiFi機器+充電用USBケーブル+充電器+変換プラグがレンタルWiFiの基本セット

レンタルWiFiの基本セットにはその国のコンセントに対応した変換プラグ+WiFi機器用充電器+充電ケーブルが付属しているので、オプションでさらに追加する必要はありません。

自分用のスマホやモバイルバッテリーの充電器に使うための変換プラグが別途必要な場合には、オプションの変換プラグを追加すると便利です。

グローバルWiFi イモトの
WiFi
WiHO アロハデータ XMobile
モバイル
バッテリー
200円 200円
~360円
200円
~300円
100円 500円
/1回
USB充電器 150円
充電器用
変換プラグ
50円 180円 400円
/1回
シガーソケット
用USB充電器
100円 100円 100円

その他オプション

グローバルWiFi イモトの
WiFi
360°カメラ 500円 700円
セルカレンズ 100円
折りたたみ
キーボード
300円
翻訳機 500円~800円
ノイズ
キャンセリング
イヤホン
100円

スマートフォン・タブレット

グローバルWiFi XMobile
iPad/iPad mini 500円 400円
~650円
iPhone 600円
~800円
Android
スマートフォン
400円
~800円
Android
タブレット
450円
~760円

日本の受け取り空港で比較

レンタルWiFi初心者にオススメなのが、レンタルWiFi各社の 自社 カウンターでの受け取り。

ルーターの取扱方法や、海外でのパケット漏れを防ぐ方法など、親切に教えてもらえます。

各社の日本の空港カウンターをまとめてみました。

グローバルWiFi イモトの
WiFi
WiHO アロハデータ XMobile
成田(第1)  自社 
 ロッカー 
 自社   自社   委託   委託 
成田(第2)  自社   委託   委託   委託   委託 
成田(第3)  自社 
羽田(国際線)  自社 
 ロッカー 
 自社   委託   委託   委託 
関空(第1)  委託 
 ロッカー 
 自社 
 ロッカー 
 委託   委託   委託 
関空(第2)  自社 
中部セントレア  自社 
 ロッカー 
 自社   自社   委託   委託 
グローバルWiFi イモトの
WiFi
WiHO アロハデータ XMobile
福岡  自社   自社   自社   委託 
新千歳  委託   自社   自社 
那覇  自社 
伊丹  自社 
 ロッカー 
仙台  自社 
宮崎  委託 
新潟  委託 
静岡  委託 
旭川  委託 
小松  委託 
空港カウンターの種類
    • 直営カウンター:レンタルWiFi会社直営の受け取りカウンター。使い方の説明も受けられるので、レンタル機器(ポケットWiFiルーター)を使うのが初めての方にオススメ。
    • 委託カウンター:空港運営会社や運送業者などが運営するカウンター。大抵の場合、専門スタッフはいないので、使い方に関する説明や質問を受けることはできない
    • スマートロッカー:グローバルWiFi(Global WiFi)やイモトのWiFiが主要空港に設置している無人受け取りロッカー。待ち時間なしで受け取れるので、説明を受ける必要がないなら超オススメ。

グローバルWiFi成田空港のスマートロッカー(スマピ)

サポート体制で比較

レンタルWiFiを使うのは初めてという方の場合、心配になるのが、もし電波がつながらなかったり、機器にトラブルが発生したときの相談窓口

ということで、海外滞在中のトラブル対応窓口についても、比較してみましょう。

連絡方法 連絡可能時間帯
グローバルWiFi LINE/Skype
国際電話(有料)
24時間365日
WiHO 国際電話(有料) 9:00-18:00
(年中無休)
アロハデータ 国内電話(有料) 9:00-18:00
(現地時間・年中無休)
イモトの
WiFi
国際電話(有料) 9:00-20:00
(土日祝は短縮)
XMobile LINE
国際電話(有料)
9:30~12:00
/13:00~18:00
(土は短縮,日祝休み)

24時間365日体制のサポート、しかもLINEやSkypeなどの無料通話にも対応と抜群の手厚いサポート体制なのがグローバルWiFi(Global WiFi)。

アロハデータは現地オフィスがあるため、ハワイ時間で電話相談を受けてもらえるのがポイントです。

アロハデータの口コミまとめ

アロハデータの口コミってどうなの?詳しく調べてみました【ハワイ旅行】
ハワイ専用のWiFiルーター(ポケットWiFi)をレンタルしている「」という会社があります。値段も安くて容量(ギガ)も多いので、来年のハワイはこれで行こうかなと思っているんですが、アロハデータの口コミってネットにもあまりないんですよね。でき

他社に関しては営業時間が日本基準なことに注意が必要です。時差のあるハワイでのトラブル対応は、ちょっと難しいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました