中国出張、台湾旅行に役立つ情報のブログ

C-STUDY

台湾旅行

台湾・高尾で生花や鉢植えが買える興中花卉(かき)街に行ってみた

投稿日:

日本では今、アジサイが真っ盛りですね。

私も少し前に台湾・高雄にある「興中一路」というお花屋さんの商店街へ行って、台湾の夏の花を見てきたので、ご紹介したいと思います。

台湾の夏の花

台湾人も、日本人と同じように花や木が大好きです。

最近では、ガーデニングする人も増えているんですよ。

私のいる高雄は、台湾の中でも南に位置しているので、日本の本州ではあまり見かけない、珍しい南国の花々をたくさん見ることができます。

「九重葛」ブーゲンビリア

例えば、ここでは「ブーゲンビリア」の木をよく見かけます。

台湾では「九重葛」と言われますが、実はブーゲンビリアの和名も「九重葛」と書いて「ここのえかずら」と読むんだそうです。

実は、ブーゲンビリアの花のように見えるのは葉で、中央の白い部分が花なんです。

「蘭花」ラン

台湾では「ラン」も街中でよく見かける植物です。

熱帯地方の台湾は彼らのふるさと、温室で育てる必要もなく、戸外で簡単に育てられます。

台湾では木の幹などにコケを貼り付けて、そこにランを植え付けるスタイルが一般的です。

「木槿」ハイビスカス

南国の花の代表的なものとして挙げられるのは「ハイビスカス」ですね。

ここ高雄では、公園の垣根などによく使われていますし、鉢植えにして育てているご家庭も多いですよ。

「橡膠樹」ゴムの木は街路樹に

日本ではインテリアグリーンとして楽しまれている「ゴムの木」は、台湾では街路樹としてよく使われていて、樹高10m以上はありそうな巨木になります。

「阿勃勒」ゴールデンシャワーツリー

そして、6月上旬に満開になるのが「阿勃勒」の花。黄藤に似ているマメ科の植物です。

阿勃勒が満開になり待ちが黄色に染まると、高雄では本格的な夏の始まりです。

ということで、我が家も高雄の夏の花で彩ってみようと、高雄の花卉市場へ出かけてみることにしました。

台湾の花市場で花を買ってみよう

高雄で花を買うなら、興中一路の花卉街が有名です。

民櫂路と復興路の間の興中一路には、花屋さんが軒を連ねています。

切り花専門の店や、鉢植え・グリーン専門の店、ラン専門店や造花店、花材道具の店などなど専門によってお店が分かれているので、買いたいものを見つけやすいですよ。

少し通りを歩いてお店をのぞいてみました。

日本でもおなじみのアジサイやハーブ、かわいい多肉の小さな鉢も売っています。

台湾のお花はとてもリーズナブル!

しかも、ここで買うお花は驚くほどリーズナブルなんです。

私は以前、フラワーアレンジメントをしていたこともあって、友人に頼まれてイベントで花を活けたのですが、これだけたくさんの花を買って約1,000台湾ドル(約3,650円)でした!

日本でこれだけの花を買ったら、間違いなく2倍以上のお値段がしてしまいますね。

もちろん、切り花1本から買うことができますし、一部のお花は日本に持って帰ることもできるようです。

鉢植えなどを日本へ持って帰りたい場合は、農林水産省の植物検疫所サイトでチェックしてみてくだい。

持ち込みが可能な植物でも、土がついている状態では持ち込めないので、鉢から外してきれいに洗いましょう。

高雄は街全体が植物園

花好き、ガーデニング好きの方は、南国ならではの珍しい植物を見に、台湾のお花屋さんを訪れてみると、きっと楽しいと思いますよ。

出張や旅行でホテルに滞在中の方も、台湾の夏を感じにぜひ、立ち寄ってみてくださいね。

レンタルWiFi台湾旅行には、いつものスマホが使えるレンタルWiFiを持って行くと便利ですよ。
 値段が安くて
 快適にネットが使えて
 グループでシェアもできる
台湾レンタルWiFiの、値段、使いやすさ、つながりやすさを徹底的に調査してみました。
台湾旅行に便利なレンタルWiFi、どの会社を選んだらいいの?

ニュースレターを購読します

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:335人

-台湾旅行

Copyright© C-STUDY , 2017 AllRights Reserved.