中国移動(チャイナモバイル)で使えるSIMフリースマホを探してみた

2017/5/2追記:
2016年末に発売されたHuawei Mate9は中国移動(チャイナ・モバイル)に完全対応しているということだったので、実際に購入して試してみました。
>> チャイナ・モバイル対応スマホHuawei Mate9は中国出張に使えるか試してみた

中国旅行や中国出張では、LINE, Twitter,Facebook, Gmail, Dropboxなどが使えないのが頭痛のタネですが、短期の中国旅行や中国出張なら「香港SIMでローミング」すればこの制限を簡単・確実に回避することができます。そこで、4G LTE接続が可能な中国移動香港SIMが使えるSIMフリースマートフォンについて調べてみました。

更新履歴

  • 2016/1/25 Nexus6Pを追加しました。
  • 2016/1/26 中国移動のTD-LTEバンドを訂正(Band38→Band41)しました
  • 2016/2/13 honor6 plusのTD-LTE Band41対応状況について追記しました。

中国旅行や中国出張で中国のネット規制を回避したい

中国旅行や中国出張では、SNSやストレージなどのサービスが自由に使えないことが意外とストレスになるものです。

長期滞在であればVPNという方法で回避することもできるのですが、最近ではこのVPNに対する規制も強化されていて、接続が不安定になることもしばしば。

短期の旅行や出張ではやはり確実につながる方がストレスも少なく、旅行期間(出張期間)を快適に過ごすことができます。

ということで、短期(1週間~10日間)の中国旅行や中国出張に行かれる方に私がオススメしているのは「香港SIMでローミング」です。

香港SIMでローミング

現在、この規制を回避できるSIMカードを発売しているのは、中国移動香港中国聯通香港の2社です。

どちらも社名の後ろに「香港」が付いているのがミソで、香港の企業ということになっているので、このSIMカードを中国に持ち込むと「国際ローミング」になるんです。

そして、中国のルールでは(今のところ)、国際ローミングではネット規制がかからないことになっています。

もともとは香港の携帯電話ショップで購入するものですが、日本のamazonで発売している業者から入手することができます。

どちらのSIMカードも、3000円前後と比較的入手しやすい値段です。

中国移動(チャイナ・モバイル)と中国聯通(チャイナ・ユニコム)

さて、今度はどっちのSIMカードを買うのが良いか、という問題になるのですが、ここで問題になるのが、中国移動と中国聯通の周波数問題。

国際ローミングでは中国移動香港のSIMなら中国移動の電波、中国聯通香港のSIMは中国聯通の電波を使いますから、それぞれの周波数に対応したスマートフォンを用意する必要があります。

一番お手軽なのは中国聯通香港のSIM

まず、とにかく簡単に規制を回避したい、という場合は中国聯通香港(チャイナ・ユニコム)のSIMを買っておけば大丈夫です。

香港・中国7日間/1GB/Data通信専用・プリペイドSIM(Micro SIM)テザリングOK [China Unicom HK]
中国聯通香港/中国31省及び香港・7日間/1GB/Data通信専用・プリペイドSIM(Micro SIM)テザリングOK [China Unicom HK] 中国聯通香港

Amazon

by G-Tools

というのも、中国聯通の使っている周波数(バンド)は、国際的に広く使われているUMTS Band1(2100MHz)とFDD-LTE Band3(1800MHz)となっていて、ほとんど全てのスマートフォンがこの周波数に対応しています。

ただ、今のところ中国聯通香港が発売しているSIMカードは3G専用で、速度が数Mbpsとそれほど高速でないのが難点です。

速度が遅いと言っても、WEBサイトを開いたり動画を見たりするにはさほど支障のない速度ですので、短期ならこちらでもほとんど問題はないと思います。

速度を求めるなら中国移動香港のSIMだが…

一方、中国でもLTE(4G)に接続したい。しかもネットの規制は回避したいとなると、中国移動香港のSIMが候補になります。

【中国移動香港】4G/3G 中国・香港10日間1.5GBデータプリペイドSIM [並行輸入品]
【中国移動香港】4G/3G 中国・香港10日間1.5GBデータプリペイドSIM [並行輸入品] 中国移動香港

Amazon

by G-Tools

そこで困るのが、中国移動(チャイナ・モバイル)の使っている周波数。

中国移動は中国で最大のキャリア(携帯通信会社)なんですが、そのせいなのか(多分そうでしょう)使っている周波数が世界でも独特のものなんです。

それで、中国の外で販売されているほとんどのスマートフォンは中国移動の周波数に対応していないため、(SIMフリーであっても)この中国移動香港のSIMを使うことができません。

最近になって、中国移動方式の4G(TD-LTE)に対応したスマートフォンが少しずつ出てきて、状況が良くなりつつありますが、中国移動3G(TD-SCDMA)に対応しているスマートフォンはかなり限られています。

都市部の決まった場所でしか使わない(出張先で4Gが繋がることが確実な場合など)なら4Gのみ対応のスマートフォンでも良いかも知れませんが、移動の多い出張や旅行だと、3Gにも対応しているスマートフォンを用意したいところです。

中国移動の周波数を確認する

ということで、まずは中国移動(チャイナ・モバイル)の周波数を確認しておきます。

P1030149

中国移動の周波数

2G

GSM:900MHz, 1800MHz

3G

TD-SCDMA:Band34(2000MHz)

4G

TD-LTE:Band39(1900MHz), Band40(2300MHz), Band41(2600MHz)

注記:当初、中国移動のTD-LTE周波数をBand38と記載していましたが、Band41の誤りでした。中国移動に割り当てられているのは2575MHz-2635MHzで、これはBand41(2496MHz-2690MHz)に当たります。Band41はBand38(2570MHz-2620MHz)を内包したバンドです。

