[CMHK]中国のネット規制を回避できる4G中国移動香港データSIM

中国旅行の悩みは、普段使っているLINE, Twitter, FacebookなどのSNSやGmailなどが使えないこと。

でも、短期旅行なら安価で簡単な方法があります。

日本のAmazonで購入できる代表的な「香港SIM」5種類のうち、高速4G(LTE)接続ができる「10日間1.5GデータSIM」についてまとめてみました。

持つ人を選ぶ「中国移動香港」4GLTE高速SIM

今回紹介するSIMは、通信会社が「中国移動香港(チャイナ・モバイルHK)」となっていて、購入には注意が必要です。

「初心者お断り」の中国移動香港SIM

中国移動香港のSIMは、中国で使用する際には中国移動(チャイナ・モバイル)の周波数を利用するのですが、日本で発売されているスマートフォンではこの周波数に対応しているものが少ないのが現状です。

中国移動(香港)SIMを使うには、スマートフォンが以下の周波数に対応している必要があります。日本国内メーカーのスマートフォンには、TD-LTE, TD-SCDMA, GSMすべて非対応の機種が多くあり、そうした機種では、たとえSIMロックを解除したとしても、中国移動のSIMカードは全く使えません。

  • 【必須】4G(LTE):TD-LTE(B41)
  • 【推奨】4G(LTE):TD-LTE(B39, B40)
  • 【推奨】3G:TD-SCDMA
  • 【推奨】2G:GSM

そのため、中国移動香港のSIMは基本的に初心者は買ってはいけないのですが、iPhone6以降やHuawei Mate9など最新の一部機種では中国移動の周波数に対応しているものもあるため、ご自分のスマートフォンが中国移動の周波数でも使えることが確認してから購入するようにしてください。

中国移動の周波数で使えるスマートフォンについてはこちら

先月発売になったiPhone7/iPhone7 Plus、もう購入したという方も、検討中という方も多いと思います。さてそんなApple社...
中国出張を成功させる必須アイテムと言えば、SIMカードを差し替えれば中国でも日本でもすぐに使えるSIMフリースマートフォンです。中で...

中国移動対応の機種なら高速4GLTEが規制なしで使える

ただし、iPhone6/7やHuawei Mate9などの中国移動が使える機種にこのSIMを入れて使うと、3G接続とは文字通り桁の違う10数~数十Mbpsの速度で、中国でモバイル接続ができます。しかもFacebookやGmailなどの規制がないので、高速かつ快適なモバイルインターネット環境が持てる、という訳です。

iPhoneシリーズとAndroidスマートフォンの中国移動対応状況をまとめてみました。

表中で「ほぼ使えない」と書いてある機種は、2G接続のみ(速度はダイヤルアップ並みで非常に遅い)になるため、を買った方が良いでしょう。

中国旅行、中国出張でやっかいなのが、現地でGmail、Facebook、LINE、Instagramなどが使えないこと。でもSIMフ...
中国移動
iPhone5s以前ほぼ使えない
iPhone6(Plus)
iPhone6s(Plus)
iPhone7(Plus)
iPhone SE
Nexus5以前ほぼ使えない
Nexus5X限定的に使える
Nexus6P
Huawei Mate9

【中国移動香港】データ専用・10日間1.5GB・2000円使いきり

さて、そんな玄人向けの中国移動香港SIMですが、今日はそのうちの1種類について解説したいと思います。

このSIMは以下のような特長があります。

  • データ専用
  • 10日間使いきり
  • 通信容量1.5GB
  • 2017年5月現在のAmazon価格は約2000円

そしてもちろん、使える機種が限られることも忘れずに。

データ専用SIMですが、特に中国国内の電話番号が必要ないならスマートフォンでも問題なく使えます。

追加チャージ可能

また、10日間以上や1.5GB以上使いたい場合は追加チャージも可能です。(参考:中国移動香港のサイト(繁体字)

50香港ドル(約720円)以上追加チャージすれば有効期限が180日延長される(50香港ドル未満は30日)ので、半年以内に次の渡航が決まっているなら50香港ドルをチャージしておくのもいいですね。

10日間または1.5GBを超えた期間のデータ通信料金は、従量制(1日最大48香港ドル=約690円)となるので、不在期間中に残高が減るということはありません。

1日1GB超過後は128kbps制限

こちらのSIMは1日あたりの通信量が1GBまでで、それを超えた分については速度が128kbpsに制限されます。1日1GBも使えれば十分ですね(^^

ということで、まずこのSIMカードを使えるのは一部のスマートフォンに限られますが、該当する機種を持っていれば非常に使い勝手の良いSIMカードと言えそうです。

中国移動香港10日間SIMのまとめ

  • ◎SIMカードをSIMフリーのスマートフォンに挿せばすぐに使える
  • ◎4G LTE高速通信
  • ◎チャージやプラン設定等の操作は一切不要
  • ◎容量たっぷり1.5GB
  • ◎テザリングOK
  • ◎次の渡航までの期間が長くてもOK(50香港ドル=約720円で180日延長可)
  • ×TD-LTE(Band39, 40, 41)対応スマートフォンでないと事実上使えない
  • ×通話はできない
  • ×マカオでは使えない

中国・台湾旅行の強い味方「デルタアメックスゴールド」

中国東方航空・南方航空・チャイナエアラインなどスカイチーム系の利用が多い私が手放せないのが、《デルタ・アメックス・ゴールド》カードです。

デルタアメックスゴールドには優先チェックインビジネスクラスラウンジ利用、優先搭乗足元の広い席の優先割り当てなど、出張のストレスを軽減してくれる特典が非常に充実しています。

最近の私の課題は中国出張のストレス軽減。ある日のこと、「デルタアメックスゴールド」というクレジットカードが中国出張にかなり使えることを知りま...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする