香港エクスプレス 手荷物は7kg制限、重い物は手回り品にまとめてチェック回避

香港・広東省への旅行や出張に便利な香港系LCCの香港エクスプレス航空。

携帯手荷物(機内持ち込み手荷物)の重量制限が分かりにくかったので、実際に利用してみた様子をレポートしてみます。

香港エクスプレスのセールを利用し、福岡~香港~羽田の変則ルートで

今回は、この香港エクスプレスを福岡~香港~羽田の変則ルートで利用しました。

香港エクスプレスは同じ日程でも発着地によって航空券の価格が大幅に異なることが多く、最安運賃を選んだ結果のこのルートになりました。

香港エクスプレスの予約確認は電話のみ

香港エクスプレスはひんぱんにキャンペーンを実施していますが、キャンペーン時にサイトが良く固まってしまうことでも知られています(^^;
わたしも、最後の代金支払い完了後にサイトが固まってしまい、予約できたかどうかがよく分からず、コールセンターに電話して確認しました。
予約番号などが分からなくても、氏名、予約の詳細(日時や発着空港)などが分かれば調べてくれます。
システムの仕様的に、予約が完了しても、最後の画面まで表示されないと予約確認メールが配信されないようです。
また、オンラインで予約確認ができないため、おかしいなと思ったら電話で問い合わせることをお勧めします。

私が普段拠点にしているのは中部セントレア空港なので、往路は福岡までジェットスターの国内線、帰路は羽田からJRで帰ることに。それでも中部直行便より安いのですから、航空券の価格は不思議です。

でもそのおかげで、福岡で本場の博多ラーメンを食べることができました。寄り道もできて一挙両得です^^

2015-01-26 13.18.33

香港エクスプレスUO639便には大量の手荷物を持った観光客が

さて、福岡空港発香港ゆきの香港エクスプレスUO639便に搭乗しましたが、乗客のほぼ全員が香港または中国からの観光客。

皆さんあり得ないほど大量の手荷物を持って搭乗しようとしています。

2015-01-26 17.36.10

この春節(旧正月)期間中、中国や台湾などからの来日観光客の「爆買い」が話題になっていますが、春節期間中に限らずいつでも中華圏の皆さんは購買力が旺盛のようです。

公式サイトでは手荷物は2つ、合計7kgまで

さて、確か香港エクスプレスの携帯手荷物(機内持ち込み手荷物)制限は、合計7kgだったはずですが、いったいどういうことなのでしょう。

hkexpress

この告知によれば、持ち込み手荷物は2つ(メインのバッグとハンドバッグ等)まで、重量は合計で7kgまでが規則となっています。

2016年1月追記:公式サイトの記載から「合計7kg」の記載が削除されています。

手荷物用に軽量のボストンバッグを購入

と、言うことで事前に確認できる情報ではあくまで「手荷物は合計7kg」でしたので、何とかこの制限に収めようと四苦八苦。

いわゆる機内持ち込みサイズのキャリーバッグは、それ自体の重さが2~3kgあるため、とても持って行くことはできません。

どこかに軽くて丈夫なボストンバッグがないかと探し回り、Amazonで見つけたのがこちらの”超”軽量ボストンバッグです。

バッグ本体の重量が360g、45リットルの大容量、パンパンに詰め込んでもちょうど機内持ち込みサイズに収まること、縫製がしっかりしていそうなことから、このボストンバッグを購入することにしました。

実際に荷物を詰めてみた状態がこちら。

[ミレスト] milesto MILESTO ポケッタブルボストンバッグ 45L

さすがにAmazonの商品写真のような直方体にはなりませんが、どんどん荷物を入れることができます。

これで合計7kgの重量制限がなければ…

チェックインカウンターの手荷物ルールは、メインの手荷物単体で7kgまでOK

しかし、搭乗の前に福岡空港のチェックインカウンターにて見つけたサインには、こんな表示が。

IMG_20150126_150749

こちらによれば、メインの手荷物の重量のみがカウントされるようです。

実際には、往路の福岡空港、帰路の香港空港ともに、メインのバッグの重量のみが計量され、サブ(いわゆる身の回り品)の重量は計量されませんでした

と、言うことで現場ではこちらのルールで運用されているということで良さそうです。

メインバッグ以外はほぼノーチェック

それにしても、皆さん持っているのはメインのバッグとショルダーバックの他に大量の買い物袋たち。

多少の買い物袋は見逃してくれそうというのは分かりますが、これだけの買い物袋、果たして見逃してくれるのか。

・・・と思ったら、皆さんあっさり搭乗に成功!

香港エクスプレス航空、福岡空港、搭乗

そして予想できることですが、座席上の荷物棚はみんなのおみやげ袋でパンパン!

