中国出張、台湾旅行に役立つ情報のブログ

C-STUDY

日本の銀聯カード 銀聯カード

海外プリペイドカードのNEO MONEY、マイナンバー対応のためオンライン申込受付を停止

更新日:

neomoneyクレジットカードを作りたくない、作れない人たち向けに、しばらく前から「海外プリペイドカード」が発行されていましたが、2016年からこれらのカードの申込にマイナンバーの申告が必要となります。そのため、一部の海外プリペイドカードではオンラインでの申込ができなくなっているようです。

海外旅行専用プリペイドカード

クレジットカードのように審査がなく、チャージした残高の範囲内でクレジットカードと同じように使うことのできる「海外旅行専用プリペイドカード」は、クレジットカードを作りたくない、または作れない人たちに人気がありました。

C-STUDYでも以前これらの海外旅行専用プリペイドカードを特集したことがあります。

特に、「NEO MONEY銀聯」カードは日本人が最も手軽に作れる銀聯カードとしてオススメしていた1枚でした。

NEO MONEYがオンライン申込受付を停止

ただ、この「NEO MONEY」海外旅行専用プリペイドカード、2015年から施行されたマイナンバー制度の影響で、オンラインでの受付を停止しているようです。

マイナンバー制度対応のため

NEO MONEYの案内によれば、「内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律」により、海外プリペイドカードを作るにはマイナンバーの申告が必要になるとのこと。

Yubisashi Club Cardも同様

同じNEO MONEYの別ブランドであるYubisashi Club Cardでも同様の案内がされており、NEO MONEY・Yubisashi Club Cardともに2015年12月28日(月)からオンラインでの申込が停止されています。

キャッシュパスポート・マネパカードは引き続きオンラインで申込可能

外貨両替大手のトラベレックスが発行しているキャッシュパスポート、FX大手のマネーパートナーズが発行する「マネパカード」については、オンライン申込みページにマイナンバーを申告する欄が設けられていますので、こちらは引き続きオンラインでの申込ができるようです。

ニュースレターを購読します

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:335人

-日本の銀聯カード, 銀聯カード

Copyright© C-STUDY , 2017 AllRights Reserved.