海外旅行保険がゼロ円になるカード?

ハンガリーのATMで現地通貨のフォリントに両替する方法

海外旅行保険がゼロ円になるカード?
EPOSカード
EPOSカードは、
ゴールドカード以上の補償額海外旅行保険が無料
旅行保険の付帯条件なし
しかも年会費完全無料
今だけ8000円還元!
と、海外旅行好きには超オトクなカード。
海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由

こんにちは!ハンガリー在住の岩井です。

ハンガリーと言えばヨーロッパの中央部に位置する国で人気がある観光地ですが、実はユーロが使えないんです。

日本から現金を持っていき、現地で両替所を探して。。という方法は、実際にはお店によってレートが違ったりするのでちゃんとしたところを探すのが面倒であまりオススメできません。

でも大丈夫です!日本のクレジットカードさえあれば現地のATMですぐに両替が出来るんです。

今回は実際にハンガリーのATMで日本のカードを使ってハンガリーフォリントに両替した時の様子をご紹介します。

スポンサーリンク

ハンガリーのATMで使える日本のカードの種類

ハンガリーではおもにVISA、MasterCard、American Express、JCBなどのカードを利用することができます。

日本で発行されたカードはこのようなタイプのものが利用できます。

ハンガリーのATMはどこにある?

ハンガリーの空港にはもちろん、街中では銀行やホテル、スーパーマーケットなどで簡単にATMを見つけることが出来ます。

(上の写真はハンガリーによくあるCBAというスーパーマーケットのものです)

銀行の場合、夜間は外の扉をお手持ちのクレジットカードを使って開けて入るシステムのところがあります。

扉に設置してある下の写真のような装置にカードを通すとロックが解除されます。

ハンガリーのATMで日本のカードを使って両替してみた

ハンガリーにはEuro net,OTP bank,raiffeisen bank等数種類のATMが設置されています。

今回はEuro netとOTP bankのATMでフォリントを両替してみました。

Euro netのATMでハンガリーフォリントに両替

まずEuro netのATMでフォリントに両替する方法を紹介します。

Euro netのATMのほとんどがタッチパネルの画面です。

  1. カードを下の写真の緑色に光っているところに入れる
  2. 言語を選択
  3. 「PLEASE SELECT LANGUAGE(言語を選択してください)」と表示されたら下の言語から好きな言語を選んでタップします。

    ハンガリーのATMは基本的に日本語表示されません。

    今回は英語を選びました。

  4. 暗証番号を入力
  5. 「PLEASE ENTER YOUR PIN(PEASONAL IDENTIFICATION NUMBER)and press’BEVITEL’(暗証番号を入力してエンターキーを押してください。(身元確認の番号))」と表示されたら手元のキーパッドを使ってカードの暗証番号を入力します。

    押し終えた後は緑色のEnterボタンを押します。

    間違えたら黄色のClearボタンで消去できます。

    ピンを入力してから次の画面に進むまで少々時間がかかる場合があります。

  6. 現金引き出しを選択
  7. 「PLEASE SELECT A SERVICE REQUIRED(ご希望のサービスをお選びください)」と出たら「Cash Withdrawal(現金引き出し)」を選びましょう。

  8. 画面に表示された金額から引き出したい額を選ぶ
  9. 「FAST CASH
    PLEASE SELECT AMOUNT(簡単引き出し 希望の金額を選んでください。)」と表示されたら下の数字から好きな額を選んでタップします。

    「Other Amount 」をタップすると画面が切り替わり、ほかの金額が表示されます。

    このATMでは30,000~200,000フォリント(日本円で約1万から8万円)まで選べます。

    手動で金額を入力したい場合は、さらにもう一度「Other Amount 」をタップして画面を切り替えます。

    引き出したい金額を下にあるキーパットから入力します。

    入力後、金額をしっかりと確認し緑のEnterキーを押しましょう。

  10. レシート発行を選択
  11. その後レシートを選択するかどうかの画面が表示されます。

    「With Receipt(レシートあり)」を選択しましょう。

    レシートは何かトラブルの起きた際に必要なのでしっかりと発行し保管しておきましょう。

  12. カードを受け取る
  13. ATMからカードを受け取ります。

    入れたところと同じところから出てきます。

    長い時間放置していると、防犯装置が働いてしまうためすぐに受け取り、しっかりとしまいましょう。

  14. 現金を受け取る
  15. 現金を受け取りましょう。キーパッド下のポストの入り口のような所から出てきます。

    この時出てくるまで少し時間がかかることがありますが、あせらず待ちます。

    この時の盗難の被害が多いので気をつけてください。

    しっかりと枚数を確認し、財布にすぐにしまいましょう。

  16. レシートを受け取る
  17. 最後にレシートを受け取って完了です。

OTP bankのATMで両替する方法

OTP bankのATMは画面横のボタンで操作していきます。

EUR(ユーロ)専用のATMもあるのでHUF(フォリント)を下ろせるATMを選びましょう。

ハンガリーフォリントの表記方法は?

ハンガリーフォリントの表記方法はHUFです。

  1. カードを緑色のところに挿入
  2. 言語を選択
  3. 「PLEASE SELECT LANGUAGE(言語を選択してください)」と表示されたら下の言語から好きな言語を選んで横のボタンを押します。

    OTP bankではハンガリー語、ドイツ語、英語から選択できます。

    今回は英語(English)で進めていきます。

    Englishと表示されている右横にあるボタンを押しましょう。

  4. カードの暗証番号(PIN)を入力
  5. 「PLEASE ENTER YOUR PERSONAL IDENTIFICATION,NUMBER,THEM PRESS ENTER!(暗証番号、身元確認の番号を入力してください。)」と表示されたら、カードの暗証番号を手元のキーパッドで入力します。

    数字を入力し終えたら緑色のEnterボタンを押しましょう。

  6. 引き出し方法を選ぶ
  7. 「PLEASE SELECT YOUR TRANSACTION BY PRESSING THE KEY!TO VOID TRANSACTION PRESS CANCEL(希望の取引を選んでボタンを押してください。取引を中止したい場合はキャンセルを押してください)」と出たら、右側上から二番目の「Withdrawal With Receipt(レシートと一緒に引きおろす)」を選びましょう。

    レシートは何かトラブルがあった時に必要になるので発行しておくのがオススメです。

  8. 引きおろす金額を入力
  9. 「PLEASE CHOOSE THE APPROPRIATE WITHDRAWAL AMOUNT IN HUNGARIAN FORINT!BILLS AVAILABLE(ご希望の引きおろし金額(ハンガリーフォリント)を選んでください。(紙幣があります)」と出たら、引きおろしたい額のボタンを押します。

    1,000HUF~100,000HUFの中から選べます。

    OTP bankの他のATMでは1,000~10,000ハンガリーフォリント(400~4,000円)の選択肢の中から選ぶタイプのものもあります。

    「Other AMT」というボタンを押せば下のキーパッドで金額を入力できます。

    金額を入力後、金額を確認した後キーボードのEnterボタンを押しましょう。

  10. カードを受け取る
  11. カードが出てきたら受け取ります。

    この時長い時間放置していると、防犯装置が働いてカードが中に入ってしまったりするので、すぐに取ってお財布などにしまいます。

  12. 現金を取り出す
  13. 現金が下のポストのようなところから出てきます。

    この時に盗難の被害が多いので周りの人影にはよく気を付けてすぐにお財布にしまうようにしましょう。

  14. レシートを受け取る
  15. レシートを受けとったら終了です。

ハンガリーのATMを使う時の注意点

ハンガリーは最近治安がよくなってきましたが、まだ日本よりは治安が良くありません。

ATMからお金を下ろす際はなるべく人通りの多い場所や、ホテルなどの施設の中の物を使うことをおススメします。

ATMの操作中は一緒に旅行されている友人に後ろをみていてもらったり、一人の場合は後ろに気を配るなど防犯意識をしっかりと持ちましょう。

ATMから現金が出てこない場合

ときどきATMから現金が出てこない場合があります。

ですが基本的には「取引失敗(Missed Transaction)」として銀行で処理されるので問題ありません。

万が一、問題が起きた場合は自分のカード会社や、ATMの会社に連絡しましょう。

カードがATMに吸い込まれてしまった場合

銀行以外の場所にあるATMを利用していてカードが出てこなくなってしまった場合は、ATMに書いている緊急連絡先に連絡しましょう。

銀行内でそのような事態になってしまった場合は銀行員の方に声をかけて対処してもらいましょう。

しかし残念ながらハンガリーでは英語が通じない場合があります。

もし対応してもらえなかった場合は、クレジット会社に問い合わせカードを止めてもらいましょう。

このような不測の事態が起きる可能性もあるので、なるべく新しいATMや銀行内にあるATMを使うようにすると安心です。

週末や夜、移動日前日の使用は気をつけたほうがいいですよ。

まとめ

ハンガリーは観光地なので街中にATMがたくさん設置されています。

両替所も良いですがATMは手間も少なく時間も選ばず、便利ですのでぜひ上手に利用しましょう。

ストレスフリーで快適な旅行をお楽しみください!