【キャッシュレス先進国】中国の電子マネーAlipay(支付宝)の使い方を日本語で徹底解説


中国はいまやキャッシュレス先進国と行ってもいいほど、大手チェーン店から屋台も含めて、ほとんどのお店でキャッシュレス決済が利用できます。

最近は私の周りにも「現金お断り」のお店が増えてきていて、スマホ決済は中国生活の必須アイテムです。

日本のキャッシュレスとちょっと違うのは、そのほとんどがプラスチックのカードも「おサイフケータイ」も使わない「スマホQRコード決済」だということ。

最近、日本でもPayPayなどで認知度が上がってきたスマホQRコード決済ですが、中国で長らく使われているのは主にAlipay(支付宝)とWeChat Pay(微信支付)の2種類です。

今回はその中の1つ、Alipayの使い方を紹介したいと思います。

日本のクレカが使えないことが多い中国、「アリペイ」や「WeChatペイ」も日本人にはハードルが高いですが、「銀聯クレジットカード」なら、日本人でも中国でキャッシュレスができるんです。
中国出張の必須アイテム「三井住友銀聯カード」徹底解説

Alipayをインストールする方法

Alipay(支付宝)アプリはAppStoreやGoogle Playからインストールすることができます。

下のリンクからアクセスするか、AppStoreやGoogle Playで「Alipay」と検索して探してみてくださいね。

Alipay - Simplify Your Life

Alipay – Simplify Your Life

Alipay (Hangzhou) Technology Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

Alipayアプリの初期設定をする

Alipayアプリをインストールしたら、さっそくアプリを開いて初期設定をしていきましょう。

この記事ではiPhone版のAlipayアプリの画面を使って説明していますが、Android版もほぼ同じ操作で使えますよ。

利用規約に同意する

最初に表示される利用規約を確認し、画面下にある「同意」をタップします。

アプリの権限を設定する

次に、通知を受け取るかどうかを設定します。

Alipayには、友だちのAlipayに送金したりする時などに使う「メッセージ機能」があるので、将来的にメッセージ機能を使いそうな時は通知を許可しておくのがおすすめです。

中国では割り勘や「代购(代理購入)」などの支払いの時に、Alipay送金がよく使われていますよ。

Alipayアプリからの通知を許可しなくても、電子マネーの使用自体に支障はありません。

アカウントを取得する

次に、Alipayを使うために必要なAlipayアカウントを取得しましょう。

sign up(サインアップ)を選びます。

プライバシーポリシー(英語)を確認したら、「agree(了解)」をタップすると次に進めます。

今のところAlipayアプリに日本語版はありません

今のところAlipayには日本語版がないので、iOSの言語設定が日本語になっている場合、Alipayアプリは英語で表示されます。

中国語の方が分かりやすいという方は初期設定が終わってから、[マイページ]→[Setting]→[General]→[Language]の順に進むと、表示言語を中国語(簡体字もしくは繁体字)に変更することができますよ。

Alipayアプリの言語は英語、中国語簡体字、中国語繁体字から選べます。(日本語は設定がありません)

電話番号を入力

次に電話番号を入力します。

必ずSMS(ショートメール)が受け取れる電話番号を入力しましょう。

日本の電話番号を使う場合は、「Area Code」の欄をタップして「Japan」を選びます。

しばらくするとSMSに認証番号が届くので、その認証番号を入力します。

位置情報の設定

続いては、位置情報の利用確認です。

Alipayで位置情報が必要な理由についての説明が英語で表示されますが、「位置情報ONにしとくと、Alipayをもっと便利に使えますよ。」ぐらいのことしか書いてないです💦

まずはNextをタップして、この次のダイアログで位置情報の利用を許可するかどうか設定します。

  • APPの使用中は許可
  • 一度だけ許可
  • 許可しない

の中からどれか1つを選べますが、実際のところ位置情報はONにしなくてもAlipayアプリは問題なく使えます。

セキュリティやプライバシーが気になる人は「許可しない」でも全然大丈夫ですよ。

中国版/国際版を選択

Alipayには中国国内版と国際版の2つのバージョンがあります。

中国国内版と国際版の大きな違いは、国外(中国以外の国)発行のクレジットカードをチャージに使えるかどうかです。

画面に「Would you like to use the international version of Alipay?(国際版を利用しますか?)」と表示されたら、

  • 中国の銀行口座を持っておらず、クレジットカードからのチャージでAlipayを利用する場合…YES
  • 中国の銀行口座がある場合…NO

を選択しましょう。

地域は後でも変更できます。

初期設定の後でも、設定画面からRegionを選べば利用地域を変更することができます。

設定画面から中国版と国際版(International)を選ぶことができます。

これで、アカウント登録は完了です。

アカウントを取得すると上記の画面が表示されます。

Alipayに銀行口座を紐づける

Alipayを利用して支払いをするには、銀行口座をAlipayアプリに紐づける必要があります。

ここからは、中国の銀行口座をAlipayに登録する方法を説明していきますね。

中国の銀行口座を持っていない場合は、設定画面から「国際版(International)」に変更すると、日本のクレジットカードで登録できますよ。

Alipay tour passの登録方法(たびハック)

「マイページ」を開く

トップページの右下にある「Me(マイページ)」を開きます。

「銀行カード」を選択

マイページから「Bank Cards(銀行カード)」をタップします。

次に「+Add bank card(銀行カードを追加)」をタップします。

次に、以下のいずれかの方法を使ってカード番号を入力します。

番号の入力方法は3種類あります。

  • 手入力
  • カードスキャン
  • 銀行選択

カード情報の入力が終わると、確認のため入力した情報が表示されます。

内容を確認して、すべて間違いがなければ「Agree And BindCard(同意してカードを登録)」をタップします。

「添加成功(登録が完了しました)」と画面に表示されたら、右上の「Done」をタップします。

これで銀行カードの登録が完了しました。

銀行口座を複数登録することもできます

さらに銀行口座を追加したい場合は「+Add bank card」をタップして最初から同じ操作をします。

Alipayにチャージ(トップアップ)する方法

さて、いよいよAlipayを使ってみましょう。

でもその前に、Alipayにチャージする方法も紹介しておきたいと思います。

と言うのも、Alipayでの支払いには、「登録した銀行口座から引き落とし」か「Alipay内にチャージしたAlipay残高から引き落とし」の2種類の方法があるんです。

毎回銀行口座から引き落とされるのは煩わしいし、(使いすぎとか)なんか不安という理由でチャージを使う人も多くいます。

中国にいると、友だちからAlipay送金を受けたりすることもあるので、チャージ残高から支払いする方が便利というのもありますね。

メイン画面の右下にある「me(マイページ)」をタップします。

次に、「balance(残高)」をタップします。

次に、「topup(チャージ)」をタップします。

チャージしたい金額を入力します。

表示された金額でよければ、「Pay now(チャージする)」をタップします。

この画面がでればチャージ完了です。

Alipayを使って支払いをする方法

次に、実際にお店で買い物をする時のAlipayの使い方を紹介しますね。

Alipayを使って買い物をする場合には、2種類の方法があります。

  1. お店に掲示されているQRコードをAlipayアプリでスキャンする方法
  2. AlipayアプリでQRコードを表示させ、お店にある端末でこちらのQRコードをスキャンする方法

どちらの方法もよく使うので、それぞれの使い方を説明していきますね。

それぞれのパターンの見分け方は、
【個人店に多い】お店のレジ横の「支付宝(Alipay)」サインにQRコードがあったら…パターン①
【チェーン店など】支付宝サインにQRコードがなければ…パターン②
【ニーサオと言われたら】「你扫」(スキャンしてください)と言われたら…パターン①
と覚えておけばOKです。

お店のQRコードをスキャンする場合

お店のレジ横や壁にQRコード付きのAlipayサインがあれば、このパターンです。

スキャンで支払いの時はまず、トップ画面の左上にある「Scan(スキャンする)」を選択します。

初めての利用時

初めて利用する場合、カメラへのアクセスの許可を求めらるので、「OK」をタップしましょう。

カメラ画面に切り替わったら、お店のレジ横や壁に掲示されているQRコードをスキャンします。

金額入力欄には「元(話し言葉では块(クワイ))」以上を整数、「角(話し言葉では「毛(マオ)」以下を小数で入力します。

今回はスプライト(3元)を一本購入したので、3.00と入力しました。

金額と支払い方法を確認したら「pay now」をタップします。

この画面が表示されたら支払い完了です。

お店側にも支払いの通知があるので、お店の人に「OK吗?」とでも聞けば安心ですね。

右上の「Done(閉じる)」をタップしてホーム画面に戻りましょう。

自分のスマホでQRコードを提示する場合

レジ横の支付宝サインにQRコードのないお店では基本的にこちらの方法を使います。

初めての利用時は

初めて利用する場合は「Open Payment(支払いを開始する)」確認が表示されるので、下にある「Enable now(開始する)」をタップします。

ホーム画面の上方にある「Pay(支払い)」をタップします。

下の画面のようにQRコードが表示されたら、お店の人に提示しましょう。

お店の人がお店のAlipay端末でスキャンしてくれますよ。

セルフスキャンのお店も増えてきました

下の写真のようなスキャナーがレジ横に置いてあって、自分でQRコードをスキャンする場合もあります。

支払い完了の画面が表示されて取引完了です。

口座引き落としかチャージ残高からの引き落としかを選べます

「スキャン支払い」「QR提示支払い」のどちらの方法でも、支払い時に口座引き落としかチャージからの引き落としか選択することができます。

引き落とし方法を選択するには、金額が表示された(金額を入力した)画面で、「Method(支払い方法)」をタップします。

※初期設定ではチャージからの引き落としが優先になっています。

「Balance(チャージ残高からの支払い)」か登録済みの銀行カードのいずれかを選んでから、「Pay now(支払う)」をタップすることで任意の支払い方法でAlipay決済ができます。

【QR改札】Alipayを公共交通カードとして使えます

Alipayアプリには公共交通カードをダウンロードする機能があり、これを使えばICカードも使わずに地下鉄やバスを利用することができるんです。

都市によってはAlipayで交通カードを使えない場合も

中国では都市ごとに交通カードが異なるため、都市によっては交通カードをAlipayで使えない場合があります。

まずトップ画面から「Pay(支払い)」を開きます。

下の列の真ん中にある「Transport Code(交通コード)」をタップします。

英語版を使っていても、ここから先は中国語表記に切り替わります。

一番下にある「全部卡片(すべてのカード)」をタップします。

一覧が表示された都市の中から該当する都市名をタップすると、利用できるカードの種類が開きます。

ここで「去领卡(カードをダウンロードする)」と書かれたカードのみ、Alipayアプリにカードをダウンロードできます。

公交可用…バスで使用可能
地铁可用…地下鉄で使用可能

利用したいカードを選択すると、カードの詳細が表示されます。

画面下にある「同意协定并领卡(規約に同意してカードをダウンロードする)」をタップすると交通カードをダウンロードできます。

地下鉄やバスに乗車する時は、Alipayアプリにダウンロードした交通カードをタップして、表示されたQRコードをQR対応の改札口・乗降口でスキャンすればOKです。

中国の地下鉄駅に設置されているQRコード改札 ”刷码区”と表示されている部分にスマホのQRコードをかざして利用します。

取り引き明細を確認する方法

Ailpayには過去の取り引きを一覧で確認できる機能があります。

トップ画面からマイページを開いたら、「Transactions(取引明細)」を選択します。

この画面で取引明細の一覧を確認できますよ。

まとめ:中国生活には欠かせないAlipay

キャッシュレス先進国の中国で暮らしていると、現金をほとんど使わない生活になってしまいました。

旅行で中国に来られる方も、Alipayをインストールしてキャッシュレス先進国を体験してみるのはいかがですか?