【完全無料】海外旅行保険がゼロ円になる裏技!?

【写真あり】アルゼンチンのATMを使ってアルゼンチンペソに両替(現金引き出し)する方法を詳しく紹介します

海外旅行保険がゼロ円になるカード?
EPOSカード
EPOSカードは、
ゴールドカード以上の補償額の海外旅行保険が無料
旅行保険の付帯条件なし
しかも年会費完全無料
と、海外旅行好きには超オトクなカード。
海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由

こんにちは!アルゼンチン滞在中のミッキーです。

海外旅行では現地通貨は必須なので、どうやって両替するか下調べしておきたいですよね。

マイナーな国だと日本で両替するのが難しいですし、現地で両替するとレートがかなり悪いことも多いので前もってどこで両替するか計画しておくと安心ですよ。

そこで今回はアルゼンチンの現地通貨のアルゼンチン・ペソにATMを利用して両替する方法やペソにまつわる情報をご紹介します。

スポンサーリンク

アルゼンチンのATMはどこにある?

アルゼンチンのブエノスアイレスにあるミニストロ・ピスタリーニ国際空港(エセイサ国際空港)ではATMが見当たりませんでした。

空港から市内へはバスで移動でき、バスのチケットは空港内のバスカウンターでクレジットカードを利用して購入できます。

空港で急いで現金を調達しなくても、市内についてからで大丈夫ですよ。

ブエノスアイレス市内にはATMはある?

ブエノスアイレス市内のATMは銀行内に設置されているので街中でも見つけやすいです。

大きめのショッピングモールではお店の中にATMが設置されています。

どこも24時間営業しているので、いつでも使えますよ。

アルゼンチンのATMで使えるカードの種類は?

アルゼンチンのATMではMasterCard、VISAを利用することが出来ます。

日本で発行されたカードはこのようなタイプのものが利用できます。

アルゼンチンのATMを使ってアルゼンチン・ペソに両替してみた

実際に日本のクレジットカードを使ってアルゼンチンの現地のATMからアルゼンチン ・ペソに両替してみました。

アルゼンチンのATMは操作が簡単です。

スペイン語がわからないという方でも順をおえば、とまどうことなくお金を引き出せます。

ではATMの使い方を詳しく説明していきますね。

  1. カードを挿入する
  2. 「Por favor, inserte su tarjeta(カードを挿入してください)」と表示されるので、まずはカードを挿入します。

    カードを挿入すると「Retrieving Card Details… Please Wait(カードの詳細を読み取っています。少々お待ちください)」と表示されます。

    数秒で切り替わるので何もせずに待ちましょう。

  3. 暗証番号(PIN)の入力
  4. 「PLEASE ENTER YOUR PIN NUMBER(暗証番号を入力してください)」と表示されたら手元のキーパッドから暗証番号を入力します。

    暗証番号を入力したら画面右のCONFIRMA(確認)のボタンを押します。

  5. 表示言語の選択
  6. 「SELECT LANGUAGE(言語を選択)」と表示されたらスペイン語、英語、ポルトガル語の中から好きな言語を選んで画面横にあるボタンを押します。

    今回は英語表記を選択しました。

  7. 取引方法の選択
  8. 「SELECT THE OPERATION(取引方法を選択してください)」と表示されたら
    FAST CASH(手続き簡略バージョン)
    WITHDRAWAL(引き出し)
    INQUIRY(照会)の三種類から選びます。

    WITHDRAWAL(引き出し)を選択しましょう。

  9. 引き出し方法の選択
  10. 「SELECT THE ACCOUNT(引き出し方法を選んでください)」と表示されたら
    CREDIT ACC(クレジットカード)
    CHECKING ACC (当座預金口座)
    SAVING ACC (貯金口座)
    の中から選びます。

    今回はクレジットカードのキャッシングで引き出すので、CREDIT ACC (クレジットカード)を選択します。

  11. 金額の選択
  12. 「SELECT PESOS AMOUNT(引き出したいペソの金額を選んでください)」と表示されます。

    引き出したい額を

    $200.00 (約600円)

    $300.00 (約900円)

    $500.00 (約1,500円)

    $700.00 (約2,100円)

    $1000.00 (約3,000円)

    $1500.00 (約4,500円)

    $2000.00 (約6,000円)

    OTHER AMOUNT (その他の額)

    のいずれかから選択します。

    アルゼンチンペソの表記方法

    アルゼンチンペソは$と表記されます。

    今回は多めに引き出したかったのでOTER AMOUNTを選択しました。

    一度にまとまった金額を引き出すことができるので、旅行の時はATMで引き出してしまうのが便利だと思います。

    両替したい金額を入力し、間違いなければACCEPT、変更が必要であればCHANGEを選択します。

  13. レシートが必要か選択する
  14. 「DO YOU WANT YOUR OPERATION’S RECEIPT?(レシートが必要ですか?)」と表示されます。

    YESを選択しましょう。

    トラブルがあった時にレシートを持っていると役立つので、レシートは必ず印刷して保管しておくことをおすすめします。

  15. 手数料の確認
  16. 「YOU WILL BE CHARGED $387,00 BY BANELCO FOR THIS TRANSACCTION IN ADDITION TO ANY CHARGE WHICH MAY BE IMPOSED BY YOUR CARD ISSUING FINANCIAL INSTITUTION (カード発行金融機関によって課される可能性がある任意の料金に加えて、この取引について銀行から387.00pペソが課金されます)と表示されます。

    アルゼンチンではどの銀行のATMを利用しても必ず$387.00(約1,000円)が手数料として請求されます。

      

    この手数料はクレジットカード会社の規定の手数料とは別です。

    これでよければYESを選択して次へ進みましょう。

  17. お金を受け取る
  18. 数秒以内にアルゼンチン・ペソ紙幣が出てくるので受け取りましょう。

  19. レシートの受け取り
  20. レシートが出てくるので受け取ります。

  21. 終了選択
  22. 「WOULD YOU LIKE ANOTHER TRANSACTION? (他の操作を希望しますか?)」と表示されるのでNOを選択します。

  23. カードを受け取り
  24. 最後にカードの取り忘れに気をつけてください。

    以上でATMの取り引き終了です。

アルゼンチン・ペソについて

アルゼンチンの現地通貨、アルゼンチン・ペソの紙幣と硬貨の種類についてまとめました。

アルゼンチン・ペソの紙幣

アルゼンチン・ペソの紙幣は8種類あります。

金額 肖像・模様
2ペソ 青色 バルトロメ・ミトレ(前大統領)
5ペソ 緑色 ホセ・デ・サン・マルティン(軍人、政治家)
10ペソ オレンジ色 マヌエル・ベルグラーノ(軍人、政治家)
20ペソ 赤色 ファン・マヌエル・デ・ロサス(軍人、政治家)
50ペソ 灰色 ドミンゴ・ファウスティモ・サルミエント(前大統領)
100ペソ 紫色 フーリオ・アルヘンティーノ・ロカ(前大統領)、エバ・ペロン(前大統領夫人)
200ペソ 青色 セミクジラ(南大西洋と南極大陸をイメージ)
500ペソ 緑色 ジャガー、オルネロ(国鳥)(北東と中部をイメージ)

それぞれの紙幣の両肩にある数字に3を掛けると、おおよその日本円に換算することができます。

例)100ペソは約300円、5ペソは約15円

という感じです。意外と換算しやすいので買い物の時の計算が楽ですね。

紙幣はどれもよく使うの?

基本的にはすべての紙幣をどのお店でも使うことが出来ます。

500ペソ紙幣を渡しても特に何か言われるようなことはなかったので問題なく使えるかと思います。

またATMで高額な引き出しをしても100ペソが出てきましたので心配はありません。

硬貨の種類

金額 材質 模様
1センターボ 裏面に月桂冠の刻印
5センターボ 黄銅 裏面に国旗にある“5月の太陽”の刻印
10センターボ 黄銅 裏面に国章の刻印
25センターボ 白銅 裏面にブエノスアイレス市議会の刻印
50センターボ ジェラルミン 裏面にトゥクマンの館が刻印
1ペソ 中心がジェラルミン外周が白銅 表面に5月の太陽、裏面には国章が刻印
2ペソ 中心と外周は合金 裏面に5月の太陽が刻印

アルゼンチンでは2018年に1000ペソ紙幣が発行され、2, 5, 10ペソ紙幣が硬貨に切り替わるという情報を聞きましたが、2019年2月現在ではまだ紙幣から硬貨への移動はなされていません。

アルゼンチンのイグアスの滝や安宿に泊まる場合は現金が必需品

アルゼンチンのほとんどの場所ではペソを使用しています。

最近は小さな街でもクレジットカードを使えるようになってきており、ほとんどの店でクレジットカード決済ができます。

しかし、アルゼンチンの観光名所であるイグアスの滝の入場料や安宿ではクレジットカード決済ができないので現金は必須です。

アルゼンチンで両替する際の注意点

アルゼンチンでは道端で両替商のような人が「カンビヨ、カンビヨ〜(スペイン語で交換という意味)」と声をかけてくることがあります。

ただしアメリカ・ドルからアルゼンチン・ペソへの両替に限ります。

レートは良いそうですが、米ドルも偽札対策のためきれいでないものや紙幣の番号によっては受け付けてもらえないということもあります。

もしものことがあってからでは遅いのでくれぐれも気をつけてくださいね。

まとめ

アルゼンチンではどこのATMを使用しても手数料は変わりません。

空港に到着してからATMを探すよりもまずは街まで行きATMを探すのが余計な手間が省けてオススメですよ!