ハルビン空港国際線ターミナルで人民元に両替する方法

ロシアと国境を接する黒竜江省の最大都市ハルビンには、市の中心部から1時間ほどの場所にハルビン太平国際空港があり、日本からも直行便が就航しています。

日本からハルビンへの直行便は、中国南方航空が成田、関西、新潟の各空港から、春秋航空が中部セントレアから就航しています。

そのハルビン市へ、中部国際空港セントレアからの春秋航空直行便を利用して行ってきました。

ハルビン太平空港の国際線と国内線ターミナルは別の場所にある

さて、ハルビン太平国際空港に到着したのですが、黒竜江省最大の都市にしては簡素な、どこか離島の空港のような、そんな雰囲気もあるターミナルです。

ハルビン太平国際空港 国際線到着ターミナル

後で調べてみると、ハルビン太平国際空港は現在国際線専用の第2ターミナルを建設中で、現在は臨時ターミナル(T0)で国際線の運用を行っているとのこと。

2017年に予定されている第2ターミナル完成まで、国際線はもうしばらくの間この臨時ターミナル(T0)を使うことになるようです。

ハルビン太平国際空港 国際線ターミナル出発ロビー

そして、この臨時ターミナル(T0)と国内線ターミナルの間はけっこう距離が離れていて、ターミナル間の移動には20分に1本ある無料シャトルバスを利用します。

ハルビン太平国際空港 国内線・国際線 無料シャトルバス

ということで、国際線ターミナルにお迎えに来てもらえる場合などは、できれば国際線ターミナルで両替などを済ませておきたいところです。

国際線到着ロビーにある両替所は営業していない?

さて、入国審査も税関も無事に通過して到着ロビーに出てきたのですが、、、

見事なまでに何もない到着ロビーです(^^;

そして、両替店には人がおらず・・・

ハルビン太平国際空港 国際線ターミナル 到着ロビー 両替所

それもそのはず、私の利用した中国春秋航空セントレア-ハルビン線の利用客は私の見たかぎり99%が在日中国人や中国人観光客、日本人らしき人は私を含めてたぶん2人しかいなかったように感じます。

春秋航空 セントレア ハルビン

ということで、ほとんどの人はなんらかの方法で両替を済ませているので、わざわざ割高の空港両替店で両替する人はいない、ということなんでしょうね。

私が両替店の前でうろうろしていると、目つきの怪しい男性が「チェンジマネー?タクシー?」と声を掛けてきます

ハルビン空港で両替するなら国際線”出発”ロビーへ

それにしても余りにも何もなさすぎる…と思い国際線出発ロビーものぞいてみると、

国際線の出発ロビーは、到着ロビーからいったん外に出てすぐ右側にあります。

出発ロビーにも両替店があり、こちらはちゃんと営業していました。

ハルビン太平国際空港 国際線出発ロビー 両替所

また、両替店の横には中国工商銀行のATMがあり、海外キャッシング機能のついたクレジットカードなどで人民元を引き出すことも可能です。

ハルビン太平国際空港 国際線出発ロビー ATM

ということで、ハルビン太平国際空港で人民元に両替したい場合は、到着ロビーを出て「出発ロビー」に移動するのが正解のようです。

セディナカードJiyu!da!は、海外旅行・出張のヘビーユーザに人気のクレジットカードです。その理由は、
 現地ATMで簡単・スピード両替
 海外ATM手数料が無料
 「繰り上げ返済」で手数料節約
一度使うと手放せない、海外両替最強カードです。
 >>セディナカードを海外のATMで使って繰り上げ返済するまで
レンタルWiFi中国旅行・出張で困るのが、GmailやLINE、Facebook, Twitter, Instagramなどにつながらないことですね。
でも、グローバルWiFiの「中国VPNプラン」を使えば、この制限をいつものスマホで簡単に回避できますよ。
中国のネット制限を回避できるレンタルWiFiが超便利だった!

こちらの記事もおすすめです

2016年現在で日本円から人民元(中国元)への両替レートがお得な方法についてまとめました。人民元への両替には定額と定率の2つの手数料があります。1万円または5万円を実際に両替した場合のシミュレーションも行ってみました。
中国のATMでは、日本のクレジットカードやキャッシュカード(一部)、デビットカードを使って、人民元を下ろす(キャッシング)ことができます...

中国・台湾旅行の強い味方「デルタアメックスゴールド」

中国東方航空・南方航空・チャイナエアラインなどスカイチーム系の利用が多い私が手放せないのが、《デルタ・アメックス・ゴールド》カードです。

デルタアメックスゴールドには優先チェックインビジネスクラスラウンジ利用、優先搭乗足元の広い席の優先割り当てなど、出張のストレスを軽減してくれる特典が非常に充実しています。

最近の私の課題は中国出張のストレス軽減。ある日のこと、「デルタアメックスゴールド」というクレジットカードが中国出張にかなり使えることを知りま...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする