海外旅行保険がゼロ円になるカード?

マイル旅のススメ!実はマイルは簡単に貯められて、オトクに旅行できる!?

海外旅行保険がゼロ円になるカード?
EPOSカード
EPOSカードは、
ゴールドカード以上の補償額の海外旅行保険が無料
旅行保険の付帯条件なし
しかも年会費完全無料
と、海外旅行好きには超オトクなカード。
海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由

こんにちは、マイルオタクのタクマです!

いきなりですが、誰しも一度は「マイル」という言葉を聞いたことがあると思います。

マイルを貯めれば飛行機代を浮かして、お得に旅行できる!なんて言われていますよね。

しかし、マイルを貯めてお得に旅行している身からしても、正直マイルはややこしくてわかりづらい…。

ですが実は、マイルは誰でも負荷なく貯めることができるのです!

最初の一歩さえ踏み出せれば「なんで今まで」マイルを貯めようと思わなかったんだろう・・・

と後悔したり、損した気分になります。

実際に、ぼくが知人にマイルのことを話すと「もっと早く教えてよ!」という感じの反応をします(笑)

この記事では、そんなマイルの「貯め方」にフォーカスして説明します!

マイルを貯めてお得に旅行できる手助けになったら嬉しいです^ ^

スポンサーリンク

なんとか安く旅行できないか探った過去と、現在。

ぼくの数年前と、現在をさらっと紹介します。

現在:ハワイ5往復分以上のマイルを保有

ぼくは現在、20万マイルほど貯めています!

20万マイルあると、だいたい日本〜ハワイを5往復できます!

もともとは40万マイルほど貯めたのですが、ついついふらっと旅行して使ってしまっています(笑)

ぼくはマイルオタクなので、ぼくのように大量にマイルを貯めるのは正直ムズカしい(少し面倒な作業が増える)かもしれません…。

ですが、2年に1回程はハワイに行って帰ってこれる分くらいのマイルなら誰しも負荷なく貯められる可能性があります^^

過去:とにかく安く旅行に行くことだけを考えていた

ぼくは学生の頃、海外一人旅をしたのがきっかけで、旅行が大好きになりました。

ちなみに渡航した国がインドで、しかも1ヶ月間も周遊していたので、今考えると無謀すぎるチャレンジだったな〜と思ったりもします(笑)

お得に旅行に行くことを考えてマイルに行き着いた

ですが、インド旅のおかげで旅行という趣味ができたし、海外から学んだことはたくさんありので感謝しても仕切れないのですが…

海外が好きでも、経済的にも、時間的にも気軽に行くことはむずかしいですよね…。

とくにぼくの場合は「経済的」にキツく、なんとかして安く海外に行けないか?というのをひたすら探っていました。

そんなときに出会ったのがマイルでした!

マイルを貯めれば、航空券代を浮かすことができる!と、かなり調べて貯め始めたのです。

ぼくはマイルを知ってからまだ3年ほどしか経っていないのですが、ハワイ5往復分のマイルが貯まっていることを考えると、マイルの可能性ってすごくないですか??

マイルを貯めるカギは「クレジットカード」

マイルを貯めるカギは「クレジットカード」

マイルを貯める方法を細かく説明すると、逆に訳わかんなくなってしまいます・・・。

マイルを貯めるのは、あくまでお得に旅行ができるからであって、面倒なことはしたくないですよね!?

今ではハマりにハマって、マイルオタクになったぼくが言うのもおかしいですが…(笑)

結論から言うと、

『マイルを貯めたければ、クレジットカードを変えよう!そして使おう!!』

…これだけです(笑)

マイルの貯め方はたくさんあります。

ぼくのように爆発的に貯めることができるポイントサイトを活用した方法もあります 。

でも、面倒だし一時的です。

何年も継続して、1,2年に一度ハワイに行けるくらいのマイルを貯めるカギはクレジットカードなのです。

マイルが貯まりやすいカードを持って、普段の支払いをカード払いにしたり、税金類(自動車税・固定資産税など)を工夫してカード払いにすると、コツコツではありますがマイルは確実に貯まっていきます!

以下の表を見てみてください。

マイル還元率1.0%(100円で1マイル貯める)のカードを使ったときに、どれほどマイルが貯まるかのシミュレーションです。

ご利用金額(年間) 獲得マイル(年間)
買い物(食費など含む) 100,000円/月×12カ月=1,200,000円 12,000マイル
公共料金+税金 20,000円/月×12カ月=240,000円 2,400マイル
通信費(スマホ+ネット) 10,000円/月×12カ月=120,000円 1,200マイル
その他 20,000円/月×12カ月=240,000円 2,400マイル
合計 180万円 18,000マイル

この記事で紹介しているカード(後ほど紹介しますが、マイル還元率1.0%のカード)を使えば、一般的な家庭の場合で年間18,000マイルほど貯まります!

ハワイ往復が40,000マイルほどなので2年に1度くらいのスパンで1人分の航空券代を浮かすことができます^^

ちなみに東京〜沖縄の往復が18,000マイルなので、沖縄なら毎年1人は無料でいけるかもしれません…!

もしも爆発的にマイルを貯めたいなら・・・

コツコツもいいけど、一気にマイルを貯めたい!と言う場合は、以下の記事を参考にしてみてください^^

>>ポイントサイトを活用してマイルを大量に貯める裏ワザを初心者でもわかるように解説(別サイトに移動)

ぼく自身が、わかりやすさを意識しつつ、頑張ってまとめました^^

年間で20万マイルほど貯めるポテンシャルもあります!

(…面倒な作業はどうしても必要なのですが)

ちなみに20万マイルあると・・・

  • ハワイにエコノミークラスで5回行ける
  • 夫婦2人で2回ビジネスクラスでハワイに行ける
  • 家族4人で毎年2回エコノミークラスでハワイに行ける
  • ファーストクラスでNYやフランスに行ける

などなど、夢のような状態になれます^^

マイルの価値を知ってしまうと、貯めない理由がない!?

このあとで、マイルを貯めるのにオススメのクレジットカードを紹介しますが、その前に「マイルの価値」だけ知っておいてください!

以下の2つのパターンを考えてみます。

  • 100円のショッピングで1マイル貯まるクレジットカード
  • 100円のショッピングで1楽天ポイント貯まる楽天カード

どちらもポイント還元率は1.0%で同じです!

1楽天ポイントは楽天市場で1円相当として使うことができます。

では、マイルはどうなのか?

実はマイルの価値は変動します!

どういうことか?

たとえばANAの場合だと、東京〜ハワイの往復に必要なマイル数は40,000マイル*です(必要マイル数はシーズンによって変わります。今回はレギュラーシーズンの数字です)

実際にANAの飛行機を検索してみると・・・

運賃は75,000円です。

40,000マイルで75,000円なので、1マイル=1.875円になります!

クレジットカードのポイント還元率が1.0%で同じだったとしても、マイルとして貯めておいたほうがかなりお得というわけです^^

時期によってや、飛行機のグレードによってマイルの価値は変動しますが、1マイル=1円を下回ることは稀です。

つまり、飛行機に乗る機会があるなら、ふだんのショッピングなどでマイルを貯めておいたほうがお得!

いや、でも貯まり切らない可能性も・・・と心配かもしれません。

ですが、マイルは1マイル=1円の価値があるポイントに交換でき、航空券の購入などに使うことができます!

なので、必要マイル数が貯まらない場合にでもマイルは使えるので安心して貯めることができますよ^^

マイルを貯めるのにオススメのクレジットカードはコレ!

さて、マイルを貯めるのに大切なカード選びですが、オススメのカードを紹介します!

ちなみに、マイルを貯めるとき、ANAか、JALかなど航空会社を選ぶ必要があります。

各航空会社のポイントプログラムでありポイントなので、JALマイルを貯めてANAの飛行機に乗ることができないのです…。

海外の航空会社のマイルを貯めるのは少しむずかしいので、国内(ANAかJAL)で選ぶのをオススメします!

もしもマイルを貯めるのに慣れてきたら海外の航空会社にもチャレンジしてみるのもアリです^^

※ちなみに、航空連合というものがありマイルの相互利用ができる場合があります。
たとえば、ANAマイルを使ってタイ国際航空の飛行機に乗れたり、JALマイルを使ってブリティッシュエアウェイズの飛行機に乗れたりします(これについて深く話すとチンプンカンプンになる可能性があるので、割愛させてください…!)

ANAマイルを貯めるなら「ソラチカカード」

ANAマイルを貯めるなら「ソラチカカード」がおすすめです!

ANAマイルを貯めるなら「ソラチカカード」

年会費は初年度無料で、2年目からも2,000円(税抜き)なので、負荷なく保有することができます^^

肝心のマイルの貯まりやすさは通常ポイント還元率は0.5%(200円で1マイル)ですが、年間5,000円支払うことで還元率を1.0%にすることが可能です。

マイルの価値は変動し、1マイル=1円ではなく、航空券として使えばほとんど3円以上になるため、100円で3円還元という高還元率を実現できます!

他にも陸マイラー御用達の「ANA VISA / Master ワイドゴールドカード」というカードがあります。

こちらは還元率を最大で1.648%(通常1.0%)実現でき、年会費も9,500円(通常15,000円)と、マイルを貯めるためにあるようなクレジットカードです!

ですが、年会費を抑えたり、還元率をあげるのにリボ払いを利用したりなど、制限が多いのです。

なのでまずはソラチカカードあたりからはじめて、慣れてきたら選択肢に入れるので十分だと思っています^^

もしも詳しく知りたい場合には、以下の記事を参考にしてみてください!

>>陸マイラー御用達!ANAワイドゴールドカードの還元率のアップ方法や年会費を下げる方法まで徹底解説

ぼく自身の経験を元に書いた記事です^^

JALマイルを貯めるなら「JAL 普通カード(TOKYU)」

JALマイルを貯めるなら、JAL 普通カード(TOKYU)がおすすめです。

JALマイルを貯めるなら「JAL 普通カード(TOKYU)」

年会費は初年度無料、2年目から2,000円(税抜き)なので、ソラチカカード同様、負荷なく保有することができます^^

ポイント還元率は通常0.5%ですが、JALショッピングマイルプレミアムという年間5,000円のサービスを利用することで、還元率を1.0%にアップさせることが可能です!

JALカードは20種類くらいあり、JAL普通カード(いわゆる、ノーマルカード)は9種類ありますが「TOKYU POINT ClubQ」という東急との提携カードだと、waonやpasmoの利用時の還元率をアップさせられます!

waonだと1.5%、pasmoだと1.25%です。

還元率0.25%変わるだけでも、貯まるマイルの量はかなり変わってくるので、ぜひTOKYU POINT ClubQを選び、waonとpasmoの活用でザクザクとJALマイルを貯めてください^

ちなみに、ぼくがJALマイルを貯めるときには、おもに「JAL 普通カード TOKYU POINT ClubQ」を使っています!

他のJALマイルが貯まるクレジットカードを知りたい場合には以下の記事を参考にしてみてください^^

>>JALマイルをクレジットカードでかしこく貯める方法&タイプ別でおすすめのクレカと選び方を紹介!

まとめ:マイルを貯めてお得に旅行をしよう!

マイルを貯めてお得に旅行をしよう!

マイルのことを1から10まで知ろうとすると、かなり大変ですし、貯め始めるまで時間がかかってしまいます…。

マイル歴3年のぼくでも、新しい気づきや情報がたくさんあり、まだまだ学んでいる最中です。

なので、よくわからないけどとりあえず貯め始める、というのをオススメします^^

マイルを貯める一歩目は「まずはマイルが貯まりやすいクレジットカードを持って、普段の支払いをカード払いにする」です。

ぜひマイルが貯まりやすいカードをゲットして、マイルを貯め始めてみてください!

知識は徐々につけていけばOKなので、気軽に踏み出してみてください^^

数年経つ頃には、マイルを貯め始めてよかったー!!!

と思っているあなたがいるはず…!笑

以上、「マイルのススメ」でした。

書いた人: