アメリカ・カナダ周遊WiFiはどこがオトク?レンタル5社のプランを徹底比較!

数ある周遊プランの中でも人気が高いのが「アメリカ×カナダ周遊プラン」です!

一度の旅行でカナダの大自然と、アメリカの大都会を堪能することができるとあって多くの旅行会社では様々なツアーが組まれています。

日本からだとかなりの距離のある国ですが、アメリカとカナダは隣国なので、時間や費用をかけずに簡単に周遊できてしまうのも人気の理由ですね。

これからアメリカ・カナダ旅行に行く前に読んでほしい「アメリカ・カナダの周遊プラン」のWiFiレンタルについてまとめてみました。

スポンサーリンク

アメリカとカナダの海外パケット定額は料金が高い

海外旅行でインターネットが自由に使えるかどうかは非常に重要です。

インターネットさえ利用できれば、Googleマップで道を探したり、翻訳アプリで外国人とコミュニケーションをとることもできますね。

それでも、今使っているスマホをそのまま海外で使うには、各通信会社の提供している海外ローミングサービスの申し込みが必要です。

例えば、ドコモの「海外パケ・ホーダイ」auの「海外ダブル定額」ソフトバンクの「海外パケットし放題」などがありますが、1日あたり2,980円もの費用がかかってしまいます。

7日の旅行だったとしたら約20,000円以上の出費が…決して安くはないですよね^^;

海外ローミングサービスに申し込んだとしても、スマホの機種によっては定額料金適応にならないケースもあります。

海外パケット定額対応の国であっても事前にしっかり確認しておかないと、多額のパケット代が請求されることも…。

事例 「海外パケット定額」適用されずパケット代76万円事例

今回この記事でおすすめするのは、「レンタルWiFi」!

「レンタルWiFi」というのは、ポケットルーターをレンタルすることで旅行先でも自由にインターネットが利用できるサービスです。

これ1つあれば、お友達や家族ともシェアできるので海外ローミングサービスを利用するより断然お得なんです!

これから海外旅行に行く方はぜひチェックしてみてくださいね!

アメリカとカナダの無料WiFiスポット(フリーWiFi)事情

アメリカの無料WiFi事情は比較的良好で、空港やホテル、カフェ、ファーストフード店などで自由にネットが利用できます。

特にロサンゼルスやニューヨーク、サンフランシスコなどの都市部では日本よりも容易に無料WiFiスポットを簡単に見つけることができます。

ちなみにニューヨークでは、「LinkNYC」という高速無料wifiサービスの設置が進められており、使われていない公衆電話網をwifiホットスポットのキオスクにリフォームしています。

カナダでも同様で、空港やホテル、カフェ、ファーストフード店などでは自由にインターネットが利用できます。

スターバックスや、ドーナツが有名なティム ホートンズ(Tim Hortons)などではパスワードなども必要なく使えるので非常に便利ですね。

アメリカやカナダではよくパスワードが設定されていないWiFiがあります。

過去には、これらのWiFiを利用して個人情報を盗む犯罪が発生したこともあります。

ロックがかかっているものでも、パスワードがレシートに印刷されているようなものはセキュリティ面が弱いので、それらの回線を利用して銀行などのログインをしないようにしましょう。

アメリカとカナダの無料WiFiの感想

アメリカとカナダでは、面倒なメールの会員登録などがいらない無料WiFiスポットがあるので非常に便利です。

アメリカでは公園や様々な観光地でもホットスポットを簡単に探すことができますし、カフェなどでは充電スペースなども設定されているので非常に助かりますね。

カナダでも同様にホットスポットが多いのが魅力なのですが、場所によっては回線速度が遅いという問題があります。

とくに観光客が多い場所や、利用者の多い場所では回線が繋がりにくかったり、つながっても回線が遅く使えない…ということも。

パスワードが設定されていないWiFiも多いので、セキュリティ面で使うのが心配になることもよくありました。

海外ポケットWiFiレンタルは安全で便利!

この記事でオススメしているモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)ですが、使い方はとっても簡単なんです。

モバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)は事前に設定されているので、そのまま電源オンにするだけで後は難しい操作は必要なし!

電源をオンにしたら、後はスマホやタブレット側の設定をしていきます。

(1)ポケットWiFiに書いてある「SSID」に接続
(2)パスワードを入力する

この2つの操作をスマホやタブレットでするだけでネットが使えちゃいます。

ほとんどのモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)は、SSIDとパスワードがシールで本体に貼り付けてあるので、それを見ながら入力していきます。

一度接続してしまえば、後は自動的につながるようになっているので複雑な設定は一切なし。

このモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)ひとつあれば家族や友人ともシェアできるのでコスパも良いんです。

ポケットWiFiの受け取り方法ですが、家まで郵送してもらう方法と、主要空港で受け取る方法を選べるようになっています。

もし設定などに自信が無いなら、空港カウンターでの受け渡しを選択すれば、詳しい解説などを聞くことができるのでオススメです。

アメリカ×カナダでWiFiレンタルを使った口コミ

  • ニューヨーク、デトロイトの田舎でも全く問題なく使用できました。
  • 地下鉄に乗って移動する際によく利用しましたが、途切れることなくスムーズに使えました。
  • 快適に利用できました。特に私はアメリカ国内で飛行機で移動する際、飛行機に乗り遅れるトラブルがあったので、ホテルとの連携をWi-Fiがあったおかげで的確にできました。
  • 全てにおいて問題ありませんでした。 バス内、空港内、ホテル内、快適でした。
  • 全然問題なく使えました。バスの時刻、ルートなどスムーズ検索できました。 友達や家族とのLINEのメッセージのやり取りもできました。

(価格コム)

アメリカ×カナダ周遊での注意点

アメリカとカナダは隣国なので飛行機だけではなく、バスや車などの陸路でも簡単に周遊ができます。

例えばバンクーバーからシアトルまではバスだと約2〜3時間ほどで着きますし、ラスベガスまでは飛行機でわずか3時間です。

言語についても、カナダ英語とアメリカ英語で多少の違いはあるとはいえ、ほぼ同じなので違和感なく周遊できます。

しかしアメリカとカナダは、異なる別の国なのでレンタルWiFiのプランにも注意が必要です。

それで、アメリカとカナダを周遊する際には「世界周遊WiFiプラン」などのプランを申し込む必要があります。

アメリカ向けのレンタルWiFiをカナダで、カナダ向けのレンタルWiFiをアメリカで使う、ということはできないので注意が必要です。

レンタルWiFi各社のアメリカ×カナダを比較してみる

ここからは、アメリカとカナダ向けにレンタルWiFiを提供している、主な5社の料金を比較していきたいと思います。

  • グローバルWiFi
  • イモトの
    WiFi
  • WiHO
  • XMobile
  • jetfi

1日間のレンタル料金を比較してみました。

アメリカ・カナダ周遊 レンタルWiFi 1日間の料金
最安 jetfi 980円〜

(世界周遊プラン)

2位 XMobile 1,100円~

(世界周遊プラン)

3位 WiHO 1380円

(世界周遊プラン)

4位 イモトの
WiFi
1,580円

(世界周遊プラン)

5位 グローバルWiFi 1,770円

(世界周遊プラン)

レンタルWiFiといっても料金設定には違いがありますね。

わーとら編集部がこの中からあえてオススメするのはグローバルWiFiです!

24時間365日体制での対応だけでなく、LINEやSkypeなどの無料通話対応なども対応しており、他の業者ではないサービスがポイントになっています。

また実際に使ってみた感想として、グローバルWiFiはいつでもポケットWiFiの状態が良いので安心感がありますね。

利用料金は他の会社よりも高いですが、安心料と考えるとかなり安いと思います。

アメリカ×カナダにWiFiレンタルは便利

カナダとアメリカは同じ英語を使う国ですが、発音や使う単語などが違うので戸惑ってしまう旅行者は多いようです。

他にも長さや大きさなどの単位が違ったりするので、ショッピングなどの際に困ってしまうことも…。

そんな時にレンタルWiFiがあれば、翻訳アプリを使ったり、いつでもネットで調べることができるので安心です。

アメリカやカナダについて書かれたブログやネット記事は多いので、旅行先でもすぐに検索して欲しい情報を探すことができます。

もし万が一のトラブルでも、すぐにLINEやskypeで家族や友人に連絡できる安心感もありますね。

スマホで撮った写真も、レンタルWiFiがあればすぐにSNSに投稿できるので友人や家族に感動をすぐにシェアできちゃいます!

アメリカ・・カナダ周遊を楽しい旅にするためにもレンタルWiFiを持っていくのをオススメします!

タイトルとURLをコピーしました