[2016年1月時刻表]上海/虹橋〜南京/南京南間の高速鉄道(新幹線)の乗り方

photo by oinonio

photo by oinonio

2016年1月10日から中国の鉄道では一斉にダイヤ改正が行われます。上海-南京間の高速鉄道のダイヤもいくらか変更されているので、簡単にまとめてみました。

上海~南京間の 高速鉄道(中国版新幹線、高鉄・動車)の基礎知識

上海~南京間の高速鉄道は2つの路線

上海~南京間には京滬高鉄京沪高铁と、滬寧高鉄沪宁高铁の2本の高速鉄道が走っています。

この2つの路線は地理的にも別の場所を通っているため、停車する駅が異なります(上海虹橋駅と昆山南(崑山南)駅は共通)。また、本数は少ないものの、京滬高鉄と滬寧高鉄とで相互乗り入れが行われています。

ちなみに、中国ではこの2つの路線の違いはほとんど意識されていません。駅の表示などにも一切出てきません。乗る駅と降りる駅が分かればそれでいい、という国民性なのかもしれません、けっこう大事なことだと思うんですが…

滬寧都市間鉄道(滬寧高鉄)の車窓

この2本の高速路線、駅名がそっくりなものが多いため、乗り間違えないように注意が必要です(京滬高鉄は郊外を走っているため「○○北」や「○○東」と言った名前が多いのが特徴です)。特に、上海駅から京滬高鉄に向かう列車は非常に少ないので、京滬高鉄方面に向かう場合は上海虹橋駅を利用すると良いでしょう。

滬寧高鉄と京高鉄の主な停車駅

滬寧
高鉄
南京 常州 無錫 蘇州 昆山
上海 上海
虹橋
京滬
高鉄
南京
常州
無錫
蘇州
=

南京駅・南京南駅の違い

南京には、在来線と共通で主に動車が停まる南京駅と、高鉄・動車専用の南京南駅があります。

南京駅と南京南は離れた位置にありますが、地下鉄1号線が両駅の間を結んでいるので、目的地が南京市内であれば、どちらの行き先の列車に乗ってもそれほど違いはありません。

上海~南京間の運賃

上海~南京区間の運賃は、高鉄の場合、二等座が134.5~195元(約2500~3600円)、一等座が229.5~322元(約4300~6000円)です。

動車組の場合、二等座が87.5~95.5元(約1600~1800円)、一等座が105.5~115.5元(約2000~2100円)です。

上海~蘇州 高鉄 動車組
商務座 429.5~624.5元
(約8000~11600円)
特等座 259.5元
(約4800円)
一等 229.5~322元
(約4300~6000円)
105.5~115.5元
(約2000~2100円)
二等 134.5~195元
(約2500~3600円)
87.5~95.5元
(約1600~1800円)

南京ゆき高速鉄道の所要時間

南京ゆき高速鉄道の所要時間は、おおむね1時間10分~2時間強です。列車によって所要時間はかなり違うので、あらかじめ所要時間を確認しておくことをお勧めします。

南京ゆき高速鉄道の始発・終電は?

南京ゆき高速鉄道の始発は上海駅発・上海虹橋駅発ともに6時ちょうど、終発は、上海駅発が22時00分、上海虹橋駅発が21時23分です。

G(高鉄)とD(動車)の違いは?

中国版新幹線には列車番号がGで始まる高鉄高铁と、Dで始まる動車組动车组の2種類があります。

原則として、高鉄は専用の線路を走る「東海道・東北新幹線タイプ」、動車組は在来線の線路を走る「山形新幹線タイプ」で、G列車の方がD列車より速いはずなんですが、実は上海~南京間に限って言えば、ほとんどこの原則は守られていません。

動車組の方が料金が若干安いので、タイミング良く動車組に乗れるとラッキーですね。

P1000643

中国の高速鉄道ダイヤは統一性がなく、高鉄・動車どちらも所要時間がまちまちなのが現状です。時刻表を調べるときは、発車時刻だけでなく、必ず到着時刻も確認するようにしましょう。

一等・二等どちらがおすすめ?

二等か一等かという点では、中国旅行が初めてで、中国に余り慣れていないなら一等が良いのかもしれません。シートが広いだけで、サービスに差はありませんが、一等座席は料金が高い分(客層が限定されるため)車内が比較的静かです。

ただ、二等でも不快な思いをするほどうるさかったり汚かったりということはありません。

中国版新幹線(高鉄・動車組)二等座席の車内(二等座席の車内)

中国版新幹線一等座席の車内(一等座席の車内)

高鉄(G)車両の場合、商務座(ビジネスクラス)が設定されている車両が多数あります。料金はかなり高いですが、より静かに移動したい場合はこちらも検討しても良さそうです。

中国新幹線の商務座 photo by The United States Army Band

商務座 photo by The United States Army Band

上海虹橋駅と上海駅どちらが便利?

