人民元の両替レートをVisaデビットとクレジットで比べてみた

中国出張の多い私が手放せないのが、中国でも使える銀聯クレジットカード。現金を使うことがぐんと少なくなってかなり助かっています。 >>日本人でも作れる銀聯クレジットカード

1-DSC00985

中国のATMでは、日本のクレジットカードやキャッシュカード(一部)、デビットカードを使って、人民元を下ろす(キャッシング)ことができます。

ATMは、空港にも、街のどこにでもあるので、こまめに両替することができますし、銀行の待ち時間もありません。

中国旅行・中国出張をぐんと快適にする現地ATMの使い方を紹介します。

中国のATMではVisa/Master/JCBカードが使えます

1-DSC00922

Visaデビットカード、国際キャッシュカード

もし、ご自分の持っているキャッシュカード(中国語では、银行卡かデビットカード(中国語では、に、上の写真にあるようなマークが入っていれば、そのカードは中国のATM(中国語では、自动提款机 または、自动取款机でも使えます。

海外旅行で現金で買い物するのは面倒だし不安だから、なるべくキャッシュレスで買い物をしたいけど、クレジットカードは使いすぎが心配。そんな人にオ...

海外専用プリペイドカード

最近では、海外ATMで現金を下ろせて、手軽に作れる海外旅行専用のプリペイドカードもありますので、こうしたカードを活用するのもいいですね。

「未成年でも申し込みできて、海外旅行先の現地でも簡単に使えるカードはありますか」という相談を受けました。 それなら、と私がすぐに思いついたの...

海外キャッシング対応クレジットカード

クレジットカード(中国語では、信用卡の場合は、「海外キャシング」サービスがついていることを、カード会社にあらかじめ確認しておくことをオススメします。

クレジットカードはあまり使わない、という人も、万が一に備えてセディナカードなど海外キャッシングに対応しているクレジットカードを持っていくのはおススメです。

海外旅行・出張中に、ケガや急病などのトラブルに遭ったらどうすればいいの? 何度も海外に出かけていると、どうしてもトラブルが起こることは避け...

中国のATMで引き出す時の手数料は?

2016年現在で日本円から人民元(中国元)への両替レートがお得な方法についてまとめました。人民元への両替には定額と定率の2つの手数料があります。1万円または5万円を実際に両替した場合のシミュレーションも行ってみました。

中国のATMの操作方法

さて、中国のATMの使い方ですが、基本的には日本のATMとほぼ同じなので心配しなくても大丈夫です。

ここでは中国銀行のATMを例に使い方を解説します。(ATMの種類によっては、操作の順序が異なる場合があります)

1.キャッシュカードを入れる

日本の時よりも、気持ちぐっと押し込む感じで入れるのがコツです。

DSC00996_

2.言語を選ぶ

空港や観光客の多いエリアに設置されているATMでは、英語や日本語が選べる機種もあります。

3.暗証番号を入力する

中国の暗証番号は6桁のため、中国のATMでは4桁の暗証番号を入力しただけでは次の画面に進みません。

DSC00999

4桁入力した後に、10キー右下にある「输入」または「确认」を押すのを忘れないようにしましょう。

DSC01001

4.口座の種類を選択する

クレジットカードでは「信用账户」、Visa(JCB)デビットカード・国際キャッシュカードでは「預金口座(中国語の表示は、储蓄账户)」を選択します。

DSC01002

5.引き出しを選択する

DSC01003

現金引き出し(中国語では、取款を選びます。

6.引き出し額を選択する

DSC01004

引き出し金額を選択します。

タッチパネルから金額を選択することもできますし、表示されていない金額を引き出したい場合は、10キーから希望額を入力することもできます。

今回利用したATMでは、100元単位での引き出しで、最高額は3000元(5万円前後)となっていました。

7.現金を取り出す

DSC01006

お金が払いだされたらすぐに受け取り口から取って、カバンにしまいます。

DSC01007

30秒以内にお金を取り出さないと、ATMに戻っていってしまうので注意しましょう。

8.レシート印字⇒カード取り出しを選ぶ

打印凭条」をタッチするとレシートが印字され、「退卡」をタッチするとカードが返却されます。

DSC01008

中国のATMは、盗難防止のため、ゆっくりしていると約30秒で現金やカードが機械の中に戻ってしまうことがあります。

そうなると、中国語で交渉が必要になりますから、それよりも急いで受け取った方がいいですね(^^;

ATMでのキャッシングは”超”オススメ!

ATMキャッシングでの人民元両替は、手数料も安く、待ち時間もないので非常にオススメです。

中国旅行・中国出張が近い方は、自分のカードが海外キャッシングに対応しているか確認しておくといいですよ!

レンタルWiFi中国旅行・出張で困るのが、GmailやLINE、Facebook, Twitter, Instagramなどにつながらないことですね。
でも、グローバルWiFiの「中国VPNプラン」を使えば、この制限をいつものスマホで簡単に回避できますよ。
中国のネット制限を回避できるレンタルWiFiが超便利だった!

コメント

  1. キム より:

    こんにちは。いつも楽しく読ませていただいています。
    少しお聞きしたいのですが、イオンのデビッドカードが写真に出ていましたが、海外キャッシュの時にイオンデビッドを使うと自動的にリボ払いとなってしまうということでしょうか?デビッドカードは即時払いだと思っていたのですが海外キャッシュの時はクレカと同じ扱いになるのでしょうか?

    • C-STUDY 事務局 より:

      キムさま
      こんにちは、コメントありがとうございます。
      今回はイオンデビットカードは間に合わず、イオンカード(クレジットの方)を使ったんです。
      ご指摘の通りデビットカードなら即時引き落としになりますね。