海外旅行保険がゼロ円になるカード?
スポンサーリンク

【写真あり】フランスのATMを使って現地通貨ユーロに両替(現金引き出し)する方法を詳しく紹介します

海外旅行保険がゼロ円になるカード?
EPOSカード
EPOSカードは、
ゴールドカード以上の補償額海外旅行保険が無料
旅行保険の付帯条件なし
しかも年会費完全無料
と、海外旅行好きには超オトクなカード。
海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由

こんにちは!フランス/エクス・アン・プロヴァンス在住のサクです。

「海外旅行中、現金が手元になくなってしまって困った…」

フランスのマルシェや小さなお店ではカードが使えないところも多く、気付けば用意していた現金がなくなってしまうことがあります。

でも大丈夫。現金が足りなくなってきたら、フランス国内にあるATMで日本発行のカードを使って簡単に両替ができますよ。

この記事では実際に現地のATMでユーロに両替した時の様子をレポートします。

スポンサーリンク

フランスのATMはどこにある?

フランスでATMを探すのはそれほど難しくありません。

空港はもちろん、街中の銀行でもすぐに見つかるところにあるので安心です。

ほとんどのATMが24時間営業しているので、いつでも使えます。

今回紹介しているATMは、パリはもちろんフランス各地にありますよ。

フランスのATMで使えるカードの種類は?

フランスのATMではMaster Card、VISA、American Express、JCBなどのカードを利用することが出来ます。

日本で発行されたカードはこのようなタイプのものが利用できます。

フランスのBNP PARIBAS(ベーエヌペー・パリバ)銀行ATMでお金を下ろしてみた

さっそく日本で発行されたクレジットカードを持って、ユーロに両替してきました。

今回はBNP PARIBAS(ベーエヌペー・パリバ)銀行のATMを使用してご説明します。

  • ATMにカードを挿入する
  • 緑のランプが点灯している部分がカード挿入口です。

    「Insérez votre carte(カードを挿入してください)」という画面が表示されているのを確認してATMにカードを挿入します。

    フランスのATMは画面表示が遅いことがあります。

    反応が日本のよりも遅く感じて、すこしあせってしまうかもしれませんが、次の画面になるまで少し待ってみましょう。

    画面がタッチパネルの場合、反応が悪いことが多いです。

    反応がない場合は何度かねばり強くタッチするか、他の機械で試してみましょう。

  • 表示される言語を選ぶ
  • 「Bonjour, veuillez choisir votre langue.(こんにちは、ご希望の言語を選択してください)」と表示されたら、画面の中から希望の言語を選択してください。

    「Español」はスペイン語、「Français」はフランス語、「English」は英語、「Deutsch」はドイツ語、「Italiano」はイタリア語です。

    日本語表示はないので、今回は「English」を選択しました。

  • 取引内容を選択する
  • 「Please select the service you require.(ご希望のサービスを選択してください)」と表示されたら、「Withdraw Cash(現金引き出し)」を選択します。

  • 引出し額を選ぶ
  • 「Please select the amount you would like to withdraw.(ご希望の引き出し金額を選択してください)」と表示されたら、画面の中から引き出したい金額を選択します。

    ユーロの表記方法

    EUの共通通貨のユーロ (EURO)は、略して「EUR」と表記されます。

    表示されている金額ではなく自分で金額を指定したい場合は、右下の「Enter another amount(他の金額を入力)」を押して、手元のキーボードを使ってご希望の金額を入力してください。

  • 選択した金額が正しいかを確認する
  • 先ほど選択した金額とレートを確認し、良ければ「Accept conversion(両替の了解)」ボタンを押します。

  • ATM取引レシートを発行するかを選ぶ
  • 「Would you like a receipt?(レシートは必要ですか?)」と表示されたら、ここではなるべく「Yes(はい)」を選択しましょう。

    トラブルが発生した時にはレシートが証明書になるので、発行するようにしたほうが安心です。

  • 日本のカードの暗証番号を入力する
  • 「Please enter your PIN code discreetly.(人目につかないように暗証番号を入力してください)」と表示されたら、手元のキーボードで入力操作を行います。

