【中級者向け】グローバルWiFiの中国VPNプランはガンガン使えて出張向き

グローバルWiFiセントレア店

前回の上海出張では、中国の悩ましいネット制限「金盾」を回避する方法をあれこれと試してきました。

その内の一つ、グローバルWiFiの中国VPNプランは、設定が必要なので初心者向きではないものの、上手に使えばビジネスでもガンガン使えるかなり優秀な中国向け「壁越え」レンタルWiFiでした。

グローバルWiFi中国VPNプランについて、良いところも悪いところも全部お伝えします。

中国のGFWを回避したい!

中国出張者の悩みのタネと言えばやっぱり「GFW」です。

仕事がなかなか捗らないと、うまくいかないのは全部GFWのせいだ!と八つ当たりもしたくなってきます(–;

とりあえずDocomo, au, ソフトバンクの海外パケット定額サービスでテザリングすればGFWは回避できますが、その代わりに1日2,980円の超高額料金が(^^;

3日間で約9,000円はちょっと…という方にお勧めなのが、中国向け「壁越え(翻墙)」レンタルWiFiです。

「壁越え」レンタルWiFiは2種類

以前の記事でもお伝えしましたが、「壁越えレンタルWiFi」はエクスモバイルとグローバルWiFiの2社が提供していて、それぞれに壁越えの方式が異なっています。

そのうち、より初心者向けなのはエクスモバイルの中国データプランで、スマホやPCの設定を全く変更せず、モバイルルーターのWiFiに接続するだけで簡単に壁越えができます。

中国向けのレンタルWiFiには中国のネット規制を回避できる「壁越えプラン」というものがあります。 先日の上海出張で、その壁越えレンタル...

ただ、上のレビューにも書いた通り、速度が若干遅めなこと、また使えるデータ量があまり多くないことが弱点の一つです。

中級者向けのグローバルWiFi中国VPNプラン

そんな初心者向けのエクスモバイルに対して、海外専用グローバルWiFiの中国VPNプランは、使うスマホやPCに設定が必要なため難易度が若干上がります。

ただし、その代わりに速度も容量も十分ビジネス利用に堪えるレベルの壁越えレンタルWiFiになっていました。

グローバルWiFi中国VPNプラン

さらに、使い方を工夫すれば通常プランでも添付ファイルなどの大容量ファイルをガンガン送受信できるので、特に出張族向きのプランと言えそうです。

そんなグローバルWiFiの中国VPNプランを、2泊3日の上海出張で使い倒してきました。

はじめに:中国VPNプランは複数人では使えません

まず初めに、グローバルWiFiの中国VPNプランの一番大きな弱点を書いておきます。

これは私自身、レンタル品を受け取った直後に「あ、これはやられた」と思ったポイントです。

実は、グローバルWiFiの中国VPNプランは、複数人で使えないのです。

グローバルWiFiのサイトを改めて確認したところ「VPN付プランはお申込み1件に対して、1人でのご利用とさせて頂いております。VPNを複数人でご利用されたい場合はコールセンターまでお問い合わせください。」とありました。

レンタルWiFiと言えばたいてい、複数人グループで共有することができます。

規約上「複数人でのご利用はご遠慮ください」と書いてあったとしても、実際には複数人でルーターをシェアして使えてしまうのが現実です。

ただ、このグローバルWiFi中国VPNプランは、「通常のレンタルWiFi+VPNのパスワード」というセットになっており、このVPNのパスワードは同時に1台しか接続できません

グローバルWiFi中国VPNプラン

WiFiルーターそのものは複数人で使えるのですが、VPNが複数人でシェアできないので実質的には1人専用レンタルWiFiということになります。

という訳で、このグローバルWiFi中国VPNプランに限っては、複数人で出かける場合は必ず1人1台ずつのレンタルが必要なことに注意してください。

また、パスワード1つで1台しか接続できないので、スマホとPCから同時にVPNを使うことができません

PCの横にスマホを置いて、という作業スタイルの人(私のことです)は、例えばPCでVPNを使っている間はスマホのVPNをログアウトして、というのが若干面倒に感じるかもしれません。

費用:中国VPNプランは海外パケット定額の約半額!

海外専用グローバルWiFiの中国VPNプランは、通常プラン(1日250MB)が1日あたり1,270円、大容量プラン(1日500MB)が1日あたり1,470円の良心価格になっています。

2016-08-02 (3)

海外パケット定額と比べれば半額以下で借りられるので、滞在日数が長くなるほど節約効果は高いですね。

操作:中国VPNプランはスマホやPCにVPNの設定が必要

タイトルにも「中級者向き」と書きましたが、このグローバルWiFiの中国VPNプランはスマホやPCにVPNの設定が必要です。

設定の手順は、非常に分かりやすいマニュアルにまとめられていて、レンタルWiFi機器の入っているポーチに同梱されているので、それを見ながら設定すれば大丈夫ですが、スマホやPCが大の苦手という方には若干ハードルが高いかもしれません。

dav

自分にも設定できるかどうか自信の無い方は、別会社のサービスですがこの記事を読んでみて、VPNの設定が難しそうかどうか判断できると思います。

速度:モバイル回線での接続はまあまあ快適

海外専用グローバルWiFiの中国VPNプランを、上海市内の複数箇所でVPNを経由して速度測定したところ、どの時間帯も数Mbpsの速度で繋がりました。

gwifivpn01

調べてみると、この中国VPNプランは(少なくとも上海では)チャイナ・テレコム(中国電信)の回線に接続されているようです。

2016-10-17-03-46-47

私の思い込みかもしれませんが、チャイナ・テレコムの4G回線はあまりエリアが広くないという印象があるんですよね。

その辺りに若干不安を覚えましたが、上海市内(盧湾区~浦東新区)の何ヶ所かで使った限りでは、それなりに快適に使えたというのが実感です。

gwifivpn02

さすがに数10Mバイトのファイルを送受信するとちょっと時間がかかりましたが、その場合は後述する方法を使えば快適になります。

安定性:グローバルWiFiのVPNはかなり安定していた

中国のGFWを回避できるVPNにはかなりたくさんの種類があるのですが、そのどれもが当局の規制とのいたちごっこを繰り返しています。

また、当局の規制がかからなくても、場所や時間帯によって繋がりにくくなったりすることがよくあります。

そんな訳で、個人的には時間勝負な短期出張で「繋げたい時に繋がらないことがある」VPNにはあまり良い印象はないのですが、今回の中国VPNプランはなぜか3日間ずっと安定して接続できました。

グローバルWiFiにどのVPNを使っているのか問い合わせたところ、「中国国内の正式なサービスとして提供」されているVPNを使っているとのこと。

他のVPNと違ってかなり安定しているのはその辺りが関係しているのでしょうか…

詳しい理由は調べ切れていませんが、少なくとも今回3日間の出張中、ずっと安定して使えていたというのが実感です。

応用編:レンタルWiFiを「レンタルVPN」として使う

ということで、勘の鋭い方ならもうお気づきだと思いますが、この海外専用グローバルWiFiの中国VPNプランは、「レンタルVPN」としても使うことができるんです。

つまり、スマホやPCにレンタルしたVPNのパスワードを設定しておけば、「会社やホテルのWiFi+VPN」という組み合わせで使うこともできる、ということです。

1-dsc03798

これはグローバルWiFiのマニュアルにも書いてあった方法で、私が発見した裏ワザではありません(^^;

この方法を使えば、現地事務所やホテルの高速(とも限りませんが…)ネット回線を使いながら、GMailで大きな添付ファイルをサクサク送ることもできます。

また、現地事務所やホテルに滞在中はそこのWiFiを使えるので、ルーターの容量を節約することもできる、という訳です。

実際に私も今回、PCにこのレンタルしたVPNを設定して、ホテルに滞在中はホテルのWiFiで作業をしていましたが、非常に快適に使うことができました。

まとめ:VPNの設定さえできればかなり使える「壁越え」VPN

今回短い期間でしたが、この中国VPNプランを使ってみたところ、外ではモバイルルーター+VPN、仕事先では現地WiFi+VPNと使い分けることで、かなり効率よく仕事ができると感じました。

一方で、スマホとPCから同時接続ができないのはかなり残念なところです。

ただ、それ以外は本当に文句なしで使い勝手が良かったので、海外パケット定額は高すぎる、VPNや香港SIMも試してみたいけどちょっとハードルが高い、という方はぜひ、一度試してみることをお勧めします。

ということで、グローバルWiFiの中国VPNプランは中級者向きだけどガンガン使えるというご紹介でした。

デルタアメックスゴールド中国東方航空・南方航空の利用が多い私が手放せないのが、デルタ・アメックス・ゴールドカードです。
年会費はちょっと高いですが、充実した特典で中国出張のストレスが軽減するのを実感しています。
 優先チェックイン
 ラウンジ利用
 優先搭乗
 足元の広い席を優先割り当て
>>デルタアメックスゴールドを1年間使い倒してみた