ヌードルバーが美味しい!上海浦東空港の中国東方航空「77号」ラウンジが絶対オススメな理由

少し前の上海出張で、上海浦東空港の中国東方航空ラウンジ(国際線)を利用する機会がありました。

上海浦東空港には、各搭乗口前にラウンジがあることが多く、これまではそこを利用していたのですが、今回はふと目に入った大きめのラウンジを利用してみることに。

中国の空港ラウンジにはあまり期待していなかったのですが、ここはいい意味で期待を裏切られました。

中国「南方航空」でも「東方航空」ラウンジ

この日の上海出張利用したのは、中国南方航空のCZ380/CZ379便です。

この便はよく安いチケットが出ているので私もよく利用するのですが、遅延/欠航が多いのが残念なところ。

そんな時間にルーズな上海浦東~中部セントレアCZ379便も、今回はきちんと定刻に飛びそうです。

中国版Uberの滴滴打車で空港に向かい、中国南方航空のカウンターでチェックインを済ませます。

中国の空港チェックインカウンターは荷物の規定オーバーでもめる人などで、列がなかなか進まないことが多いのですが、中国南方航空では私が中国出張対策に持っているカードが使えるので、優先チェックインで時間が節約できました。

チェックインを済ませたらさっさと手荷物検査と出国審査を通過して、制限エリアに向かいます。

中国の空港の手荷物検査はかなり待たされることがあるので、あまり時間ギリギリまで出発ロビーでのんびりしていると慌てることになります。

成都空港では手荷物の優先レーンがあったので、浦東空港にも作ってくれれば、と思ったりもするのですが…

制限エリアに入ったら向かうのは、「中国東方航空」ラウンジです。

中国南方航空は中国東方航空と同じ「スカイチーム」に所属しているので、上海浦東国際空港では中国東方航空のラウンジを利用することになる、ということのようですね。

空港ラウンジはビジネスクラス以上を予約するか、各航空会社の上級会員が利用できます。

浦東空港は「77号」ラウンジがオススメ!

上海浦東空港は大きな空港で、各搭乗口の近くにもラウンジがあります。

チェックイン時にラウンジを指定されることもあったり、搭乗口に近くて便利なので、ついそちらに向かってしまうのですが、搭乗口前のラウンジって規模も小さく、フード類もあまり揃っていなかったりするんです。

ということでオススメなのが、「77号」ラウンジです。

搭乗口からあまりに遠かったり、搭乗時間が迫っているのでなければ、指定ラウンジにかかわらず「77号」に行きましょう。

ここは出発エリアの中2階(中3階?)に設けられている集中型のラウンジで、提携エアラインの利用者であれば、利用ラウンジの指定がどこであっても利用することができます。

上海浦東空港 中国東方航空77号ラウンジが利用可能な航空会社

中国東方航空 中国南方航空 香港航空
モーリシャス航空 ブリティッシュ・エアウェイズ アエロメヒコ航空
アリタリア航空 EVA航空 エティハド航空
カンボジア・アンコール航空 ベトナム航空 フィンエアー
イベリア航空 ユニー航空(立栄航空) マーハーン航空
マレーシア航空 カタール航空 ヴァージンアトランティック航空、他

ではさっそく、上海浦東国際空港 中国東方航空77号ラウンジに入ってみたいと思います。

広くて開放感のあるラウンジ室内

案内に従って階段を上ると、ラウンジの受付があり、そこで搭乗券を提示して確認を受けます。

ラウンジは搭乗エリアの中2階の空間に造られているので、開放感がたっぷりあっていい感じです。

ちょっとしたボックス席などもあり、待ち時間が長い時はここでゆっくりするのも良さそうです。

ドリンク・フード類も充実

まずは席を確保してと思ったのですが、このラウンジは全く混雑していなかったので自由に席を取ることができました。

とりあえず喉がかわいたので何か飲み物を、とラウンジの中央の分かりやすいところに設けられていているドリンクスペースを見てみることにします。

私は全くお酒が飲めないので、お酒の種類の良し悪しは分かりませんが、ワインなどのアルコール類が数種類と、ジュースが並んでいます。

壁側にもコーヒーサーバーがありました。

豆から挽く方式で、中国でまあまあの味のコーヒーが飲めるのはうれしいですね。

冷蔵庫には、コーラなどの炭酸飲料や、ビールも揃っていました。

軽食類

ここの77号ラウンジは軽食類もちゃんと揃っていました。

搭乗口近くのラウンジだと、客が少ない時間帯はフード類が少なかったりもするのですが、ここは空いている時間帯でもちゃんと軽食が並んでいました。

サンドイッチも特に乾いている様子はなかったですね。

ケーキ類や、パンもありました。

マントウも蒸し器の上でちゃんと温まってましたよ。

食事系

ちょうど夕方便の前だったので、機内食の代わりに軽く食べておくことにしました。

おかず類も結構揃っていましたね。

何種類もあるので、自分の好きなものを取り分けてしっかり食事ができそうです。

夕食にはちょっと早い時間帯ですが、機内食には期待できないので、軽く食べておきます。

盛り付けが超テキトーですが(^_^;

後、スープ類もありました。

サラダもあるので、生野菜に飢えている人はここで早めの生野菜補給もできます。

おすすめはヌードルバー

そして、ここ上海浦東空港 中国東方航空77号ラウンジがオススメな理由は、ヌードルバーがあること。

スタッフが常駐していて、何種類かの麺の中から好きなものを選ぶと、茹でてスープと合わせてくれます。

具材や薬味はカウンターに揃っていて、自分の好きなようにトッピングする方式です。

中国のラーメンスープは基本的に薄味ですが、ヌードルバーのスープは(日本人からすると)ほとんど味がない状態です。

それで、醤油などでちょっと味を足すのがオススメです。

私のトッピングはこんな感じになりましたが、ちょっと唐辛子が多すぎました(^_^;

ストレスの多い中国出張、ラウンジで少しリフレッシュするのもありですね

中国出張はスケジュール通りに進まなかったり、時間的な制約が多かったりと、何かとストレスが多いものです。

しかも「東航」・「南航」利用だと往復の移動もなかなかストレスフルだったりします。

そんな時、ビジネスクラスはちょっと…という場合でもラウンジや優先チェックインだけでも使えるとかなりストレスが減ると思います。

そして、上海浦東空港を利用するときは「77号」ラウンジが絶対オススメです。

デルタアメックスゴールド中国東方航空・南方航空の利用が多い私が手放せないのが、デルタ・アメックス・ゴールドカードです。
年会費はちょっと高いですが、充実した特典で中国出張のストレスが軽減するのを実感しています。
 優先チェックイン
 ラウンジ利用
 優先搭乗
 足元の広い席を優先割り当て
>>デルタアメックスゴールドを1年間使い倒してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする