中国出張、台湾旅行に役立つ情報のブログ

C-STUDY

台湾旅行

おしゃれな古民家カフェと客家花布が魅力的な台南の「神農街」と「西門市場」に行ってきました

投稿日:

台湾南部に位置する台南市は、「台湾の京都」とも言われる歴史ある古都。

台北や高雄とは違った、台湾らしいアジア文化を経験できます。

今回は、そんな台南のアジアンレトロな神農街と西門市場へ行ってみました。

台南・神農街ってどんな所?

台南は、清王朝時代から日本統治時代(1661年~1885年)の224年間もの長い間にわたって台湾の首都として栄えた街。

かつて政治、文化、経済の中心だった台南には、歴史ある建造物が今なおたくさん残っているんですよ。

神農街は、そんな台南でもレトロな建物が並ぶひときわ趣(おもむき)のある通りです。

神農街の突き当りには、医療や薬の神様・神農が祀られている薬王廟がありました。

神農街の古い建物は、アジアンレトロな中にも西洋の雰囲気が漂っています。

それもそのはず、清王朝(清朝)時代の前は、オランダ人が台南を統治していたそうで、その時代のなごりが街のあちらこちらに残っているんです。

日本とオランダ(荷蘭)は深い関係にあったけど、台湾もオランダとの関わりがあったんですね。

そんな歴史的な繋がりからか、街並みはどことなく日本の明治時代の建物に似ていて、初めて来たのになんだか親近感を感じます。

神農街は台南駅からバス・タクシーで10分弱。歩いても30分ぐらいなので台南散歩のついでに訪れるのも良さそうです。

神農街で見つけたおすすめレトロカフェ

神農街にはおしゃれなカフェがたくさんあります。

その中でも私のイチオシは、古民家カフェの「taikoo(太古)」。

本物の古い民家を改造したカフェでは、こだわりのコーヒー(咖啡)、紅茶水果茶(フルーツティー)、サンドイッチ(三明治)やワッフル(鬆餅)などを提供しています。

私のオススメはフルーツティーとワッフルです。

ここのワッフルはけっこうボリュームがあって、2人でシェアするのもいいですよ。

【カフェtaikoo】
住所:台南市西区神農街101
電話:+886‐6221-7800
営業時間:
月~木 13:00~22:30
金 13:00~00:00
土 12:00~01:00
日 12:00~22:30

西門市場でレトロでかわいい客家花布を買おう!

神農街の古民家カフェで一息ついたら、そのまま西門市場へ。

西門市場とは、110年以上の歴史を持つ台南の生地問屋通り。

地元の人に聞くと、1980年代くらいまでは台湾の三大生地市場として栄えていたのだとか。

今では、かつてのような盛り上がりはありませんが、客家花布などを安く購入できるスポットとして台湾の人たちによく知られています。

客家花布」とは、中国大陸から渡って来た客家と呼ばれる民族が色染めの技術を発展させて、中国と日本の文化に影響を受けデザインされた、独特の花柄布のことです。

私もレトロかわいい花柄の客家布でブックカバーを作ろうと思って、客家花布を半碼(約45㎝)だけ買ってみました。

たしか40台湾ドルくらい(約146円)だったかな。安くてかなり得した気分です♪

台南に行くには?

台南までは、台北から高鐵(新幹線)で約1時間40分、高雄から北上するなら自强號(特急)で約35分ととても近いので2泊3日の台湾弾丸ツア-でも十分に楽しめますよ!

台湾に来たら、ぜひ台南にも立ち寄って、神農街のレトロカフェと西門市場の客家花布を試してみてくださいね。

レンタルWiFi台湾旅行には、いつものスマホが使えるレンタルWiFiを持って行くと便利ですよ。
 値段が安くて
 快適にネットが使えて
 グループでシェアもできる
台湾レンタルWiFiの、値段、使いやすさ、つながりやすさを徹底的に調査してみました。
台湾旅行に便利なレンタルWiFi、どの会社を選んだらいいの?

-台湾旅行

Copyright© C-STUDY , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.