2017年版 レンタルWiFiの香港・マカオ周遊プランはどこがオトク?

香港・マカオは、中国の一部ですが、ほぼ別の国として扱われているので、レンタルWiFiの確保もちょっと面倒です。

そんな香港・マカオ旅行の不便を解決する「香港・マカオ周遊プラン」のWiFiレンタルについてまとめてみました。

香港・マカオの海外パケット定額は料金が高い!?

香港・マカオでスマホ使うなら「海外パケホーダイ」が便利って聞いたんだけど、料金がかなり高いみたいで…

そう、香港・マカオでは、ドコモの「海外パケ・ホーダイ」、auの「海外ダブル定額」、ソフトバンクの「海外パケットし放題」などのプランが提供されていますよね。

でもこの「海外パケット定額」プラン、料金が1日あたり2,980円と、とても高いんです。

これでは4日間の旅行でも、パケット代だけで1.2万円近くの出費になってしまいます。

海外パケット定額対応の国でも、スマホの機種によっては定額料金にならない場合があります。
事例 「海外パケット定額」適用されずパケット代76万円

レンタルWiFiを使って上手に節約すれば、その分香港・マカオで美味しいものを食べられますね。



香港・マカオのフリーWi-Fiって使えるの?

でも最近は、香港・マカオでも空港やカフェに無料のWi-Fiスポットがあるって聞いたから、それを使えばレンタルWiFiなしでもいけるかな…?

そうですね、最近では香港国際空港や、香港・マカオ周辺のホテル、カフェ、ファストフード店、ショッピングモールなどでフリーWi-Fiスポット(無料のワイファイを使ってインターネットにつなげる場所)があることは珍しくなくなりました。

参考:香港・マカオのWi-Fiスポット
香港空港無料
マカオWiFi GO無料
シティオブドリームズ館内(カジノエリア除く)
香港MTR駅無料
香港市内無料

でも、海外のフリーWi-Fiって、その土地に慣れていない旅行者にはあまり使い勝手が良くないんですよね。

香港・マカオの無料WiFiの感想

香港国際空港の無料Wifiは動画も比較的スムーズに閲覧することができます。とは言え、空港内を移動するとすぐに接続が切れてしまう。香港国際空港free wifi

マカオWifi-goは基本的に電波が弱く、iphoneのメールチェックやインターネットのブラウジングなど、総じて困難でした。公共無料WIFI Wifi-goは使えるのか

また、旅行先で身元不明のWi-Fiに繋ぐと、スマートフォンの中にある個人情報などを盗み取られ、犯罪に巻き込まれる可能性があるので特に気をつけてくださいね。

そこで、いざと言うときに便利に使えてセキュリティもバッチリなレンタルWiFiがあれば香港・マカオ旅行が、安心して楽しめますね。


安い!簡単!安全!な海外ポケットWiFiレンタル

でも、WiFiレンタルなんてやったことないんだけど、機械が苦手な私でも大丈夫?

海外レンタルWiFiは使い方が難しいと思われることが多いんですが、ぜんぜん大丈夫です。初心者でもとっても簡単に安心して使えますよ

グローバルWiFiのレンタルセット

グローバルWiFiのレンタルセット

モバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)には既に初期設定がされているので、香港国際空港に到着したらポケットWiFiの電源を入れるだけでOKです。

1分ほどで香港・マカオ現地の電波につながるので、現地到着後すぐにインターネットを使うことができますよ。

スマホやタブレットをポケットWiFiに接続するのも、たったの2ステップ!

① ポケットWiFiに書いてある「SSID」に接続して
② パスワードを入力する

ほとんどのレンタルWiFiではWiFi機器本体にSSIDとパスワードがテプラで貼り付けてあるので、全然心配いりません。

WiFiルーターにはスマホやタブレット、パソコンなどを同時に接続しても、香港・マカオに一緒に行く友だちとシェアしても全然大丈夫です。

レンタルWiFiルーターは日本国内の空港で受け取ることができ、主要空港のカウンターでは操作説明を受けられるので安心ですね。


香港・マカオでレンタルWiFiを使った口コミ

町中でも、駅でも、港でも、走行中のトラムの中でも、Googleマップにサクサクつながりました。
レンタルwifiを【香港で使った】

LINEも使えるので日本にいる友達や家族にもLINEで連絡が取れます。マカオは英語もほとんど通じません。ですのでもし迷子になった際はネットがないと帰ってくることができないんです。
マカオでの使い心地レポート

中国と香港・マカオは同じ国なのに違う国?

香港・マカオは1997年、1999年にそれぞれ中国に返還されたものの、「特別行政区」としてそれぞれに異なる政治・経済制度が残されています。

そのため、香港とマカオは事実上、中国とは別の国のように扱われており、それぞれ中国との間に国境が設けられています。

香港⇔マカオも別の国?

また、香港とマカオそれぞれも、もともとの宗主国が違う(香港=イギリス、マカオ=ポルトガル)ことから、政治制度や経済制度が異なったままになっています。

ということで、香港とマカオはほとんど別の国と考えていいようです。それで、香港向けのレンタルWiFiをマカオで、マカオ向けのレンタルWiFiを香港で使う、ということはできないんですね。

香港・マカオではネットの制限はありません

中国のインターネットにはFacebookやTwitter, LINE, Gmailなどの主要なインターネットサービスに接続できない規制がありますが、この中国のネット規制は香港・マカオでは適用されていないので安心してください。

イモトのWiFiが香港マカオプランを開始

そんな中、2016年2月8日から「イモトのWiFi」の愛称で知られるグローバルデータ社が、新プラン『香港・マカオ周遊WiFiプラン』を開始しました。

このプランでは1日あたり1280円(低速3Gプランの場合)で、1台のルーター(ポケットWiFi)で香港・マカオどちらでも使えるプランになっているとのことです。

レンタルWiFi各社の香港・マカオ周遊プランを比較してみる

実は、イモトのWiFiに限らず、他のレンタルWiFi会社でも香港・マカオの両方で使える「アジア周遊」プランが用意されているんですよね。

ここからは、香港・マカオ向けにレンタルWiFiを提供している、主要な4社の料金を比較していきたいと思います。

実際にかかる費用の総額で比較するため、4日間のレンタル料金に、空港受け渡し手数料と盗難・紛失・故障の弁償金を補償してくれる「安心補償パック」をつけた総額を計算してみました。

香港・マカオ周遊 レンタルWiFi 4日間の料金

最安

XMobile
アジア周遊プラン
※盗難・紛失は保障外

5,150円~

成田羽田
関空中部
福岡千歳


2位
Wi-HO!
アジア周遊プラン

5,324円~

成田羽田
関空


3位
GLOBAL DATA
(イモトのWiFi)
香港・マカオ周遊プラン

6,956円~

成田羽田
関空中部
福岡千歳

4位 グローバルWiFi
アジア周遊プラン

7,144円~



個人的なオススメは上の表で第2位のワイホーです。最安値のXMobileに170円ほどの追加で、盗難・紛失にも対応してくれるので安心ですね。

香港・マカオ旅行にWiFiレンタルは便利

香港・マカオ旅行で道に迷ったり、予定外の行程になったりした場合、レンタルWiFiがあると非常に心強いものがあります。

香港、マカオは広東語が公用語で、ローカルエリアを歩く時などは英語が通じず、コミュニケーションに少し手こずるかもしれません。

楽しい旅行にするためにも、香港・マカオ周遊レンタルWiFiを持っていくのがオススメですよ!