この周波数に対応しているスマホなら、中国旅行・中国出張中も規制を受けずに4G(LTE)が使えるという訳です。

日本で通常の方法で入手できるスマートフォンの中から、上の周波数に対応している機種を探してみました。

やっぱり、4Gも3Gもとなるとなかなか機種が限られてきますが、なんとか4機種を見つけたのでご紹介したいと思います。

2017/5/2追記:
以下で紹介している機種はほとんどが販売終了しています。AppleではiPhone7/iPhone7 Plus、AndroidではHuawei Mate9が中国移動(チャイナ・モバイル)に完全対応しています。
日本で買ったiPhone7/iPhone7 Plusは中国でも使えるのか調べてみた
チャイナ・モバイル対応スマホHuawei Mate9は中国出張に使えるか試してみた

iPhone6s / iPhone6s Plus

photo by Sam Lin

photo by Sam Lin

価格:86,800円(16GB)~(アップルオンラインストア

まずは、以前にも記事にした(関連記事:iPhone6sは中国で使える?)iPhone6s / iPhone6s Plus。

値段はダントツに高いですが、他の機種を寄せ付けない対応周波数の多さで、中国移動にも完全対応しています。

iPhone6s / iPhone6s Plusの対応周波数

※赤字は中国移動に対応した周波数

2G :

GSM:850MHz, 900MHz, 1800MHz, 1900MHz

3G :

W-CDMA:850MHz(Band5), 900MHz(Band8), 1900MHz(Band2), 2100MHz(Band1)
CDMA2000:800MHz, 1700/2100MHz, 1900MHz, 2100MHz
TD-SCDMA:1900MHz(Band39), 2000MHz(Band34)

4G :

FDD-LTE:700MHz(Band12), 700MHz(Band13), 700MHz(Band17), 700MHz(Band28), 700MHz(Band29), 800MHz(Band18), 800MHz(Band19), 800MHz(Band20), 800MHz(Band27), 850MHz(Band5), 850MHz(Band26), 900MHz(Band8), 1700-2100MHz(Band4), 1800MHz(Band3), 1900MHz(Band2), 1900MHz(Band25), 2100MHz(Band1), 2600MHz(Band7)
TD-LTE:
1900MHz(Band39), 2300MHz(Band40), 2600MHz(Band38), 2600MHz(41)

Nexus6P

nexus6p_

価格:実売で約60,926円~(エクスパンシス

次に、Google純正のNexus6P。Android派の人はこちらが第1候補になりますね。

NexusシリーズはこのNexus6Pだけが中国移動の周波数に全て対応しています。

周波数

※赤字は中国移動に対応した周波数

2G :

EDGE/GSM:850MHz, 900MHz, 1800MHz, 1900MHz

3G :

W-CDMA:800MHz(Band6), 800MHz(Band19), 850MHz(Band5), 900MHz(Band8), 1700MHz(Band4), 1700MHz(Band9), 1900MHz(Band2), 2100MHz(Band1)
CDMA2000: 800MHz, 1900MHz
TD-SCDMA:1900MHz(Band39), 2000MHz(Band34)

4G :

FDD-LTE:2100MHz(Band1), 1900MHz(Band2), 1800MHz(Band3), 1700/2100MHz(Band4), 850MHz(Band5), 2600MHz(Band7), 900MHz(Band8), 1700MHz(Band9), 700MHz(Band17), 800MHz(Band19), 800MHz(Band20), 700MHz(Band28)
TD-LTE:2600MHz(Band38), 1900MHz(Band39), 2300MHz(Band40), 2600MHz(Band41)

Zenfone 2 Laser 6インチ(ZE601KL) TW/JPモデル

kv-product

価格:実売で約45,000円~(Amazon

Nexus6Pの次は、日本でもPCメーカーとしてよく知られているASUSのZenfoneシリーズからZenfone2 Laserの6インチモデル。

iPhone6sの約半額で買えるので、Androidで良ければこのモデルは十分選択肢になり得ると思います。

こちらも中国移動の周波数に全て対応しています。

Zenfone2 Laserについて、注意点が2つあります。

まず、Zenfone2 Laser(5インチモデル)は中国移動の周波数に対応していません

また、Zenfone2 Laser 6インチモデルでも、ヤフオクなどで3万円ぐらいで売られているモデルは中国移動の周波数に対応していない海外仕様なので、注意が必要です。

周波数

※赤字は中国移動に対応した周波数

2G :

EDGE/GSM:850MHz, 900MHz, 1800MHz, 1900MHz

3G :

W-CDMA:800MHz(Band6), 800MHz(Band19), 850MHz(Band5), 900MHz(Band8), 1900MHz(Band2), 2100MHz(Band1)
TD-SCDMA:1900MHz(Band39), 2000MHz(Band34)

4G :

FDD-LTE:2100MHz(Band1), 1900MHz(Band2), 1800MHz(Band3), 850MHz(Band5), 800MHz(Band6), 900MHz(Band8), 1700MHz(Band9), 800MHz(Band19), 700MHz(Band28)
TD-LTE:2600MHz(Band38), 1900MHz(Band39), 2300MHz(Band40), 2600MHz(Band41)

honor6 plus

hw_429940

価格:楽天モバイルで45,800円(楽天モバイルで29,800円のセール中

次は楽天モバイルで販売しているファーウェイの「honor6 plus」という機種。

あんまり聞き馴染みがないかもしれませんが、上のNexus6Pの製造を担当しているのはファーウェイです。

また、ドコモ・au・ソフトバンク各社に端末を供給している会社なので、品質は心配ないはず。

現在、楽天モバイルでは台数限定で29,800円で販売していますので、この価格なら3機種の中でも最安で購入できる機種です。

対応周波数は上記2機種に比べるとかなり見劣りしますが(だから安売りしてるのかも?)、中国移動の周波数にはほぼ全対応しています。

2万円台で中国移動が使えるスマホが買えるならお得かなと思います。

周波数

こちらの記事(6月発売予定のhonor6 Plus、仕様変更でBand41非対応に)によれば、honor6 plusは日本のBand41には非対応なものの、中国のBand41には対応しているようです。

※赤字は中国移動に対応した周波数

2G :

GSM: 900MHz, 1800MHz, 1900MHz

3G :

UMTS: 2100MHz(Band1), 800MHz(Band6), 900MHz(Band8), 800MHz(Band19)
TD-SCDMA: 1900MHz(Band39), 2000MHz(Band34)

4G :

FDD-LTE: 2100MHz(Band1), 1800MHz(Band3), 2600MHz(Band7)
TDD-LTE: 2600MHz(Band38), 1900MHz(Band39), 2300MHz(Band40) ※中国のBand41には対応

まとめ:(日本で買える)中国移動に対応したSIMフリースマホはこの4台

そんな訳で、いちおう表にまとめてみましたが、上記の3機種はどれも中国移動の周波数に全て対応していることが分かりました。

これらの機種はもちろん、通常の方法で契約した(本土の)中国移動SIMでも使うことができますので、日本と中国両方で使えるスマホが欲しい、中国では中国移動を使いたい、という場合の選択肢にもなりますね。

さらに詳しく調べてみました

https://c-study.net/2016/01/zenfone2laser6in-or-honor6plus/

中国移動 iPhone6s
iPhone6s Plus
Nexus6P Zenfone2Laser
6インチTW/JP
(ZE601KL)
honor6 plus
価格 86,800円 60,926円 約45,000円 29,800円
(台数限定)
GSM900MHz
GSM1800MHz
TD-SCDMA Band34
(2000MHz)
TD-LTE Band39
(1900MHz)
TD-LTE Band40
(2300MHz)
TD-LTE Band41
(2600MHz)
△※

※Honor6 plusは中国移動のBand41にのみ対応

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
私が海外出張に必ず持っていくEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療サービス
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら絶対オススメの1枚です。
>>エポスカードについてもっと詳しく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 菱田 浩司 より:

    私たち夫婦は国際結婚で二人家族なので、日本(私所有のマンション)にも上海(妻所有のマンション)にも持ち家があります。
    今年の5月下旬から妻(中国籍)と二人で上海で、今で5ヶ月余り生活しています。
    あと1ヶ月弱で、また半年間、上海から日本に帰国します。
    私はこの春に定年退職したので、今後は両国を約半年ごとに夫婦で往復して生活する予定です。
    私も妻も60歳前でやはり生まれた場所(自分の国)が一番落ち着きます。

    ご質問いたします。
    現在妻はサムスンGALAXY TrendⅡ3G(GT-S78981 G3)上海の店舗で購入して、微信(無料アプリで利用無料)や携帯通話を毎日利用しています。
    ①このスマホは日本でもこのまま使えまか?使える方法はありますか?
    ②①が無理なら日本でも日本や上海の友人と微信(wechat)や携帯やメールなどが使えるコストの安いスマホは販売していますか?無いなら上海での購入を検討すべきでしょうか?
    ③このスマホはシムフリーですか?帰国前に新しいシムを買うほうがいいですか?
    私の妻をはじめ中国人は携帯での通話よりも、微信(wechat)をよく利用しています。
    ④1台で上記の要望を満たしてくれるスマホはありますか?
    ⑤両国の自宅には当然wifi環境があります。
    PS.ネットで、かなりいろいろと調べたのですが、ど素人なので、結局よく分からず困っています。
    初期費用や維持費の安いものが希望です。
    どうか、いいアドバイス(ご支援)をお願い申し上げます。
                   スマホどお素人の「こうちゃん」より

    发送时间: 2016年10月14日(星期五) 15:32

    • C-STUDY 事務局 より:

      菱田さんコメントありがとうございます。
      これから日本と中国を行き来する生活になり、奥さまのスマホを検討しておられるということですが、まず、中国の店頭で購入したスマホは通常SIMロックがかかっていないのでSIMロックの心配は不要です。
      さて、日本で中国の携帯を使う方法ですが、短期だと国際ローミング(国际漫游)がオススメなのですが、半年間となると日本のSIMを契約した方が良いかと思います。
      GALAXY Trend2は3G専用スマホですが、日本の3Gと同じ規格なので速度の遅ささえ気にしなければ問題なく使えます。
      ======
      厳密には日本の法律により、日本の「技適」マークのない海外スマホは、持ち込み後90日を超えると使用に制限がかかります、ただこれは取り締まる人がいないので実際どうするかは本人次第というのが実情です。
      ======
      SIMは半年ごとに契約と解約を繰り返すのも面倒なので、FREETELの「使ったぶんだけプラン」などを使うといいと思います。
      https://www.freetel.jp/sim/charge/
      「音声+データ」SIMの場合、SIMを使っていない月(上海滞在中など)は999円、日本に戻られた時には使った分に応じて~3,170円の料金になります。
      上記の説明で不明な点があれば遠慮なくお尋ねください。

      • 菱田 浩司  より:

        早速の、丁寧なアドバイス本当に心より感謝申し上げます。
        当面は2人で約半年間ずつ日本と上海を行ったり来たりする予定です。
        正確に言えば、無職の私の中国滞在ビザ資格はQ2資格「親族訪問」のため、中国の現行の法律では最長180日で延長も不可だからです。
        妻は日本の中長期滞在資格を持っており、私のようなシバリはありません。
         追加のご質問ですが、①~③まで、できれば分けてご教示ください。
        ①経済性を優先するなら、具体的にはどのシムを購入したらいいのか迷っているので、より具体的なアドバイス(ご提案)をお願い申し上げます。
        無職なので、自由な時間は十分あり、その都度でも手続きはまったく苦になりません。
        妻の持っているスマホの利用目的は微信で上海の親族や友人達と一部の日本在住の上海出身の友人との会話やメールです。
        ただ、妻は日本でガラ携帯も持っていないので、使用頻度はほとんどありません。
        ただ、安心のためにwifi環境のない戸外での使用(年に数回で年間の通話発信時間は1時間程度?)も最低限あった方がいいかと思います。
        ②上海で使用している微信のID(上海の妻所有の携帯番号)ですが、日本でもこのままで使えますか?
        ご推薦いただいて日本で購入する、シムカードのIDの電話番号に変更されるのでしょうか?
        そもそもID=携帯番号のことですか?
        ど素人でまったくわかりませんので、それもご教示ください。
        ③上海の自宅はwifiルーターを業者に設定してもらい、使用できていますが、日本ではJ:COM(ケーブルテレビ)を契約しており、テレビの横にルーターがあり、それを使って、タブレットや別室のパソコンなどを利用しています。
        日本の自宅はwifi環境があるという理解でよろしいですか?
        また、このスマホは設定を変更しなくてもそのまま使えるのでしょうか?
        設定などは自分でも、簡単にできるものでしょうか?

        本当に初歩的なこともわからないので、情けない限りですが、こんな私でも理解できるようにご教示方よろしくお願い申し上げます。
        何度もご質問して申し訳ありませんが、どうかよろしくお願い申し上げます。

        • C-STUDY 事務局 より:

          菱田さん、こんにちは。
          日本のSIMは種類が多くて本当に難しいですね。

          ①について
          経済性をもっとも優先されるのでしたら、FREETELの「データ+SMS」SIMを「節約モードで」使う方法ですと、月額439円~で維持できます。契約手数料が3000円かかるので、この価格なら解約⇒再契約しない方がいいですね。
          (i)これより安い月額299円の「データSIM」は、一部の古い機種で電池の減りが異常に速い不具合が出ることが知られているのでお勧めしていません。
          (ii)FREETELは「節約モード」を設定すると最低料金のままSIMが使えます。その代わり速度がかなり遅くなりますが、微信のチャットぐらいなら問題ないです。ボイスメッセージは、少し送受信に時間がかかるかもしれませんので、速度が遅いと思われたら節約モードを解除すればOKです(その場合もちろん通信料金はかかります)。
          (iii)「データ+SMS」SIMには、電話ができない弱点があります。WeChatやSkypeで通話はできますが、一般の電話番号に電話ができません。050Freeなどのアプリを入れる方法もありますが、機械にお詳しくないとのことなのでここでは割愛します。個人的には万が一のことを考えると、月額999円~の「通話+SMS+データ」SIMが安心かなと思います。

          ②微信のIDは、携帯を変えても、国が変わってもそのまま使えるので大丈夫です。

          ③おっしゃる通り日本のご自宅にはWiFi環境があると考えて大丈夫です。
          スマホのWiFi設定画面から、ご自宅のWiFiのIDを探して、パスワードを入力すればすぐに繋がります。

          さらにお知りになりたい点があれば遠慮なくお知らせください。

          • 菱田 浩司 より:

            早速の具体的で分かりやすいご回答ありがとうございます。
            帰国して、シムフリースマホやWIFIなどについて、分かりやすい本を買って、勉強したいと思います。
            また今後は使用頻度は少ないですが、私も日本の利用が主となりますが、上海でも使えるスマホに変えたいと思います。
            数年後には日本もガラ携帯の生産中止らしいですね。
            両国間で何の心配もせず、素人でもすぐに使用できる格安超簡単スマホがあれば、また情報をください。
            とりあえず、帰国したら、すぐに対応したいと思います。
            今回はお世話になり、心から感謝申し上げます。
            PS.また分からないことがあれば、お助けください。

  2. 菱田 浩司 より:

     何度もお尋ねして、本当に申し訳ありません。
    とりあえずFREETELのメルマガ会員登録をしたら、11月から契約手数料が大幅に下がることであるとか、12月からLINEなどの通話料金が無料になるなど、使い勝手がいろいろ便利になるとのメールがさっそく届きました。
    また、解約手数料も無料であったり、LINEの通話の表の横にも微信(wechat)と記載されていましたが、微信の場合はメールだけで通話機能も無料対象なのかなどは不明でした。
    帰国予定が11月8日なので、12月からの利用開始でも、まったく問題ないと思います。
     日本の自宅近辺にはあいにくFREETELの取り扱い店舗がなく、ネット申し込みとなりますが、新しいより良いご提案があればお教えください。
    また、この機会に私も格安スマホの購入を検討してもいいかとも思っています。
     何度もお聞きするのはの、本当に失礼かとも思いましたが、ご教示いただければ幸いです。

  3. 菱田 浩司 より:

    妻のスマホの日本での利用アドバイス、心より感謝申し上げます。
    私のスマホへの変更について、ご提案いただけませんでしょうか。
    私は現在日本で6年前にau shopで購入したガラ携を使用しています。
    機種はSony Sybershot SO001で当然シムロックです。
    価格の安いスマホで日本でも上海でも通話できたらと思っています。
     何度もお聞きするのはの、本当に失礼かとも思いましたが、ご教示いただければ幸いです。 
     本当にたくさんのご質問をして、ある程度の知識を得ることができました。
    何卒、妻と私についてのベストプランをご教示ください。
    長文で失礼いたしましたことを、改めてお詫びいたします。

    • C-STUDY 事務局 より:

      菱田さんこんにちは。
      SIMについては、Freetelの契約手数料が安くなる11月以降に申し込むのが良さそうですね。
      LINE やWeChatの無料化は契約時期に関係ないので、早めに契約しても大丈夫ですよ。
      菱田さんご自身のスマホについては、これまでそのような方のための最適スマホを検討したことがなかったので、ちょっとお時間をいただいて調べてみますね。

      • 菱田 浩司 より:

         さっそくのご親切なご回答に感謝申し上げます。
        妻のスマホも私のスマホへの変更も、あせらずに、対応は11月8日頃に日本に帰国してから、対応しても十分間にい合います。
        また、私達のような特殊なケースにも真剣にご対応いただき心からお礼申し上げます。
        今後ともどうかよろしくお願い申し上げます。

  4. るるるる より:

    恐れ入ります。北京で中国移動simを使っています。実名登録の折カードサイズを変更したら4gsimになって喜んだのも一瞬、それまで使えていた3gにも繋がらなくなりました。
    こちらの記事を拝見してASUS ze601KLを日本で購入しましたがやはり繋がりません。何か手立てはありませんでしょうか。ご教示いただけると幸いです。

    • C-STUDY 事務局 より:

      るるるるさま、こんにちは
      コメントありがとうございます。
      中国移動は周波数が独特なのでなかなか悩ましいですね。
      るるるるさまの購入されたZE601KLが中国移動につながらないとのことですが、おそらく中国移動に非対応のWWバージョンを購入されたのではないかと思います。
      記事中でも触れていますが、ZE601KLには2つのバージョンがあり、日本のネット通販やオークションなどで人気があるWWバージョンでは中国移動の3G/4Gにつながらないんですね。
      解決策としては、中国聨通のSIMに変えるか、他の中国移動に対応しているスマートフォンを用意するしかないかなと思います。

  5. 菱田 浩司 より:

    いつも大変お世話になっています。
    FLEETELから下記のような、会員メールが届きました。
    現在、購入を検討していますが、帰国前に急いで対応するのもどうかとも思っています。
    Priori3 + 多機能液晶フィルム + バックカバー2種類
       + ハードケース+フリップカバー 限定各色20台ずつ
      標準価格合計23,868円(税込) ⇒ 大感謝価格10,778円(税込)13,090円おトク!
    ご意見をいただければ幸いです。

    • C-STUDY 事務局 より:

      菱田さんこんにちは。
      Priori3 ですが、スマホとしての性能はいまいちですがガラケーからの乗り換えなどには安くていい機種ですね。
      中国聨通のSIMなら中国でも使えるはずですよ。
      以前にPriori3 の記事も書いていますのでよかったら参考になれば幸いです。
      https://www.c-study.net/2015/11/priori3-lte-unboxing/

      • 菱田 浩司 より:

        いつも貴重なアドバイスをいただき、本当に感謝申し上げます。
        Priori3の記事を拝読させていただきました。
        DUAL SIMというのも、私のように日本と中国間を半年ごとに往復する人にとっては、ありがたいですね。
        FREETELのホームページを見て、結構お得なキャンペーンをしているのに気がつきました。
        今回のPriori3はすぐ完売されたらく、11月8日以降に帰国してから、もっと勉強して購入を検討したいと思います。
        ちなみに、上海でFREETELの製品(購入品は未定)を使う場合中国聨通のシムが相性がいいということでしょうか。
        参考までに、ご教示いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

        • C-STUDY 事務局 より:

          菱田さんこんにちは、
          日本で一般に売られているSIMフリースマホは中国聯通のSIMでしか使えないものがほとんどです。
          中国移動で使える機種は一部の中~高価格帯のものに限られ、中国電信で使えるものはまず見つかりません。
          またお困りのことがあればいつでもご相談ください。

          • 菱田 浩司 より:

            多くの貴重なアドバイスをいただき、心より感謝申し上げます。後6日で、日本に半年ほど帰国します。今の妻のサムスンのスマホはキャリアシムカードは中国移動なので、日本でのシムカードはご提案どおり、FREETELの999円/月通話可能シムを契約したいと思います。残る私の格安スマホ(シム契約を含む)の新規購入ですが、安くて上海でも妻のスマホと連絡ができる製品が日本で購入できるのかが少し不安です。もし通話可能周波数の問題をクリアするスマホが上海であれば、帰国前に購入も検討いたしたいと思っています。お忙しいとは存じますが、ご教示いただければ幸いです。

  6. C-STUDY 事務局 より:

    菱田さんこんにちは、
    ちょうど楽天モバイルでセールをやっているHonor6Plusはいかがでしょう。
    http://mobile.rakuten.co.jp/campaign/discount_sale/#honor6plus
    通話SIMの契約で一括9,800円とかなり安くなっています。
    この機種、私も毎回の中国出張で使っているのですが、中国移動・中国聯通どちらでも使えるすぐれものです。
    ただ一点、この機種は山間部や離島などで使われている電波の受信に対応していないため、日本でのお住まいがそうした地域ですと、普段使いには厳しいかもしれません。
    良かったらご検討ください。

  7. 菱田 浩司  より:

     帰国が迫っているので、ど素人の私には携帯端末やシムカードの適合周波数帯などの勉強をするほど、少々あせりが出てきました。
     できれば、おご教示どおり、帰国後にすぐに(楽天モバイルのセール期間が11月中のため)
    ①まず最初に、現在私のガラ携を契約しているAUshopで、2年縛り等の現時点での解約条件などについて、直接担当者に確認したいと思います。
    ②次に楽天モバイルshopで「Honor6Plus」の購入(契約)手続きをしたいと思います。
     携帯本体価格はお安いと思いますが、月々の最良の契約プランやその支払額、1年のうち半年は中国のシムカードを使用するため、その間の楽天シム契約の休止が可能か等も直接担当者に直接会ってお聞きしたと思います。
     楽天モバイルは格安スマホ契約でも人気があるので、素人の私には安心かと思います。
    ただ、FREESTELのシムは縛りも無く、解約手数料が無料なのは私の場合とても魅力的だったのですが、上海で使える周波数帯ではないのは残念です。
     また、有意義な情報があれば、どうかいいアドバイスをお願い申し上げます。

    • 菱田 浩司 より:

       いろいろとご親切にありがとうございました。
      帰国前の上海からの最後の追加の最終確認の質問をさせてください。
      ①妻のスマホを半年ごとに日本で使用するためのBESTチョイスのシムカードはFREETELの会話付の999円/月を、帰国後すぐに契約申込みすること。
      ②僕のスマホへの切り替えの件は楽天モバイルshopで「Honor6Plus」を購入する。ただ、半年ごとに神戸と上海を往復するので、日本ではFREETELのなような、無駄のない、負担の少ないシムを選択する方がBESTかとも思いますが、可能でしょか?たぶん楽天モバイルでは半年ごとの休止や解約などはできないので、少々もったいないような気がしますが、会話シムもセットで購入(契約)したほうがいいのでしょうか。
      これまで、何度もご親切にアドバイスしていただき、感謝申し上げます。
      もう一つ不安なのは、楽天モバイルのキャンペーン頁を見たら、すごい人気で帰国後にまだ在庫があるかどうかが心配です。
      もし在庫が無くなれば、焦らず次のキャンペーんまで待とうかと思います。
      簡単で結構ですので、誠に勝手ですが、最後のご教示をお願い申し上げます。

      • C-STUDY 事務局 より:

        菱田さんこんにちは、
        格安スマホ+格安SIMはすっかり複雑なプランばかりになってしまいました。
        とことんお得を追求するにはかなりの勉強が必要なので、私もある程度オトクなら良しとしよう、とあきらめています(^^;
        おっしゃる通り、日本と中国を半年スパンで行き来される菱田さんのような方の場合、個人的にはFREETELがベストだと思います。
        楽天モバイルは、「通話SIM」だと1年以内に解約すると9800円の違約金がかかるのがネックですね。
        ただ、中国と日本で1台で済ませるとなると、どうしても選択肢が限られますね。
        お金に糸目を付けなければiPhone7/iPhone6が一番いいのですが、何しろ10万円近くしますからね…
        Honor6 Plusを通話SIMで契約して、とりあえず1年間契約しても総額で考えれば他の同じような(中国でも日本でも使える)機種より安くなると思います。
        ご無事に帰国されることをお祈りしています。

  8. 菱田 浩司 より:

    最後に上海から確認の質問をさせてください。本当に本当にすみません。
    とりあえず、帰国して一番急ぐ妻のスマホ用のFREETELのシムカード購入の件ですが、以下のような回答が返ってきました。

    GT-S7898がサポートしている周波数帯は、GSM 900/FR/1900MHz TD-SCDMA 1880/2010MHzのようです。
    http://welectronics.com/gsm/Samsung/Samsung-Trend-II-GT-S7898.html

    この周波数帯は、日本では使用されていないので、FREETEL SIMを挿しても使えないと思います。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/TD-CDMA#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E3.81.A7.E
    お返事をお待ち申し上げます。

    • C-STUDY 事務局 より:

      菱田さんこんにちは。
      GALAXY Trend2ですが、型番を見落としていました。
      確かに型番GT-S7898のタイプは日本では使えない周波数なので、FREETEL SIMを挿しても使えないですね。

  9. 菱田 浩司 より:

    本当に何度も何度もお聞きして、大変申訳ありませんでした。
    結論ですが、妻のこのスマホは日本国内で使用する方法はないということですね。
    ただ、微信でのチャットの文字や写真などのやりとり程度なら、シムカードとは関係ないので、このまま持ち帰り、日本国内に限らず、上海の友人とも今までどおり、微信利用は可能という理解でよろしいですね。

    PS.本当に丁寧なアドバイスありがとうございました。
    改めて、心からお礼申し上げます。

    • 菱田 浩司 より:

      本当に何度も何度もお聞きして、大変申訳ありませんでした。
      結論ですが、妻のこのスマホは日本国内で使用する方法はないということですね。
      ただ、微信でのチャットの文字や写真などのやりとり程度なら、シムカードとは関係ないので、このまま持ち帰り、日本国内に限らず、上海の友人とも今までどおり、微信利用は可能という理解でよろしいですね。

      PS.本当に丁寧なアドバイスありがとうございました。
      改めて、心からお礼申し上げます。

    • C-STUDY 事務局 より:

      菱田さん、私も確認が甘かったのですみませんでした。
      ご自宅でWiFi環境で使われるのであれば(法律問題はとりあえず脇に置いて)微信そのものは使えます。
      日本に戻られてからじっくり、お近くのショップでSIMフリースマホを選ばれるといいと思いますよ。
      「FDD-LTE Band3」に対応しているかを店員さんに確認してみてください、対応していれば中国聯通で使えます。

  10. 菱田 浩司 より:

     この1ヶ月ほどは本当にお世話になり、ありがとうございました。
    明日の夜便で約半年間帰国します。
     私と妻が相談した結果、日本でおそろいでhonor6Plusを楽天モバイルで購入しようかと考えています。
    2人とも最低1年間は、楽天モバイルで通話シムも契約し、その後、FREETELの通話可能シムを半年ごとに契約と解約をするというプランを検討中です。
     ブログを拝読していて、honor6Plusは中国移動でも、中国聯通でも周波数バンドに対応しているので、実際に中国に行かれる時は持っていくと書かれていましたね。
     このハーウェイ社製のhonor6Plus(楽天モバイル販売)のスマホですが、1年後にFREETELのシムカードに契約変更して、使いたいと考えています。
     ただ、念のため楽天モバイルに問い合わせても、ハーウェイ社に問い合わせてもこのスマホの通信方式(バンド)は下記のとおりなので、シム購入予定会社に直接、(日本国内でも)使用可能かどうかを確認してくださいという回答でした。 
     誠に恐縮ですが、またご回答をいただきたく、何卒よろしくお願い申し上げます。
    honor6Plusの通信方式はホームページで以下のとおりでした。
    FDD-LTE: B1/B3/B7
    TDD-LTE: B38/B39/B40
    UMTS: B1/B6/B8/B19
    TD-SCDMA: B34/B39
    GSM: 900/1800/1900
    Bluetooth通信:V4.0+LE
    Wi-F i: IEEE802.11a/b/g/n 準拠
    テザリング機能 / 最大接続台数:8台
    NFC搭載
    GPS/AGPS/Glonass/Beidouサポート

    • 菱田さんこんにちは。
      いよいよご帰国ですね。ここ数日、日本も中国も空の便がかなり荒れていますので、ご無事に帰国できるようにお祈りしています。
      さて、Honor6Plusですが、楽天モバイルもFREETELも使っている周波数は同じなので(両者ともdocomoの電波を使っています)、楽天モバイルで使えるものはFREETELでも使えます。
      ただ、以前にも書きましたがHonor6PlusはFDD-LTE Band19に対応していないので、山間部や離島などで電波を拾わないことがあります。
      普通に都市部で(地方都市でも平野部なら問題ありません)生活していればほぼ気づかないレベルですが、そういった自然豊かなところに行くと電波を拾わない可能性がある、ということだけ理解しておけば大丈夫です。

  11. 菱田 浩司 より:

    「Honor6Plusが今切れ品切れ」のようなので、「Priori3LTE」も検切討対象にしたいのですが、同様に上海でも、問題ありませんか?
    急ぎませんので、ご意見をいただけますか。
    今日正午に上海の自宅を出発します。。
    お世話になりました。
    本当に感謝申し上げます。

    • 菱田さんこんにちは
      Priori3 ですが、スマホとしての性能はいまいちですがガラケーからの乗り換えなどには安くていい機種ですね。
      Priori3はFDD-LTE Band3に対応しているので、中国聨通のSIMなら中国でも使えますよ。

      • 菱田 浩司 より:

        いつもアドバイス感謝申し上げます。
        どんどん新しい機種が発売されるので、本当に目移りしますが、改めて今の私の希望は以下のとおりです。
        ①日本(1年の縛りが終わればFREETELのシムに変更を希望)で、中国(シムはできれば中国移動)でも使用できるシムフリースマホを希望しています。
        ②できるだけ、安くauガラケーの電話番号を引き継いで、購入したいです。
        ③auに電話で聞いたところ、私の場合はau契約開始から丸8年目で、来年の9月1日~10月31日までが契約更新期間とのことです。
        ④今は、緊急でスマホ購入して使用する必要性は低いです。
        以上のようなスマホ買いかえ希望ですので、少なくとも来年の契約更新時期に早めに日本に9月中に帰国して、手続きを進めるのがBESSTな選択かと思いますが、検討語も後継機種のpriori8などが販売されていますので、引き続き追加できる、機種などをご紹介いただきたいと思います。
        大変勝手なお願いばかりして、心苦しい限りですが、どうか今後ともよろしくお願い申し上げます。

        • 菱田 浩司 より:

          追伸:一つの方法として、楽天モバイルでhonor6Pus(会話シムを含む)を契約し、一年間使用後に、FREETELのシムに変更契約すれば、縛りもなくて、その後は契約と解約を半年ごとに手続きすれば節約になると考えたのですが、この方法だと使用している電話番号がまた新しい番号に変わるということを見落としていました。
           1年間楽天モバイルを使用し、安い会話シム契約を探してシム契約のみを変更するのが、経費的には一番いい選択ではないかと思い追加しました。
          ただし、電話番号がその都度新しく変わるのを避ける為には、上海にいる間も契約を解除できないということですね。
           以前の質問に追加させていただきますので、お時間のある時で結構ですので、またアドバイスをいただければ幸いです。
           何度もレベルの低いご質問にお答ええいただき、心から感謝申し上げます。

  12. 菱田 浩司 より:

    大変、初歩的な質問で本当にすみませんが、ご教示ください。
    中国でも使用できるスマホを持って、上海のお店でシムカードを購入する場合ですが、スマホを持っていないので、初歩的以下の質問で本当に恐縮ですが、ご教示ください。
    自分の日本から持ち込む携帯によって、使用できるシムが決まるのですか?
    また、仮に携帯を見せて、自分の携帯で使えるシムを購入できたとしても、電話をかける相手の使用しているスマホや携帯によっては通じないということもあるのでうしょうか?
    日本では別にauの携帯から電話して、通話できないスマホやシムは無いという理解を私はしていますが、中国の電話事情はまた違うのでしょうか?
    また、6か月滞在していても、ほとんど使用する可能性がないような場合、どのようなシムを購入すればいいのでしょうか?
    本当にど素人の質問ばかりで、お恥ずかしいですが、どうかご教示ください。

  13. 菱田 浩司 より:

    いつも大変お世話になっています。
    何度もお聞ききして、大変申し訳ありません。
    お勧めのhonor 6 Plusがどうも在庫切れで、当分は購入できないようなので、上位機種のhonor8を大至急検討したいのですが、①上海で中国移動のシムを入れて使用可能でしょうか?
    大変勝手ながら、できれば大至急ご回答いただければ幸いです。
    楽天モバイルに確認を取りましたら、下記のとおりですとの正式回答がありました。
    周波数は以下のとおりになります。

    honor 6 Plus
    FDD-LTE: B1/B3/B7
    TDD-LTE: B38/B39/B40
    UMTS: B1/B6/B8/B19
    TD-SCDMA: B34/B39
    GSM: 900/1800/1900

    honor8
    FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20
    TDD-LTE : B38/40
    LTE CA DL (カテゴリ6) : B1+B19/B3+B19/B1+B8
    W-CDMA : B1/2/4/5/6/8/19
    GSM : 850/900/1800/1900MHz

    併せて、②中国上海では3キャリア、例えば中国移動のシムをさした場合は相手のスマホのシムが中国聯通なら通話できないのでしょうか?
    日本ではどのキャリアでもどの格安シムでも相互に通話できますが、状況がちがうのでしょうか?

    PS.大変勝手を申しますが、上記の2点に絞って大至急何卒ご教示いただきたくよろしくお願い申し上げます。

  14. 菱田 浩司 より:

    追加で申し訳ありませんが、以下の機種も検討しているので併せてお教えください。
    ZenFone 3 (ZE520KL)についてもご教示いただきたく。
    楽天モバイルに教えてもらったスペックです。
    概要スペックギャラリー受賞記録サポート
    購入
    印刷する
    Finish/Color
    2.5D加工 : サファイアブラック/パールホワイト
    サイズ
    146.8 ×73.9 ×7.69 mm
    質量
    144 g
    OS
    Android™ 6.0
    CPU
    CPU:
    Qualcomm® Snapdragon™ 625(オクタコアCPU)
    GPU:
    Adreno™ 506
    表示機能
    5.2型
    1,920 x 1,080(フルHD) IPS液晶
    Corning® Gorilla® Glass3
    対応メモリ
    搭載容量 3GB LPDDR3
    Capacity
    内蔵ストレージ:
    eMCP 32GB
    microSD:
    microSD(SDXC) 最大2 TB
    バッテリー機能
    2650mAh
    無線方式
    802.11a/b/g/n/ac

    Bluetooth® 4.2
    SIM Cards
    デュアルSIMカードスロット
    SIM 1: 2G/3G/4G microSIM スロット
    SIM 2: 2G/3G/4G nanoSIM スロット
    Dual SIM Dual Standby
    対応無線規格

    JP version:
    2G:
    850/900/1800/1900
    3G:
    WCDMA: Band: 1/2/5/6/8/19
    4G:
    FDD: Band: 1/2/3/5/7/8/18/19/26/28
    TD: Band: 38/39/40/41

  15. 菱田 浩司 より:

     大変お世話になり、改めて心から感謝申し上げます。
    最終的に教えていただいた楽天モバイルの秋のキャンペーンの「Honor6Plus」のゴールドを購入することにキャンペーン終了3週間以上前に決定し、ひたすら入荷を待ち続けましたが、運悪く、秋のキャンペーンはそのまま終了してしまいこのたびは購入できませんでした。
     本当にいい勉強になりましたが、auのガラ携の更新月が来年の9月~10月なので、それに合わせて帰国し、再挑戦したいと思っています。
     負け惜しみのようですが、MNP手続きや格安スマホの知識などかなり勉強になりました。
     この機種は楽天モバイルが独占販売しているので、今後は焦らず必ずスマホデビューを果たしたいと思っています。
     本当にお忙しいにも係わらず、ご親切なアドバイスに改めて感謝申し上げます。

  16. 菱田 浩司 より:

    ご無沙汰しています。
    一つだけお教えください!!!
    HUAWEI p9 liteは日本でも上海でも使えるかどうかご教示ください。

    通信方式は以下のとおりです。
    FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
    TDD-LTE : B40
    W-CDMA : B1/5/6/8/19
    GSM : 850/900/1800/1900MHz
    Wi-Fi: 802.11b/g/n (2.4GHz )
    Bluetooth®通信:Bluetooth v4.1
    テザリング機能 / 最大接続台数:8台
    ps.何卒よろしくお願い申し上げます。

