中国出張、台湾旅行に役立つ情報のブログ

C-STUDY

台湾旅行

客家族の里・美濃で、客家布のデコパージュ体験と粄條の日帰り旅行

投稿日:

台湾の南国・高雄は連日猛暑で、「暑い」を通り越して「熱い」日が続いています!!

というわけで、今日は猛暑の高雄市中心部を離れて、友人の運転する車で丘陵地帯の美濃まで行って来ました。

高雄から「美濃」への行き方

高雄市街から高速道路をひた走ること約1時間、客家族の住む町・美濃へやってきました。

市の中心部からはかなり距離がありますが、実は、美濃も一応、高雄市内にあります。

というのも、高雄市は、以前は「高雄県」だったのですが、本来の高雄市11区と、高雄県の1市3鎮23郷(日本の1市3町23村に相当します)を合わせて、高雄市38区として一つの「市」と呼ぶことにしたという経緯があるので、かなり離れたこの集落も高雄市内ということになっているんです。

美濃へは、レンタカーを借りて行くのが便利ですが、山道を走るうえ、台湾の人はビュンビュン飛ばすのでかなり危ないです。

ムリな追い越しや、カーブでも減速しない人が多いので、台湾での運転に慣れていないと、目的地にたどり着くころにはぐったり。

高雄市内の左營駅バスターミナルから直通バスが出ていますから、ここはムリせずバスで行くのがおすすめ。

バスターミナル4番から、およそ30分おきにバスが出ています。しかも、片道88元(約325円)という安さ!

もちろん、一卡通悠游卡も使えるのでとても便利ですよ。

美濃客家文物館で客家デコパージュ体験

客家(客家族)とは、明の時代から清の時代にかけて、大陸から台湾へ渡って来た人々です。

台湾へ渡ってきた時期が比較的遅かったため、他の民族との争いを避けるために、台湾の北部、中部、南部の3か所に分かれて住むようになったという歴史があります。

南部へ移動してきた客家族の人々は、美濃や美濃近くの六亀などの山奥に住み着いたんですね。

2001年にできた美濃客家文物館で、そんな客家族の生活や文化を垣間見ることができます。

客家の人々の暮らしについてお勉強した後は、文物館の2階で、客家布を使ったデコパージュを体験。

まず、客家布から花柄の部分を切り抜いて、キャンパス地のポーチに配置していきます。

柄の配置が決まったら、デコパージュ用の糊を筆につけてポーチにまんべんなく塗っていき、その上に先ほど切り抜いた布を置いていきます。

乾いたら、布の上からもう一度糊を塗り乾いたら完成です。

糊を塗るときに同じ方向に筆を動かすのがポイントなんですって。

初めてでも、言葉が通じなくても、実演しながら教えてくれるので全然だいじょうぶです。

ペーパーナプキンでデコパージュしたことはあったんですが、布を使ってのデコパージュは初めての体験。

ペーパーナプキンは薄いので、すぐに破れたりよれたりするけど、布はしっかりしているので失敗が少ないのでいいですね。

美濃客家文物館

住所:高雄市美濃区民族路49-3号

開館時間:火曜から日曜まで9:00~17:00

休館日:毎週月曜

美濃湖で台湾の暑さを一休み

デコパージュ体験を楽しんだら、すぐ近くの美濃湖をちょっと散策してみます。

美濃湖は、別名を中正湖ともいいます。

散策路があるので、のんびり歩くのもいいですし、湖から時折吹く風を受けながら、サイクリングを楽しむのも良さそうです。

小さな湖なので、ちょっとしたお散歩にもってこいですね。

絶対食べるべき!美濃名物・粄條は別格の美味しさ

さて、観光したらお腹がすいたので、客家料理「粄條」を食べに行くことにします。

友人がおススメしてくれたのが「阿城粄條」、先ほどの文物館からは車で約9分の場所にあります。

伝統的な「粄條」の(汁あり)と、乾麺(まぜそば)の両方を食べてみました。

トッピングされている卵は、友人が家から持参した茶卵です。自由に持ち込みができるのが、台湾のお店のいいところですね。

味はベトナムのフォーそっくり!むしろ、フォーよりも食べやすかったです。

スープはさっぱりしていますが、フライドオニオンがトッピングされているので、ほどよくこってりしています。

辛いのが好きな方は、お好みで辛いソースをかけてください。わざわざフタを開けなくて済むように、クギで穴があけてあるので、そのままドボドボかけましょう。

美濃の粄條は、台湾で一般的な粄條よりもコシがある細麺です。

あまりの美味しさに、市内に戻ってから粄條のお店を見つけて食べに行ったんですが、コシが弱くて乾麺独特のニオイがあり、美濃の粄條には全然かないませんでした。

本当においしい粄條が食べたいなら、ぜひ、美濃へ行ってみましょう!

阿城粄條
住所:高雄市美濃区中山路二段
開店時間:11:00~17:00

客家族「美濃」は台湾マニアにオススメの日帰りスポット

今回の美濃日帰り旅行では、台北や高雄などの市街地とはまた一味ちがった「濃い」台湾を見ることができました。

ちょっと人とは違った台湾を体験してみたい方、ディープ台湾を楽しみたい方、高雄からバスで「美濃」に行ってみるのはいかがですか?

レンタルWiFi台湾旅行には、いつものスマホが使えるレンタルWiFiを持って行くと便利ですよ。
 値段が安くて
 快適にネットが使えて
 グループでシェアもできる
台湾レンタルWiFiの、値段、使いやすさ、つながりやすさを徹底的に調査してみました。
台湾旅行に便利なレンタルWiFi、どの会社を選んだらいいの?

ニュースレターを購読します

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:334人

-台湾旅行

Copyright© C-STUDY , 2017 AllRights Reserved.