MU2020便(中国東方航空)で富士山静岡空港から上海浦東空港へ

0462013年10月11日~14日まで、C-STUDYの受講生さんたちと、上海ツアーに出かけました。

今回は初めて富士山静岡空港から上海便を利用しました。

静岡から中国が、ずいぶんと近くになりました。

駐車場が無料の富士山静岡空港から上海へ

今回のツアーは、私個人としても初めての富士山静岡空港(富士山静冈机场)からの出発でした。

静岡空港には中国東方航空(中国东方航空)の上海便が週4便就航していて、日程をフライトスケジュールに合わせることさえできれば、便利に使える空港だと感じました。

何より、駐車場が無料、というのは大きいですね(^^

離発着時に富士山も見えます

天気が良ければ、飛行機から富士山を見ることもできるようですよ。

051(Oさん撮影)

機内は、日本からのツアー客、出張の方、里帰りの中国の方などで、ほぼ満席でした。

私たちの隣は残念ながら日本の方だったのですが、確率的には中国の方が隣に座ることも十分ありそうでした。

そうなると、片道2時間みっちり中国語レッスンができますね(^^

058(Mさん撮影)

意外と優秀だったMU2020便の機内食

今回の上海便は、上海を朝出発してきた折り返し便なので、機内食に期待はしていませんでした。

一般に、中国系航空会社の折り返し便は、中国で積み込んだ機内食を出すことがほとんどです。多くはありませんが、日本に夜に到着し、朝に折り返す便の場合は日本で機内食を積み込むので、安心して食べられる機内食の可能性があります。

が、この「帕里尼(パニーニ)」と名付けられたサンドイッチ、もちろん本物のパニーニには似ても似つかないのですが、サンドイッチとしては十分合格点でした。

中国の外食産業が確実にレベルアップしているということを感じました。(関連記事:とっても残念だった中国東方航空MU530便の機内食

ちなみに、この機材にはUSBやコンセントと言った充電用の設備はついていませんでした。

中国と日本の時差はマイナス1時間

さて、機内食やドリンクをいただき、外を眺めているとあっという間に上海浦東空港(上海浦东机场)に到着しました。

中国と日本の時差は、マイナス1時間です。

065

出発が45分ほど遅れたので、上海に到着した時にはすっかり日が暮れてしまっていました。

海外旅行は予定が狂うことが多いので、それを見越してスケジュールを立てておくのがおススメです(関連記事:中国旅行でトラブル対応のため注意すること

上海の夜景を見ながら宿泊先へ

荷物を受け取り、一路今晩の宿へ。

今回は、荷物が多めだったこともあって、日本から送迎車を予約したのですが、到着時間が少し遅くなったおかげで、上海の夜景を見ながら宿に向かうことができました。

しかし、上海の夜景は派手ですね(^^;

下の写真の右上のビルは、イルミネーションの中に何か文字を映しているようでした。

夜景(受講生Mさん撮影)

南京東路すぐ近くのフィッシュ・イン・バンド・シャンハイ(上海子魚居旅館)に宿泊

という訳で、夕方のラッシュに少しはまりながらも、1時間ほどで今回の宿泊先、「シャンハイ フィッシュ イン バンド」というホテルに到着しました。

FishInn

こちらの宿は、上海のど真ん中、「南京東路(南京东路)」の近くにありながら、1人1泊あたり約3,000円で宿泊できる、とても便利なホテルです。

短期の上海旅行や上海出張に出かける時に悩ましいのがホテル選びです。交通渋滞の激しい上海では、交通の便利な地下鉄の駅に近いホテルを選ぶ...

もちろん、高級ホテルのようなサービスは期待できませんが、スタッフの方たちも親切で、十分快適に過ごせるホテルでした。

レンタルWiFi中国旅行・出張で困るのが、GmailやLINE、Facebook, Twitter, Instagramなどにつながらないことですね。
でも、エクスモバイル社の「中国データプラン」を使えば、この制限をいつものスマホで簡単に回避できますよ。
中国のネット制限を回避できるレンタルWiFiを試してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする