中国出張、台湾旅行に役立つ情報のブログ

C-STUDY

台湾グルメ 台湾旅行

台湾人のソウルフード!ルーローファン(魯肉飯)ってどんな味?焢肉飯、肉燥飯との違いから地元の名店、レシピまで徹底的に解説します

投稿日:

雑誌や旅行サイトなどで「台湾で食べてみたい食べ物」ランキングが特集されると、必ずと言っていいぐらい毎回ランクインするのが「魯肉飯(ルーローファン)」。

地味なビジュアルだし、どんな味か想像できないし、と台湾旅行初心者にはちょっとハードルの高い食べ物ですが、この台湾鉄板お昼ごはん、食べないと後悔すること間違いなしの絶品ごはんなんですよ。

今日はその魯肉飯の魅力を、台湾在住日本人の立場から徹底的にお伝えしたいと思います!

台湾人のソウルフード「魯肉飯」

photo by Kevin Li

台湾人のお昼ごはんに「魯肉飯」は外せません。

台湾人にとって魯肉飯とは、単品で食べるものではなくおかずに合わせて食べる脇役。

だからサイズもどんぶりではなく、少し大きめなお茶碗にご飯とお肉が山盛りになるぐらいの量です。

街では「魯肉飯」を売りにした食堂がしのぎを削っていて、みんなそれぞれ個性的な味で固定客の胃袋をがっちり掴んでいます。

photo by reeqhair

脇役なのにお客争奪戦の主役って、なんだか面白いですよね。

「孤独のグルメ」にも出た魯肉飯

ところで、皆さんの中には深夜ドラマの「孤独のグルメ」が大好きという方もおられると思います。

以前のSeason5では台湾編が放送されましたが、その中で五郎さんが入ったのが「原味魯肉飯」というお店。

五郎さんは魯肉飯を「魚肉飯?」と読み間違えてしまい、注文はしなかったのですが、そもそもお店の名前が「原味魯肉飯」となっていることからして、魯肉飯が国民的なご飯であることがうかがえますね。

「魯肉飯」「滷肉飯」「肉燥飯」「控肉飯」どう違う?

さて、日本では一般に「魯肉飯」という名前で知られているこの食べ物ですが、魯肉飯と同じ発音で漢字が違う「滷肉飯」という書き方もあります。

台湾でも私のいる南部の高雄などでは、魯肉飯によく似た「肉燥飯」と呼ばれる料理がよく食べられます。また、中部には「焢肉飯」(「控肉飯」とも)という料理もあります。

日本の一部の中華料理店などにある「ひき肉丼」や「豚そぼろ丼」も基本的には同じものですね。

台湾人にこの3つ(4つ?)の料理の違いを聞くと、「全部同じだよ」とか「全然違うって」とか意見がまとまらず、ちょっと面倒なことになります(^^;

それだけ、台湾人の魯肉飯(焢肉飯、肉燥飯)への愛が強いってことなんです。

photo by yamchild

そんな彼ら(彼女たち)の話を外国人の私が冷静にまとめると、結局のところみんなあまりよく分かってないというのが本当のところのようです。

地元人が当てにならないので、ネットで調べてみました。

名称地域脂身の多さ肉の形状
魯肉飯北部(台北など)かなり多い厚切り
焢肉飯中部(台中など)多いかたまり
肉燥飯南部(高雄など)少ないそぼろ

ただ、これもお店によってはそぼろ状の魯肉飯があったりと、それほど厳密には使い分けられていない様子です。

photo by Kenny Huang

味付けは魯肉飯、焢肉飯、肉燥飯どれも基本的には同じで、醤油、砂糖、酒などで煮込んだ豚肉をご飯の上にのせたものです。

醤油に砂糖に酒……日本の煮物と同じ調味料を使うのに、ちゃんと台湾の味になるのは、そこに香辛料を加えるから。

photo by Davy Wang

八角や肉桂などが入ることで、台湾独特の風味になります。

脂が多い豚肉に香辛料が加わることで食欲をそそるんです。

photo by Trytosay

魯肉飯や肉燥飯にかぎらず、台湾の料理には、八角、肉桂、生姜、ニンニク、胡椒、台湾バジル、スープセロリ、パクチーなどの香辛料や香味野菜、ハーブ類が使われていることが多いですね。

夏が長く、暑くて湿度が高いという土地柄ならではなんでしょう。

肉燥飯の老舗「郭肉燥飯」へ行ってみた

という訳で、魯肉飯(肉燥飯)の写真をたくさん見ていたらすっかりお腹が空いてしまいました。

私たちも、近くのお店に肉燥飯と魯肉飯を食べに行きたいと思います。

私がいる高雄市内で、地元の人がこぞってオススメするのが、創業30年の老舗「郭肉燥飯」錦田路老店。

こちらのお店、なんと朝4:00に開店します。

14時まで営業していますが、なくなったら終了なので、遅くても13時までには行きたいですね。

郭肉燥飯は大手の銀行などが立ち並ぶオフィス街の裏手にあるので、お昼頃に行くとサラリーマンやOLさんたちの行列ができていることもしばしばです。

郭肉燥飯が人気の理由

郭肉燥飯の人気の理由は、お肉のジューシーさ!

一般的なお店の「肉燥飯」は、煮込んだ豚肉の他に、「肉松」という肉のでんぶのようなものがかかっていることが多いんですが、

郭肉燥飯の肉燥飯には、この肉松がかかっていません。

そして魯肉飯は、豚の角煮がドーン!!と食べごたえ抜群!

この豚肉がよく煮込まれていて、口に入れると一瞬でとろけてしまうんですよ~。

お店のご主人いわく、魯肉飯も肉燥飯も、お肉の質ももちろんだけど、いちばん大切なのは煮汁なのだそうです。

確かに、ごはんにしみ込んだちょっと甘味のあるタレがクセになる美味しさですね。

香辛料少なめの、日本人にとって食べやすい味です。

味噌汁とナスの炒め物をつけてもわずか80元(約304円)と、美味しいだけでなく、コスパの高さもうれしいお店です。

おかずは小皿が10元、ちょっと大きなお皿だと20元です。

女性2人なら、ごはんもの2杯、野菜の小皿2皿+味噌汁か湯(スープ)1杯でおなかいっぱいになりますよ。

リーズナブルなお値段なので、1人あたり平均50元(約185円)くらいで満足できます。

高雄に来たら「郭肉燥飯」、ぜひチャレンジしてみてください!

郭肉燥飯へのアクセス

住所:高雄市新興區錦田路39號

営業時間:4:00~14:00

定休日:日曜

行き方:捷運(地下鉄MRT・オレンジライン)「信義國小」駅から徒歩3分

レンタルWiFi台湾旅行には、いつものスマホが使えるレンタルWiFiを持って行くと便利ですよ。
 値段が安くて
 快適にネットが使えて
 グループでシェアもできる
台湾レンタルWiFiの、値段、使いやすさ、つながりやすさを徹底的に調査してみました。
台湾旅行に便利なレンタルWiFi、どの会社を選んだらいいの?

おまけ:魯肉飯のレシピ

皆さんの中には、台湾で食べたあの魯肉飯を日本でも再現してみたい、台湾に行ったことはないけど魯肉飯を試してみたいという方もいるかもしれません。

おまけで台湾のレシピサイトで見つけた魯肉飯のレシピをご紹介したいと思います。

魯肉飯のレシピはお店によって全然違うので、このレシピもあくまで一例です。

材料が足りなくてもとりあえず手に入るもので作ってみてもいいと思います。

お肉の部位や、調味料の割合、煮込み時間など色々アレンジしてみて、好みの「マイ魯肉飯」を見つけてみるのも楽しいかもしれませんよ。

材料(食材

豚バラ肉(五花肉1kg~1.5kg
氷砂糖(冰糖大さじ1
醬油適量
醤油ダレ(醬油膏適量
ウーシャンフェン(五香粉小さじ1
適量
料理酒(米酒少々
梅パウダー(梅粉少々

醤油ダレは醤油と砂糖などを煮詰めて作ったもの、なければみりんなどで代用するのもいいですね。

梅粉は台湾人がよく使う「魔法の粉」、これを入れるといかにも台湾っぽい味になるのですが、なくても大丈夫です。甘めの梅干しが家にあればそれを幾つか入れるのもいいですね。

「寒梅粉」という和菓子用の粉とは全く違うものなので気をつけてください。

下の写真の左奥に写っているのが「梅粉」です。

photo by Gimi Wu

でも五香粉だけは用意した方がいいでしょうね。五香粉があれば「チャーシュー丼」が一気に「魯肉飯」に変身しますよ。

作り方

1. 將五花肉汆燙過後切丁入乾鍋、將肉丁的油逼出

豚バラ肉を湯通しした後、切り分けたら、肉の油が出て来るまで鍋で乾煎りする

2. 另起一鍋放入紅冰糖(或冰糖)以中小火慢慢讓糖作焦化

肉から油が出てきたら、別の鍋に氷砂糖を入れてゆっくり弱火にかけ、カラメルにする

3. 等糖焦化完後放入逼油過的肉丁拌炒後即可放酒及其它調味料即可悶煮至軟嫩

砂糖がカラメルになったら肉の鍋に入れて炒め合わせ、酒などの調味料などを入れて柔らかくなるまで煮込む

4. 待涼後再第二次加熱,讓肉更上色即可

粗熱が取れたら再び火にかけると色よく仕上がる

ニュースレターを購読します

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:333人

-台湾グルメ, 台湾旅行

Copyright© C-STUDY , 2017 AllRights Reserved.