ゆうちょATMが銀聯カードでの引き出し限度額を1回5万円に引き下げ

2016年10月:セブン銀行ATMが銀聯ICカードでのATM引き出し額制限を1回10万円に緩和しました。
関連記事:セブン銀行(7-11)ATMが銀聯ICカードに対応!引き出し額上限も10万円に引き上げ

先月末に発生したコンビニATMを利用した不正引き出し事件の影響で、金融機関各社ATMでの海外発行カードの引き出し限度額が引き下げられています。

これまで既に、セブン銀行(セブンイレブン)ATM、e-Net(ファミリーマート)ATM、ローソンATMなどで限度額の引き下げが発表されています。

先日発生した、セブン銀行ATMを利用した偽造カードによる多額一斉引き出し事件による影響と思われますが、数日前からセブン銀行ATMでの海外カー...

そして今日、ゆうちょ銀行(郵便局)(公式サイト)でも銀聯カードの引き出し限度額引き下げが発表されました。

発表によれば、2016年6月20日より、銀聯カードでの1回あたりの引出限度額が現在の10万円から5万円に変更となるとのことです。

他の金融機関でも同様の動きがあれば、またお知らせしたいと思います。

デルタアメックスゴールド中国東方航空・南方航空の利用が多い私が手放せないのが、デルタ・アメックス・ゴールドカードです。
年会費はちょっと高いですが、充実した特典で中国出張のストレスが軽減するのを実感しています。
 優先チェックイン
 ラウンジ利用
 優先搭乗
 足元の広い席を優先割り当て
>>デルタアメックスゴールドを1年間使い倒してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Expat より:

    一度に引き出せる上限が20万円の所はまだあるのでしょうか?手数料が本当に勿体無いです。

    • C-STUDY 事務局 より:

      Expatさま、コメントありがとうございます。

      犯罪防止のためとは言え、本当に手数料がもったいないですね。
      メジャーな銀行はすべて対策をしてしまったのですが、
      SMBC信託銀行PRESTIA(旧CITIBANK銀行)のATMはまだ20万円引き出せると思います。
      もしくは地方銀行で京都銀行、八十二銀行、琉球銀行、千葉銀行なども銀聯カード対応で、まだ20万円のままだと思います。
      もしお近くにこれらの銀行ATMがあれば、試してみてください。