【写真あり】南アフリカのATMを使って現地通貨ランドに両替(現金引き出し)する方法を詳しく紹介します

海外旅行保険がゼロ円になるカード?
EPOSカードは、
ゴールドカード以上の補償額の海外旅行保険が無料
旅行保険の付帯条件なし
しかも年会費完全無料
と、海外旅行好きには超オトクなカード。
海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由

こんにちは!南アフリカ滞在中のMIKEです。

海外旅行では現地通貨は必須なので、どうやって両替するか下調べしておきたいですよね。

マイナーな国だと日本で両替するのが難しいですし、現地で両替するとレートがかなり悪いことも多いので前もってどこで両替するか計画しておくと安心ですよ。

今回は南アフリカで現地通貨のランドにATMを利用して両替する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

南アフリカのATMはどこにある?

街中にはショッピングモールを筆頭に、ありとあらゆる場所にATMがあります。

基本的に建物の中に併設されている場合がほとんどなので安心してATMを使用することができますよ。

ATM自体は24時間営業しているので、いつでも使えます。

今回はガソリンスタンドに併設されているコンビニにあるATMで両替を行いました。

南アフリカのATMで使えるカードの種類は?

南アフリカのATMではMasterCard、VISAを利用することが出来ます。

日本で発行されたカードはこのようなタイプのものが利用できます。

南アフリカのATMを使って現地通貨ランドに両替してみた

実際に日本のクレジットカードを使って南アフリカの現地のATMからランドに両替してみました。

南アフリカのATMはとてもわかりやすいので容易に両替が可能です。

ではATMの使い方を詳しく説明していきますね。

  1. カードを挿入する
  2. まずはカードを挿入します。

    特に何か画面に指示が表示されているわけではないので、画面横にある挿入口にカードを差し込みましょう。

  3. 暗証番号(PIN)の入力
  4. 「Enter your secret PIN (暗証番号(PIN)の入力してください)」と表示されるので手元にあるテンキーから4桁の暗証番号を入力します。

  5. 取引内容を選択
  6. 「Select a transaction(取引内容を選んでください)」と表記されたら希望の方法を下記から選びます。

    Enquiry(残高照会)
    Withdrawal(引き出し)
    Prepaid(プリペイド)

    の3つから選択できるのでWithdrawal(引き出し)を選びましょう。

  7. 引き出し方の選択
  8. 「Select the account for the withdrawal(引き出し方法を選択してください)」と表記されたら下記から希望の取引方法を選びます。

    Transmission(送金)
    Cheque(小切手)
    Saving(預金口座)
    Credit Card(クレジット決済)
    の4つから選択できます。

    今回私はデビットカードを利用したのでSaving(預金口座)を選択しました。

    ご自身の用途に合わせて選択してください。

  9. 引き出し金額の選択
  10. 「Select the required amount(希望の金額を選択してください)」と表示されたら下記の表示金額から選びましょう。

    R50(約385円)
    R100(約770円)
    R250(約1,925円)
    R600(約4,620円)
    R1000(約7,700円)
    R1500(約11,549円)
    Own Amount(その他)
    から選択できます。

    南アフリカランドの表示方法

    南アフリカランドはRと表記されます。

    Own Amountを選ぶとテンキーで好みの金額を手動入力できる画面に切り替わります。

    More Optionsを選択すると前に戻ってしまうので注意してください。

  11. 手数料の確認
  12. 「Nedbank will charge you an additional fee of R50 for this transaction (Nedbank(銀行名)はこの取引に対してR50(約385円)の追加料金を請求します。」と表示されます。

    確認できれば、Yesを選択します。

  13. レシートの受け取り有無
  14. 「Save paper now while using this ATM(いまの取引にレシートは必要ですか)」と表示されたらレシート発行するかどうかを選びます。

    トラブルがあった時にレシートを持っていると役に立つので、レシートは必ず印刷して保管しておくことをおすすめします。

    レシートを受け取る場合は「Print a receipt」を選択します。

  15. 現金の受け取り
  16. 最後に現金を受け取ります。

    レシートとカードも出てくるので、忘れずに受け取りましょう。

これで両替は終了です。

南アフリカの両替所で両替する際の注意点

南アフリカの両替所の手数料は非常に高額で、1回の手数料が12ドル(約1,334円)ほどかかります。

南アフリカではATMの両替の方が手数料がお得でおすすめです。

南アフリカの現金流通事情

私の訪れた南アフリカでは、クレジットカードを使用できるお店がほとんどでした。

しかしクレジットカードだと数パーセント手数料を上乗せされて決済されるお店もあります。

また小さな商店では現金のみ取り扱いの場合もあるので気をつけてくださいね。

日本のコンビニのようなお店が南アフリカにもあります。

南アフリカの物価

水は1.5リットル1本10ランド(約77円)で購入できます。

物価は日本とほとんど変わりません。

しかし南アフリカランドの中で一番額の大きい200ランドを出すと少し嫌な顔をされるので、スーパーなどで細かくしておくと良いでしょう。

南アフリカの流通通貨について


南アフリカで流通している通貨はランド(ZAR)で補助通貨はセント(C)です。

南アフリカランド紙幣について

南アフリカで使われているランド紙幣は種類あります。

  • 10ランド(約77円)
  • 20ランド(約154円)
  • 50ランド(約385円)
  • 100ランド(約770円)
  • 200ランド(約1,540円)

それぞれの紙幣の両肩にある数字に8を掛けると、おおよその日本円に換算することができます。

例)40ランドは約320円、80ランドは640円という感じです。

意外と換算しやすいので買い物のときの計算が楽ですね。

紙幣はどれもよく使うの?

基本的にはすべての紙幣をどのお店でも使うことが出来ます。

しかし200ランド紙幣はお店側がお釣りを持っていなかったり、なるべくお釣りを少なく渡したいということが多く、もっと小さい額で払えないのか?と聞かれることがよくあります。

できれば早めに空港や大きめのスーパーで何か買い物をして50ランド以下の紙幣に崩しておくといいと思います。

私の利用したATMでは引き出しの際には50ランド紙幣、100ランド紙幣が出てきました。

南アフリカランド硬貨について

南アフリカで使われている硬貨は6種類あります。

  1. 10セント(約0.80円)
  2. 20セント(約1.6円)
  3. 50セント(約4円)
  4. 1ランド(約8円)
  5. 2ランド(約15円)
  6. 5ランド(約38円)

硬貨を持っていると何かと便利

細かいお金を持っていないとお釣りをもらえない可能性があるので細かいお金をキープしておきましょう。

またタクシー使用する際にも料金ぴったり渡した方が、もめなくてすむので硬貨は持っていた方が良いです。

10セントは使わないと溜まっていく一方なので使える場合は積極的に使いましょう。

南アフリカランドは他の国でも使用できる!

南アフリカランドは南アフリカ以外にスワジランド、ナミビア、レソト、ジンバブエ、ボツワナで使用できます。

ナミビアに滞在していたときに買い物をしたらお釣りにナミビアドルと南アフリカランドの両方が混じっていました。

支払いも現地通貨とランドを混ぜて支払いをしても大丈夫でした。

しかし、南アフリカでナミビアドルなどの他国通貨は使えないので気をつけてください。

まとめ

南アフリカのATMはショッピングセンターやスーパーの中にあり便利です。

が、治安がよくない地域もあるのでATMを利用する際は十分に気をつけて快適な旅を楽しまれてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました