中国出張、台湾旅行に役立つ情報のブログ

C-STUDY

香港・マカオ 香港でスマホ

2017年版 レンタルWiFiの香港・マカオ周遊プランはどこがオトク?

更新日:

香港・マカオは現在では中国の一部なのですが、「特別行政区」としてそれぞれ政治・経済制度が異なっているため、モバイル回線の確保もちょっと面倒です。

そんな香港・マカオ旅行の面倒を解決する「香港・マカオ周遊プラン」のWiFiレンタルについてまとめてみました。

香港とマカオは別の国?

香港・マカオは1997年、1999年にそれぞれ中国に返還され、現在は中国の一部にはなっていますが、「特別行政区」としてそれぞれ異なる政治・経済制度が残されています。

関連記事:中国と香港の違い?「簡体字+人民元」対「繁体字+香港ドル」

そのため、香港とマカオは事実上、中国とは別の国のように扱われており、それぞれ中国との間(香港⇔深セン、マカオ⇔珠海)に国境(のようなもの)があります。

関連記事:[2016年版]香港空港から深センへの移動方法まとめ

香港⇔マカオも別の国?

また、香港とマカオそれぞれも、もともとの宗主国が違う(香港=イギリス、マカオ=ポルトガル)ことから、政治制度、経済制度が異なったままになっています。

関連記事:[拱北口岸]中国珠海からマカオへ陸路で国境を通過してみました

ということで、電話会社が異なる⇒携帯電話の周波数も違うため、原則として香港の携帯電話をそのままマカオで、マカオの携帯電話をそのまま香港で使う、ということはできません。

香港・マカオ旅行にレンタルWiFiはそれぞれ必要?

そのような事情から、WiFiルーターをレンタルする場合も、香港プランをマカオで使うこと、マカオプランを香港で使うことはできず、特に香港とマカオはセットで観光旅行に行く人が多いので、かなり不便な状況でした。

香港・マカオのどちらでもレンタルWiFiを使いたい場合は、2カ国分のWiFiルーターをレンタルするしかなく、レンタル料金が高額になることと、機材が2台になって荷物が増えるのが悩みの種です。

香港・マカオではネットの制限はありません

中国のインターネットにはFacebookやTwitter, LINE,Gmailなどの主要なインターネットサービスに接続できない規制がありますが、この中国のネット規制は今のところ香港・マカオでは適用されていないため、レンタルWiFiがあれば自由にインターネットに接続することができます。

2月8日からイモトのWiFiが香港マカオプランを開始

そんな中、2016年2月8日から「イモトのWiFi」の愛称で知られるグローバルデータ社が、新プラン『香港・マカオ周遊WiFiプラン』を開始しました。

この新プランでは香港とマカオを1台の機器で使えるようになっている上に、1日あたりの料金が1280円と安価になっており、香港・マカオ旅行の時に安心してインターネットが利用できます。

ちなみにWiFiレンタル各社のサイトで香港・マカオ2カ国の料金を見てみると以下のとおりとなっています。(2017年6月現在)

レンタルWiFi料金/日
イモトのWiFi1280円
グローバルWiFi1180円~
エクスモバイル950円~
Wi-HO!980円~

香港・マカオ旅行にWiFiレンタルは便利

香港・マカオ旅行で道に迷ったり、予定外の行程になったりした場合、レンタルWiFiがあると非常に心強いものがあります。

特に香港、マカオは広東語圏ですから、コミュニケーションに少し手こずるかもしれません。

関連記事:食事場所は下調べをしておこう~行き当たりばったりマカオ旅(その3)

楽しい旅行にするために、レンタルWiFiを検討してみるのも良さそうです。

ニュースレターを購読します

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:333人

-香港・マカオ, 香港でスマホ

Copyright© C-STUDY , 2017 AllRights Reserved.