シンガポールのWiFiはレンタルがおすすめ!料金とメリットを比較してみた

シンガポール旅行中も、いつも使っている自分のiPhoneやスマホが使えるという「レンタルWiFi」について、各社の料金、通信容量、利用方法や受け取り可能な空港などをまとめてみました。

 

シンガポールのフリーWiFiサービス事情

でも最近は、シンガポールでも空港やカフェに無料のWiFiスポットがあるって聞いたし、ホテルのWiFiもあるから、フリーWiFiだけでも旅行できるのかなぁ…?

そうですね、最近ではチャンギ国際空港や、ホテル、カフェ、ファストフード店、ショッピングモールなどでフリーWiFiスポット(無料のワイファイを使ってインターネットにつなげる場所)があることは珍しくなくなりました。

では、まずはシンガポール旅行でフリー(無料)WiFiはどのぐらい使えるのか、シンガポールの公衆WiFi事情をご紹介しますね。

シンガポールのフリーWiFiが利用できる場所は?

シンガポールのフリーWiFiの特徴は、シンガポール政府が設置した「Wireless@SG」という無料の公衆WiFiが街の各所に整備されていることです。

チャンギ空港やショッピングセンターの他にも、主要な観光地はもちろん、公共交通機関、ファストフード店・カフェなどにもこの政府系無料WiFiスポットが多数設置されていて、うまく使いこなせばシンガポール旅行にかなり便利です。

ただこのシンガポール政府の無料WiFi、SIMフリースマートフォンが必要などの条件があって初心者にはやや難しいのが残念なところです。

Wireless@SGの利用方法

利用可能な場所:チャンギ空港、公共交通機関、ショッピングセンター、ファストフード店、カフェ等

  1. チャンギ空港に到着したら、現地のSIMを購入し、SIMフリースマートフォンにセットします。
  2. スマートフォンのWiFi接続画面から「Wireless@SG」を探し、接続します。
  3. 必要事項を入力して登録すると、英文でSMS(ショートメール)が届きます。(日本の携帯電話番号(SIM)ではSMSが受信できません)
  4. SMSに送られたPIN(パスワード)を入力すれば利用可能です。

チャンギ空港フリーWiFi:

利用可能エリア:チャンギ空港内(場所によって電波の弱い場合があります)

申込・利用方法
  1. チャンギ空港に到着したら「Free WiFi」サインの下に設置されているパスワード発行機(パソコンのような機械)を探します。
  2. パスワード発行機にパスポートを読み込ませると、フリーWiFi接続用のパスワードが発行されます。
  3. スマホのWiFi設定画面から「WiFi@Changi」に接続し、ログイン画面が表示されたら先ほど発行したパスワードを入力します。

チャンギ空港のフリーWiFiなら私でも使えそうね。

シンガポールのホテルWiFi

シンガポールでは、外国人旅行者が泊まるようなホテルなら、ほぼ全てWiFiが完備しています。

ホテルのWiFiは速度も十分出ることが多いので、大きなファイルなどはホテルに戻ってから送受信するとレンタルWiFiの容量を節約できますね。

Wireless@SGなど無料WiFiスポットの弱点

このように、シンガポールの無料WiFiスポットの数はかなり多いのですが、問題はWiFiスポットのエリアが狭いので移動しながら使えないことと、速度が遅いこと。

また、多くのフリーWiFiには、時間制限や回数制限があるので、ゆっくり使えないのが残念なところです。

シンガポールの無料WiFi利用者の口コミ

  • WiFiが使える時と使えない時があって、安定していなかったです。(チャンギ空港)
  • ワイハイに繋がるのが遅いのが不満でした。(シンガポール市内)
  • ワイファイの設定が分かりづらく、セキュリティ面も心配でした。(スターバックス)

うーん、シンガポールのフリーWiFiが無料なのはうれしいけど、面倒で使いにくそうだし、特にやっぱりセキュリティが不安かな…

シンガポールの海外パケット定額は料金が高い!?

友だちがシンガポールで「海外パケホーダイ」使ったらしいんだけど、かなり高かったって言ってた…

そう、シンガポールでは、ドコモの「海外パケ・ホーダイ」、auの「海外ダブル定額」、ソフトバンクの「海外パケットし放題」などのプランが提供されていますよね。

でもこの「海外パケット定額」プラン、料金が1日あたり2,980円と、とても高いんです。

海外パケット定額対応の国でも、スマホの機種によっては定額料金にならない場合があるので、事前にしっかり確認することをお勧めします。
事例 「海外パケット定額」適用されずパケット代76万円

 

そこで旅の達人たちが使っているのが、セキュリティ万全で格安、しかもグループのみんなでシェアもできるレンタルWiFiです。


海外ポケットWiFiレンタルは安全で利用方法も簡単!

でも、レンタルWiFiなんてやったことないんだけど、機械が苦手な私でも大丈夫かな…?

海外レンタルWiFiは実は、意外と使い方も簡単なので初心者でも安心して利用できるんですよ。

モバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)には、あらかじめ初期設定がされているので、チャンギ国際空港に到着したら電源を入れるだけでOKです。

1分ほどでシンガポール現地の電波につながって、すぐにインターネットが使えるようになります。

スマホやタブレットをポケットWiFiに接続するのも、たったの2ステップ!

1.ポケットWiFiに書いてある「SSID」に接続して
2.パスワードを入力する

ほとんどの場合、SSIDとパスワードは本体にテプラで貼り付けてあるので、すぐに見つかりますよ。

ポケットWiFiにはスマホやタブレット、パソコンなどを同時につなげても、シンガポールに一緒に行く友だちとシェアしても全然大丈夫です。

 

ポケットWiFiを主要空港で受け取れば、カウンターで操作説明を受けられるので、もっと安心ですね。

シンガポールでレンタルWiFiを使った口コミ

常に家族や友人と連絡が取れるので安心感がありました。
接続方法も簡単でスピードも速かったです。

シンガポールのレンタルWiFi料金を徹底比較!

ここからは、シンガポール向けにレンタルWiFiを提供している、主な4社の料金を比較していきたいと思います。

シンガポール向けレンタルWiFi会社
Wi-HO!
海外専用グローバルWiFi(Global WiFi)
海外WiFiのエクスモバイル(XMobile)
GLOBALDATA(イモトのWiFi)


基本料金はWi-HO!が安い

各社のシンガポール向けレンタルWiFiの基本料金を比べてみたところ、最安値はWi-HO!の高速4Gプラン(1日あたり680円)でした。

シンガポール レンタルWiFiの基本料金
最安Wi-HO!
高速4G
1日680円成田 羽田
関空
2位XMobile
高速4G
1日850円成田 羽田
関空 中部
福岡 千歳
3位グローバルWiFi
高速4G
1日970円



1日680円なら海外パケ放題よりぜんぜん安いし、WiFiをレンタルしていくのもよさそうね。

 

コラム:シンガポール観光名所その1「マリーナ・ベイ・サンズ」
3つのタワーから成る巨大ホテルでは、ショッピング、グルメ、ミュージアム、エステ、カジノなどを楽しめます。最大の特徴は地上57階にあるインフィニティ・プール。宿泊客しかプールに入れません。タワーの上の空中庭園には宿泊していなくても入れます。

レンタルWiFiのオプション・補償は必要?

レンタルWiFiには自撮り棒やモバイルバッテリー、シガーソケット用充電器など、様々なオプションがありますが、1つだけ強くお勧めしたいのが、「安心補償オプション」(「あんしん保証」「あんしん補償」「あんしんパック」)です。

WiFi機器(ポケットWiFi)は専用のものがレンタルされるので、変圧器や変換プラグのオプションは必要ありません。

ポケットWiFiは小さくて高価な機械なので、もしポケットWiFiを盗まれたり壊したりすると、非常に高額の弁償をすることになります。

でも、レンタルWiFi各社の安心補償オプションを付けておけば1日あたり200円~300円で万が一の時の保障が受けられるので安心です。

実際に、あるレンタルWiFi会社ではユーザーの3人に2人以上が安心補償オプションに申し込んでいるそうです。

ただし、XMobile(エクスモバイル)の「あんしん補償」は盗難・紛失には対応していない(故障・水没・破損のみ対象)ので注意してください。

総額ならWi-HO!が安い

シンガポール向けレンタルWiFiの通常プランの料金を、空港受け渡し手数料と安心補償(100%補償タイプ)を含めた5日間の総額で比較すると、Wi-HO!の高速4Gプランが最安になりました。

シンガポール レンタルWiFi 5日間の料金
最安

Wi-HO!
高速4G

5,020円

2位グローバルWiFi
高速4G

6,228円

3位XMobile
高速4G

6,379円

 

でも、レンタルWiFiって値段だけで決めていいの?他に気をつけることはないの?

コラム:シンガポールの観光名所その2「マーライオンパーク」
マリーナ湾に面した公園には、口から水を噴き出すマーライオンと、小さいマーライオン像の2体が。マリーナベイ・サンズを背景に写真が撮れます。夜にはライトアップされ綺麗です。ただし23時には水が止まるので要注意。

シンガポール向けレンタルWiFiを選ぶときに注意すること

さて、シンガポール向けレンタルWiFiを選ぶ時には、いくつか注意する点があります。

特に注意しておきたいのは、

  • 通信速度
  • 容量制限
  • バッテリー

の3つです。


レンタルWiFiに予備バッテリーは必要?

ほとんどのレンタルWiFi機種は、バッテリーの連続使用可能時間が3~4時間程度になっているので、移動中も充電できるよう予備バッテリーを持っていくのがオススメです。

あまりネットを使わないなら重量の軽い5,000mAh程度のバッテリーでも充電は十分持つでしょう。グループ旅行だったり、地図アプリやSNSなどで良くスマホを使う場合は10,000mAh前後のものを持っていくと、充電切れの心配がありません

滞在中は、夜間にポケットWiFiとモバイルバッテリーの両方を充電するのを忘れないようにしましょう。


3Gプランと4Gプランどっちがいい?

海外WiFiレンタルには3Gプランを提供している会社もありますが、3G回線は速度がかなり遅く、画像を送ったりGoogleマップで地図を見たりする用途には向いていません>>3Gと4Gについてもっと詳しく

もし、渡航先で4Gプランが提供されているなら、4Gプランを選んでおくのが間違いなくオススメです。

4Gプランなら、ほとんどの場合3Gエリアと4GLTEエリアの両方で使えるので、より広いエリアで快適にインターネットを使うことができますよ。

シンガポール レンタルWiFi 4Gプラン 5日間の料金
Wi-HO!高速4G5,020円
グローバルWiFi高速4G6,228円
XMobile高速4G6,379円

グループ旅行なら通信容量の大きなプランがおすすめ

グループ旅行や動画を見るなど通信容量がたくさん必要な場合、1日500MB以上の通信容量が保証されている4G大容量プラン1日1GB以上の4G超大容量プランを選んでおけば、通信容量の制限で不便な思いをしません。

シンガポール レンタルWiFi 4G大容量プラン 5日間の料金
Wi-HO!高速4G大容量6,520円
グローバルWiFi高速4G大容量7,178円
グローバルWiFi高速4G超大容量8,128円


レンタルWiFiはどこの空港で受け取れる?

レンタルWiFiは、成田・羽田・関空・中部セントレア・福岡・新千歳など国内の各空港にあるレンタルWiFiカウンターで受け取ることができます。

特に主要空港にあるレンタルWiFi会社直営カウンターでは、受け取り時に操作の説明も受けられるので安心です。

また、仙台、新潟、小松、富士山静岡、宮崎、那覇、旭川などの地方空港から出発される場合は、グローバルWiFiならこれらの空港でも受け取り・返却ができるのでとても便利です。


自宅受け取りならWi-HO!が安い

LCCなどで深夜早朝便を利用する場合や、地方空港出発で空港受け取りが難しい場合、自宅や会社でレンタルWiFi機器の受け取りができると便利ですね。

そこで、シンガポール向けレンタルWiFiを自宅で受け取る場合の料金を比較してみると、Wi-HO!の高速4Gプランが一番安く利用できるようですよ。

シンガポール レンタルWiFi 5日間の料金(自宅受け取り)
最安Wi-HO!
高速4G
5,020円
2位XMobile
高速4G
5,719円
3位グローバルWiFi
高速4G
6,228円

周遊プラン

もし、シンガポールと一緒に、マレーシアやモルディブなどの周辺国も旅行する予定がある場合は、周遊プランをレンタルするとオトクで便利ですよ。

シンガポール×モルディブ周遊プラン

シンガポール・モルディブ周遊 レンタルWiFi 1日間の料金
最安 jetfi 680円〜
(アジアプラン)
2位 XMobile 950円~
(アジア周遊プラン)
3位 WiHO 980円
(アジア周遊プラン)
4位 イモトの
WiFi
1020円
(アジア周遊プラン)
5位 グローバルWiFi 1,180円
(アジア周遊プラン)

シンガポール×マレーシア周遊プラン

シンガポール・マレーシア周遊 レンタルWiFi 1日間の料金
最安 jetfi 680円〜
(アジアプラン)
2位 XMobile 950円~
(アジア周遊プラン)
3位 WiHO 980円
(アジア周遊プラン)
4位 イモトの
WiFi
1020円
(アジア周遊プラン)
5位 グローバルWiFi 1,180円
(アジア周遊プラン)
シンガポールを含むアジア周遊レンタルWiFiプラン
XMobile950円~13ヶ国
Wi-HO!980円~18ヶ国
グローバルWiFi1,180円~15ヶ国

アジア周遊レンタルWiFiについて詳しく

レンタルWiFiのアジア周遊プランのおすすめは?プラン・国数・料金・速度で比較してみた
2カ国以上を旅行する場合、国を移動するごとにSIMを買い直したり、スマホの設定をし直したりするのって結構手間がかかって面倒なんです。 できるだけ旅行中も快適に過ごせたらいいですよね。 そこでおすすめのが、周遊プラン。 周遊プランな...
シンガポールを含む世界周遊レンタルWiFiプラン
XMobile1,100円~99ヶ国
Wi-HO!1,380円~122ヶ国
GLOBAL DATA1,580円~199ヶ国

世界周遊レンタルWiFiについて詳しく

レンタルWiFiの世界周遊プランのおすすめは?プラン・国数・料金・速度で比較してみた
複数の国や地域を旅するなら、ネットにいつでもどこでもつながっていれたら心強いですよね。 旅行やビジネスで世界の複数のエリアに渡航する方には、海外レンタルWiFiの世界周遊プランがおすすめなんです。 今回は、そんな海外WiFiレンタル...

シンガポールのWiFiは長期レンタルできる?

短期留学や語学留学、ワーホリなどで長期間の滞在になる場合も、国によってはレンタルWiFi会社が30日以上の長期プランを用意しているので、それを活用すると滞在中のWiFiが確保できて安心ですね。

シンガポール レンタルWiFi 30日長期プランの料金
グローバルWiFi3G15,000円
(250MB/日)
GLOBAL DATA3G19,200円
(133MB/日)
XMobile4G22,100円
(300MB/日)

初めてWiFiレンタルするから、できるだけサポートがしっかりしてる会社がいいと思うんだよね。

確かにサポート体制も気になりますね。それでは最後に、サポートの質が高く、このサイトでも人気があるイチオシのレンタルWiFi会社をご紹介しますね。

コラム:シンガポール名物料理「海南チキンライス」
中国南部の海南島から伝わったシンガポール料理。チキンの茹で汁で炊いたご飯と、ジューシーな蒸し鶏の組み合わせが絶妙。屋台でもレストラン、フードコートでも食べられます。スープや野菜がつきセットになっています。

当サイト【人気No.1】のグローバルWiFiは新潟・小松など地方空港にも対応

海外専用グローバルWiFi(Global WiFi)は、空港受け取りのできる空港が、成田空港羽田空港中部国際空港(セントレア)、大阪伊丹空港、関西国際空港新千歳空港福岡空港新潟空港小松空港旭川空港富士山静岡空港宮崎空港那覇空港と豊富にそろっています。

富士山静岡空港のグローバルWiFiカウンター

仕事が忙しく、自宅で受け取ることが難しい方には、地方空港でも受け取り予約のできるグローバルWiFiは助かりますね。

グローバルWiFi シンガポール向けレンタルWiFi 基本料金(事前予約時)
3G通常プラン
3G大容量プラン
4G通常プラン970円/日250MB/日
4G大容量プラン1,170円/日500MB/日
4G超大容量プラン1,370円/日1000MB/日

グローバルWiFi利用者の声

LINEで問い合わせをしたところすぐに返信が来てすごく便利でした。(20代女性)
店員さんの接客態度が良かったです。(20代男性)
注意事項などの説明が分かりやすかったです。(30代女性)
海外に行くときは必需品、ということで、これまで10回程度レンタルしています。(50代男性)

わたしも何度かグローバルWiFiを使ったことがありますが、コールセンターの対応などサポート体制がかなりしっかりしているという印象を持ちました。

レンタルWiFiを使うのが初めての方など、できるだけ安心して使いたいという方の場合、私はグローバルWiFiをお勧めしていますよ。

シンガポールの基本情報

シンガポールは東南アジアのマレー半島南端に位置し、本島と60以上の小さな島々からなる国です。日本との時差は-1時間です。

シンガポールの気候は熱帯雨林気候で、赤道直下に位置しているため一年を通じて高温かつ多湿ですが、11月から1月にかけては雨季に入るため、比較的涼しく感じられます。年間平均最高気温は32℃(東京は19.7℃)、年間平均最低気温が23.9℃(東京は12.6℃)、平均気温が約27.4℃(東京は15.4℃)、平均年間降水量は2087.1㎜(日本は1718㎜)となっています。

シンガポールの通貨はシンガポール・ドル(補助通貨はセント)で、最近のレートは1シンガポール・ドルあたり約80.6円ほどです。

シンガポールのおみやげなら「チリブラウンロール」がオススメ。海老入りの具を春巻きの皮で包んで揚げたお菓子。ポリポリした食感、香ばしい海老の風味、ピリッとするスパイシーな味付けでビールのおともにぴったり。ショッピングセンターやお土産屋さんで購入できます。

シンガポールドルの両替はチャンギ空港のATMがオススメ
チャンギ空港のATMは日本のカードにも対応しているので、空港に到着した後すぐに、とても簡単にATMでシンガポールドルを下ろすことができますよ。
シンガポールドルをチャンギ空港のATMで下ろす(両替する)方法
タイトルとURLをコピーしました