最後の方で搭乗してきたお客さんたちは、自分の座席とはるか離れた荷物棚に荷物を詰め込まれ、到着した時に自分の荷物を見つけるのが大変そうでした><

もうちょっと搭乗口でのチェックをしっかりしたらいいのでは?と思ったのですが、

よく考えると、そうすると搭乗手続きが全く進まず、出発がひどく遅延してしまう恐れがあるので難しいですね。

ただ、さすがに度を超えた超過手荷物は搭乗拒否されるようですので、ほどほどにしておきましょう。

機内持ち込み手荷物の手回り品(サブバッグ)の大きさの基準は?

もう一つ気になったのが、サブバッグの大きさの基準。

規定では「ハンドバッグ・カメラ・電子機器(デジタルデバイス)」となっています。

ではビジネスバッグはダメなの?と心配になりますが、こちらは概ね「足元シート下に入るサイズ」が目安となっている様子。

今回、私は少し大きめのビジネスバッグを持って行きましたが、全く問題になりませんでした。

2015-02-23 18.56.44

対策:サブバッグに重めの荷物をまとめる

ということで、メインバッグの重量のみチェックされることを知ったので、安心しきった私は帰りに書店によって大量の本を買い込み。

サブバッグに本や電子機器類の重たい荷物を移動し、メインバッグは洗濯物やお土産のお菓子類など軽い物中心に。

無事に計量も通過し、帰りの香港エクスプレス航空、香港~羽田UO622便に搭乗することができました。

香港エクスプレスの春巻号

もし香港エクスプレス航空に搭乗し、機内持ち込み手荷物だけにしようと思っている場合、メインバッグの重量は7kg(実際は8kg未満なら大丈夫そうです)までにし、サブバッグと上手に重量配分すると良さそうです。

ちなみに、機内持ち込み手荷物だけにする場合、刃物や液体物を持ち込むことができませんので注意してくださいね

私は調味料のおみやげをあきらめました(涙

おまけ:香港エクスプレスの機内食

香港エクスプレスは機内に食品を持ち込むことが禁止されています。ですので、食事は必ず(お金を払って)機内食を食べることになります。

現実には、チョコ・ガム・ミネラルウォーターぐらいまでは黙認されている様子でしたが、さすがに堂々と持ち込んだ弁当などを食べていると注意されるようです。

機内食のメニューはレンジで温める点心類か、カップラーメン。私は往復ともにカップラーメン(HKD$25)を食べました。

香港エクスプレスの機内食の出前一丁

支払いは香港ドルか日本円、日本円の場合は香港エクスプレス所定のレートで換算されます。そんなに悪いレートではなかったです。

どちらで払ってもお釣りは香港ドルは受け取れます。香港空港で使う小銭が欲しかった私にはちょうど良いシステムでした。

香港旅行での大きな心配事の一つと言えば、お金の管理ですね。特に外貨の両替は、場所や方法によってレートや手数料が大きく違うことが多いの...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. わんたけし より:

    香港エクスプレス、はじめて香港から台中へ明日行くので、手荷物対策でかなり苦戦、心配してました。
    もう準備はおわり、ふと確認に誰かの実態レポートを探してたら…
    とっても!助かりました!

    ぼくも結果的に似たような対策をしました。

    懸念はいろいろとあったんですが、いちばんの前提にしていたバンドバッグの定義が、もしも自分のものが外れてたら▶︎即、チェックインバゲージ決定(その金額が下手したら470香港ドル、チケットと同額、実質支払い倍額というふざけた事になる)という内心ハラハラしてたことが疑念解消されてスッキリとても安心しました。

    ただ、すると全ての客の手荷物をいちいちチェックインで測る?ということかなと
    これは意外でした。
    でも予約メールにバーコードが添付されてないし、事前オンラインチェックインができないのが引っかかってたので、そういうことなのかもと。

    わたしは規定サイズぎりぎりのバックパックを持ち込むので、まず測られないようにすることを最初の狙いにしてて、チェックインカウンターを経由せず自動発券機で済ませ、搭乗のときにも持ち物を指摘されないように荷物が大きく見えないよう工夫していました。もしも測られてもまあ大丈夫、ハンドバッグさえ通過できればとしてました。

    というわけで、レポートから察するにバックパックのサイズを膨れてる部分とかを過敏にチェックされなければ大丈夫かなと。

    明日実際行ってきます。

    レポートありがとうございました!

    • C-STUDY 事務局 より:

      わんたけし様
      ご愛読ありがとうございます。
      万全の対策ですね!かなり旅慣れていらっしゃる方とお見受けしました^_^
      この情報はちょうど1年前のものなので、もしかしたら状況が多少変化しているかもしれません。
      良かったらぜひまた、最新の情報をお寄せいただければうれしいです!
      お気をつけて行ってらっしゃいませ。