海外旅行保険がゼロ円になるカード?

【写真あり】カナダのATMを使ってカナダドルに両替(現金引き出し)する方法を詳しく紹介します

海外旅行保険がゼロ円になるカード?
EPOSカード
EPOSカードは、
ゴールドカード以上の補償額の海外旅行保険が無料
旅行保険の付帯条件なし
しかも年会費完全無料
と、海外旅行好きには超オトクなカード。
海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由

海外旅行で必要になるのが、現地通貨ですよね。

現地通貨に両替する方法はいろいろとあるので、どの方法が便利で簡単なのか知っていると安心ですよね。

今回はカナダで現地に到着してからカナダのATMを利用して現地通貨に両替する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

カナダのATMはどこで見つけることができる?

カナダのATMは空港内各所や大きな駅の構内に設置されています。

街中にも銀行内などいろいろなところにあるので見つけやすいですよ。

カナダのATMで利用できるカードの種類は?

カナダのATMでは、どこのATMでもMasterCard、VISAいずれのブランドのカードも利用することが出来ます。

カナダのATMで使える日本のカードには以下の種類があります。

カナダのATMの使い方

今回はカナダでRBC Royal BankのATMを利用して現地通貨に両替する方法をご紹介します。

  1. カードを挿入する
  2. まずカードを挿入します。

    今回はMasterCardを利用して現地通貨であるカナダドルを引き出してみることにします。

  3. 表示する言語を選択
  4. カードを挿入すると次に操作する時の表示言語を英語、フランス語、中国語の中から選択することが出来ます。

    今回は英語表記を選択しました。

  5. PIN番号の入力
  6. 「Please enter your PIN then press OK(暗証番号を入力してOKボタンを押してください)
    Press CORRECTION to correct an error(入力し間違えた時は黄色のボタンCORRECTIONを押します)
    Press CANCEL to return your card(赤いボタンCANCELを押すとカードが戻ってきます)」と表示されます。

    画面下にあるキーパットを利用して暗証番号を入力しましょう。

    暗証番号を入力した後は緑色のOKボタンを押すのを忘れずに。

  7. 取引する金額を選択
  8. 「Please select an option or enter an amount and press OK(金額を選択してOKボタンを押してください)」と表示されるので表示された金額の中から引き出したい額を選びます。

    引き出すことのできる金額は、20CAD=約1,700円、40CAD=約3,400円、100CAD=約8,500円、200CAD=約17,000円です。

    カナダドルの表記方法

    カナダドルはCADか、C$で表記されます。

  9. 取引する方法を選択
  10. 「From which account?(どの方法で取引を行いますか?)」と表示されます。

    上から順に、Chequing(当座預金)、Savings(預金)、CreditCard(クレジットカード)を選択することが出来ます。

    今回はクレジットカードのキャッシングを利用するので、一番下のCredit Cardを選択しました。

  11. 取引手数料の確認
  12. 「The service provider will charge an ATM fee of$3.00 for a cash withdrawal/advance.(このATMでは、手数料として3ドル請求されます)
    This fee is in addition to any fees your financial institution may charge.(この手数料はカード会社が請求する手数料にさらに追加されるものです)」と表示されます。

    表示されているこの手数料はATMを利用する時にかかる手数料なのでカード会社の手数料とは別に3ドルの手数料が取られることになります。

    YES(はい)を押して次のステップに進みましょう。

    No(いいえ)を選択すると取引が中止されます。

    次の画面が表示されたら読み込みに時間がかかっているという意味なので画面が切り替わるまで待ちます。

  13. 取引の確認
  14. 次にすべての取引の確認画面が表示されます。

    上から順に
    Cash Withdrawal(引き出す金額)
    ATM fee(ATMの手数料)
    Total amount(合計の引き出す金額)
    ATM Exchange Rate(ATMのレート)
    Transation Amount with Conversion(日本円での取引金額)
    が表示されています。

    この取引では、1円=0.01134CADとなっており、100CAD=9,083円となっています。

    「Continue with conversion(レート換算して取引を続ける)」
    「Continue without conversion(レート換算をせずに取引を続ける)」から選んで取引を確定します。

    ここは「Continue without conversion(レート換算をせずに取引を続ける)」を選択しましょう。※下記の「割高レートに注意」の段落で詳しく説明しています。

  15. カードを受け取る
  16. 取引が確定されると、カードが戻ってくるので忘れずに受け取りましょう。

  17. 紙幣とレシートを受け取る
  18. 最後に、レシートと現地通貨が出てきます。

    こちらも忘れずに受け取りましょう。

これで取引完了です。

カナダのATMが提示する割高レートに注意

今回利用したカナダのATMでは上の写真のようにATMの手数料とATMが設定したレートでの両替金額が表示されました。

レートが表示されている下には
「Make sure you anderstand the costs of currency conversion as they may be different depending on whether you select your home currency or the transaction currency.(自国通貨と取引通貨のどちらを選択するかによって両替レートが異なる可能性があることを必ず理解してください)」
と注意書きが出ています。

こちらのATMでは、ATMが提示したレートで両替するか、カード会社が規定している為替レートで両替するかを選択することができるという意味です。

このような表示が出る場合、ATMの提示しているレートは割高に設定されていることが多いため注意が必要です。

「Continue with conversion(レート換算して取引を続ける)」ではなく
「Continue without Conversion(レート換算をせずに取引を続ける)」を選択してカード会社の為替レートで両替した方が安心です。

カード会社為替レートとは?

VISAとMasterCardなどのカード会社によって、それぞれその日の為替レートに合わせて独自のレートを設定しています。

カード会社のホームページからレートを確認することが出来ます。

カナダドルについて

カナダの現地通貨、カナダドルについてご紹介します。

現在カナダドルは1CAD=約90円となっています。

買い物の際簡単に計算するには値段に対して100を掛けるとおおよその日本円に換算することが出来ます。

例えば、20CADは2,000円ぐらい、5CADは500円ぐらいといった感じです。

カナダドルの紙幣の種類

カナダドルの紙幣の種類は全部で5種類です。

主用色 肖像・模様
5ドル ウィルフリッド・ローリエ、カナダ国会議事堂西ブロック
10ドル ジョン・A・マクドナルド、国会議事堂図書館
20ドル エリザベス2世女王、国会議事堂「平和の塔」
50ドル ウィリアム・ライアン・マッケンジーキング、国会議事堂中央部
100ドル ロバート・ボーデン、国会議事堂東ブロック

カナダドル紙幣はどれもよく使うの?

カナダでは、最も大きい額の100ドル札はあまり使用することがありません。

小さなお店などでは偽札対策のため使用を断られることがあるので気を付けてください。

よく使われている紙幣は20ドル札です。

ATMでお金を引き出すときも100ドル札ではなく20ドル札が5枚などで出てきます。

カナダドルの硬貨の種類

カナダドルの硬貨の種類は全部で6種類です。

表面 裏面
2ドル エリザベス2世女王 白熊
1ドル エリザベス2世女王 ルーン(国鳥)
50セント エリザベス2世女王 カナダの国章
25セント エリザベス2世女王 カリブー(トナカイ)
10セント エリザベス2世女王 ブルーノーズ(船)
5セント エリザベス2世女王 ビーバー

硬貨の中でもあると便利なのは?

カナダの硬貨の中でよく使われているのは2ドル、1ドル、25セントです。

特に25セントは自動販売機やコインランドリーなどで、また2ドル、1ドルはチップを渡すときに使うことが出来るのでお財布の中に用意しておくと便利ですよ。

まとめ

今回利用したRBC Royal BankのATMは手数料が安くお得にカナダドルに両替できるのでオススメですよ。

ATMを手軽に利用して旅行をさらに楽しんできてくださいね!