海外旅行に便利なカードの使い方を紹介しています

旅とカード by C-STUDY

*

デルタアメックスゴールド ラウンジが使えるカード

中国出張のストレスが激減!中国東方航空・南方航空でデルタアメックスゴールドカードを使ってみた

更新日:

最近、年齢のせいか一度たまった疲れがなかなか取れない私の、目下の課題は中国出張のストレス軽減です。

そんなある日のこと、ネットで調べものをしていると、「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(デルタアメックスゴールド)というクレジットカードが中国出張にかなり使えることを知りました。

デルタ スカイマイル アメックス ゴールド

デルタアメックスゴールドは年会費26,000円+税と決して安いカードではありませんが、年に数回以上中国出張に行く人なら確実にそのメリットを実感できると言います。

それで私も2016年の春から、半信半疑ながらデルタアメックスゴールドを作ってみて、まずは1年使ってみたのですが、移動のストレスがまさかの激減

もっと早くこのカードの存在に気付いていれば、と少し後悔しているほどです。

持っているだけでスカイチーム上級会員になれる「デルタアメックスゴールド」

デルタアメックスゴールドカードは、通常の航空会社系ゴールドカードとはちょっと違うカードです。

というのも、デルタアメックスゴールドを持っているだけで、自動的にデルタスカイチームのマイレージ上級会員になれるんです。

通常、航空会社のマイレージ上級会員になるには、年間何万ポイントという飛行距離に応じたポイントを獲得しなければいけません。

私はこの分野にあまり詳しくないのですが、例えばJALやANAを利用して東京-上海の出張だけでこのステータスを獲得しようと思うと、だいたい年間20~25往復しないといけないのだとか…

セントレア ANA スターアライアンス

それでも、この上級会員のサービスは非常に魅力的なので、この会員資格を得るためにわざわざ週末に飛行機に乗る、「マイル修行僧」と呼ばれる人たちがいます。

もちろん、それだけ飛行機に乗るには、何十万円という費用と、飛行機に乗る時間、さらには体力も必要なので、私には到底縁のない話だと思っていました。

でもデルタアメックスゴールドなら、カードを作る"だけ"で上級会員の資格が自動的に持てると言うのです。そう考えると、26,000円+税の年会費も実は高くはないのかも…と思ったのが始まりでした。

上級会員資格はスカイチーム加盟各社で有効です

しかも、この「カードを持ってるだけで自動的に与えられる」上級会員資格は、スカイチーム加盟の20社すべてで有効なんです。

スカイチームの加盟航空会社は世界に20社ありますから、これだけの航空会社で上級会員の優遇が受けられるなら、年会費はむしろ安いぐらいですよね。

世界の主なスカイチーム加盟航空会社

アジア系 アメリカ系 ヨーロッパ・アフリカ系
中国南方航空 デルタ航空 エールフランス
中国東方航空 アエロメヒコ航空 KLMオランダ航空
上海航空 アルゼンチン航空 アリタリア-イタリア航空
厦門航空 タロム航空
チャイナエアライン アエロフロート・ロシア航空
大韓航空 エア・ヨーロッパ
ベトナム航空 チェコ航空
サウディア ケニア航空
ミドル・イースト航空
ガルーダ・インドネシア航空

上級会員はメリットがたくさん

そこで気になるのが、上級会員になるメリットです。

航空会社によって若干の違いはあるようですが、上級会員にはおおむね以下のようなサービスが提供されます。

  • 優先チェックイン
  • 優先搭乗
  • 手荷物の優先引き渡し
  • 手荷物検査・出国審査後の航空会社ラウンジ利用
  • プレミアムエコノミー(相当)席の優先割り当て

私も、このサービスを利用するまでは、優先チェックインや優先搭乗に何のメリットがあるんだろう、手荷物の優先引き渡しに至っては、忙しい人はどれだけせっかちなんだろう、と思っていたこともありました(^^;

でもこれ、一度使ったらやめられない、超快適なサービスでした。いや、本当にもっと早く知っていれば良かった…

デルタアメックスゴールドでスカイチーム上級会員のメリットを体験してきた

さてこの春、騙されたと思って作ってみたデルタアメックスゴールドカード、まずは2016年6月に入った2週連続の中国出張でさっそく使ってみました。

2016年6月その1(静岡-上海-香港):優先チェックインがこんなに楽だとは!

香港国際空港 中国東方航空 優先チェックインカウンター

まず1週目に利用したのは、スカイチーム所属の中国東方航空です。

往路は富士山静岡-上海(浦東)/上海(虹橋)-香港、復路は香港-上海(浦東)-静岡というルートで利用しました。

往路の上海で空港間の移動があったことから、往復で都合3回チェックインすることに。

上海虹橋国際空港 チェックインカウンター

特にハードだったのは、2日目の虹橋-香港への移動で利用した上海虹橋空港のチェックインカウンター。ビジネスマンでごった返す上海虹橋空港は朝6時台なのに既に大混雑、しかもこの日は朝から気温がかなり高く、この行列に並ぶのはなかなかきついな、と今までなら思うところでした。

でも、今回はデルタアメックスゴールドで優先チェックインカウンターが利用できたので、体力をしっかり温存することができたんです。

上海虹橋国際空港 スカイプライオリティ 中国東方航空 優先チェックインカウンター

今回、優先チェックインカウンターを利用するまで気づかなかった点ですが、行列に並んでいる時間って、何かができる訳でもなく、かと言って目を閉じて休む訳にもいかず、意外と体力も時間も消耗していたんですね。

ここをさっと通過できると、これほどまでに疲れ方が違うのか、と実感しました。

チェックインをさっと済ませ、チェックイン時に指定されたラウンジで朝食をとり、しばし休憩します。

上海虹橋国際空港 中国東方航空ラウンジ

優先チェックインで節約できた時間を使って、ラウンジのソファで休み、コーヒーが飲めると、かなり疲れ方が違うことを実感しました。

それから、中華系航空会社の機内食の代わりに、それなりのレベルの食事が食べられる、それだけで十分価値があると感じます。

復路で利用した香港国際空港のSKY TEAMラウンジはとても素晴らしく、私のおすすめラウンジの一つになりました。

1-2016-06-16 05.46.29

落ち着いたインテリアと静かな空間、ホテルのバイキングのようなフードメニューが揃っていて、早朝でお腹がペコペコだった私はここでしっかり朝食を食べてしっかり元気を取り戻すことができました^^

香港国際空港 SKYTEAMラウンジ

静岡空港では、空港内の飲食かおみやげに使えるクーポン券がもらえたので、私は2階のカフェで冷茶セットをいただきました。
静岡空港カフェ 冷茶セット

2016年6月その2(セントレア-上海浦東):日系航空会社のラウンジが使えることも

2週目は、これもスカイチーム系列の中国南方航空、セントレア(中部)-浦東を利用した出張でした。

中国南方航空は、セントレアではサクララウンジと提携しているとのことでした。サクラランジはJALのラウンジですから、本来はJALのゴールドステータスを持っている本物の出張族しか使えないラウンジです。

中部国際空港セントレア サクララウンジ

朝8時台のサクララウンジはビジネスマンでごった返していましたが、それでも朝に美味しいご飯が、チェックイン後に無料で食べられるのはかなりうれしいポイントですね。

中部国際空港セントレア サクララウンジのカレー

2016年9月(静岡-上海浦東-成都):国内線乗継時間もラウンジで

3回目にデルタアメックスゴールドを使ったのは、9月の成都出張でした。成都へは上海浦東空港で、国内線に乗り換えて移動します。

国内線乗り換えでよくあるのが、中途半端に長い乗り換え待ち時間ですが、デルタアメックスゴールドがあれば、国内線への乗り継ぎ待ちの間も国内線ラウンジが利用できます

乗り継ぎの場合はラウンジクーポンはもらえませんが、ラウンジに行って搭乗券を見せればOKです。係員に「联程?(リエンチェン=乗り継ぎ?)」と聞かれたら、「对对(そうそう)」と答えましょう。

電源もありますし、バイキング形式の食事も用意されているので、食事や休憩、または仕事など、乗り継ぎ待ちの時間を効率よく過ごすことができるので非常に助かりました。

浦東空港 国内線ラウンジ

帰りの成都空港では、上級会員カウンターが周りから隔離されたエリアになっていて、空港の騒がしさから解放されて座ってチェックインできるようになっていました。

成都空港の上級会員専用チェックインカウンター

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細はこちらから

2016年10月(セントレア-上海):優先搭乗であの"通路渋滞"を回避!

デルタアメックスゴールドを4回目に使ったのが、2016年10月の上海出張ですが、この時は、優先搭乗の威力を思い知りました。

それまでは「優先搭乗なんて優越感以外の何のメリットがあるの?」と思っていたのが正直なところだったのですが。優先搭乗は大いにメリットありです!

中国東方航空 虹橋-香港

良く考えると、搭乗の時ってかならず機内で通路の渋滞が起きますよね。自分の座席が目の前なのに、大きなキャリーバッグを棚に入れようと奮闘している人がいてなかなか座れなかったり…

でも優先搭乗が使えれば、慌てず手荷物を真上の棚に入れ、さっと自分の席に座って、目を閉じて休んだり本を読んだり、とにかくあの「通路渋滞」が回避できるだけでかなりストレスが減りますね。

通路渋滞を回避できる優先搭乗のメリットはかなり大きいものでした。

復路では、上海浦東空港の中国東方航空ラウンジを利用しました。

何かのブログで「浦東空港ラウンジは最悪」と読んで期待していなかったのですが、リニューアルされたのでしょうか、ここ浦東空港の中国東方航空ラウンジは静かで非常に快適な空間で、フライトまでの待ち時間をゆっくり過ごすことができました。

浦東空港の中国東方航空ラウンジで良かったのがヌードルバーです。

上海浦東国際空港の中国東方航空ラウンジではヌードルバーが提供されています

上海浦東国際空港の中国東方航空ラウンジではヌードルバーが提供されています

私は汁ビーフンを頼みましたが、あっさりしたスープで、連日のこってりした中華料理で疲れた胃に染み渡りました(^^;

2016年12月(成田-青島):ANA便でもデルタアメックスゴールドが使える裏ワザ

2016年12月の青島出張では、デルタアメックスゴールドでANAの上級会員になれる「ステータスマッチ」という裏ワザを試してみました。

この裏ワザを使うと、期間限定でスターアライアンスのゴールド会員を体験することができます。

おかげで、成田空港のANAラウンジや青島空港のラウンジで静かにくつろぐことができました。

この青島出張はかなりハードでしたが、ANAのサービスに加えて、優先搭乗+ラウンジ利用で移動のストレスを大幅に軽減できたと思います。

特に成田空港利用の場合、手荷物検査にも優先レーンがあるのが非常に助かりますね。

この裏ワザは限られた期間の1回しか使えないので、タイミングを見極める必要がありますが、試す価値は十分にあると思いますよ。

ステータスマッチの期間がちょうど残っていたので、翌月のヨーロッパ出張でもターキッシュエアラインズ(トルコ航空)のゴールド会員を体験できました。

2017年4月(セントレア-上海浦東-広州):プレミアムエコノミー(相当)席で機内もかなり快適に

上級会員のメリットその4は、プレミアムエコノミー相当席の優先割り当てです。

東方航空や南方航空では、機種によっては明確に「プレミアムエコノミー」として区分されたシートはないようですが、上級会員には前方座席や非常口席など、足元の広いエリアを優先的に割り当ててもらえることが多いです。

ただし、デルタ航空以外の航空会社を利用する場合は、あくまで優先順位は(東方航空や南方航空など)自社の上級会員の次になるので、通常席を割り当てられることもあります。

デルタアメックスゴールド6回目は、中国南方航空のセントレアー(上海浦東経由)広州ゆきを利用しましたが、搭乗ゲートを通ろうとすると「ピローン」とアラームが鳴りました。

グランドスタッフの方によると「お座席に空きがありましたので、前方座席を用意させていただきました」とのこと。

改めて受け取った搭乗券の座席表示を頼りに搭乗すると、割り当てられたのは最前列シート。足元にかなり余裕があり、足を投げ出しても十分ひろびろとしていました。

中国南方航空 上海-名古屋 最前列シート

名古屋-広州の合計約5時間のフライトを、この広々シートで過ごせたのは相当に助かりました。

離陸後、水平飛行に移ったらシートを少し倒して、お気に入りの音楽をノイズキャンセリングヘッドホンで聞いていれば、あっという間にお休みモードに入れます^^

手荷物優先受け取り

手荷物優先受け取りは、場合によってはかなり便利です。

例えば、2回目の復路でセントレアに到着した時は、入国審査が終わって手荷物受取り場に着いてすぐぐらいに荷物が出てきて、空港での待ち時間ほぼゼロで帰宅することができました。

中国東方航空 優先手荷物

ただ、飛行機が沖止め(バス移動)の場合、優先タグが付いていても優先手荷物の意味がないことも比較的ありました。これは、同じ便のビジネスクラスを利用していた方も同じようにかなり待たされていたので、仕方がないようですね。

このメリットを受けられるかどうかが不確定、というところが微妙なところですが、ボーディングブリッジに到着した時には、かなり早い時間に空港を出られるので空港到着後の時間を有効活用できますね。

駐在家族には追加手荷物無料も便利

さらにデルタアメックスゴールドには、預け荷物(受託手荷物)が1つ追加できるという特典もあります。

通常、中国南方航空・中国東方航空では1個23kgの荷物を2つまで預けることができますが、デルタアメックスゴールドのスカイチーム上級会員なら23kgの荷物を3つまで預ける事が可能です。

短期の出張ではこのメリットを享受する機会はあまりないかもしれませんが、例えば中国に駐在している方、特に家族帯同で駐在されている場合など、このメリットを活かせば日本帰国のたびに衣類や食材などをたくさん持ち帰ることができますね。

私も一度、楽天で見つけた「ダブルフルート NO.3」という大型段ボール箱を利用して限界まで荷物を持ち込むことに挑戦してみました。

段ボールを使えば、23kg制限をほぼ丸ごと荷物に使えるので、驚くほどたくさんの荷物を持ち込むことができますね。

もちろん、これだけ荷物が多い+段ボール梱包だと中国に着いた時、税関職員に呼び止められる確率も高くなるので、くれぐれもご注意ください(^^;

香港のeチャネルに登録できる

広東省出張者、特に深センへ良く出張する方は、香港国際空港経由で中国入りすることが多いですが、このルートのデメリットは、入出国手続きが面倒なこと。

でも、香港の入管には「eチャネル(e-道)」という自動ゲートがあり、これは各航空会社の上級会員なら利用することができます。

WiNG - 自己的作品CC BY 3.0链接

私も登録してみましたが、香港空港や羅湖・福田の国境などの通過が非常に快適になりますね。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細はこちらから

デルタアメックスゴールドには、AMEXゴールドの特典も

デルタアメックスゴールドには、スカイチーム上級会員のメリットだけでなく、AMEXのゴールドカードとしての特典もついています。

日本の空港ラウンジが利用可能

デルタアメックスゴールドがあれば、日本全国各空港のカード会員ラウンジが利用できます。

08-20160517-124411-0

LCCなどスカイチーム加盟会社以外を利用した時や、帰国時にちょっと一息付きたい時など、カード会社ラウンジを利用できるとかなり疲れが軽減します。

関連記事:ビールが飲めるセントレアのラウンジをデルタアメックスゴールドで利用してきました。

海外旅行保険が自動付帯

デルタアメックスゴールドには傷害・疾病治療時の保障額が最大200万円(利用付帯時300万円)の海外旅行保険が自動付帯しています。

帰りは手ぶらで「手荷物無料宅配サービス」

デルタアメックスゴールドには、成田・中部・関西の3空港で帰りのスーツケースなどの荷物を1つまで、自宅まで無料で宅配してくれるサービスを実施しています。

電車移動の時など、疲れの溜まっている帰りの荷物が減るのはかなり助かりますね。

家族にも優しいデルタアメックスゴールド

デルタアメックスゴールドは、優先チェックイン・優先搭乗・ラウンジ利用・プレミアムエコノミー優先割り当て・海外旅行保険などほとんどの特典が同行者1名まで追加料金なしで受けられます。

優先搭乗は本来カード会員本人のみのサービスですが、実際は同行者も認めてくれることがほとんどのようです。

例えば、出張で同僚が一緒の時や、奥さんと旅行に出かける時にも、同行者も同じサービスを受けられるのはいいですね。

マイルもざくざく貯まる

デルタアメックスゴールドは、ショッピングやスカイチーム加盟航空会社のフライト利用でマイルが貯まるのですが、このマイルの貯まり方が半端ないのです。

ショッピングでは100円で1マイルが付くので、年間100万円の利用で1万マイルが貯まります。

フライトでも、スカイチーム加盟航空会社を利用すると、予約クラスによりますが通常のフライトマイルに加えてボーナスマイルが貯まります。

deltaskymile-mu-bonus

さらには入会ボーナスなどもあって、私の場合、入会6ヶ月であっという間に4.5万マイルまで貯まりました!

しかもスカイマイルには期限がないので、自分のペースでマイルを消費できるのはかなり大きいポイントです。

さらに、年間100万円利用ごとに5,000マイルのボーナスがつくため、100万円利用時には合計15,000マイルが貯まることになります。

1マイルの価値を2円とすれば、デルタアメックスゴールドで年間100万円使う人なら、実質の年会費は無料と考えてもいいでしょう。

「お金で買える」上級会員は東航・南航利用者ならメリット大!

今年はデルタアメックスゴールドを使う出張が続きましたが、そのストレス軽減効果は本当に驚くべきものでした。

今年は東方航空・南方航空を利用した出張がもうしばらく続きそうなので、しっかり元は取れそうです^^

中国南方航空

ちなみに私は大して売り上げがないフリーランスですが、なぜか審査には通ってしまったので、そんなに審査は厳しくないみたいですよ。

初年度のボーナスマイルなどを考えると、年会費も実質無料と言っても良いでしょう。試しに1年だけ作ってみるのもいいですね。

中国出張のパフォーマンスを上げたいと思っている方、中国出張から帰ってきた次の日に疲れを持ち越したくない方、デルタアメックスゴールドは値段以上の効果がありますよ。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細はこちらから

-デルタアメックスゴールド, ラウンジが使えるカード

Copyright© 旅とカード by C-STUDY , 2017 AllRights Reserved.