中国出張、台湾旅行に役立つ情報のブログ

C-STUDY

台湾グルメ 台湾旅行

台灣の朝ごはん専門店!「早餐店」へ行ってみよう

投稿日:

台湾の朝ごはんと言えば、みんなお粥や豆乳、油條(揚げパン)を食べている?

ガイドブックなどを見ているとそう思ってしまうかもしれませんが、実は台灣では洋風の朝ごはんも大人気なんです。

特にサラリーマンやOLさんは、ハンバーガー、トースト、サンドイッチなどが食べられる「早餐店(朝ごはん屋さん)」が大好き!

通勤途中や犬の散歩、ウォーキングついでに早餐店で朝ごはんを食べている光景をよく見かけます。

今日はそんな、台灣ローカルっ子に大人気の「早餐店」をご紹介しますね。

台灣の朝食専門店「早餐店」

早餐店は、朝食を食べるためのお店なので、ほとんどのお店は午後になると閉店してしまいます。

もちろんテイクアウトもOKなので、通勤途中に買って会社で食べる人も多いですね。

台湾の早餐店は、地元のほとんどのお店がそうであるように、歩道にテーブルとイスを置く路面店スタイルです。

見つけたら絶対食べたい!米粉の台灣クレープ「蛋餅」

中国でもおなじみの蛋餅は、台湾風クレープ包み卵焼きといった感じでしょうか。

クレープのような薄い生地は、普通は甘くないクレープのような感じの小麦粉なんですが、お店によっては米粉の生地の蛋餅を出すところがあります。

この米粉で作った生地がモチモチして非常に美味なんです!!

ベーコンとネギ入りの蛋餅

クレープ生地の中身はいろいろ選べます。チーズ増しや卵増しもできますよ。

コーンとチーズ入り蛋餅

早餐店の定番「三明治」「漢堡」「吐司」って?

そして、早餐店の定番といえば、三明治(サンドイッチ)、漢堡(ハンバーガー)、吐司(トースト)です。

お店によっては、ハンバーガーに五香粉という中華スパイスを入れていることもあり、ハンバーグというよりも中華風つくねと言ったほうがしっくりきます。

マクドナルドとはまた違った味わいで、面白いですよ。

料理は、注文するとその場で作ってくれるので、アツアツが食べられるのが人気のヒミツです。

台灣のハンバーガー

「早餐店」はどうやって注文する?

台灣の早餐店で注文するにはまず、カウンターで注文票をもらいます。

ペンで自分の食べたいものの上に線をひくか、数字を書けばOK!

漢字の分かる日本人にとっては、とても簡単ですね!!

どのお店もとってもリーズナブルで、日本円で1品70~230円くらいで食べられます。

ドリンク類は15~20台湾ドル(約55円~75円)くらいからあります。

朝ごはんの基本用語

メニューの単語を覚えておくと、注文するときに迷うことが少なくて便利です。

珈琲や紅茶などは、日本と同じ漢字を使うので分かりやすいですね。

ベーコン 培根
ハム 火腿
ツナ 鮪魚
コーン 玉米
たまご
フライドポテト 薯條
ハッシュドポテト 薯餅
ソーセージ 熱夠または香腸
ベーグル 貝果
ブリトー 捲餅
フォカッチャ 法可夏
プレーン 原味
チョコレート 巧克力
ピーナッツ 花生
ジャム 果醤
セット 套餐

メニューが分からなくても大丈夫、お店の人にメニューを指さして「這是什麽?」と聞いてみましょう。

台湾人はとても親切な人が多いので、コレだよと、商品を見せて教えてくれますよ。

早午餐店」と書いてある店は、「お昼ごはんもやっていますよ」という意味なので、少し遅めの時間でも大丈夫です。

台湾旅行に来るなら、ホテルの朝食だけでなく、ぜひ街中の早餐店でローカル朝ごはんを楽しんでみてくださいね。

関連記事

レンタルWiFi台湾旅行には、いつものスマホが使えるレンタルWiFiを持って行くと便利ですよ。
 値段が安くて
 快適にネットが使えて
 グループでシェアもできる
台湾レンタルWiFiの、値段、使いやすさ、つながりやすさを徹底的に調査してみました。
台湾旅行に便利なレンタルWiFi、どの会社を選んだらいいの?

-台湾グルメ, 台湾旅行

Copyright© C-STUDY , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.