2017年 中国のレンタルWiFiはネット規制を回避できる「壁越え」プランがおすすめ!

中国旅行や中国出張でいつものスマホやタブレットを使うには、いろいろな方法がありますが、海外WiFiルーターをレンタルしていくのが一番簡単で便利です。

私も、業務などで中国に通うようになってからほぼ20年、最近では年10回近く通うこともあるので、毎回の費用節約も大事なポイントになります。

ということで、中国向けのモバイルWiFiルーターレンタルの各社プランの料金やスペック、使い勝手などを徹底的に比較してみることにしました。

中国向けレンタルWiFiには、中国でスマホを使う時に問題になるネット規制を回避できるプランもあるので、記事の中でそれらのプランについても検討しています。

中国WiFiレンタル事情

中国のWiFiレンタルはどこがいいか、という話の前に、まずは中国の通信事情について少しお話ししたいと思います。

中国WiFiレンタルのエリア・速度

中国WiFiレンタルの回線は、どのレンタルWiFi会社も同じ携帯電話回線を使用しているため、速度やエリアに関しては会社による違いはありません

中国レンタルWiFiの機種

中国レンタルWiFiで使用される機種は、3G用が3機種、4G用が1機種あります。

各社の中国4Gプランで使用されているE5375は、連続通信時間や同時接続台数などのスペックが他と比べて優秀なのでオススメです。

MF60 E586 E5336 E5375
3G 4G
最大速度(Mbps) 21.6 21.6 21.6 150
重量(g) 75 80 90 105
連続通信時間 4h 5h 6h 6h
接続可能 5台 5台 10台 10台
イ社
グ社
エ社
ワ社

表の見方
イ社:海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】
グ社:海外専用グローバルWiFi
エ社:エクスモバイル
ワ社:Wi-HO!

実際には在庫状況などにより別の機種がレンタルされる場合もあります。

中国WiFiレンタルは3Gと4Gのどちらがいいか?

少し前の報道になりますが、チャイナ・モバイルの4Gカバー率は2014年の時点で既に85%に達していますから、基本的に日本人が訪問するような場所ではどこでも4Gが通じていると思って良いでしょう。

photo by Enzo JIANG

photo by Enzo JIANG

中国WiFiレンタルの場合、3Gプランはおおむね1Mbps前後の速度で繋がりますが、4Gプランでは10Mbpsぐらいまで速度が出ることが多いようです。

それで、写真や添付ファイルを送受信する予定がある場合は、4Gプランのレンタルがオススメです。

回線 イ社 グ社 エ社 ワ社
3G
4GLTE

表の見方
イ社:海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】
グ社:海外専用グローバルWiFi
エ社:エクスモバイル
ワ社:Wi-HO!

盗難保険と予備バッテリー

中国ではスリや置き引きは珍しくありません。特に小さくて高価なモバイルWiFiルーターは盗難に遭いやすいので、海外旅行保険をかけておくのがオススメです。

年会費完全無料のEPOSカードを作れば、ゼロ円で海外旅行保険に入れるって知ってました?
EPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由 

また、1日中外出していることが多い場合は、予備バッテリーも持って行くと良いでしょう。

レンタルWiFi各社でも予備バッテリーのオプションがありますが、この際購入してしまうのもありだと思います。

旅行中それほど頻繁にネットを利用しないなら、約1回の追加充電ができる5,000mAhクラス(1,500円程度)のモバイルバッテリーが軽くていいでしょう。

けっこう頻繁にネットを利用するなら、10,000mAhクラスのモバイルバッテリー(約2,500円)が約2回の追加充電ができるので安心です。

中国レンタルWiFi用途別オススメプラン

ということで、中国向けWiFiレンタルサービスを提供している各社のうち、代表的な4社のプランを比較してみました。

中国レンタルWiFiでネット規制(GFW)を回避するには?

中国旅行や中国出張でレンタルWiFiを使う際、覚えておかないといけないのは、中国ではGmail、Googleドライブ、Facebook、Twitter、LINEなど多くのWEBサービスにアクセス規制があることです。

ただ、エクスモバイルとグローバルWiFiにはそれぞれこの規制を回避できるプランがあります。

グローバルWiFiには中国4GVPNプラン(通常容量・大容量)があり、設定がやや面倒なものの、設定さえできれば快適な4Gの速度で規制を回避することができます。

[st-card id=2255]

エクスモバイルで「中国容量型」プランを選ぶと、難しい設定が不要でこの規制を回避できます。

[st-card id=2248]

この2つのプランは料金体系が異なるため単純な比較は難しいのですが、標準的な利用方法として1日200MB(大容量では1日500MB)を目安に比較してみました。

ネット規制回避プランの比較(1日200MB~250MB)

エ社
容量型
200M/日
グ社
4G+VPN
3日 4494円
(1GB)
4350円
5日 4890円
(1GB)
6890円
7日 7286円
(2GB)
9430円
14日 12172円
(3GB)
18320円

ネット規制回避プランの比較(1日500MB)

エ社
容量型
500M/日
グ社4G
大容量
VPN
3日 6494円
(2GB)
4950円
5日 10390円
(3GB)
7890円
7日 12786円
(4GB)
10830円
14日 23175円
(7GB)
21120円

※エクスモバイルの宅配プランには返送送料が含まれています。

表の見方
エ社:エクスモバイル
グ社:海外専用グローバルWiFi

宅配受取りが安いエクスモバイル

エクスモバイルは、宅配プランの料金が非常に安いのでこんな方にオススメです。

WiFiルーター初心者

WiFiルーター初心者なら、宅配プランを使えば、前日にルーターを自宅で受け取って説明書を予習しておけるのでとても安心ですね。

地方空港を利用する方

レンタルWiFi各社が空港受取を実施している、成田、羽田、中部セントレア、関西、新千歳、福岡、新潟、小松、旭川、宮崎以外の空港から出発する場合は、宅配料金が安いエクスモバイルがオトクになります。

深夜便・早朝便を利用する方

LCCの多くの便は、空港カウンター営業時間外の深夜や早朝に出発するものが多くなっています。そういう場合にも宅配受取りは便利ですね。

宅配プランの4社料金比較(3Gの場合)

エ社 イ社 グ社 ワ社
3日 2490円 2580 3090 2580
5日 3790円 3940 4430 3940
7日 4440円 5300 5770 5300
14日 8340円 10060 10460 10060

宅配プランの3社料金比較(4Gの場合)

イ社 グ社
3日 4380 3990円
5日 6940 5930円
7日 9500 7870円
14日 18460 14660円

表の見方
エ社:エクスモバイル
イ社:海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】
グ社:海外専用グローバルWiFi
ワ社:Wi-HO!

グループ旅行なら4G大容量プラン

複数人でシェアして海外WiFiルーターを使う場合、気が付かないうちに意外と容量を使ってしまうものですが、大容量プランなら安心してルーターをシェアして使えますね。

特に複数人で使う場合は4G大容量プランがオススメです。

イモトのWiFiは「一般的なご利用の範囲」、また「動画等は極力お控えいただく」とあり、大容量と言いつつ通信容量が明示されていないのが不安なところです。

4G大容量プランの比較(空港受取)

グ社 イ社
3日 4050円 4380
5日 6390円 6940
7日 8730円 9500
14日 16920円 18460

表の見方
グ社:海外専用グローバルWiFi
イ社:海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】

最安値ならグローバルWiFiの3Gプラン×空港受取

速度が遅くても構わないからとにかく安く!という方の場合、6日までならグローバルWiFiの3Gプラン、7日以上はエクスモバイルの3G宅配プランが一番安くなります。

各社最安プランの比較

グ社
3G
空港
エ社
3G
宅配
イ社
3G
空港
ワ社
3G
空港
3日 2550円 2850 2580 2580
5日 3890円 4150 3940 3940
7日 5230 4800円 5300 5300
14日 9920 8700円 10060 10060

※エクスモバイルの宅配プランには返送送料が含まれています。

表の見方
エ社:エクスモバイル
イ社:海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】
グ社:海外専用グローバルWiFi
ワ社:Wi-HO!

香港・マカオを含めて周遊するなら

中国出張の際に、香港やマカオにも滞在する方は少なくありません。

香港、マカオは中国とは通信会社が異なるため、レンタルWiFiもそれぞれ個別に契約する必要があります。

ただ、それでは費用ももったいない上に荷物もかさばって仕方がありません。

そんな場合には「周遊プラン」がオススメです。

モバイルWiFiルーター1台で複数の国に対応していて、料金も複数のWiFiルーターをレンタルするよりも格安になります。

周遊プランの比較(通常プラン200MB~350MB)

エ社
200MB/日
宅配
ワ社
350MB/日
空港
グ社
250MB/日
空港
3日 2850円 4128 5757
5日 4750円 6520 9595
7日 5700円 8912 13433
14日 11400円 17284 26866

周遊プランの比較(大容量プラン500MB)

エ社
500MB/日
宅配
グ社
500MB/日
空港
3日 3750円 5280
5日 6250円 8440
7日 7500円 11600
14日 17500円 22600