上海~蘇州・南京間の新幹線が発着する駅には、主に上海駅上海火车站と上海虹橋駅上海虹桥站の2つの駅があります。

中国旅行初心者の方には、駅が新しく(案内表示が見やすい)、滬寧高鉄と京滬高鉄のどちらの列車も選択肢が多いので、上海虹橋駅がおすすめです。

上海駅新幹線乗り場の待ち合い(上海駅の待合室)

上海虹橋駅新幹線乗り場の待ち合い(上海虹橋駅の待合室)

上海浦東国際空港から上海駅・上海虹橋駅へのアクセス

浦東空港浦东机场から上海駅・上海虹橋駅に向かう場合は、空港路線バスが便利です。

上海虹橋駅までは機場1線机场1线(運賃30元(約570円))、上海駅までは機場5線机场5线(運賃22元(約420円))が運行しています。所要時間はどちらも約1時間です。

上海~南京間新幹線のきっぷの買い方

中国ではきっぷ購入にパスポートが必要です。行き先・乗車日・列車の時刻・人数をメモに書いて見せるといいでしょう。複数人分まとめて購入する時は、乗車する人全員のパスポートを提示します。

駅のきっぷ売り場はVISAなどのクレジットカードに対応していないので、銀聯カードか現金を用意しておきましょう。(関連記事:中国旅行に「銀聯プリペイドカード」を作っていくと安心・便利

上海虹橋駅の切符売り場

外国人は自動券売機が使用できない

外国人は自動券売機できっぷを購入することができません。

改札

駅のコンコースに入り(荷物検査やきっぷの所持を確認されます)、改札の手前にある待ち合いエリアで改札が始まるのを待ちます。

列車の発車10分前ぐらいから改札が始まるので、自動改札機にきっぷを通してホームに降ります。発車数分まえには改札が終了してしまうので、早めの行動を心がけましょう。

南京南駅の改札口

指定席なのに…

中国では「指定席」という概念があまり浸透していないため、自分の指定席番号の場所に他の人が座っていることが良くあります。

そんな場合でも自分のきっぷを見せれば大丈夫、快く移動してくれるはずです。

家族がバラバラの座席に

きっぷ売り場の係員が気の利かない人で、家族がバラバラの座席になってしまう場合がよくあります。

その場合も、隣や前の席が空いていれば、誰かが来るまで家族一緒に座っていても問題ないでしょう。

その座席の持ち主が来た時でも、家族を指さして「一家人」と言えばほとんどの場合、譲ってくれます。

もし乗り遅れたら

万が一、指定した時間の列車に乗り遅れても大丈夫です。窓口に行けば、手数料なしで次の列車のきっぷに再発行してもらえます。(関連記事:中国で新幹線に乗り遅れたら

2016年版 上海⇒南京方面の中国版新幹線時刻表

この時刻表は2016年1月現在の、インターネット上に公表されている時刻表をまとめた非公式のものです。旅行前には必ず、正規の時刻表を確認するようにしてください。

上海駅発

上海駅発の高速鉄道は、ほとんどが高鉄(高速動車)での運行ですが、所要時間1時間30分以下の速達タイプの設定がありません。

凡例:
橙字:普通(所要時間1時間31分~2時間)
青字:やや遅い(所要時間2時間1分~2時間30分)
黒字:遅い(所要時間2時間30分以上)
動:動車組
:特等座あり
:商務座あり
:寝台車(二等座+軟臥)
:南京駅ゆき(「京」のついていないものは南京南駅ゆき)

6 0 1823
7 0京特 5 28京動 54
8 0 5 10 32
9 0 5 40動京 48
10 0京特 22 4046京 54
11 0京特 17 55
12 0 11 20 25 54
13 0 26 33
14 0 19 35
15 0 33 47京商
16 0 20
17 0 28 39 44
18 0 12 40
19 0 16 32 37 53動寝
20 0 5 19 40
21 0京商 43
22 0動寝

上海虹橋駅発

上海虹橋駅発の高速鉄道は、その多くが南京南駅ゆきですが、上海駅に比べて本数がかなり多く設定されているので、当日でもきっぷは買いやすいと思います。

南京南駅は市街地からそれほど離れておらず、地下鉄も通じていますので、それほど不便ではありません。

また、虹橋駅発には速達タイプが多く設定されており、所要時間は最速で1時間7分(9:00発、10:00発、11:00発、14:00発、15:00発の5本)です。

ただし、列車によっては所要時間がかなり遅い(18:05発は3時間14分)ものもありますので、きっぷを買うときは注意が必要です。

凡例:
赤字:速い(所要時間1時間30分以下)
橙字:普通(所要時間1時間31分~2時間)
青字:やや遅い(所要時間2時間1分~2時間30分)
黒字:遅い(所要時間2時間30分以上)

:動車組
:上海虹橋が始発ではない
:特等座あり
:商務座あり
:南京駅ゆき(「京」のついていないものは南京南駅ゆき)

6 0 4 9 20 25 30 39 43 50 59
7 10 15 20 20 25 30 30
8 0 5 10 18 20 34 39 40 53 54
9 0 8 13 15 18 23 26途商 31 34 36途商 39 42 54
10 0 4 5 15 19 22 28途商 33 46
11 0 5 5 10 20 26 31 39
12 23 34 46
13 2 10 17 29 30 41 53
14 0 5 7 21 27 32 52 54
15 0 5 7 15 34 52
16 0 5 7 10 14 20 25 32 38 47 52
17 0 7 14 18 19 24途商 34 39 53 55
18 0 5 9 17途商 25 26途商 32動途
19 3 8動途京 24途京 29 41
20 22 51動途京
21 10 23動途京

関連記事

江蘇省の省都である南京は、上海から高速鉄道(中国版新幹線)で約1時間と手頃な距離にあり、観光スポットとしても人気があります。そんな南京市内を...
デルタアメックスゴールド中国東方航空・南方航空の利用が多い私が手放せないのが、デルタ・アメックス・ゴールドカードです。
年会費はちょっと高いですが、充実した特典で中国出張のストレスが軽減するのを実感しています。
 優先チェックイン
 ラウンジ利用
 優先搭乗
 足元の広い席を優先割り当て
>>デルタアメックスゴールドを1年間使い倒してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする