海外旅行・海外出張に使えるレンタルWiFi情報のブログ

海外旅行応援サイトWorldTraveler

【PR】ポルトガル旅行にエクスモバイルの海外レンタルWiFiが必要な3つの理由

投稿日:

待ちに待ったポルトガル旅行、でもあれこれと不安なことも山積み。

不安なことと言えば、現地でスマホを使う方法や、旅先のWiFi事情は特に気になりますよね。 今回、エクスモバイルさんから海外レンタルWiFiをお借りして、2週間のポルトガル旅行を満喫してきました。 その体験から、ポルトガル旅行にレンタルWiFiを使うと便利な理由を探っていきたいと思います。

ポルトガル旅行にスマホは必要?

今では、スマホは海外旅行になくてはならないアイテムの一つです。 ガイドブックにも、カメラにもなり、さらにはグループとの連絡にも使える、こんなに便利な道具はありませんよね。 「海外旅行の時ぐらいスマホから自由になりたい」ですって? では、試しに日本にいる間に1日だけ、スマホを持たずに生活してみることを想像してみてください。 「そんなの無理」と思ったら、旅先でもスマホがないと困ってしまう可能性が大ですよ。 慣れているはずの日本で、私たちはこれだけスマホに依存しているのですから、スマホを持たずに初めての土地に行くのは、けっこう無謀かもしれません。

ポルトガル旅行の無料Wi-Fi事情

でも、スマホを海外に持って行っても、基本的にはWi-Fiの繋がっているところでしか使えないのが、地味に厳しいところ。 「海外ローミング(海外パケット定額)」を使えば海外でもスマホ使い放題にできるのですが、こちらは1日あたり2980円、1週間なら約2.1万円というセレブ価格。 幸い、ポルトガル各国では、空港や飲食店などを中心に、無料のWi-Fiスポットがかなり普及していますが、ふだんからスマホを使い慣れている私たちにとって、Wi-Fiスポットだけに頼った旅行は、意外と不便なんです。

ポルトガルの空港無料Wi-Fi

例えば、ポルトガルの空港の無料Wi-Fiスポットで多いのが、SMS(ショートメッセージ)認証のもの。 SMS認証とは、①Wi-Fiスポットにアクセスして、②自分の電話番号を入力すると、③スマホにパスワードが記載されたSMS(ショートメール)が届いて、④そのパスワードを入力するとWi-Fiが使えるようになるというものです。 でも、このSMS(ショートメール)がなぜか届かなくて、Wi-Fiが使えないということが良くあるんです。 私自身も、空港での長い待ち時間に、このSMS認証と格闘していて、けっきょく搭乗時刻になってしまった、なんて経験がよくあります。

カフェの無料Wi-Fiスポット

街中のレストランやカフェなどで提供されている無料Wi-Fiスポットは、とても便利ですが、大勢で無料サービスを共有する仕組みなので、どうしても速度が遅くなってしまうのが弱点。 写真を送ったり、地図を表示させようとしたりすると、かなり待たされたり、場合によっては接続が切れてしまうことも。 そして、旅行中にスマホが本当に必要な時って、困っている時や緊急時がほとんどなんですよね。 例えば、道に迷ってしまった、狙っていたディナーのお店が臨時休業だった、うっかり地下鉄の終電を逃してしまった、レストランや自動券売機の外国語が読めない… そんな時、どこにあるのか分からない無料Wi-Fiスポットを探して街をさまようのは、あまり考えたくないですね。 そこで、ポルトガル旅行のスマホの不安を解消し、旅行を120%楽しめる超便利アイテムが、「レンタルWiFi」。 今回は、私の今回のポルトガル旅行から、レンタルWiFiがポルトガル旅行に必要な理由を、少し見ていきたいと思います。

ポルトガル旅行にレンタルWiFiが必要な理由

理由①:地図アプリが街歩きに大活躍

ポルトガル旅行の醍醐味と言えば、石畳など情緒あふれる町並みを散策すること。 個人旅行はもちろん、パッケージツアーでも自由時間などに街歩きをすることってありますよね。 事前にガイドブックで下調べをしっかりして、計画通りのルートをたどるのも楽しいですが、せっかくなら偶然の出会いも楽しみたいもの。 旅の途中で行きたい場所を思いついたり、地元の人に教えてもらった場所に行ってみたくなったりすることって結構あるものです。 私も、旅の途中で地元の人に教えてもらって、こんな絶景が見えるポイントに行くことができました。 そうした旅の途中の思いがけない出会い、ぜひ逃したくないですよね。 そんな時、スマホと地図アプリがあれば、突然の予定変更も大丈夫。 スマホをエクスモバイルのレンタルWiFiに接続して、Google Mapなどの地図アプリを開き、現在地を確認します。 そして、街の人から聞いた場所を検索。 住所が分からなくても、お店や場所の名前でも全然大丈夫です。 行きたい場所を検索できたら、ナビを開始するだけ。 徒歩ルートや公共交通機関ルートを選んで、知らない場所でも簡単にたどりつくことができます。 予想所要時間も表示されるので、安心して予定を立て直せますよ。

理由②:翻訳アプリで読めないメニューもらくらく攻略

ポルトガル旅行で難易度が高いイベントと言えば、レストランのメニューの解読です。 ポルトガルの穴場レストランでは、英語メニューが置いてなかったりすることも多く、現地語のメニューを解読するのは至難の業。 ガイドブックに載っていた定番メニュー以外に、「本日のおすすめメニュー」があっても、現地語だけでは何が出てくるのかまったく想像がつきません。 慣れない英語でウェイターさんに尋ねても、返ってきた英語が聞き取れなかったりして、結局あきらめてしまうなんてことも。 せっかくのポルトガル旅行、どうせならお店のおすすめ料理にチャレンジしてみたいですよね。 そんな時に役立つのが、翻訳アプリ。 Google翻訳などの翻訳アプリでは、スマホのカメラで撮影した現地語のメニューを、文字認識して翻訳までしてくれます。 もちろん、完璧に翻訳される訳ではありませんが、使われている素材や料理法が分かるので、料理をなんとなく想像するには十分です。 スマホと翻訳アプリを使いこなせば、その日に採れた新鮮な素材をたっぷり使ったスペシャル料理を楽しめちゃうかも、しれませんよ。 その他にも、自動券売機やおみやげのパッケージなど、私も今回の旅行では翻訳アプリのおかげで本当に助かったことが何度もありました。

理由③:その場ですぐに検索できるから予想外のトラブルでも慌てない!

旅に出かければ必ず付いてくる、ハプニングやトラブル。 予定していたディナーのお店が臨時休業で他のお店を探さなくちゃ… 思ってたより地下鉄の終電が早くて、他の交通手段を探さないとホテルに戻れない… 街をぶらぶら歩いていたら、自分がどこにいるか分からなくなった… ポルトガルに着いたら絶対買おうと思っていたアレが、予定してたお店でまさかの品切れ… でも、スマホとレンタルWiFiがあれば大丈夫です。 レストランも帰りのルートもお土産屋さんも、その場ですぐに検索して、ばっちりリカバリーできますよ。

レンタルWiFiがあればこんなことも

LINEもインスタも!感動の絶景や絶品料理をその場でシェア

思いがけず絶景に出会ったり、超美味しいローカル料理を発見した時、いつもならLINEやインスタに速攻でアップしたりする人も、海外旅行中は無理、そう思っていませんか? ふだん絶対出会わないような絶景やグルメ、驚きの光景に出会うことが多いポルトガル旅行だからこそ、その時の感動をリアルタイムにシェアできるといいですよね。 そこで、レンタルWiFiを持っていけば、電波がつながっている限り、いつでもどこでも速攻でLINEにもインスタにも、もちろんフェイスブックやツイッターにもアップできますよ。

待ち時間の調べ物で、旅の満足度がアップ!

ポルトガル旅行中は、意外と待ち時間が多いもの。 地下鉄やバスの待ち時間、レストランの待ち時間、博物館やコンサートの待ち時間、ホテルのチェックインの待ち時間… そんな時、レンタルWiFiがあれば、さっと次の予定の下調べができるので、旅をもっと濃く楽しめます。 例えば、レストランに行く前の待ち時間に、そのレストランのおすすめ料理の他に、通が頼む隠れメニューを調べてみたり、 博物館に行く前に、効率よく回るコツや、開催中の特別展についてちょっと調べてみたり。 ホテルのチェックイン待ちの間に、周辺のカフェを調べてみたり… 空き時間を有効に使えば、ガイドブックだけでは見つけられなかった、濃いポルトガルを楽しむことができますよ。 しかも、レンタルWiFiなら、飛行機が空港に着陸した後、「通信機器利用の許可」のアナウンスが流れたらそこからすぐに使うことができるんです。 大きな空港だと、着陸してから飛行機が空港内を10分以上走行することも珍しくありません。 その時間で、現地の天気や飛行機の中で思い出したことを調べれば、ポルトガル旅行を快調にスタートすることができますね!

とっても簡単!エクスモバイルのレンタルWiFiの使い方

「レンタルWiFiが便利なのは分かるけど、使ったことないから、機械が苦手な自分に使いこなせるか心配で…」 そう思う方も少なくないと思います。 でも大丈夫、スマホでLINEを見たり、写真を撮ったり、検索したりという基本的な使い方ができる人なら、レンタルWiFiを使うのは全く問題ありません。 最初の設定に必要な手順はたったの3ステップで、最初の設定が終わればあとは何もやることはありません。 私が今回利用したエクスモバイルのレンタルWiFiを例に、使い方を紹介しましょう。

1.Wi-Fiルーター(ポケットWiFi)の電源を入れる

まず、レンタルしたWi-Fiルーター(「ポケットWiFi」とも呼ばれます)の電源を入れます。 ほとんどのWi-Fiルーターでは、電源ボタンを数秒間長押しして、画面が明るくなったら指を離せばOKです。 1分ほどで現地の通信回線に接続されるので、それまでしばらく待ちましょう。

2.スマホのWiFi設定から自分のWi-Fiルーターを探す

次に、スマホの設定画面からWiFi画面を開き、自分のWi-Fiルーターを探します。 エクスモバイルのレンタルWiFiの場合、Wi-Fiルーターの名前(SSIDとも言います)は、Wi-Fiルーターにテプラで貼ってあることがほとんどです。 このWi-Fiルーターの名前と同じものを表示されているリストから探してタップします。 3.Wi-Fiルーターのパスワードを入力する 自分のWi-Fiルーターを見つけてタップし、Wi-Fiのパスワードを入力します。 Wi-Fiルーターのパスワードも、エクスモバイルのレンタルWiFiの場合はWi-Fiルーターにテプラで貼ってあるのですぐに分かります。

気になるレンタルWiFiの費用は?

