中国のATMで人民元をキャッシング(両替)する方法

1-DSC00985

中国のATMでは、日本のクレジットカードやキャッシュカード(一部)、デビットカードを使って、人民元を下ろす(キャッシング)ことができます。

ATMは、空港にも、街のどこにでもあるので、こまめに両替することができますし、銀行の待ち時間もありません。

中国旅行・中国出張をぐんと快適にする現地ATMの使い方を紹介します。

中国のATMではVisa/Master/JCBカードが使えます

1-DSC00922

Visaデビットカード、国際キャッシュカード

もし、ご自分の持っているキャッシュカード(中国語では、银行卡かデビットカード(中国語では、に、上の写真にあるようなマークが入っていれば、そのカードは中国のATM(中国語では、自动提款机 または、自动取款机でも使えます。

Visaデビットカードの年会費・手数料・ポイント還元率比較

海外専用プリペイドカード

最近では、海外ATMで現金を下ろせて、手軽に作れる海外旅行専用のプリペイドカードもありますので、こうしたカードを活用するのもいいですね。

[2017年]海外で使うならこれ!旅の達人おすすめの海外専用プリペイドカード

海外キャッシング対応クレジットカード

クレジットカード(中国語では、信用卡の場合は、「海外キャシング」サービスがついていることを、カード会社にあらかじめ確認しておくことをオススメします。

クレジットカードはあまり使わない、という人も、万が一に備えてEPOSカードなど海外キャッシングに対応しているクレジットカードを持っていくのはおススメです。

【年会費無料】エポスカードの海外旅行保険7つのメリットを徹底解説!

中国のATMで引き出す時の手数料は?

2016年現在で日本円から人民元(中国元)への両替レートがお得な方法についてまとめました。人民元への両替には定額と定率の2つの手数料があります。1万円または5万円を実際に両替した場合のシミュレーションも行ってみました。

中国のATMの操作方法

さて、中国のATMの使い方ですが、基本的には日本のATMとほぼ同じなので心配しなくても大丈夫です。

ここでは中国銀行のATMを例に使い方を解説します。(ATMの種類によっては、操作の順序が異なる場合があります)

1.キャッシュカードを入れる

日本の時よりも、気持ちぐっと押し込む感じで入れるのがコツです。

DSC00996_

2.言語を選ぶ

空港や観光客の多いエリアに設置されているATMでは、英語や日本語が選べる機種もあります。

3.暗証番号を入力する

中国の暗証番号は6桁のため、中国のATMでは4桁の暗証番号を入力しただけでは次の画面に進みません。

DSC00999

4桁入力した後に、10キー右下にある「输入」または「确认」を押すのを忘れないようにしましょう。

DSC01001

4.口座の種類を選択する

クレジットカードでは「信用账户」、Visa(JCB)デビットカード・国際キャッシュカードでは「預金口座(中国語の表示は、储蓄账户)」を選択します。

DSC01002

5.引き出しを選択する

DSC01003

現金引き出し(中国語では、取款を選びます。

6.引き出し額を選択する

DSC01004

引き出し金額を選択します。

タッチパネルから金額を選択することもできますし、表示されていない金額を引き出したい場合は、10キーから希望額を入力することもできます。

今回利用したATMでは、100元単位での引き出しで、最高額は3000元(5万円前後)となっていました。

7.現金を取り出す

DSC01006

お金が払いだされたらすぐに受け取り口から取って、カバンにしまいます。

DSC01007

30秒以内にお金を取り出さないと、ATMに戻っていってしまうので注意しましょう。

8.レシート印字⇒カード取り出しを選ぶ

打印凭条」をタッチするとレシートが印字され、「退卡」をタッチするとカードが返却されます。

DSC01008

中国のATMは、盗難防止のため、ゆっくりしていると約30秒で現金やカードが機械の中に戻ってしまうことがあります。

そうなると、中国語で交渉が必要になりますから、それよりも急いで受け取った方がいいですね(^^;

ATMでのキャッシングは”超”オススメ!

ATMキャッシングでの人民元両替は、手数料も安く、待ち時間もないので非常にオススメです。

中国旅行・中国出張が近い方は、自分のカードが海外キャッシングに対応しているか確認しておくといいですよ!

レンタルWiFi中国旅行・出張で困るのが、GmailやLINE、Facebook, Twitter, Instagramなどにつながらないことですね。
でも、グローバルWiFiの「中国VPNプラン」を使えば、この制限をいつものスマホで簡単に回避できますよ。
中国のネット制限を回避できるレンタルWiFiが超便利だった!

中国・台湾旅行の強い味方「デルタアメックスゴールド」

中国東方航空・南方航空・チャイナエアラインなどスカイチーム系の利用が多い私が手放せないのが、《デルタ・アメックス・ゴールド》カードです。

デルタアメックスゴールドには優先チェックインビジネスクラスラウンジ利用、優先搭乗足元の広い席の優先割り当てなど、出張のストレスを軽減してくれる特典が非常に充実しています。

最近の私の課題は中国出張のストレス軽減。ある日のこと、「デルタアメックスゴールド」というクレジットカードが中国出張にかなり使えることを知りま...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 安藤 和博 より:

    日本にはある地点からある地点まで、概算タクシー料金と所要時間目安を計算して表示してくれるサイトがあります。 中国には(上海とか北京とか大きな都市だけでも良いのですが)そういうサイトは無いのでしょうか。 また上海市全域がのっている地図は入手可能でしょうか。(日本では探しても見つけられませんでした)

    • C-STUDY 事務局 より:

      安藤さま
      コメントありがとうございます。
      中国語のサイトにはなりますが、百度地図( http://ditu.baidu.com/ )でルート検索すると所要時間やタクシー料金を調べることができます。
      使い方は、(1)目的地を検索(2)「到这去」をクリック(3)出発地を検索、の順で行います。
      検索結果に概算所要時間と、タクシー料金目安が表示されます。
      百度地図にはiOS, Android版のアプリがあるので、出張にも便利です。
      アプリの「离线地图」機能を使って上海の地図をあらかじめダウンロードしておけば、モバイル通信費も節約できます。

  2. Ak より:

    お世話になります!
    今 広州に来ているのですが、銀行で換金しようとしたら、三ヶ月前からあれこれ条件がついたとかで、換金できなくて困っています。

    中国銀行では、中国銀行のキャッシュカードとパスポートがないとダメ、口座を開いてキャッシュカードを手に入れるには中国人の協力が必要…
    別の銀行では、中国の携帯番号が必須で、そこをクリアしたら今度はビザがないからダメと、、、日本人はビザ必要ないと言っても聞かず、絶対ないのはオカシイと断られました(>_<)

    30万ほどの買い物予定なのですが、、毎年通っていてこんな事態は初めてで、、、
    おすすめのクレジットカードのキャッシングができればいいのですが、こんなことは予測していないので持参したカードが国際キャッシングに対応しているかどうかわかりませんf(^_^;

    町中あちこちに上がっていたヤミ換金の看板も一掃されてますし、政府が何か厳しくしたのでしょうが、、、困りました。
    どこかパスポートのみで換金できる場所をご存じないでしょうか?
    よろしくお願いします