空港と銀行どっちで換金がお得?日本円⇒台湾ドル両替レートまとめ

桃園空港 両替店

台湾旅行や台湾出張に行く時、気になるのが日本円から台湾ドルへの為替レート情報ですよね。

せっかくだから少しでもオトクに台湾ドルに両替したいものです。

レートが一番オトクな両替場所は?

桃園空港や台北市内の銀行で換金するのはおすすめ?

台湾に年に数回通っている私も、同じことを思っていたので、今回はちょっと本腰を入れて台湾ドルへの両替情報をとことん調べてみることにしました。

この記事はかなり長いので、ブックマークに登録しておき、時間のある時に読むのがオススメです。

はじめに:日本円を台湾ドルにお得に両替するならここ!

あれこれと調べながらこの記事を書いていたら、かなり長くなってしまったので、先に総まとめを書いておくことにします。

台湾ドルへの両替場所を徹底的に調べたところ、以下のような結論になりました。

  • 現金の両替なら台湾の空港の両替所で換金するのがお得!

  • ある程度のまとまった額(10万円~20万円)なら、宅配両替がオトク!

  • 換金レートにこだわる台湾リピーターならクレジットカードの海外キャッシングが最強!

台湾旅行で使う通貨「ニュー台湾ドル(台湾元)」

ニュー台湾ドル1000元(圓)紙幣、10元、5元、1元硬貨

台湾(中華民国)で発行・流通されている通貨は一般に「台湾ドル(台幣)」と呼ばれています。

台湾の通貨には「台湾ドル」、「ニュー台湾ドル〈新台幣)」、「台湾元」、「NTドル」と、いくつかの呼び方がありますが、どれも同じものを指しています。

台湾ドルの通貨単位は「」ですが、台湾の話し言葉では「」という言い方がされます。また、紙幣やコインには「」と印刷・刻印されているので、「圓」=「元」=「塊」という関係を覚えておくと良いでしょう。

桃園空港の両替店の為替レート

台湾ドルの外貨両替レートは、1台湾ドルあたり日本円でおおむね3円~4円の間で推移しているので、台湾で買い物をする時には、300台湾ドル=1,000円ぐらいで計算するとだいたいの日本円換算額が分かります。

台湾ドルの紙幣と硬貨

台湾ドルの紙幣とコイン

台湾ドルの紙幣とコイン

台湾ドルでは、一般的に1000元、500元、100元の3種類の紙幣と、50元、10元、5元、1元の4種類の硬貨が使われています。

200元、2000元の紙幣や20元コインもあるようですが、ほとんど流通していないため旅行者の目に触れることはまずないでしょう。

海外では場所によって高額紙幣を受け付けてもらえない、ということがよくありますが、台湾ではほとんどの場所で1000元札までは使えるので大丈夫です。

台湾旅行に現金はどのくらい必要?

tw-gaotie-atm11

台湾ドルの現金をいくらぐらい換金しておくか、これは台湾旅行のスタイルによってさまざまなので一概には言えませんが、だいたいの目安は以下のようになると思います。

カード払いメイン 1日1,000台灣元(約3,300円)
現金メイン(節約派) 1日1,000台灣元(約3,300円)
現金メイン 1日3,000台灣元(約10,000円)

台湾では外食が安く、日本の半額~2/3ぐらいで食べられることが多いですが、ディンタイフォン(鼎泰豐)など有名店は日本と変わらない価格帯になるので注意が必要です。

台湾旅行でクレジットカードは使える?

1-2015-12-19-13-20-28

台湾ではデパート・スーパーはもちろんのこと、ほとんどの場所でクレジットカード(信用卡)が利用できます。

現金を両替するのは最小限にして、旅行中はできるだけクレジットカード払いにすると、帰りに台湾ドル現金の余りが出るのを避けられますね。

台湾ドルを日本円に再両替するレートは非常に悪いので、できるだけ台湾ドルの余りが出ないようにするのがコツです。

台湾では、国際ブランドのVisa, Mastercardの他にJCBも広く利用できます。AMEX(美國運通)が使えるお店もそれなりにありますが、場所によっては対応していないこともあるようです。

一方、小さな食堂や夜市などではクレジットカードが使えないので、ある程度の現金も用意しておきましょう。

1-2015-08-17-19-10-40

留学や買い出しの場合は注意!通貨の持ち出し・持ち込み制限

桃園空港 入国審査 行列

短期の台湾旅行などではほとんど気にする必要はありませんが、日本円・台湾ドル含めて通貨を大量に海外に持ち出したり持ち込んだりすることには規制があります。

例えば日本の場合、通貨の種類を問わず100万円(または100万円相当の外貨)以上を持ち出したり持ち込んだりする場合には申告が必要です。

台湾では、外貨を1万米ドル(約104万円)以上持ち込んだり持ち出したりする場合には申告が必要で、台湾ドルは6万ドル(約20万円)以上の持ち込み・持ち出しに許可が必要です。

商品の買い付けなどで多額の現金を台湾に持っていく、という場合はこの制限にも注意しておきましょう。

台湾ドルの偽札

海外旅行で心配なのが、偽札(偽鈔または假鈔 )をつかまされること。特に、現地のお金を見慣れていない外国人旅行者が、偽札を見破るのは難しいですね。

以前は台湾ドルにも、頻度は少ないものの偽札が存在していましたが、2005年に偽造防止対策を施した新券面に改版された後は、偽札被害に遭うことはほぼなくなりました

2009年には日本人がタクシーで偽札被害に遭う事件がありました。ただ、この事件で使われた偽札は非常に稚拙な作りだったとのことなので、外国人観光客が狙い撃ちにされた可能性が高いです。

1-2015-08-17-19-15-57

そもそも台湾ではお釣りで受け取る紙幣は最高でも500元(約1,650円)と、それほど高い金額にはなりません。

台湾旅行で偽札を必要以上に心配する必要はないと言って良いでしょう。

コラム:なぜニュー台湾ドルは「ニュー」なのか?

台湾ドルの正式名称に「ニュー」が付いているのはなぜ?「オールド台湾ドル」ってあるんですか?と尋ねられたことがあります。

台湾は1895年から第2次世界大戦(太平洋戦争)が終了する1945年までの間、日本に占領統治されていて、日本統治時代の台湾では、「台湾銀行券」が発行・流通していました。

公有领域, 链接

公有领域, 链接

その後、日本は戦争に負け台湾から撤退、台湾は中華民国の統治下に入ります。そして、1946年に中華民国により「台湾ドル兌換券(台幣兌換券)」が発行されます。

由Bank of Taiwan - http://www.sinobanknote.net/,公有領域,链接

由Bank of Taiwan – http://www.sinobanknote.net/,公有領域,链接

これが「オールド」台湾ドル〈舊台幣)です。

その後、1949年に台湾省政府は「ニュー」台湾ドル(新台幣)を発行し今日に至る、というわけです。

前置きが長くなってしまいました。台湾ドルについて理解できたところで、台湾ドルの両替レートを両替場所ごとに比較していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする