安くて快適・安全!桃園空港リムジンバス1961路に深夜に乗車してみた

EPOSカード年会費完全無料のEPOSカードを作れば、ゼロ円で海外旅行保険に入れるって知ってました?
EPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由


台湾桃園空港から台北市内までは約1時間の距離、予算があればタクシー(約4000円)でさっと移動するのが楽ちんですが、できれば交通費はなるべく節約したいものです。
約350円で桃園空港から台北市内に移動できる空港リムジンバス、1961路線を深夜に利用してみました。

深夜到着、初台湾、初空港バス

静岡空港発、台湾桃園空港ゆきのチャイナ・エアラインCI169便の桃園空港到着時刻は夜の10時。
初めての台湾、深夜到着ということで、桃園空港から宿泊先のホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイ(老爺大酒店)への移動をどうしようか、しばらく考えていました。
調べてみたところ、桃園空港から台北市内(台北駅)方面に向かう1961路線バスは深夜まで運行しているとのことだったので、その情報をたよりにバスでホテルに向かうことに。
大有巴士 – 1961 : 台北 – 桃園機場 – 大園
dayou1961
インターネット上の情報は、情報が古かったりすることがありますが、もし空港バスが運行していなかったら、タクシーで「老爺大酒店まで」と言って向かえばいいか、と桃園空港リムジンバスにチャレンジしてみることにします。
深夜ということでちょっと心配なのが安全面。でも事前情報で台湾の治安は非常に良いと聞いているので、きっと大丈夫でしょう。

予想外!台湾桃園空港の入国審査が大混雑

さて、CI169便は桃園空港に定刻10分遅れで到着しました。
taoyuan-airport
機内預け荷物のなかった私たちは、さくっとホテルへ向かうはずだったのですが、入国審査がまさかの大混雑。

taoyuan-ap-entry

画像はイメージです


こんな深夜に台湾に来るなんて、もの好きだねぇなどと愚痴りながら(自分もその一人ですが)、入国審査を通過し、桃園空港第1ターミナル内のバス乗り場に着いたのは0時20分ごろでした。

台湾に深夜到着ならATMでの両替がオススメです

[図解]桃園空港ATMの使い方 日本のカードで台湾ドル現金を引き出す方法
台湾旅行のリピーターがよく使う台湾ドル両替方法の一つに、現地のATMで台湾ドルを引き出す方法があります。この記事では、台北桃園空港内に設置されているATMで、クレジットカードを使った台湾ドル現金の引き出し方をご紹介します。台湾桃...

1961路リムジンバスの最終便は深夜1時10分発

事前情報で、桃園空港発の台北市内(台北駅)ゆきリムジンバス1961路は深夜1時まで運行ということだったので、まだ間に合うだろうと、「1961」と書いてあるカウンターを探します。
みつけた3番大有巴士カウンターには明かりがついていて、売り場の女性が1人手持ちぶさたにしていました。
taoyuan-bus-counter
良かった、まだ乗れそうです。ちなみに、1960路、1961路、1962路、1968路などが同じ3番カウンターのようです。
売り場の方に「到哪里?(どこまで)」と聞かれたので、「中山」と答えました。
おばちゃんいわく、「この後は最終便の1:10発しかないけど、いい?」
うーん、約50分待ちですか…さすがに深夜は便数が少ないようですね。
時間もかなり遅くなってしまったので、タクシーでさっさとホテルに向かって休みたいところですが、バスの待合ベンチでも休めそうだったので、最終便まで待つことに。
「中山分局」までのチケット90台湾ドル(約330円)を購入し、待合スペースのベンチでしばらく休みます。
照明が少し暗めでしたが、チケット売り場の方たちの目もあるので、安全面での心配はなさそうです。
ベンチはいくらかクッションのある素材で、深夜だったこともあって人も少なかったので、しっかり休憩できました。

1961路は10番のりばから

出発時刻も近くなったので、外に出てバスを探します。1961路バスは10番乗り場でした。1960路も同じのりばのようです。
taoyuan-bt-10
1961路バスはこんな、ちょっとポップ?な色使いのハイデッカーバスでした。
1961
チケットを見せ、荷物を下のトランクに預けてから、乗り込みます。
1961-1

台北市内まで、安全・快適な1時間のバスの旅

車内はこんな感じ。台北市内までは1時間ほど、車内は快適でした。
1961-3
深夜だったので、道が混雑することもなく、台北市内のいくつかのバス停に停まりながら、1961路バスは台北駅へと向かいます。
乗客は非常に少なく、10人にも満たない程度。車内は静かで快適そのもの、安全面での不安もまったくありませんでした。
50分ほど乗車した後、バスは中山分局に停車しました。
下車時には、トランクに預けた荷物を忘れないようにします。
zhongshan-bs
今回宿泊したホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイは、道路を渡ってすぐ向かい側でした。
https://c-study.net/wtw/archives/10256

まとめ:桃園空港から台北市内の移動はリムジンバスが安くて安全・便利・快適

今回、初めての台湾旅行でしたが、全く問題なくリムジンバスで台北市内へ移動することができました。
ホテルがバス停から遠くなければ、交通費が大幅に節約できるリムジンバスはとてもオススメです。

コメント