※エクスモバイルの宅配プランには往復の送料が含まれています。

表の見方
エ社:エクスモバイル
ワ社:Wi-HO!
グ社:海外専用グローバルWiFi

中国旅行にWiFiルーターをレンタルするメリット

日本の携帯電話会社には「海外パケ・ホーダイ」「海外ダブル定額」「海外パケットし放題」などの名称で、日本で使っているスマートフォンをそのまま中国で使うことができるプランが用意されています。

ただ、日本の携帯電話会社の海外パケット定額プランは各社とも1日あたり2,980円と非常に高額です。

海外レンタルWiFiはパケ・ホーダイよりかなり安くなる

そこで、海外WiFiルーターレンタルなら1日あたり500円~1,500円となるので、うまく使えばかなり予算を抑えることができます。

また、海外WiFiルーターレンタルは初期設定があらかじめされている上に、親切なマニュアルもついているので、初心者でもすぐ簡単に使えるのがうれしいところです。

海外レンタルWiFiをシェアすればもっと安くなる

海外WiFiルーターレンタルのもう1つのメリットは、グループ旅行で複数人でシェアできること。

ルーターをシェアして使えば、1人あたりのコストパフォーマンスはかなり高いと言えるでしょう。

デルタアメックスゴールド中国東方航空・南方航空の利用が多い私が手放せないのが、デルタ・アメックス・ゴールドカードです。
年会費はちょっと高いですが、充実した特典で中国出張のストレスが軽減するのを実感しています。
 優先チェックイン
 ラウンジ利用
 優先搭乗
 足元の広い席を優先割り当て
>>デルタアメックスゴールドを1年間使い倒してみた

レンタルWiFi各社のメリット

ここでは、中国向けレンタルWiFiを提供している4社のそれぞれのメリットをさらに詳しく見ていきます。

宅配が安いエクスモバイル

エクスモバイルは他のレンタルWiFi会社とは違い、宅配での受け取りが基本となっています。

それで、地方空港を利用する方や、あらかじめ自宅で説明書をちゃんど読んでおきたい、という初心者の方におススメできるレンタルWiFi会社です。

ただし、空港受取にすると別途手数料がかかってしまい、割高になるので注意しましょう。

7日間・14日間・30日間なら割引パック

エクスモバイルのメリットとしてさらに挙げられるのが、7日間や14日間、30日間などの長期割引です。

旅行期間が長くなる場合は、エクスモバイルが断然安くなる場合が多いですね。

定額の予備バッテリー

また、エクスモバイルのもう一つの特長として、予備バッテリーが「1回あたり」の定額料金でレンタルできることがあります。

モバイルバッテリーを持っていないという方は、エクスモバイルならかなり安く予備バッテリーが借りられます。

エクスモバイル

地方空港でも受け取れるグローバルWiFi

グローバルWiFiは、空港受け取りのできる空港が豊富にそろっています。

特に他社では空港受取のできない新潟・小松・旭川・静岡・宮崎の5空港を利用する場合は、有力な選択肢になりますね。

主要空港なら当日受付もOKなことも

特に、成田、羽田、関空、中部セントレア、福岡、那覇、伊丹の各主要空港では、当日受付も可能なようです。

ただ、空港カウンターの在庫によっては要望に応じられないこともあるようですので、できるだけ早めに電話で確認したほうが良いですね。

グローバルWiFiの大容量プラン

グローバルWiFiの大容量プランは1日500MBの容量が保証されているので、3人ぐらいまでのグループまでなら問題なく使えますし、出張などで大きなファイルのやりとりがある場合にもかなり助かります。

海外専用グローバルWiFi

イモトのWiFiは当日申込みに強い

イモトのWiFiは、成田、羽田、中部セントレア、関西、福岡の各主要空港で当日レンタルを受け付けています。

当日のWiFiレンタルなら、まずは早めに問い合わせて、在庫を確認するとよさそうです。

海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】

対応空港

レンタルWiFi各社の空港受取対応は以下のようになっています。

グローバルWiFiの鹿児島空港は返却のみ、エクスモバイルの羽田・関西・中部・福岡・札幌の各空港は受け取りのみ対応しています。

イ社 グ社 エ社 ワ社
成田
羽田
関西
中部
福岡
札幌
那覇
伊丹
新潟
小松
静岡
旭川
宮崎
鹿児島

オプション

レンタルWiFi各社で提供しているオプションには以下のようなものがあります。

イ社 グ社 エ社 ワ社
紛失盗難保障
予備バッテリー
変換プラグ
カーチャージャー
セルカレンズ
360°カメラ
iPad

支払い方法

レンタルWiFiの支払い方法は、各社ともクレジットカードのみとなっています。

ただし、グローバルWiFiはクレジットカードを所持していない学生に限って銀行振込による支払いを受け付けています。(要問い合わせ)

イ社 グ社 エ社 ワ社
クレジット
銀行振込