    • 菱田様
      いつもコメントありがとうございます。
      公私ともどもに色々ありまして返信が遅くなりました。
      菱田さんのご質問の件ですが、スマホはどんどん新機種が発売されますので、個別の機種については私も調査が追いつきません。
      それで、菱田さんがスマホを探されるときには「TD-SCDMA対応+Band3, 39, 40, 41対応」の機種を探されると良いです。
      また、中国移動のSIMから中国聯通に電話をかけることは問題ありません。

      • 菱田 浩司 より:

         あまり個人的な質問をくどくどして本当に失礼だったので反省しています。
        たぶん、お忙しいので、もうご回答はいただけないのかと思っておりました。
        今回改めて、わざわざご回答いただき心より感謝申し上げます。
         今後はご回答のとおり「TD-SCDMA対応+Band3, 39, 40, 41対応」の機種を探して購入したいと思いますが、ちなみに以前お尋ねした4機種ですが、いずれもご回答の条件を完全には満たしていないのではと、少し不安に思っていますので、最後に改めてご質問をさせてください。
        ①honor6Plusの通信方式は以下のとおりでした。「⇒B41非対応?」なのでダメなのでしょうか?
         FDD-LTE: B1/B3/B7
         TDD-LTE: B38/B39/B40
         UMTS: B1/B6/B8/B19
         TD-SCDMA: B34/B39
         GSM: 900/1800/1900

        ②honor8の通信方式は以下のとおりでした。「⇒TD-SCDMA非対応?+Band 39,41非対応?」なのでダメなのでしょうか?
         FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20
         TDD-LTE : B38/40
         LTE CA DL (カテゴリ6) : B1+B19/B3+B19/B1+B8
         W-CDMA : B1/2/4/5/6/8/19
         GSM : 850/900/1800/1900MHz

        ③ZenFone 3 (ZE520KL)の通信方式は以下のとおりでした。「⇒TD-SCDMA非対応?」なのでダメなのでしょうか?
         対応無線規格
         JP version:
         2G:850/900/1800/1900
         3G:WCDMA: Band: 1/2/5/6/8/19
         4G:FDD: Band: 1/2/3/5/7/8/18/19/26/28
         TD: Band: 38/39/40/41

        ④HUAWEI p9 liteの通信方式は以下のとおりでした。「⇒TD-SCDMA非対応?+Band 39,41非対応?」なのでダメなのでしょうか?
         FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
         TDD-LTE : B40
         W-CDMA : B1/5/6/8/19
         GSM : 850/900/1800/1900MHz

        PS.上記のように、私なりに上海でも使えるかと思い確認した4機種とも、完全にはご回答いただいた要件を満足していないと思います。
         また、各メーカーに問い合わせても、上記以上のデータは無いので、後は自分で判断して購入してくださいとの回答しかいただけず、困っています。
         大変クドクて本当に申し訳ありませんが、ど素人のため、判断できない状況で本当に困っています。
         具体的に、上記の4機種は購入していいかどうかだけでもお教えください。
         今一度ご教示いただきたく何卒よろしくお願い申し上げます。

        • 菱田さんこんにちは
          スマホ探しはまだ続けておられるようですね。
          残念ながら、菱田さんの挙げた機種は中国で使える条件に合致していないです。
          また中国完全対応機種が出るといいのですが、日本で出すメリットが少ないんでしょうね、なかなか出ないんですよね(^^;

          • 菱田 浩司 より:

             この度はご多忙中、大変お世話になり感謝申し上げます。
            結果的には、中国の各キャリアの使用周波数帯がいかに複雑で、日本のキャリアと不整合であるかが少しは理解でき、素人なりにですが勉強になりました。
             自分でもネットを調べていて以下のような興味深いサイトがありましたので、参考にしたいと思いご紹介いたします。
            http://willmyphonework.net/
            PS.あくまで自己責任の範囲で参考にしたいと思いますが、各Bandの互換性が色分けされているので、自分なりにある程度妥協して使えそうな機種に絞って検討したいと思います。
             百点満点の機種は無理でも、何とか通話できそうな機種は見つかるかと思っています。
             いろいろとお世話になり本当にありがとうございました。

  17. 海江田純彦 より:

    初めて投稿します。
    東京在住の海江田と申します。
    基本的な質問で申し訳ないのですがスマホの対応周波数がTD-LTEのBand 40のみで41には未対応だとチャイナモバイルでの使用には支障がでますか。
    一応チャイナモバイルはBand40もサポートしているようですが。

  18. 海江田純彦 より:

    重ねてお伺いしたいのですがーー。
    最近TD-LTE band41に対応したスマホは散見されますがチャイナモバイルの3GであるTD-SCDMAに対応したスマホはiPhone以外にありませんね。
    iPhone以外でチャイナモバイルのシムを使って通話やSMSを行う場合にはGSM(2G)で行うのでしょうか。その場合実際に使用には問題ありませんか。
    音声でしたら2Gでも問題なさそうですがーーー。
    最近チャイナモバイルもVolteに対応したという話を聞いております。
    国内の場合は各々のキャリアが認めた型版しかVolteには対応しないようですがチャイナモバイルの場合はどうですか。モジュールさえ搭載していれば全ての端末でVolteが使えますか。
    質問ばかりで申し訳ありません。
    宜しくお願い致します。

  19. 海江田純彦 より:

    自己レスです。
    小龍様
    自己レスです。
    https://www.hk.chinamobile.com/en/volte/
    ここに対応端末や接続のやり方が詳しく書かれていますね。
    Androidの場合はSamsungですとs6以降でチャイナモバイルのTD-LTEのBand41をサポートしたもの、
    そう考えてよさそうですね。
    所有の端末の中にBand40には対応していますが41には対応していません。
    これではチャイナモバイルLTEは厳しいでしょうか。

  20. 小川 より:

    初めて投稿させていただきます。

    以前中国移動の3G simを使っていました。
    中国ではTD-SCDMA対応機を使い
    日本国内ではそのへんにある普通のsimフリー機でローミング電話とSMSの受電が出来ていました。
    (ソフトバンクの電波をつかんでいました。)

    今回中国移動の4Gを新規に登録しました。
    3G simでは日本国内で受電・SMS受信ができたのですが
    4G simでは同じsimフリー機を使っても、電波すらつかみません。
    中国移動の4Gの通話は3Gを使っていると思うのですが
    どうして4G simは通話だけでも3Gのソフトバンクをつかまないのでしょうか?