でも、レンタルWiFiって高そうだし、借りるのが面倒じゃないの?と思う方も少なくないようです。 今回私がレンタルしたエクスモバイルは、インターネット広告でよく見かける他のレンタルWiFi会社のほぼ半額の、非常に安価な料金でレンタルできるのが魅力です。 料金が安すぎると、何かトラブルがあるんじゃないかと不安になりがちですが、私も試しに今回2週間ずっと使ってみたところ、トラブルは一度もありませんでした。 気になる料金は、ポルトガル1ヶ国プランなら1日850円から、ポルトガル38ヶ国に対応した周遊プランなら1日950円と超格安。 また、エクスモバイルのレンタルWiFiは、Wi-Fiルーターの紛失や盗難時の弁償金を補償する「あんしん補償」オプションが、レンタル金額の10%(ほとんどの国で100円程度)となっています。 他社の「あんしん補償」オプションは1日あたり500円程度と高額なことが多く、特に長期の旅行ではかなりの負担になってしまいます。 小さくて高価なWi-Fiルーターは、紛失したり、泥棒に狙われることも多いので、あんしん補償はほぼ必須と言ってもいいオプションですが、日数が長くなりがちなポルトガル旅行では特に、補償オプションが安いエクスモバイルはかなり助かりますよ。

エクスモバイルのレンタルWiFiの借り方、返し方

レンタルWiFiの借り方には大きく分けて「空港受け取り」と「郵送で自宅受け取り」の2種類があります。 2つの内、より初心者向けなのが、エクスモバイルなどが採用している「郵送受け取り」です。 自宅受け取りなら、出発の前日までに自宅にWi-Fiルーターが届くので、自宅でゆっくり説明書を読んで予習することができます。 (現地に到着するまでは絶対にWi-Fiルーターの電源を入れないようにしましょう。) 仕事が忙しくて、出発前日も帰宅が夜遅くなるという人でも大丈夫。 エクスモバイルのレンタルWiFiは、ポスト投函なので、自宅にいなくてもWi-Fiルーターを受け取ることができます。 今回、私の自宅に届いたエクスモバイルのルーターキットには、Wi-Fiルーター本体と充電器、充電用USBケーブル、さらには説明書と返送用封筒が入っていました。 レンタルWiFiの返却もかんたんです。 帰国便の飛行機に乗る前にWi-Fiルーターの電源を切り、レンタルWiFiキットに入っていた返送用封筒に、キットの中身を入れて、封をして、ポストに投函するだけ。 帰国便に乗る前に返送用封筒に入れておいて、日本に帰ってきたら空港のポストに投函してしまうのがオススメです。

エクスモバイルのレンタルWiFiはヨーロッパ52ヶ国対応

レンタルWiFi業界最安値のエクスモバイルは、ヨーロッパ52の国と地域に対応。 さらに、複数の国を周遊するなら、もっとお得な周遊プランもあります。 エクスモバイルのレンタルWiFiを持って、ポルトガル旅行をもっと楽しみませんか?
今回の、ポルトガルへの渡航では、エクスモバイルさんの海外向けWiFiレンタルをご提供頂きました。
エクスモバイルの詳細はこちらから 待ちに待ったポルトガル旅行、でもあれこれと不安なことも山積み。 不安なことと言えば、現地でスマホを使う方法や、旅先のWiFi事情は特に気になりますよね。 今回、エクスモバイルさんから海外レンタルWiFiをお借りして、2週間のポルトガル旅行を満喫してきました。 その体験から、ポルトガル旅行にレンタルWiFiを使うと便利な理由を探っていきたいと思います。

ポルトガル旅行にスマホは必要?

今では、スマホは海外旅行になくてはならないアイテムの一つです。 ガイドブックにも、カメラにもなり、さらにはグループとの連絡にも使える、こんなに便利な道具はありませんよね。 「海外旅行の時ぐらいスマホから自由になりたい」ですって? では、試しに日本にいる間に1日だけ、スマホを持たずに生活してみることを想像してみてください。 「そんなの無理」と思ったら、旅先でもスマホがないと困ってしまう可能性が大ですよ。 慣れているはずの日本で、私たちはこれだけスマホに依存しているのですから、スマホを持たずに初めての土地に行くのは、けっこう無謀かもしれません。

ポルトガル旅行の無料Wi-Fi事情

でも、スマホを海外に持って行っても、基本的にはWi-Fiの繋がっているところでしか使えないのが、地味に厳しいところ。 「海外ローミング(海外パケット定額)」を使えば海外でもスマホ使い放題にできるのですが、こちらは1日あたり2980円、1週間なら約2.1万円というセレブ価格。 幸い、ポルトガル各国では、空港や飲食店などを中心に、無料のWi-Fiスポットがかなり普及していますが、ふだんからスマホを使い慣れている私たちにとって、Wi-Fiスポットだけに頼った旅行は、意外と不便なんです。

ポルトガルの空港無料Wi-Fi

例えば、ポルトガルの空港の無料Wi-Fiスポットで多いのが、SMS(ショートメッセージ)認証のもの。 SMS認証とは、①Wi-Fiスポットにアクセスして、②自分の電話番号を入力すると、③スマホにパスワードが記載されたSMS(ショートメール)が届いて、④そのパスワードを入力するとWi-Fiが使えるようになるというものです。 でも、このSMS(ショートメール)がなぜか届かなくて、Wi-Fiが使えないということが良くあるんです。 私自身も、空港での長い待ち時間に、このSMS認証と格闘していて、けっきょく搭乗時刻になってしまった、なんて経験がよくあります。

カフェの無料Wi-Fiスポット

街中のレストランやカフェなどで提供されている無料Wi-Fiスポットは、とても便利ですが、大勢で無料サービスを共有する仕組みなので、どうしても速度が遅くなってしまうのが弱点。 写真を送ったり、地図を表示させようとしたりすると、かなり待たされたり、場合によっては接続が切れてしまうことも。 そして、旅行中にスマホが本当に必要な時って、困っている時や緊急時がほとんどなんですよね。 例えば、道に迷ってしまった、狙っていたディナーのお店が臨時休業だった、うっかり地下鉄の終電を逃してしまった、レストランや自動券売機の外国語が読めない… そんな時、どこにあるのか分からない無料Wi-Fiスポットを探して街をさまようのは、あまり考えたくないですね。 そこで、ポルトガル旅行のスマホの不安を解消し、旅行を120%楽しめる超便利アイテムが、「レンタルWiFi」。 今回は、私の今回のポルトガル旅行から、レンタルWiFiがポルトガル旅行に必要な理由を、少し見ていきたいと思います。

ポルトガル旅行にレンタルWiFiが必要な理由

理由①:地図アプリが街歩きに大活躍

ポルトガル旅行の醍醐味と言えば、石畳など情緒あふれる町並みを散策すること。 個人旅行はもちろん、パッケージツアーでも自由時間などに街歩きをすることってありますよね。 事前にガイドブックで下調べをしっかりして、計画通りのルートをたどるのも楽しいですが、せっかくなら偶然の出会いも楽しみたいもの。 旅の途中で行きたい場所を思いついたり、地元の人に教えてもらった場所に行ってみたくなったりすることって結構あるものです。 私も、旅の途中で地元の人に教えてもらって、こんな絶景が見えるポイントに行くことができました。 そうした旅の途中の思いがけない出会い、ぜひ逃したくないですよね。 そんな時、スマホと地図アプリがあれば、突然の予定変更も大丈夫。 スマホをエクスモバイルのレンタルWiFiに接続して、Google Mapなどの地図アプリを開き、現在地を確認します。 そして、街の人から聞いた場所を検索。 住所が分からなくても、お店や場所の名前でも全然大丈夫です。 行きたい場所を検索できたら、ナビを開始するだけ。 徒歩ルートや公共交通機関ルートを選んで、知らない場所でも簡単にたどりつくことができます。 予想所要時間も表示されるので、安心して予定を立て直せますよ。

理由②:翻訳アプリで読めないメニューもらくらく攻略

ポルトガル旅行で難易度が高いイベントと言えば、レストランのメニューの解読です。 ポルトガルの穴場レストランでは、英語メニューが置いてなかったりすることも多く、現地語のメニューを解読するのは至難の業。 ガイドブックに載っていた定番メニュー以外に、「本日のおすすめメニュー」があっても、現地語だけでは何が出てくるのかまったく想像がつきません。 慣れない英語でウェイターさんに尋ねても、返ってきた英語が聞き取れなかったりして、結局あきらめてしまうなんてことも。 せっかくのポルトガル旅行、どうせならお店のおすすめ料理にチャレンジしてみたいですよね。 そんな時に役立つのが、翻訳アプリ。 Google翻訳などの翻訳アプリでは、スマホのカメラで撮影した現地語のメニューを、文字認識して翻訳までしてくれます。 もちろん、完璧に翻訳される訳ではありませんが、使われている素材や料理法が分かるので、料理をなんとなく想像するには十分です。 スマホと翻訳アプリを使いこなせば、その日に採れた新鮮な素材をたっぷり使ったスペシャル料理を楽しめちゃうかも、しれませんよ。 その他にも、自動券売機やおみやげのパッケージなど、私も今回の旅行では翻訳アプリのおかげで本当に助かったことが何度もありました。

理由③:その場ですぐに検索できるから予想外のトラブルでも慌てない!

旅に出かければ必ず付いてくる、ハプニングやトラブル。 予定していたディナーのお店が臨時休業で他のお店を探さなくちゃ… 思ってたより地下鉄の終電が早くて、他の交通手段を探さないとホテルに戻れない… 街をぶらぶら歩いていたら、自分がどこにいるか分からなくなった… ポルトガルに着いたら絶対買おうと思っていたアレが、予定してたお店でまさかの品切れ… でも、スマホとレンタルWiFiがあれば大丈夫です。 レストランも帰りのルートもお土産屋さんも、その場ですぐに検索して、ばっちりリカバリーできますよ。

レンタルWiFiがあればこんなことも

LINEもインスタも!感動の絶景や絶品料理をその場でシェア

思いがけず絶景に出会ったり、超美味しいローカル料理を発見した時、いつもならLINEやインスタに速攻でアップしたりする人も、海外旅行中は無理、そう思っていませんか? ふだん絶対出会わないような絶景やグルメ、驚きの光景に出会うことが多いポルトガル旅行だからこそ、その時の感動をリアルタイムにシェアできるといいですよね。 そこで、レンタルWiFiを持っていけば、電波がつながっている限り、いつでもどこでも速攻でLINEにもインスタにも、もちろんフェイスブックやツイッターにもアップできますよ。

待ち時間の調べ物で、旅の満足度がアップ!

ポルトガル旅行中は、意外と待ち時間が多いもの。 地下鉄やバスの待ち時間、レストランの待ち時間、博物館やコンサートの待ち時間、ホテルのチェックインの待ち時間… そんな時、レンタルWiFiがあれば、さっと次の予定の下調べができるので、旅をもっと濃く楽しめます。 例えば、レストランに行く前の待ち時間に、そのレストランのおすすめ料理の他に、通が頼む隠れメニューを調べてみたり、 博物館に行く前に、効率よく回るコツや、開催中の特別展についてちょっと調べてみたり。 ホテルのチェックイン待ちの間に、周辺のカフェを調べてみたり… 空き時間を有効に使えば、ガイドブックだけでは見つけられなかった、濃いポルトガルを楽しむことができますよ。 しかも、レンタルWiFiなら、飛行機が空港に着陸した後、「通信機器利用の許可」のアナウンスが流れたらそこからすぐに使うことができるんです。 大きな空港だと、着陸してから飛行機が空港内を10分以上走行することも珍しくありません。 その時間で、現地の天気や飛行機の中で思い出したことを調べれば、ポルトガル旅行を快調にスタートすることができますね!

とっても簡単!エクスモバイルのレンタルWiFiの使い方

「レンタルWiFiが便利なのは分かるけど、使ったことないから、機械が苦手な自分に使いこなせるか心配で…」 そう思う方も少なくないと思います。 でも大丈夫、スマホでLINEを見たり、写真を撮ったり、検索したりという基本的な使い方ができる人なら、レンタルWiFiを使うのは全く問題ありません。 最初の設定に必要な手順はたったの3ステップで、最初の設定が終わればあとは何もやることはありません。 私が今回利用したエクスモバイルのレンタルWiFiを例に、使い方を紹介しましょう。

1.Wi-Fiルーター(ポケットWiFi)の電源を入れる

まず、レンタルしたWi-Fiルーター(「ポケットWiFi」とも呼ばれます)の電源を入れます。 ほとんどのWi-Fiルーターでは、電源ボタンを数秒間長押しして、画面が明るくなったら指を離せばOKです。 1分ほどで現地の通信回線に接続されるので、それまでしばらく待ちましょう。

2.スマホのWiFi設定から自分のWi-Fiルーターを探す

次に、スマホの設定画面からWiFi画面を開き、自分のWi-Fiルーターを探します。 エクスモバイルのレンタルWiFiの場合、Wi-Fiルーターの名前(SSIDとも言います)は、Wi-Fiルーターにテプラで貼ってあることがほとんどです。 このWi-Fiルーターの名前と同じものを表示されているリストから探してタップします。 3.Wi-Fiルーターのパスワードを入力する 自分のWi-Fiルーターを見つけてタップし、Wi-Fiのパスワードを入力します。 Wi-Fiルーターのパスワードも、エクスモバイルのレンタルWiFiの場合はWi-Fiルーターにテプラで貼ってあるのですぐに分かります。

気になるレンタルWiFiの費用は?

でも、レンタルWiFiって高そうだし、借りるのが面倒じゃないの?と思う方も少なくないようです。 今回私がレンタルしたエクスモバイルは、インターネット広告でよく見かける他のレンタルWiFi会社のほぼ半額の、非常に安価な料金でレンタルできるのが魅力です。 料金が安すぎると、何かトラブルがあるんじゃないかと不安になりがちですが、私も試しに今回2週間ずっと使ってみたところ、トラブルは一度もありませんでした。 気になる料金は、ポルトガル1ヶ国プランなら1日850円から、ポルトガル38ヶ国に対応した周遊プランなら1日950円と超格安。 また、エクスモバイルのレンタルWiFiは、Wi-Fiルーターの紛失や盗難時の弁償金を補償する「あんしん補償」オプションが、レンタル金額の10%(ほとんどの国で100円程度)となっています。 他社の「あんしん補償」オプションは1日あたり500円程度と高額なことが多く、特に長期の旅行ではかなりの負担になってしまいます。 小さくて高価なWi-Fiルーターは、紛失したり、泥棒に狙われることも多いので、あんしん補償はほぼ必須と言ってもいいオプションですが、日数が長くなりがちなポルトガル旅行では特に、補償オプションが安いエクスモバイルはかなり助かりますよ。

エクスモバイルのレンタルWiFiの借り方、返し方

レンタルWiFiの借り方には大きく分けて「空港受け取り」と「郵送で自宅受け取り」の2種類があります。 2つの内、より初心者向けなのが、エクスモバイルなどが採用している「郵送受け取り」です。 自宅受け取りなら、出発の前日までに自宅にWi-Fiルーターが届くので、自宅でゆっくり説明書を読んで予習することができます。 (現地に到着するまでは絶対にWi-Fiルーターの電源を入れないようにしましょう。) 仕事が忙しくて、出発前日も帰宅が夜遅くなるという人でも大丈夫。 エクスモバイルのレンタルWiFiは、ポスト投函なので、自宅にいなくてもWi-Fiルーターを受け取ることができます。 今回、私の自宅に届いたエクスモバイルのルーターキットには、Wi-Fiルーター本体と充電器、充電用USBケーブル、さらには説明書と返送用封筒が入っていました。 レンタルWiFiの返却もかんたんです。 帰国便の飛行機に乗る前にWi-Fiルーターの電源を切り、レンタルWiFiキットに入っていた返送用封筒に、キットの中身を入れて、封をして、ポストに投函するだけ。 帰国便に乗る前に返送用封筒に入れておいて、日本に帰ってきたら空港のポストに投函してしまうのがオススメです。

エクスモバイルのレンタルWiFiはヨーロッパ52ヶ国対応

レンタルWiFi業界最安値のエクスモバイルは、ヨーロッパ52の国と地域に対応。 さらに、複数の国を周遊するなら、もっとお得な周遊プランもあります。 エクスモバイルのレンタルWiFiを持って、ポルトガル旅行をもっと楽しみませんか?
今回の、ポルトガルへの渡航では、エクスモバイルさんの海外向けWiFiレンタルをご提供頂きました。
エクスモバイルの詳細はこちらから 待ちに待ったポルトガル旅行、でもあれこれと不安なことも山積み。 不安なことと言えば、現地でスマホを使う方法や、旅先のWiFi事情は特に気になりますよね。 今回、エクスモバイルさんから海外レンタルWiFiをお借りして、2週間のポルトガル旅行を満喫してきました。 その体験から、ポルトガル旅行にレンタルWiFiを使うと便利な理由を探っていきたいと思います。

ポルトガル旅行にスマホは必要?

今では、スマホは海外旅行になくてはならないアイテムの一つです。 ガイドブックにも、カメラにもなり、さらにはグループとの連絡にも使える、こんなに便利な道具はありませんよね。 「海外旅行の時ぐらいスマホから自由になりたい」ですって? では、試しに日本にいる間に1日だけ、スマホを持たずに生活してみることを想像してみてください。 「そんなの無理」と思ったら、旅先でもスマホがないと困ってしまう可能性が大ですよ。 慣れているはずの日本で、私たちはこれだけスマホに依存しているのですから、スマホを持たずに初めての土地に行くのは、けっこう無謀かもしれません。

ポルトガル旅行の無料Wi-Fi事情

でも、スマホを海外に持って行っても、基本的にはWi-Fiの繋がっているところでしか使えないのが、地味に厳しいところ。 「海外ローミング(海外パケット定額)」を使えば海外でもスマホ使い放題にできるのですが、こちらは1日あたり2980円、1週間なら約2.1万円というセレブ価格。 幸い、ポルトガル各国では、空港や飲食店などを中心に、無料のWi-Fiスポットがかなり普及していますが、ふだんからスマホを使い慣れている私たちにとって、Wi-Fiスポットだけに頼った旅行は、意外と不便なんです。

ポルトガルの空港無料Wi-Fi

例えば、ポルトガルの空港の無料Wi-Fiスポットで多いのが、SMS(ショートメッセージ)認証のもの。 SMS認証とは、①Wi-Fiスポットにアクセスして、②自分の電話番号を入力すると、③スマホにパスワードが記載されたSMS(ショートメール)が届いて、④そのパスワードを入力するとWi-Fiが使えるようになるというものです。 でも、このSMS(ショートメール)がなぜか届かなくて、Wi-Fiが使えないということが良くあるんです。 私自身も、空港での長い待ち時間に、このSMS認証と格闘していて、けっきょく搭乗時刻になってしまった、なんて経験がよくあります。

カフェの無料Wi-Fiスポット

街中のレストランやカフェなどで提供されている無料Wi-Fiスポットは、とても便利ですが、大勢で無料サービスを共有する仕組みなので、どうしても速度が遅くなってしまうのが弱点。 写真を送ったり、地図を表示させようとしたりすると、かなり待たされたり、場合によっては接続が切れてしまうことも。 そして、旅行中にスマホが本当に必要な時って、困っている時や緊急時がほとんどなんですよね。 例えば、道に迷ってしまった、狙っていたディナーのお店が臨時休業だった、うっかり地下鉄の終電を逃してしまった、レストランや自動券売機の外国語が読めない… そんな時、どこにあるのか分からない無料Wi-Fiスポットを探して街をさまようのは、あまり考えたくないですね。 そこで、ポルトガル旅行のスマホの不安を解消し、旅行を120%楽しめる超便利アイテムが、「レンタルWiFi」。 今回は、私の今回のポルトガル旅行から、レンタルWiFiがポルトガル旅行に必要な理由を、少し見ていきたいと思います。

ポルトガル旅行にレンタルWiFiが必要な理由

理由①:地図アプリが街歩きに大活躍

ポルトガル旅行の醍醐味と言えば、石畳など情緒あふれる町並みを散策すること。 個人旅行はもちろん、パッケージツアーでも自由時間などに街歩きをすることってありますよね。 事前にガイドブックで下調べをしっかりして、計画通りのルートをたどるのも楽しいですが、せっかくなら偶然の出会いも楽しみたいもの。 旅の途中で行きたい場所を思いついたり、地元の人に教えてもらった場所に行ってみたくなったりすることって結構あるものです。 私も、旅の途中で地元の人に教えてもらって、こんな絶景が見えるポイントに行くことができました。 そうした旅の途中の思いがけない出会い、ぜひ逃したくないですよね。 そんな時、スマホと地図アプリがあれば、突然の予定変更も大丈夫。 スマホをエクスモバイルのレンタルWiFiに接続して、Google Mapなどの地図アプリを開き、現在地を確認します。 そして、街の人から聞いた場所を検索。 住所が分からなくても、お店や場所の名前でも全然大丈夫です。 行きたい場所を検索できたら、ナビを開始するだけ。 徒歩ルートや公共交通機関ルートを選んで、知らない場所でも簡単にたどりつくことができます。 予想所要時間も表示されるので、安心して予定を立て直せますよ。

理由②:翻訳アプリで読めないメニューもらくらく攻略

ポルトガル旅行で難易度が高いイベントと言えば、レストランのメニューの解読です。 ポルトガルの穴場レストランでは、英語メニューが置いてなかったりすることも多く、現地語のメニューを解読するのは至難の業。 ガイドブックに載っていた定番メニュー以外に、「本日のおすすめメニュー」があっても、現地語だけでは何が出てくるのかまったく想像がつきません。 慣れない英語でウェイターさんに尋ねても、返ってきた英語が聞き取れなかったりして、結局あきらめてしまうなんてことも。 せっかくのポルトガル旅行、どうせならお店のおすすめ料理にチャレンジしてみたいですよね。 そんな時に役立つのが、翻訳アプリ。 Google翻訳などの翻訳アプリでは、スマホのカメラで撮影した現地語のメニューを、文字認識して翻訳までしてくれます。 もちろん、完璧に翻訳される訳ではありませんが、使われている素材や料理法が分かるので、料理をなんとなく想像するには十分です。 スマホと翻訳アプリを使いこなせば、その日に採れた新鮮な素材をたっぷり使ったスペシャル料理を楽しめちゃうかも、しれませんよ。 その他にも、自動券売機やおみやげのパッケージなど、私も今回の旅行では翻訳アプリのおかげで本当に助かったことが何度もありました。

理由③:その場ですぐに検索できるから予想外のトラブルでも慌てない!

旅に出かければ必ず付いてくる、ハプニングやトラブル。 予定していたディナーのお店が臨時休業で他のお店を探さなくちゃ… 思ってたより地下鉄の終電が早くて、他の交通手段を探さないとホテルに戻れない… 街をぶらぶら歩いていたら、自分がどこにいるか分からなくなった… ポルトガルに着いたら絶対買おうと思っていたアレが、予定してたお店でまさかの品切れ… でも、スマホとレンタルWiFiがあれば大丈夫です。 レストランも帰りのルートもお土産屋さんも、その場ですぐに検索して、ばっちりリカバリーできますよ。

レンタルWiFiがあればこんなことも

LINEもインスタも!感動の絶景や絶品料理をその場でシェア

思いがけず絶景に出会ったり、超美味しいローカル料理を発見した時、いつもならLINEやインスタに速攻でアップしたりする人も、海外旅行中は無理、そう思っていませんか? ふだん絶対出会わないような絶景やグルメ、驚きの光景に出会うことが多いポルトガル旅行だからこそ、その時の感動をリアルタイムにシェアできるといいですよね。 そこで、レンタルWiFiを持っていけば、電波がつながっている限り、いつでもどこでも速攻でLINEにもインスタにも、もちろんフェイスブックやツイッターにもアップできますよ。

待ち時間の調べ物で、旅の満足度がアップ!

ポルトガル旅行中は、意外と待ち時間が多いもの。 地下鉄やバスの待ち時間、レストランの待ち時間、博物館やコンサートの待ち時間、ホテルのチェックインの待ち時間… そんな時、レンタルWiFiがあれば、さっと次の予定の下調べができるので、旅をもっと濃く楽しめます。 例えば、レストランに行く前の待ち時間に、そのレストランのおすすめ料理の他に、通が頼む隠れメニューを調べてみたり、 博物館に行く前に、効率よく回るコツや、開催中の特別展についてちょっと調べてみたり。 ホテルのチェックイン待ちの間に、周辺のカフェを調べてみたり… 空き時間を有効に使えば、ガイドブックだけでは見つけられなかった、濃いポルトガルを楽しむことができますよ。 しかも、レンタルWiFiなら、飛行機が空港に着陸した後、「通信機器利用の許可」のアナウンスが流れたらそこからすぐに使うことができるんです。 大きな空港だと、着陸してから飛行機が空港内を10分以上走行することも珍しくありません。 その時間で、現地の天気や飛行機の中で思い出したことを調べれば、ポルトガル旅行を快調にスタートすることができますね!

とっても簡単!エクスモバイルのレンタルWiFiの使い方

「レンタルWiFiが便利なのは分かるけど、使ったことないから、機械が苦手な自分に使いこなせるか心配で…」 そう思う方も少なくないと思います。 でも大丈夫、スマホでLINEを見たり、写真を撮ったり、検索したりという基本的な使い方ができる人なら、レンタルWiFiを使うのは全く問題ありません。 最初の設定に必要な手順はたったの3ステップで、最初の設定が終わればあとは何もやることはありません。 私が今回利用したエクスモバイルのレンタルWiFiを例に、使い方を紹介しましょう。

1.Wi-Fiルーター(ポケットWiFi)の電源を入れる

まず、レンタルしたWi-Fiルーター(「ポケットWiFi」とも呼ばれます)の電源を入れます。 ほとんどのWi-Fiルーターでは、電源ボタンを数秒間長押しして、画面が明るくなったら指を離せばOKです。 1分ほどで現地の通信回線に接続されるので、それまでしばらく待ちましょう。

2.スマホのWiFi設定から自分のWi-Fiルーターを探す

次に、スマホの設定画面からWiFi画面を開き、自分のWi-Fiルーターを探します。 エクスモバイルのレンタルWiFiの場合、Wi-Fiルーターの名前(SSIDとも言います)は、Wi-Fiルーターにテプラで貼ってあることがほとんどです。 このWi-Fiルーターの名前と同じものを表示されているリストから探してタップします。 3.Wi-Fiルーターのパスワードを入力する 自分のWi-Fiルーターを見つけてタップし、Wi-Fiのパスワードを入力します。 Wi-Fiルーターのパスワードも、エクスモバイルのレンタルWiFiの場合はWi-Fiルーターにテプラで貼ってあるのですぐに分かります。

気になるレンタルWiFiの費用は?

でも、レンタルWiFiって高そうだし、借りるのが面倒じゃないの?と思う方も少なくないようです。 今回私がレンタルしたエクスモバイルは、インターネット広告でよく見かける他のレンタルWiFi会社のほぼ半額の、非常に安価な料金でレンタルできるのが魅力です。 料金が安すぎると、何かトラブルがあるんじゃないかと不安になりがちですが、私も試しに今回2週間ずっと使ってみたところ、トラブルは一度もありませんでした。 気になる料金は、ポルトガル1ヶ国プランなら1日850円から、ポルトガル38ヶ国に対応した周遊プランなら1日950円と超格安。 また、エクスモバイルのレンタルWiFiは、Wi-Fiルーターの紛失や盗難時の弁償金を補償する「あんしん補償」オプションが、レンタル金額の10%(ほとんどの国で100円程度)となっています。 他社の「あんしん補償」オプションは1日あたり500円程度と高額なことが多く、特に長期の旅行ではかなりの負担になってしまいます。 小さくて高価なWi-Fiルーターは、紛失したり、泥棒に狙われることも多いので、あんしん補償はほぼ必須と言ってもいいオプションですが、日数が長くなりがちなポルトガル旅行では特に、補償オプションが安いエクスモバイルはかなり助かりますよ。

エクスモバイルのレンタルWiFiの借り方、返し方

レンタルWiFiの借り方には大きく分けて「空港受け取り」と「郵送で自宅受け取り」の2種類があります。 2つの内、より初心者向けなのが、エクスモバイルなどが採用している「郵送受け取り」です。 自宅受け取りなら、出発の前日までに自宅にWi-Fiルーターが届くので、自宅でゆっくり説明書を読んで予習することができます。 (現地に到着するまでは絶対にWi-Fiルーターの電源を入れないようにしましょう。) 仕事が忙しくて、出発前日も帰宅が夜遅くなるという人でも大丈夫。 エクスモバイルのレンタルWiFiは、ポスト投函なので、自宅にいなくてもWi-Fiルーターを受け取ることができます。 今回、私の自宅に届いたエクスモバイルのルーターキットには、Wi-Fiルーター本体と充電器、充電用USBケーブル、さらには説明書と返送用封筒が入っていました。 レンタルWiFiの返却もかんたんです。 帰国便の飛行機に乗る前にWi-Fiルーターの電源を切り、レンタルWiFiキットに入っていた返送用封筒に、キットの中身を入れて、封をして、ポストに投函するだけ。 帰国便に乗る前に返送用封筒に入れておいて、日本に帰ってきたら空港のポストに投函してしまうのがオススメです。

エクスモバイルのレンタルWiFiはヨーロッパ52ヶ国対応

レンタルWiFi業界最安値のエクスモバイルは、ヨーロッパ52の国と地域に対応。 さらに、複数の国を周遊するなら、もっとお得な周遊プランもあります。 エクスモバイルのレンタルWiFiを持って、ポルトガル旅行をもっと楽しみませんか?
今回の、ポルトガルへの渡航では、エクスモバイルさんの海外向けWiFiレンタルをご提供頂きました。
エクスモバイルの詳細はこちらから

-ヨーロッパ, 海外レンタルWiFi

Copyright© 海外旅行応援サイトWorldTraveler , 2017 AllRights Reserved.