ローソンの全ATMが2月5日から銀聯カードに対応! | わーとら!

日本人でも作れる銀聯カード

中国出張の多い私が手放せないのが、中国でも使える銀聯クレジットカード。現金を使うことがぐんと少なくなってかなり助かっています。
日本人でも作れる銀聯クレジットカード

中国でもGmailやLINEが使えるレンタルWiFi

レンタルWiFi中国旅行・出張で困るのが、GmailやLINE、Facebook, Twitter, Instagramなどにつながらないことですね。
でも、グローバルWiFiの「中国VPNプラン」を使えば、この制限をいつものスマホで簡単に回避できますよ。
中国のネット制限を回避できるレンタルWiFiが超便利だった!

ローソンの全ATMが2月5日から銀聯カードに対応!

2015年秋からローソンの一部ATMで銀聯カードの取り扱いが始まりましたが、2017年2月から全ATMへの拡大に踏み切るようです。

銀聯カードが使えるコンビニATM

銀聯カードの人民元口座から日本円の現金が引き出せる日本のコンビニATMと言えば、これまではセブンイレブン(セブン銀行)とミニストップ(イオン銀行)が代表的なものでした。

関連記事:セブン銀行ATMで銀聯カードで日本円を引き出す方法

昨年から一部のローソンとファミリーマートATMも銀聯カードに対応

しかし、昨年から一部のファミリーマートに銀聯カードの取り扱いができる郵便局ATMが設置されたり、ローソンの新型ATMに銀聯カード取り扱い機能がついたり、と銀聯カードが使えるATMが続々と拡大しています。

ただ、ローソンもファミリーマートも、銀聯対応ATMが設置されているのはかなり限られているのが困ったところで、できればセブンイレブンのようにどのATMでも銀聯カードが使えるといいのになと思っていました。

ローソンATMは銀聯カードの手数料が無料110円



読者の方からの情報によれば、現在ローソンATMで銀聯カードを使用すると110円の手数料が徴収されるとのことです。

特にローソンATMでは銀聯カード取扱手数料が無料となっていますので、利用できる店舗が増えるのは非常に助かります。

関連記事:日本のATMで銀聯カードを使って現金を下ろすときの手数料まとめ

2月5日から全てのローソンATMが銀聯対応に!

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:玉塚 元一)は2016年2月5日(金)より、連結子会社の株式会社ローソン・エイティエム・ネットワークス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:熊谷 智)を通じて、ローソン店舗に設置されているATM全台(11,080台/2015年12月末現在)で銀聯(ぎんれん)カードの取り扱いを開始いたします。

これまでは、下のタイプの新型ATMでのみ銀聯カードが使えていたのが、2月5日以降は「ローソンATM」と表示されているATMであれば銀聯カードが使えるようになるようです。

ginren

VisaやMasterにも対応予定

また、報道によればローソンATMは今後、VisaやMasterなどの海外発行カードにも対応していく予定とのこと。

2020年に向けて外国人旅行者をお迎えする準備が着々と進んでいるようですね。

出典:ローソンATM報道資料

関連記事

ローソン新型ATMで銀聯カードを使う方法

海外長期滞在中の人も、万一に備えて、旅行保険付帯の年会費無料カードを1枚持っておきたいですね。
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
日本出国から90日までは自動で保険が有効になるので、1枚持っておいても損はしませんよ。
イチオシ!海外滞在者も持っておきたいエポスカード 7つのメリット