海外旅行に便利なカードの使い方を紹介しています

旅とカード by C-STUDY

*

Visaデビットカード

ガソリンスタンド・格安SIMでも使えるVisaデビットカードまとめ

更新日:

クレジットカードのように買い物にも使え、海外旅行ではATMやショッピングにも利用できる、とても便利なVisaデビットカードは、ここ数年で利用者が急増しているそうです。

ただ、そんなVisaデビットカードにも一つ弱点があります。

Visa(JCB)デビットカードは高速道路、ガソリンスタンドやプロバイダ、SUICAのオートチャージなど公共料金の支払いに使えない(ことが多い)のです。

私も、これまで何枚ものデビットカードを発行しては実際に試してきたのですが、時々このことを忘れてガソリンスタンドで使おうとして、エラーが出てちょっと慌てることがあります。

そこで、この記事では以下の2つの点を解説していきますね。

  • Visa(JCB)デビットカードがガソリンスタンドなどで使えない理由
  • ガソリンスタンドや公共料金の支払いにも対応しているVisaデビットカード

Visa(JCB)カードは高速道路、機内販売には使えません

まず最初に分かっておきたいのは、高速道路料金の支払い(ETC含む)には全てのVisa(JCB)デビットカードが使えないということです。

そこで、ETCカードを使いたい場合は、総合スーパー系のクレジットカードが審査の手間も少なくておすすめです。

特にダイエー系の「セディナカードJiyu!da!」は、私が紹介した人たちの中でも ほとんどの方が審査に通る「甘い」カードです。

私は海外での両替に重宝していますが、ETCはもちろん普段使いでもとても便利なカードですよ。

外貨両替の手数料が一番お得!海外旅行の達人に人気とウワサのセディナカードを試してみました

海外旅行で良くあるのが、欲しいものや食べたいもの見たい場所がどんどん出てきて、ついつい予算オーバーしてしまうパターン。 海外旅行の経験回数にかかわらず、誰しもこんな経験があるものです。 でも、実は「何 ...

続きを見る

ガソリンスタンド・公共料金支払い対応おすすめVisaデビット

さて、最初に説明したように、Visa(JCB)デビットカードはほとんどの種類がガソリンスタンドや公共料金の支払いには使えないのですが、いくつかの銀行(カード会社)は独自の取り組みとしてこの支払いに対応しています。

ここでは、その中でも使い勝手が良い、おすすめのVisaデビットカードを2つ、ご紹介します。

ジャパンネット銀行JNB Visaデビット

ネット銀行の先駆けとしてよく知られているジャパンネット銀行が発行するJNB Visaデビットカードは、ガソリンスタンドや他の公共料金の支払いができるようになっています。

私が調べた中でも、JNB Visaデビットの対応している支払先は断トツの多さなので、かなり使い勝手のよいデビットカードですね。

また、発行手数料・年会費が無料なことや、カード発行の際に「ファミデビ」を選べば、ファミリーマートでの支払いで最高2%のポイントがつくのも見逃せないポイントです。

支払先利用可否
ガソリンスタンド
格安SIM
*楽天モバイルなど
コンビニ
*ファミリーマートなど
Amazon
楽天市場
メルカリ
ダウンロード
*iTunes storeなど
ネットゲーム
*mobageなど
交通カード
*SUICAなど
*オートチャージは不可

ジャパンネット銀行

イオン銀行デビットカードVisa

イオン銀行Visaデビットカード

イオン銀行Visaデビットカードも、ガソリンスタンドなどでも利用できるVisaデビットカードです。

JCBブランドのイオンCASH+DEBITカードではガソリンスタンドなどの支払いはできません。
現在、イオンカードセレクトを発行してから⇒デビット発行とすればWAONポイントが6000ポイントももらえるキャンペーンが実施されています。手間と時間がちょっとだけかかりますが、かなりオトクですね。

ではそもそも、なぜデビットカードではガソリンスタンドや公共料金の支払いができないのか、ここからはその理由を探っていきたいと思います。

デビットカードで公共料金の支払いができない理由

「クレジットカードのように使えるキャッシュカード」と言われることの多いVisaデビットカードですが、「公共料金や高速道路、ガソリンスタンド、プロバイダーなどの支払いに使えない」という大きな弱点があります。

最近では、節約派に人気の格安SIMがVisaデビットカードで契約できない、という報告も多く上がっているようです。

格安SIMカード

この弱点には、Visaデビットカードの「即時引き落とし、銀行残高の範囲で利用」という特徴が関係しています。

クレジットカードの「オーソリ」

この問題を理解するために、まずはクレジットカードの仕組みを見てみましょう。

クレジットカードの場合、お店に支払いをしているのは、実は私たちではなくカード会社です。

ヨーロッパのスーパーでの利用可能カード表示

私たちが買い物をすると、カード会社が私たちを信頼(クレジット)し、いったんお店に対して立て替え払いをしてくれています。

そして、後からカード会社が私たちに利用料金を請求する、クレジットカードはそういう仕組みになっています。

中国の銀行の暗証入力パッド

それで、高速道路の入り口を通る時、ガソリンスタンドで給油前にカードを読みこませる時、公共料金の支払いにカードを登録する時、先にこんなやり取りがあります。

お客→お店「カード払いでお願いします。」
お店→カード会社「この人のこのカードは信用してもいいですか?」
カード会社→お店「当社の責任でこの人のカードを承認します。」

こういう仕組みがあるので、加盟店は決済額が事前に分からなくてもそのカードを信用できるのです。

この仕組みを「オーソリ」と言います

しかし、Visaデビットカードは「残高の範囲内で支払う」という原則になっていて、その仕組みがありません。

例えば。ガソリンスタンドでカードを使って給油する時も、先にカードを読み込ませますよね。

この時点では、給油する量が分からないので、お店は「この人にいくら請求するか」が分かりません。

そこで、(実際はコンピューターで行いますが)こんな会話になります。

お客→スタンド「Visaデビットでお願いします。」
スタンド→カード会社(銀行)「この人のこのデビットカードは信用してもいいですか?」
カード会社→スタンド「銀行の残高の範囲ならいいですよ。」
スタンド→カード会社「まだ給油始めてないから何リットル入るか分からないんですよ。」
カード会社→スタンド「金額が分からないなら承認できませんね…」

クレジットカードならオーソリ時に「カード会社の責任でこの人の支払いを保証します」という回答が帰ってくるのですが、デビットカードの場合は「支払い時に預金残高があれば支払います」という原則です。

そうすると、例えばお店がデビットカードを信頼して受け付けたとしても、実際の支払い額が確定したタイミングでもし残高が不足していると、代金を取り損ねることになってしまいます。

そういう訳で、支払額が後から分かる業種にはVisaデビットカードを受け付けない会社が多いのです。

例えば、りそな銀行Visaデビットカードは、インターネットプロバイダー、高速道路料金、生命保険・損害保険、ガソリンスタンドなどで利用できないことが注意事項として挙げられています。

その他のガソリンスタンドや格安SIMなどの支払い対応Visaデビット

そんな中でも、いくつかのVisaデビットカードは公共料金・プロバイダ料金やガソリンスタンドでの支払いに対応するようになっています。

これはどういうことかと言うと、万が一残高が不足していた場合は銀行が立て替え払いをするということで、デビットカード発行銀行が支払いに責任を持つようにしているようです。

こうしたデビットカードは厳密には「預金残高の中でしか支払えない」という原則を外れてしまうのですが、利便性とのトレードオフなので仕方のないところですね。

上で既に、そうしたガソリンスタンドや公共料金の支払いに対応しているVisaデビットカードを紹介しましたが、その他にもいくつか同様の支払いができるVisaデビットカードがあるので、そちらも紹介していきたいと思います。

楽天銀行デビットカード

楽天銀行JCBデビットカード

楽天銀行のVisa(JCB)デビットカードは、ほとんどの月次課金(請求額事後確定)店舗に対応しています。

ただし、楽天銀行デビットカードには残高が少ない(10000円未満)場合にはガソリンスタンドで使用できないという制限があります。

楽天スーパーポイントが貯まる楽天銀行!無料口座開設

スルガ銀行Visaデビットカード

スルガ銀行Visaデビットカード

スルガ銀行はそれほど規模の大きくない地方銀行ですが、残高不足の場合はいったんスルガ銀行が建て替えるという独自の信用システムによって、多くの月次課金(や請求額事後確定)加盟店で利用できるようになっています。

スルガ銀行ANA支店

住信SBIネット銀行Visaデビット

住信SBIネット銀行のVisaデビットカードも、2016年4月から電話、ガス、水道などの公共料金の他に、au、NTTドコモ、ソフトバンクなどの携帯電話料金、NTT東日本、NTT西日本のプロバイダー利用料、NHK、HULUと言った放送視聴料等の支払いに対応を開始しました。

さらに、2016年5月からはガソリンスタンドの支払いにも対応しました。

住信SBIネット銀行は、ランクに応じて振り込み手数料やコンビニATM利用料が優遇されるので、賢く使えばかなりの節約になりますね。

住信SBIネット銀行

まとめ:クレジット代わりにVisaデビットを検討している人は要注意

クレジットカードのように使えると言われることが多いVisaデビットカードですが、実際にはクレジットカードよりも使えるお店が制限されており、完全に同じように使えるという訳ではなさそうです。

クレジットカードを持ちたくない、クレジットカードを作れないという方がVisaデビットカードをクレジットカード代わりに使う場合は、上で紹介したVisaデビットカードのいずれかから選ぶと良さそうです。

-Visaデビットカード

Copyright© 旅とカード by C-STUDY , 2017 AllRights Reserved.