    ATMで暗証番号を入力するときは、スキミング被害などの防止のため、暗証番号を盗み見されないよう手元をしっかり隠しましょう。

    暗証番号を押し終わったら○印がついている緑のVALIDATION(確定)ボタンを押します。

    間違えたら黄色のCORRECTION(訂正)ボタンを押して正しい番号を入力し直します。

  • ATMからカードを受け取る
  • カードが出てくるので受け取ります。

    カードはATMからすぐに取り出してください。

    盗難防止のために、しばらく放置しているとカードがまた中に戻ってしまうようになっています。

  • ユーロ現金を受け取る
  • 周囲に不審な人がいないか注意しながら現金を取り出します。

    スリに狙われないよう後方に気を付けましょう。

    バックミラーが備え付けてなかったら、目視するのも効果的です。

  • ATM取引レシートを受け取る
  • レシートが出てきます。

    トラブルが起きた場合のため、レシートは大切に保管しておきましょう。

    文字が消えてしまわないよう、印字面を内側に折って保管するのがおすすめです。

これで取引完了です。

フランスのSociete Generale(ソシエテ・ジェネラル)銀行ATMで両替してみた

次にSociete Generale(ソシエテ・ジェネラル)銀行のATMを使って両替をしてみました。

今回は屋外の道端に設置されているATMを利用しました。

そのようなATMは使う前に動作しているかどうか特にしっかりと確認しましょう。

  • ATMにカードを入れる
  • 「INTRODUISEZ VOTRE CARTE(カードを挿入してください)」という画面が表示されているのを確認してATMにカードを挿入します。

  • ATMの言語を選ぶ
  • 表示されている言語の中から希望のものを選択してください。

    「Français」はフランス語、「English」は英語、「Deutsch」はドイツ語、「Italiano」はイタリア語、「Español」はスペイン語です。

    日本語表示はないので、ここでは「English」を選択します。

  • ATM取引レシートを発行するかを選ぶ
  • 「WITHDRAW without receipt(レシートなしで引き出し)」 「WITHDRAW with receipt(レシート有りで引き出し)」と表示されます。

    万が一に備えてここでは「WITHDRAW with receipt」を選択します。

  • 引出し額を選ぶ
  • 画面に表示されたの金額の中から引き出したい額を選択します。

    表示されている金額ではなく自分で金額を指定したい場合は、右下の「ENTER AN AMOUNT(他の金額を入力)」を押して、手元のキーボードを使ってご希望の金額を入力してください。

  • 日本のカードの暗証番号を入力する
  • 「ENTER YOUR PIN(暗証番号を入力してください)」と表示されます。

    先ほど選択した金額が正しく表示されているか確認し、良ければ手元のキーボードでカードの暗証番号を入力します。

    暗証番号を押し終わったら○印がついている緑のVALIDATION(確定)ボタンを押します。

    間違えたら黄色のCORRECTION(訂正)ボタンを押して正しい番号を入力し直します。

  • ATMからカード、現金、レシートを受け取る
  • カードと現金、レシートが順に出てくるので受け取ります。

取引完了です。

フランスのATMを使うときの注意点

フランスのATMを使うときの注意点をまとめました。

レシートを受け取るようにする

なるべくレシートを受け取るようにしましょう。

問題が起きた時の証拠材料のひとつになります。

レシートがないと何も証明する手段がありません。

発行する習慣をつけておくといいですよ。

周囲の防犯を確認する

後ろに怪しい人がいないか、毎回確認しましょう。

暗証番号は隠しながら押すのも防犯に役立ちます。

機械の調子が悪いときは他の機械で試してみる

フランスのATMは当たり外れがあります。

画面が付いていなかったり、カードがすぐに入らなかったりした場合は、無理にカードを入れようとせずに他の機械を探してください。

カードが出てこなくなるなどのトラブルを予防しましょう。

カードが反応せず戻ってくる場合

機械の中に現金が入っていないか、カード自体に問題がある可能性があります。

他の機械を探して再度試してみるか、カード会社に連絡をしましょう。

ほとんどのカードにはカード裏側に緊急連絡先が書かれているので、何か問題があればすぐに電話をしてみるのがおすすめです。

フランスでの現金事情

フランスでは基本的にはすべての紙幣をどのお店でも使うことが出来ますが、お店がお釣りを持っていない場合や、なるべくお釣りを少なく渡したいという場合が多く、「もっと小さい額で払えないのか?」と聞かれることがよくあります。

できれば早めに空港や大きめのスーパーで何か買い物をして、20ユーロ以下の紙幣にしておくといいですよ。

また、汚れたり破れていたりする紙幣はお店での受け取りを拒否される場合があるので気をつけてください。

まとめ:フランスのATMで両替すればとても便利でお得

現地のATMを使えるようになると、両替の手間がぐっと減り、良いレートで両替できることが多いです。

上手に利用してフランス旅行を存分に楽しんでくださいね。