[2016年1月時刻表]上海/虹橋〜合肥/合肥南間の新幹線(高速鉄道)の乗り方

photo by oinonio

photo by oinonio

2016年1月10日に改正された中国国鉄ダイヤから、上海-合肥(安徽省)間の高速鉄道のダイヤをまとめてみました。

上海~合肥間の 高速鉄道(中国版新幹線、高鉄・動車)の基礎知識

合肥駅と合肥南駅

合肥市合肥市は上海から西に約500km、高鉄または動車組で約3時間の距離にある安徽省(中国語では、安徽省)の省都です。

400万人の人口を抱える大都市で、かつ上海から比較的近いため、中国の製造業が多く集結しているのが特長です。

合肥駅は比較的市内中心部に近いのですが、合肥駅に停車する高鉄(G列車)・動車組(D列車)はあまり多くないため、時期によっては外国人が当日に切符を入手するのが少し難しいかもしれません。

上海発の高鉄(G列車)・動車組(D列車)の多くは合肥南駅に停車するので、合肥南駅から目的地までの行き方をあらかじめ調べておくことをお勧めします。

上海~合肥間の運賃

上海~合肥区間の運賃は、高鉄の場合、二等座が195~205元(約3500円~3700円)、一等座が300~302元(約5400円)です。

動車組の場合、二等座が151.5~156.5元(約2700~2800円)、一等座が187~217.5元(約3300~3900円)です。

上海~合肥 高鉄 動車組
商務 607.5~632元
(約10800~11300円)
特等 380.5元
(約6800円)
一等 300~302元
(約5400円)
187~217.5元
(約3300~3900円)
二等 195~205元
(約3500~3700円)
151.5~156.5元
(約2700~2800円)

合肥ゆき高速鉄道の所要時間

合肥ゆき高速鉄道の所要時間は、2時間20分~3時間39分となっています。列車によって所要時間はかなり違うので、あらかじめ所要時間を確認しておくことをお勧めします。

合肥ゆき高速鉄道の始発・終電は?

合肥ゆき高速鉄道の始発は6時04分(上海虹橋発)、終発は20時22分(上海虹橋発)とかなり早いので注意が必要です。

G(高鉄)とD(動車)の違いは?

中国版新幹線には列車番号がGで始まる高鉄高铁と、Dで始まる動車組动车组の2種類があります。

原則として、高鉄は専用の線路を走り、動車組は在来線の線路を走るので、G列車の方がD列車より速いはずなんですが、上海~合肥間で高鉄専用線路があるのは南京までで、そこからは在来線の線路を走るため、G列車もD列車も基本的に大きな違いはありません。

合肥ゆきは本数が限られているので、値段はあまり気にせず、乗れる列車に乗るのが賢いですね。

P1000643

中国の高速鉄道ダイヤは統一性がなく、高鉄・動車どちらも所要時間がまちまちなのが現状です。時刻表を調べるときは、発車時刻だけでなく、必ず到着時刻も確認するようにしましょう。

一等・二等どちらがおすすめ?

二等か一等かという点では、中国旅行が初めてで、中国に余り慣れていないなら一等が良いのかもしれません。シートが広いだけで、サービスに差はありませんが、一等座席は料金が高い分(客層が限定されるため)車内が比較的静かです。

ただ、二等でも不快な思いをするほどうるさかったり汚かったりということはありません。

中国版新幹線(高鉄・動車組)二等座席の車内(二等座席の車内)

中国版新幹線一等座席の車内(一等座席の車内)

上海虹橋駅と上海駅どちらが便利?

上海~合肥間の高速鉄道(新幹線)はほとんどが上海虹橋駅上海虹桥站から出発します。

上海駅発の合肥ゆき高速鉄道は本数が少ないため、当日チケットの入手はかなり難しいかもしれません。

一方、上海虹橋駅は高速鉄道専用駅で案内表示が見やすいため、中国旅行初心者の方でもおすすめです。

上海駅新幹線乗り場の待ち合い(上海駅の待合室)

上海虹橋駅新幹線乗り場の待ち合い(上海虹橋駅の待合室)

上海浦東国際空港から上海駅・上海虹橋駅へのアクセス

浦東空港浦东机场から上海駅・上海虹橋駅に向かう場合は、空港路線バスが便利です。

上海虹橋駅までは機場1線机场1线(運賃30元(約570円))、上海駅までは機場5線机场5线(運賃22元(約420円))が運行しています。所要時間はどちらも約1時間です。

上海~合肥間新幹線のきっぷの買い方

中国ではきっぷ購入にパスポートが必要です。行き先・乗車日・列車の時刻・人数をメモに書いて見せるといいでしょう。複数人分まとめて購入する時は、乗車する人全員のパスポートを提示します。

駅のきっぷ売り場はVISAなどのクレジットカードに対応していないので、銀聯カードか現金を用意しておきましょう。(関連記事:中国旅行に「銀聯プリペイドカード」を作っていくと安心・便利

上海虹橋駅の切符売り場

外国人は自動券売機が使用できない

外国人は自動券売機できっぷを購入することができません。

改札

駅のコンコースに入り(荷物検査やきっぷの所持を確認されます)、改札の手前にある待ち合いエリアで改札が始まるのを待ちます。

列車の発車10分前ぐらいから改札が始まるので、自動改札機にきっぷを通してホームに降ります。発車数分まえには改札が終了してしまうので、早めの行動を心がけましょう。

南京南駅の改札口

指定席なのに…

中国では「指定席」という概念があまり浸透していないため、自分の指定席番号の場所に他の人が座っていることが良くあります。

そんな場合でも自分のきっぷを見せれば大丈夫、快く移動してくれるはずです。

家族がバラバラの座席に

きっぷ売り場の係員が気の利かない人で、家族がバラバラの座席になってしまう場合がよくあります。

その場合も、隣や前の席が空いていれば、誰かが来るまで家族一緒に座っていても問題ないでしょう。

その座席の持ち主が来た時でも、家族を指さして「一家人」と言えばほとんどの場合、譲ってくれます。

もし乗り遅れたら

万が一、指定した時間の列車に乗り遅れても大丈夫です。窓口に行けば、手数料なしで次の列車のきっぷに再発行してもらえます。(関連記事:中国で新幹線に乗り遅れたら

2016年版 上海⇒合肥方面の中国版新幹線時刻表

この時刻表は2016年1月現在の、インターネット上に公表されている時刻表をまとめた非公式のものです。旅行前には必ず、正規の時刻表を確認するようにしてください。

上海駅発

上海駅~合肥ゆきの高速鉄道は、全列車が高鉄(G列車)となっています。

ただ、本数が少ないので事前購入でないとチケットの入手が難しいかもしれません。

凡例:
橙字普通(所要時間2時間31分~3時間)
青字
やや遅い(所要時間3時間1分~3時間30分)
商:商務座あり
特:
特等座あり
:合肥駅ゆき(”肥”印のないものは合肥南駅ゆき)

8 05 15
9
10 40 54
11 17
12 11
13 26
14 19
15 33
16 54
17 39
18
19 16

上海虹橋駅発

合肥ゆき高速鉄道のほとんどは上海虹橋駅発となっています。

また、虹橋発の高鉄には数は少ないですが商務座の設定のある列車もありますので、より静かに移動したい人は商務座のある列車を選ぶのも良いと思います。

凡例:
赤字
速い(所要時間2時間30分以下)
橙字
普通(所要時間2時間31分~3時間)
青字
やや遅い(所要時間3時間1分~3時間30分)
黒字
遅い(所要時間3時間31分以上)
下線
高鉄
商:商務座あり
:合肥駅ゆき(”肥”印のないものは合肥南駅ゆき)

6 4 9 30 39 50
7 15 15 30
8 20 34 39 40
9 15 26 36 42
10 15 18 54
11 10
12 16
13 30 53
14 27 52
15 7 52
16 7 36 47 52
17 53 55
18 25
19
20 22
ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
私が海外出張に必ず持っていくEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療サービス
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら絶対オススメの1枚です。
>>エポスカードについてもっと詳しく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. yasu より:

    外国人でも自動券売機でも買えます。と、言うか買える自動券売機が設置され出してきました。現に私は昨日買ったので間違え有りません。

    • C-STUDY 事務局 より:

      yasuさま
      コメントありがとうございます。ついに外国人でも券売機できっぷが買えるようになったのですね。最新の情報を寄せてくださりありがとうございます!