中国出張、台湾旅行に役立つ情報のブログ

C-STUDY

台湾グルメ 台湾旅行

台湾で春に食べられる果物は?スターフルーツってどんな味?

投稿日:

フルーツ王国・台湾では、さまざまな南国フルーツを楽しむことができます。

今回は、台湾では1年中食べられるスターフルーツの食べ方と、市場で見かける冬から春にかけて旬を迎える果物をご紹介します!

台湾で冬から春にかけて市場に並ぶ果物は?

台湾は南国と言っても季節があって冬はそれなりに寒いので、季節によって食べられる果物が違います。

バンレイシ(シャカトウ)

日本では「バンレイシ」や「シャカトウ」と呼ばれる釈迦頭は、その名のとおり、釈迦の頭に似ている果物です。

上の写真右側の緑色のゴツゴツした果物が釈迦頭です。

見た目と違って、ミルキーな優しい味わいがクセになる、とっても美味しいフルーツです。

食べ方もとてもユニークで、突起の部分を1粒1粒剥がして食べるんです。

グアバ

グアバ(芭樂)は、果肉が白いものとピンクのものと2種類ありますが、味に差はありません。

種の部分がけっこう硬いので、食べるときには歯が欠けないように気をつけて食べましょう。

パパイヤ

パパイア(木瓜)も、スターフルーツと同じ1年中食べられる果物です。

パパイヤは台湾でも非常にポピュラーな果物なので、住宅街の中でも、パパイアの鉢植えを結構見かけます。

他にも、冬から春(12月~5月頃)にかけて、市場や果物店には、レモン(檸檬)、ビワ(枇杷)、レンブ(蓮霧)、台湾オレンジ(柳丁)などのフルーツが並びますよ。

ということで今回は、春に食べられる果物の中から、スターフルーツに挑戦してみたいと思います。

レンタルWiFi台湾旅行には、いつものスマホが使えるレンタルWiFiを持って行くと便利ですよ。
 値段が安くて
 快適にネットが使えて
 グループでシェアもできる
台湾レンタルWiFiの、値段、使いやすさ、つながりやすさを徹底的に調査してみました。
台湾旅行に便利なレンタルWiFi、どの会社を選んだらいいの?

スターフルーツってどんな果物?

スターフルーツは台湾では「楊桃」と呼ばれています。

横にカットすると断面が星形に見えることから、日本ではスターフルーツという名で呼ばれています。

スターフルーツは東南アジアを原産地とする果物ですが、台湾ではとてもメジャーな果物で、1年中食べることができるんですよ。

黄色い果肉はジューシーで、爽やかな香りがします。食感はサクサクしていて、爽やかな酸味があり、甘みはそれほど強くありません。

日本でも、沖縄県、宮崎県、鹿児島県などで栽培されているようですよ。

スターフルーツの正しい食べ方は?

スターフルーツは輪切りにすると可愛い星形になるので、つい輪切りにしたくなりますが、実はこの食べ方、あまりおすすめできないんです。

スターフルーツの果肉の中央は少し渋みがあるので、通常は星形のとがった部分だけを食べます。

スターフルーツの正しい食べ方

1.スターフルーツをきれいに洗ったら端を切り落とします。

2.縦にして星形のギザギザの部分だけを切り落とします。

スターフルーツ「らしくない」形になってしまいますが、これが本場の食べ方なんです。

ちなみに皮は通常、剥かずに食べますが、指で簡単に剥けるので、「口の中に残ってイヤだ」という方は食べる時にペロッと剥いてから食べてもOKです。

スターフルーツの選び方は?

新鮮なスターフルーツを見つけるには、果実にハリとツヤがあるものを選びましょう。

シワシワだったり、茶色の斑点が出ているものは、新鮮ではありません。

もし緑がかっているなら、2~3日追熟させると良いでしょう。

黄色く熟して、家中に良い香りが漂い始めたら食べごろです。

台湾はフルーツ王国

台湾のフルーツは、どれも安くて新鮮で、しかも美味しいですよ!

台湾に来たらぜひ、いろいろなフルーツを楽しんでみてくださいね。

-台湾グルメ, 台湾旅行

Copyright© C-STUDY , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.