中国出張、台湾旅行に役立つ情報のブログ

C-STUDY

中国の交通機関 中国出張

電動自転車も!中国の地方都市で格安レンタルバイクが大人気

投稿日:


ひと昔の中国といえば、どこもかしこも自転車だらけというイメージでしたが、それも今は昔。

今では、ほとんどの人が電動バイクと車にシフトしてしまいました。

そんな中国で最近、爆発的に増えているのがレンタルバイク(シェアバイク)です。

中国の地方都市から、現地のレンタルバイク事情をお届けします。

最近の中国人の交通手段は

一昔前までは誰もが自転車、というイメージの中国でしたが、最近では地方都市でも地下鉄、バスなどの公共の交通機関が発達し、こうした公共の交通機関を活用する人がかなり増えています。

交通手段と言えば、"滴滴打车"などの格安タクシーも一時爆発的に人気が出ましたね。

これらの格安タクシー、特に初期のキャンペーン期間には、なんと1元以内で乗車できたりと、何がどうなっているかよく分からない値段設定になっていました。

あまりの格安ぶりに各地で暴動が起き(実際に私の近所でも夜中に暴動が起きて冷や汗…)、今では普通のタクシーより若干安い程度の料金になって、人気も一頃よりは落ち着いたようです。

中国のレンタサイクル事情

中国にはもともとレンタルサイクル文化があり、ほとんどの街に役所が管理するレンタルサイクルがあります。

価格は1時間あたり1元~とかなり低額か、無料で利用できるところもあり、地下鉄やバスなどと併用して利用すると便利なようです。

ただ、このお役所レンタルサイクルの難点は、利用可能時間内(たいてい1時間など短めです)に必ず指定のスタンドに戻さなければなければいけないこと。

短い距離を利用するのには便利ですが、目的地の近くにスタンドがなければ結局、長い距離を歩かなければならなかったりして、若干面倒なことも。

民間レンタルバイク(レンタルサイクル)の人気が爆発!

そこで最近、街中に出現した民間のレンタルサイクルはその点、画期的!

指定の区域内ならどこでも乗り捨ててOKなんです。

利用方法も簡単。まず自転車に張ってあるQRコードからアプリをダウンロードします。

そこからはアプリの指示通りにして、支付宝やWeChatで支払います。

価格は会社によって違いますが、1時間1元が基本のようです。30分1元や5角の会社も見かけました。

電動自転車もあり、これは1時間2元でした。

地下鉄の駅やバス停、デパート前、大きな団地の前など人が集まるところにきれいにずらっと並んでいます。しかもスタイリッシュでカラフル。

あたたかくなってきたのも後押ししてか、若い人を中心に人気が出ていてます。

バス停で時計とにらめっこしながらいつ来るかわからないバスを待つよりも、目的地まで直接乗り付けられて時間も正確な自転車は便利なようです。

もし支付宝やWeChatをダウンロードしてあるのなら、ぜひ体験してみてくださいね。

各社それぞれ色や形が違うので乗り比べてみるのも楽しそうです。

ニュースレターを購読します

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:335人

-中国の交通機関, 中国出張

Copyright© C-STUDY , 2017 AllRights Reserved.