【iTaiwan/Taipei Free】台湾(台北)旅行に便利な無料Wi-Fiの使い方

スポンサーリンク
海外旅行保険がゼロ円になるカード? EPOSカード EPOSカードは、 ゴールドカード以上の補償額の海外旅行保険が無料 旅行保険の付帯条件なし しかも年会費完全無料 と、海外旅行好きには超オトクなカード。 海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。 イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由

台湾旅行で欠かすことができないのがWi-Fiですよね。

この記事では、iTaiwanやTaipei Freeなど台湾で使える無料Wi-Fiスポットについて詳しく紹介しています。

街中で使える無料Wi-Fiスポットの登録方法やパスワードの取得方法、スマホから接続する方法について詳しくまとめてみました。

もうすぐ台湾旅行に行く、という方はぜひ事前に読んで参考にしてみてください。

スポンサーリンク

台湾で使える無料Wi-Fiスポット事情

台湾では政府が提供する無料Wi-Fiサービスから民間の公共Wi-Fiサービスなど、数々の無料Wi-Fiが存在しています。

また、カフェやコンビニ、ホテルなどでも無料のWi-Fiサービスが数多く提供されているので、上手に使えばかなり便利に台湾旅行が楽しめます。

スマホをWi-Fiに接続すればパスワード等不要ですぐにインターネットが使える便利な無料Wi-Fiから、電話番号を登録しないと使えないタイプの無料Wi-Fiまでタイプもさまざまです。

中には、日本を出発前でも登録してパスワードを受け取れる無料Wi-Fiもあるので、事前に登録しておけば現地に到着したらすぐにWi-Fiが使えて便利ですね。

台湾観光ならiTaiwanは登録必須

「iTaiwan」とは台湾政府が台湾全土で提供している公共Wi-Fiです。

台湾のフリーWiFiと言えば「Taipei Free」もよく知られていますが、iTaiwanは高雄・台中など台北市外の観光スポットも含め、台湾全土で使えるのが特徴です。

iTaiwanに登録すれば、同じIDでTaipeiFreeと相互利用できるようになっている(詳しくは後述)ので、台湾観光に出かけるならまずはiTaiwanに登録しておきましょう。

スポット数は、台湾全域の9590箇所と非常に多いので、使うかどうかはともかく、iTaiwanに登録だけでもしておけば安心ですね。

台北以外のエリアや、駅や図書館などの公共エリア以外でもスポットがあるので、台湾旅行ではかなりの強い味方になるはずです。

「iTaiwan」のデメリットは、利用にあたって登録が必要な点です。

Wi-Fiの電波に繋げるだけですぐに使えれば便利なのですが、セキュリティなどの問題もあるので仕方ないところですね。

台北市内や九份の観光で使える「Taipei Free(台北フリー)」

台湾で使える無料Wi-Fiスポットといえば「Taipei Free(台北フリー)」が非常に有名です。

「Taipei Free」とは、台北市政府が提供する公共Wi-Fiのことで、台北市内を観光するにはかなり便利です!

元々はiTaiwanとTaipei Freeは別々に登録しなければいけなかったのですが、2018年初めごろから制度が変わり、外国人旅行者はiTaiwanと共通のパスワードで使えることになり、かなり便利になりました。

Taipei Freeのホットスポット数は台北市内を中心に1,954箇所という多さで、駅や病院、図書館や学校といった公共施設などでおもに利用できる場所となっています。

Taipei Freeは、台北市内ではかなり広範囲のエリアでホットスポットが用意されているので、台北を中心に観光する場合などにはかなり便利です。

ただ、Taipei Freeは非常に人気の公共Wi-Fiなので、特に市街地や有名観光スポットなど、場所によっては通信速度が遅かったり、繋がりにくいことがある点のが弱点と言えるかもしれません。

TPE-Free AD Wi-Fi

「TPE-Free AD Wi-Fi」は、台北MRT(地下鉄)が提供する地下鉄駅公共Wi-Fiです。

TaipeiFreeのサービスの一部で、台北メトロ(台北MRT)の駅や車内で使うことができるWi-Fiで、現在では2,000以上の交通機関や100,000以上の公共商業地点で利用できます。

「TPE-Free AD Wi-Fi」のメリットは、電話番号や登録などしなくてもWi-Fiが使えるという点ですね。

使い方も非常に簡単で、車内などに貼り付けてあるポスターに掲載されているQRコードをアクセスするだけでログインできちゃうんです。

30分ごとに接続し直す必要はあるものの、台北メトロの車内で利用できるのがすごいですよね。

「TPE-Free AD Wi-Fi」のデメリットは、接続の不安定さです。

台北駅周辺の中心的な区間では比較的安定してインターネット接続できるのですが、少し離れると接続が悪くなることもあります。

同様に、駅のなかでも構内を移動している間に接続が切れてしまったり、エスカレーターで階を移動するような場合にも途切れてしまうことが多かったですね。

ログイン時に広告が表示されるのも若干面倒ですが、それよりも場所によって接続が不安定なほうがイライラしてしまいます…。

.1.Free-Wi-Fi 點一點免費上網

「.1.Free-Wi-Fi 點一點免費上網」は、智慧時尚(OPEN LiFE)と中華電信が共同で始めたサービスで、表示される広告を見ることで30分無料でWi-Fiが使えるようになります。

民間の会社が広告を出すことでなりたっているサービスで、ホットスポットは台湾全省ならびに金門島、馬租島など離島を含め5万箇所にも増えています。

「.1.Free-Wi-Fi 點一點免費上網」のメリットは、事前に登録したり専用アプリなどをダウンロードせずに、直接Wi-Fiを接続して利用できるという点です。

とくに台湾のセブンイレブンやカフェなどには「 .1.Free-Wi-Fi 點一點免費上網」が設置してあることが多いので、色々なところでWi-Fiが利用できるのはうれしいですね。

「.1.Free-Wi-Fi 點一點免費上網」デメリットは、ホットスポットの場所がわかりにくい点です。

店舗に「 .1.Free-Wi-Fi 點一點免費上網」の表示がしてあるところもありますが、民間のサービスなのでしっかり管理されていないこともあります。

通信速度なども店舗差が多く、場合によっては安定して使えないこともあるので、短期旅行では使い勝手があまりよくないように感じます。

iBon Free Wi-Fi(セブンイレブン Wi-Fi)利用には台湾の電話番号が必要

「iBon Free Wi-Fi」というのは、台湾のセブンイレブンが提供している公共Wi-Fiです。

店舗数が多いのでWi-Fiスポットを見つけやすいのが特徴ですね。

台湾にはセブンイレブンがかなり多く、人口1万人あたりの店舗数はなんと2.3店舗。(ちなみに日本は1万人あたり1.7店舗)

どの店舗でもiBon Free Wi-Fi(セブンイレブン Wi-Fi)を提供しているわけではありませんが、かなりの店舗でWi-Fiが利用できるのはうれしいですね。

「iBon Free Wi-Fi」のメリットは、登録すると1日3回、1回30分で合計90分インターネットが無料で利用できる点です。

また、他の無料Wi-Fiなどに比べると通信速度などが安定していることも多いのですが、最大のデメリットが台湾の携帯電話番号が必要なことです。

以前は、日本で出国前に日本のSIMカードを使って登録、ログインしておけばそのまま台湾でも使うことができたのですが、最近になって日本の電話番号では登録できなくなってしまいました。

また、台湾のセブンイレブンはどこも店舗が小さくて長居ができないので、ちょっとした調べ物はともかく、がっつり作業をしたり長時間利用するのは難しそうですね…。

台湾のスターバックス無料Wi-Fiの利用にも台湾の電話番号が必要

台湾のスターバックスでも無料Wi-Fiを利用することはできますが、利用にあたっては台湾の電話番号が必要です。

そのため、短期旅行でスターバックスの無料Wi-Fiを利用するのはちょっとハードルが高いですね。

店舗によるのか、日本の電話番号でも登録できたという情報もチラホラ見かけるのですが、受信に失敗することも多いのであまり期待できません。

台湾のWi-Fiの基本的な使い方

上記でも紹介したように、台湾の無料Wi-Fiには様々な種類があります。

台湾の無料Wi-Fiの基本的な使い方はどこもだいたい似たようなものです。

  1. 氏名などを登録する
  2. 発行されたパスワードを使ってログインする
  3. 制限時間内は自由に利用できる

基本的には、このような使い方でOK!

また、チェーン店ではないカフェなどに無料Wi-Fiが設置されている場合もあります。

これらのWi-Fiは、その店舗が独自に提供しているものなので、スマホやタブレットなどをWi-Fiにつなげてパスワードを入力すれば使えます。

レシートにパスワードが書いてあったり、壁にパスワードが貼ってあったりしますが、お店によっては店員さんに尋ねないとパスワードを教えてくれないところもあるので、ダメ元で尋ねてみるのもいいですね。

Taipei Freeの登録方法と使い方

以前は外国人も登録できたTaipei Freeですが、2018年初めごろから台湾の携帯電話番号を使ったSMS認証が必要になり、外国人が登録することが難しくなりました。

しかし、下のiTaiwanに登録すればTaipei Freeも同じIDとパスワードで使える(ローミング)ので、外国人がTaipei Freeを使えなくなったということはないのでご安心ください。

Taipei Freeのみ利用するなら電話番号で登録

これから、Taipei Freeだけを使いたいという方のために登録方法を解説していきます。

通常の観光旅行の方はここは飛ばして「iTaiwanの登録方法と使い方」をごらんください。

まず用意しなければいけないのが台湾の電話番号。

つまり、台湾の通信会社が発行しているSIMカードと、台湾のSIMカードが使えるスマホを持っている必要があります。

Taipei Free公式サイト(https://Wi-Fi.taipei)に詳しい情報が載せられていますが、簡単な4つのステップでWi-Fiが利用できます。

  1. お手持ちのスマホやタブレット、パソコンなどの機器のWi-Fiをオンに。
  2. Taipei Freeのホットスポットで「TPE-Free」に接続。
  3. 接続すると電話番号を入力する画面になります。

この図のように電話番号を入力して

「確定」をチェックします。

送られてきたTaipei Freeの認証番号(パスワード)を入力すると下の画面になるので

あとは「開始上網」をクリックすればインターネットが利用できます。

iTaiwan の登録方法と使い方

iTaiwanは外国人も対象に開放されている、台湾全土で使える無料Wi-Fiです。

また、iTaiwanに登録しておけばTaipei Freeも同じIDとパスワードで利用できるので、台湾旅行ではかなり使える公共Wi-Fiです。

これからその登録方法と使い方を紹介していきます。

  1. オンライン+サービスセンターで登録
  2. オンラインで登録
  3. サービスセンターで登録

オンライン申請してから空港で登録

(1)オンライン+サービスセンターで登録する方法が、一番分かりやすく一般的な登録&利用方法です。

まずはじめにiTaiwanの「散客登記服務」ページにアクセスします。

英語で表記されているのでわかりやすいですね。

  1. 国名
  2. パスポート番号
  3. 生年月日

を入力していきます。

入力できたら注意事項が出るので「Agree」をクリックすると成功の画面が出てきます。

この後、台湾の旅客サービスセンター(旅客服務中心)にてパスポートを提示し、申請したパスポート番号や名前が合っているのかを確認した時点でiTaiwanが使えるようになります。

オンライン上で登録した後、空港などにある旅客サービスセンター「旅客服務中心」でiTaiwanのIDとパスワードの発行手続きをしてもらえばOK!そこからインターネットが使えるようになります。

旅客サービスセンター「旅客服務中心」の営業時間は空港や、ターミナルによっても違いがありますが、比較的夜遅くまで営業しているので安心ですね。

ただ早朝や深夜到着の際には注意が必要です。

日本にいる間にオンラインで登録

旅客サービスセンター「旅客服務中心」を利用することなく、すべてをオンライン上で済ませてしまうこともできます。

まずは1番目の方法と同じくiTaiwanの「散客登記服務」ページにアクセスし

  1. 国名
  2. パスポート番号
  3. 生年月日

を入力、そして登録を完了させておきます。

台湾に到着したら、空港内のFree Wi-FiかiTaiwanのホットスポットに接続して

iTaiwanのオンライン登録ページにアクセスします。

事前に登録しておいた国名とパスポートを入力すれば、iTaiwanのIDとパスワードが発行されますよ!

すべてをオンラインで済ますことができるのがこの方法のメリットですね。

しかし、空港内の公共Wi-Fiを利用する必要があるので、空港内でホットスポットが見つけられなかったり、接続がうまくいかないような場合にはお手上げになってしまいます。

少しでも不安がある方は(1)オンライン+サービスセンターで登録する方法をオススメします。

台湾についてから空港のサービスセンターで登録

事前にオンライン上で手続きをしなくても、台湾の空港で旅客サービスセンター「旅客服務中心」に行けば手続きをしてくれます。

必要なものはパスポート番号だけですので、スマホやタブレットの操作に自信が無い方は、直接旅客サービスセンター「旅客服務中心」を探したほうがベターですね。

iBon Free Wi-Fi(セブンイレブン Wi-Fi)と使い方

iBon Free Wi-Fi(セブンイレブン Wi-Fi)を使うためには、事前に登録しておく必要があります。

台湾で使えるSIMカードとスマホを持っているのであれば、台湾で登録してBon Free Wi-Fi(セブンイレブン Wi-Fi)を利用することができます。

iBon Free Wi-Fi(セブンイレブン Wi-Fi)の使い方ですが、まずは7-Wi-Fiの公式ホームページにアクセス。

まずは【免费注册】と書かれている部分をクリックします。

小さい画面でログインページが出てきますので、右下にある【账号申请】をクリック。

次の画面では注意事項が表示されるようになっているので、【確認送出】をクリック

続いて表示されるのは、細かな登録画面です。

  1. 台湾で有効な電話番号を入力
  2. パスポート上に記載されている姓名を入力
  3. 任意のパスワード入力(パスワードは英数字6桁以上)
  4. Eメールを入力
  5. 任意のパスワードの確認
  6. 最後にここをクリック

次の画面でもう一度電話番号を入力して送信すると承認コードが送られてきます。

登録した電話番号、パスワードを入力したら【上網登入】をクリックします

毎日A.B.Cという3つのカードが出てくるので、そこを選ぶと毎回30分間インターネットが利用できる仕組みになっています。

広告が出てくるので、それを見た後に下にある【開始體験】をクリックするとインターネットにつながります。

iBon Free Wi-Fi利用するには台湾のSIMカードの購入が必須

以前では、日本からでも日本のSIMカードを使って登録、ログインができていました。

しかし現時点(2019年4月)では、台湾の電話番号でしか登録ができないようになっています。

そのため iBon Free Wi-Fi(セブンイレブン Wi-Fi)を利用するには、台湾でプリペイド式SIMカードなどを購入しなければいけないようですね。

.1.Free-Wi-Fi 點一點免費上網の登録方法と使い方

.1.Free-Wi-Fi 點一點免費上網を利用するには、事前登録や申込みなどは必要ありません。

まず使用の前にスマホやタブレットでWiFを受信できるようにします。

続いて2つのステップで.1.Free-Wi-Fi 點一點免費上網が使えちゃいます。

  1. まずは.1.Free-Wi-Fi 點一點免費上網のホットスポットに行き、「.1.Free-Wi-Fi 點一點免費上網」を選択して接続します。
  2. 広告が表示されるので、【FreeWi-FiGo】というボタンをクリックすればインターネットが利用できるようになります。

台湾のスターバックス(星巴克)Wi-Fiの登録方法と使い方

上記でも説明していますが、台湾のスターバックスで無料Wi-Fiを利用するためには、電話番号を入力して認証コードをSMS(ショートメール)で受け取る必要があります。

SMS(ショートメール)を受け取った後、電話番号と自分で決めたパスワード、認証コードを入力すれば登録完了。

ログインの場面で電話番号、パスワードを入力すればインターネットが利用できます。

一度登録してしまえば、台湾内すべてのスターバックスでインターネットが利用できるので、もし台湾の電話番号があるなら登録しておくと便利ですよ。

台湾のマクドナルド無料Wi-Fiの登録方法と使い方

台湾のマクドナルドでは、WLANというWi-Fiサービスが提供されているのですが、スターバックス同様に電話番号を入力して認証コードをSMS(ショートメール)で受け取る必要があります。

一度登録してしまえば、台湾内すべてのマクドナルドでインターネットが利用できるので、もし台湾の電話番号があるなら登録しておくと便利ですね。

台湾の無料Wi-Fiに登録できない場合

台湾にはさまざまな公共Wi-Fiサービスがあるのですが、そのほとんどは使用前に登録しなければなりません。

登録方法はサービスごとに異なりますが、多いのが電話番号を入力して認証コードをSMS(ショートメール)で受け取らなければいけないパターンです。

この場合には、台湾でSMS(ショートメール)を受け取ることができないと登録ができないので、台湾のプリペイドSIMカードなどを購入しておく必要があります。

なかには日本の携帯電話番号でも登録できるものもありますが、SMS(ショートメール)を受け取れないと登録できないので、海外ローミングサービスなどに事前に申し込んでおかないといけないですね。

登録に失敗する

台湾の公共Wi-Fiサービスのほとんどは、登録をしなければ利用できません。

でも様々な理由で登録できないことも。

例えば、登録のためには電話番号入力が必要ですが、入力したのにSMSが届かないというケースや、Wi-Fiに接続したのにログイン画面が開かないこともあります。

他にも、 ログインできたのにインターネットにつながらないことも。

レンタルWi-Fiなどを利用せずに、公共Wi-Fiだけで旅行しようと思っていた場合だとかなり絶望的になってしまいますよね…。

これから登録に失敗するパターンとその解決方法について取り上げていきます。

もし今台湾で公共Wi-Fiの登録ができない場合には、ぜひ参考にしてみてください。

SMSが届かない

公共Wi-Fiサービスのなかには、日本の電話番号でも登録可能な場合もあります。

でも、日本の電話番号を入力しているはずなのに登録エラーになってしまう…というケースがあります。

この場合、日本の電話番号を指定して国番号を入れると解決できるかもしれません。

日本の国番号は「81」なので、81に電話番号の先頭の0を除く電話番号を入力してみましょう。

例えば090-1111-1111の場合、8190-1111-1111になります。

国番号を入力してSMSの送信をしたのに、認証番号が送られてこない…という場合はどうしたら良いのでしょうか?

日本の電話番号へのSMSの送信が失敗する場合があるので、しばらく待って受信できないならあきらめましょう。

Wi-Fiに接続したのにログイン画面が開かない場合

スマホのWi-Fi接続を見てみると鍵なしのFree Wi-Fiがあり、それに接続したのにインターネットができない…という場合には、認証が必要なのに認証が正常に完了していないことが原因です。

ホテルのWi-Fiなどはパスワードを入力するだけでインターネットにつながるのですが、公共Wi-Fiの場合、事前登録や認証が必要な場合が多いですね。

そのような公共Wi-Fiの場合、Wi-Fiに接続した時点でログイン画面が表示されるので、後は表示のままに認証作業をしていくことになります。

Wi-Fiに接続したのにログイン画面が開かない場合には、ブラウザ(Safari、Google Chromeなど)を立ち上げて先頭が「http://」のサイトを開くとログイン画面が表示されます。

例えば http://www.metro.tokyo.jp/ などをブラウザで開いてみてください。

ログイン画面が表示されるので、後はその表示に沿って登録や認証すればOKです!

ログインできたのにインターネットにつながらない

公共Wi-Fiにログインできたのにインターネットにつながらない場合には、3つの原因が考えられます。

スマホの設定に問題がある場合

スマホの機内モードをいったんONにして、また機内モードを解除して、再度Wi-Fiに接続してみましょう。

スマホの端末に問題がある場合

スマホやタブレット、ノートパソコンなどの問題でインターネットにつながらないケースがあります。

まずは再起動して再びログインして様子を見てみましょう。

もしくは、友人や他の端末で同様にログインしてみて、他の端末ではログインできるならお使いの端末に問題があるかもしれません。

WiFiサービス側(インターネット)に問題がある場合

端末が Wi-Fi ネットワークに接続しているのにインターネットにアクセスできない場合、インターネット接続に問題がある可能性があります。

とくに個人経営のカフェや飲食店の場合、店舗側のインターネットに問題があるケースがよくあります。

まとめ:台湾の無料Wi-Fiを使うなら出発前に登録しておくと利用がスムーズ

台湾にはさまざまな無料Wi-Fiサービスがあって、なかには台湾で使えるSIMカードを持っていないと登録できないものもありますが、日本で出発前に登録できるものもあります。

もし台湾旅行で無料Wi-Fiを使おうとしているのであれば、出発前に登録しておくと利用がスムーズですね。

特に台湾政府が提供しているiTaiwanなどは、セキュリティ面でも比較的安心ですし、台湾の全域で利用できるので登録しておいて損はありません。

しかし、台湾の無料Wi-Fiを利用する際に意識しておきたい事は、公共Wi-Fiは基本的に移動しながらは利用できないという点です。

ホットスポットから離れてしまうとWi-Fiネットワークが弱くなってしまったり、接続解除されてしまいもう一度ログインしなければいけないことも。

歩きながら友人などと連絡をとったり、地図をみたりというのも基本的にはできません。

短期旅行などでレンタルWi-Fiなどを使わずに、公共Wi-Fiだけで過ごすというのも不可能ではありませんが、ある程度の不自由さがあることは意識しておきたいですね。

ただ、台湾の無料Wi-Fiは移動しながら使うのには不便なので、ぶらぶら歩きながら観光をしたいという場合や、常にインターネットを使いたいという方には別の方法になりそうです。

アクティブに台湾旅行を楽しみたいならWiFiレンタルが便利です

このように、台湾のフリーWiFiは非常に便利ですが、それは観光コースが決まっている、下調べが完璧、街歩きをあまりしないなどある程度の条件が揃っている場合のことで、アクティブに台湾旅行を楽しみたい人の場合は、無料WiFiだけでは少し不安に感じるかもしれません。

そんな時に便利なのが、自分専用のWiFiを台湾旅行中ずっと持ち歩ける台湾向けWiFiレンタルサービスです。

WiFiレンタルなら、現地の通信回線と繋がったWiFiルーター(ポケットWiFi)を持ち歩けるので、無料WiFiがないエリアでも、いつでもどこでもネットに繋げることができます。

移動しながらGoogle Mapなどを見ることもできますし、出先でLINEで連絡を取ったり、インスタに写真を上げたりもできるので、1台持っているととても便利ですよ。

特に台湾向けのWiFiレンタルは1日200円程度と超格安のプランもあるので、グループで1台契約しておくと安心です。

【台湾】格安現地レンタルは使える?おすすめレンタルWiFi徹底比較【6社18プラン】
台湾旅行中、LINEやインスタ、地図アプリがいつでもどこでも自分のiPhoneやスマホで使えればすごくいいですよね。 今日は台湾旅行のリピーターたちが「台湾でスマホを使うなら必須」とまで言う格安レンタルWiFiと、台湾のフリーWi...

SIMフリースマホなら台湾プリペイドSIMが格安で身軽に旅行できます

SIMフリースマホを持っている人なら、「台湾プリペイドSIM」を購入するのもおすすめです。

SIMフリーのスマートフォンが必要だったり、SIM交換やAPN設定などちょっと慣れない操作も必要ですが、それらのハードルさえ越えてしまえば台湾旅行の非常に強力な味方になってくれます。

台湾プリペイドSIMカードは日本で事前に購入することも、桃園空港や台北松山空港など現地の空港に到着したところで購入するのもとても簡単です。

費用は1日あたり300円程度と格安で、レンタルWiFiに比べると荷物が少なくて済む、WiFiルーターの充電をしなくていいなどのメリットがありますね。

おすすめの台湾プリペイドSIMは台湾の大手通信会社で、日本のスマホともバンド(周波数)の相性がいい中華電信か台湾大哥大です。

台湾プリペイドSIMカードまとめ 桃園空港での購入から設定方法まで
こんにちは!わーとら!管理人です。 日本から近くて人も優しく、食べ物が美味しくて格安航空LCCでサクッと行ける台湾は日本人の間で最も人気の海外旅行先の一つ。 私もプライベートやビジネスで年に何度も台湾を訪問しています。 ...
タイトルとURLをコピーしました