【完全無料】海外旅行保険がゼロ円になる裏技!?

ラオスにビザは必要?入国カードの書き方から入国審査まで徹底攻略版

海外旅行保険がゼロ円になるカード?
EPOSカード
EPOSカードは、
ゴールドカード以上の補償額の海外旅行保険が無料
旅行保険の付帯条件なし
しかも年会費完全無料
と、海外旅行好きには超オトクなカード。
海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由

ニューヨーク・タイムズの「世界で一番行きたい国」第1位にも選ばれたラオスは魅力がたっぷり!

日本からの距離も比較的近いので次の旅行先にされてる方も多いはず。

そんなラオスに行くためにビザは必要なのか、入国する際にどんな手続きが必要なのか事前にわかっていれば着いた後で慌てなくて済みますよね。

ということで今回はラオスに何度も行ったことのあるラオス通のhiroが入国の際に必要な基本情報と、空港から市内までの行き方を徹底的にまとめました。

スポンサーリンク

ラオス入国にビザは必要?

原則としてラオス入国から15日以内の滞在であればビザは必要ありません。

ラオスでの滞在が連続して15日を超える場合は、15日以内に第三国(日本に帰国しなくてもよい)に出れば、再入国時にノービザで15日以内の滞在が許可されます。

どこにも出国することなく15日以上滞在する場合は、ビザが必要になります。

ビザ免除の必要条件

ラオスにノービザで入国するための条件は

  • 日本のパスポートの有効期間がラオス入国時に6ヶ月以上残存していること。
  • ラオス滞在目的が観光であること。
  • ラオスでの滞在期間が入国時から連続して15日以内であること。

以上の条件を満たしていればノービザでラオスに入国が可能です。

15日以上30日以内滞在できるビザの申請方法

ラオスビザの申請方法は二種類あります。

  • 空港など入国時にアライバルビザを取得
  • 駐日ラオス大使館で事前に取得

駐日大使館は、東京にしかなく、直接出向く必要があるので東京以外の方はアライバルビザの取得をオススメします。

「アライバルビザ」申請に必要な書類・料金

入国時に取得できる「アライバルビザ」の申請に必要な書類は3点、費用もかかります。

  • ビザ申請書(申請先にて入手)
  • 6ヶ月以上有効期限があるパスポート
  • 写真(3.5×4.5cm)2枚
  • ビザ申請手数料:$30=約3,350円(休日およびオーバータイムは31ドル)

アライバルビザ発給可能なラオス空港

  • ヴィエンチャン・ワッタイ国際空港(パスポートコントロール(入国審査)の右側)
  • ルアンパバン国際空港
  • パクセ国際空港
  • サワンナケート国際空港

アライバルビザ発給可能な国境一覧

ラオスはタイ・ベトナム・中国に接しています。

それぞれの国境でもアライバルビザを発行してもらえます。

ラオス-タイ国境

ラオス側国境 タイ側国境
ヴィエンチャン
(タイ・ラオス友好の橋)
ノンカイ
ワンタオ チョンメック
サワナケット ムクダハーン
フェイサイ チェンコーン
ターケーク ナコンパノム
ナムグゥン ホアイコン

ラオス-ベトナム国境

ラオス側国境 ベトナム側国境
ナムパオ カオチェオ
デーンサワン ラオバオ

ラオス-中国国境

ラオス側国境 中国側国境
ボーテン ボハン

参照:駐日ラオス大使館HP

アライバルビザ取得にかかる時間は?

現地でアライバルビザを取得する際は、手続き完了まで2時間ほどかかることがあるようです。

入国時のスケジュールは時間の余裕をもって立てるといいですよ。

駐日ラオス大使館でビザを取得する方法

直接、東京にある駐日ラオス大使館に出向き、ビザを申請します。

駐日ラオス大使館

〒106-0031 東京都港区西麻布3丁目3−22
申請時間 月~金曜日 09:30~11:30、14:30~16:30
受領時間 月~金曜日 14:30~16:30
休館日 土・日曜、両国祝祭日
電話番号 03-5411-2291

ラオスのビザを延長する方法

事前のビザ申請またはアライバルビザを取得した場合は、ラオス現地のイミグレーションオフィスに行くと延長手続きをすることができます。

最大で30日間までの延長でき、料金は1日につき20000kip(約255円)になります。

入国後のビザ延長手続きには、1日〜2日かかるようなので、ゆとりをもって申請した方が良さそうです。

ノービザ入国の場合、滞在延長はできないので気をつけてくださいね。

ラオス入国カードの書き方

飛行機でラオスに行く場合は飛行機内で、陸路で入国するときはバス内で出入国カードをもらえます。

入国時に入国カード(ARRIVAL)出国カード(DEPARTURE)両方を記入しておきます。

入国カード(ARRIVAL)の記入例

入国カード

表記番号 英語 日本語 書き方
1 ARRIVAL Entry point 入国 どこから入国したかを記入(例:Vientiane
2 Family name・Name 性・名前 苗字からパスポートと同じスペルで記入
3 Male Female 男性 女性 どちらかチェック
4 Date of birth 出生年月日 日/月/西暦年の順
5 Place of birth 出生地 県名を記入
6 Nationality 国籍 日本ならJapanと記入
7 Occupation 職業 公務員、会社員など英語で記入※下記参照
8 Passport number パスポート番号 パスポートに記載されている番号をアルファベットから記入
9 Expiry date パスポート有効期限 パスポート記載通りに記入
10 Date of issue パスポート取得年月日 パスポート記載通りに記入
11 Place of issue パスポートを取得した場所 国名を記入
12 Visa number ビザ番号 事前にラオスのビザを取っていれば記入
13 Date of issue ビザ取得年月日 パスポート記載通りに記入
14 Place of issue ビザ取得した場所 国名を記入
15 Intended address in Laos ラオスでの滞在先 スペース上、ホテル名だけ記入
16 Purpose of Entry 入国目的 観光であればTourismにチェック
17 Traveling by 入国時の乗り物 飛行機の場合Flight No.を記入
18 Traveling from ラオスに来る前の最終出発地 最新の出国スタンプを押された場所を記入
19 Traveling in package tour ツアーできたかどうか ツアー会社などで来た場合Yesにチェック
20 tel 連絡先電話番号 つながる電話番号を記入
21 For official use only 職員記入欄 空白のまま記入しない
22 Date ラオス入国時の年月日 日/月/西暦年の順に記入
23 Signature 署名 パスポート記載と同じ書体でサイン

出国カード(DEPARTURE)の記入例

出国カード

表記番号 英語 日本語 書き方
1 Departure point ラオスから出国する場所 例:Vientiane
2 Family name・Name 性・名前 苗字からパスポートと同じスペルで記入
3 Date of birth 出生年月日 日/月/西暦年の順
4 Place of birth 出生地 県名を記入
5 Male Female 男性 女性 どちらかチェック
6 Nationality 国籍 日本ならJapanと記入
7 Occupation 職業 公務員、会社員、自営業など英語で記入※下記参照
8 Date 出国年月日 出国の日付を日/月/西暦年の順で記入
9 Passport number パスポート番号 パスポートに記載されている番号をアルファベットから記入
10 Date of issue パスポート取得年月日 パスポート記載通りに記入
11 Place of issue ビザ取得した場所 国名を記入
12 Signature 署名 パスポート記載と同じ書体でサイン
13 Last residense in Lao PDR before leaving ラオス滞在最後の居住先 最後に泊まったホテル名を記入
14 For official use only 職員記入欄 空白のまま記入しない

職業英語記入例

職業欄は英語で書く必要があります。

日本語 英語
会社員 OFFICE WORKER
会社役員 EXECUTIVE OF BUSINESS FIRM
会社社長 PRESIDENT OF BUSINESS FIRM
地方公務員 LOCAL GOVERNMENT OFFICIAL
個人経営者 PROPRIETOR
主婦 HOUSEWIFE
学生 STUDENT
会社員 OFFICE WORKER
無職 NONE

ラオスの入国カードに記入する際の注意事項

ラオスの入国カードに記入する際には青か黒のボールペンではっきりと記入してください。

くれぐれも鉛筆やマジックでは記入しないように気をつけてくださいね。

字がつぶれて読めなかったりすると、書き直しを求められることもあります。

特に名前はパスポートと同じ表記で書かなければならないので、アルファベットが全て大文字であればその通り書くのがベストです。

また、名前に「ん」がある方はパスポート上の表記は「N」なのか「M」なのか確認しておきましょう。

ラオスに物品やお金を持ち込む際に注意する点

ラオス入国時に外貨の持ち込み制限はありません。

いくつかの物品は持ち込みが制限されています。

持ち込み制限のある物品リスト

  • 麻薬(ラオスでは過去に麻薬密輸で死刑になった事例もあるほど刑が厳しい)
  • 銃器
  • 象牙
  • 性的な描写がある出版物やビデオ

などが持ち込み不可です。

ラオス入国審査の手順

今回はビエンチャン・ワッタイ国際空港を利用した入国審査の手順をお伝えします。

  1. 空港内にあるPassport control(入国審査)の標識に沿って移動
  2. 通路の所々にあるPassport control(入国審査)という標識に従って歩いていくと入国審査の広い部屋に着きます。

  3. 入国審査のフロアに着いたらForeignerという外国人専用ラインに並ぶ
  4. カウンターに審査官が数人いますが、私たち外国人はForeignerという外国人専用ラインに並びます。

    臨機応変に係官からとなりのASEANラインに行くように言われることもあるので、係員の指示に従いましょう。

  5. 審査官にパスポートと出入国カードを渡す
  6. 自分の番が来たら審査官にパスポートと出入国カードを渡します。(パスポートカバーは外して、出入国カードは切り離さずに)

    帽子やサングラスなどははずしましょう。

    審査官が入国スタンプを押して、パスポートを返してくれれば入国審査は終わりです。

    パスポートにちゃんと入国スタンプが押してあるか、また出国カードがちゃんとパスポートに挟まっているか確認してくださいね。

    出国カードをなくしたらどうなるの?

    もし出国カードがないと出国の際に予定通り出国できなくなる可能性があります。

    タイの場合ですが、警察署かイミグレーションに申告し新たに出国カードをもらう必要があります。

  7. 荷物受け取り場へ
  8. エスカレーターを降りると荷物受け取り場があります。

    自分の荷物を受け取ってそのまま出口を出ると空港のロビーに出られます。

ラオスの入国審査で良く聞かれる質問とその答え方

ラオスの入国審査ではよほどの事がない限り審査官から何か聞かれることはありません。

例えば、1年の内に不自然なほど何度も行き来しているとか、パスポートに何か入国に不都合な情報が記録されている(オーバーステイの記録など)のであれば渡航目的を聞かれることがあります。

私個人の経験では、これまで空路、陸路合わせて10回以上ラオスに行きましたが入国時に渡航目的を聞かれたことはありませんでした。(年間4回ほど往来したことも)

もし何か聞かれても「観光です」と言えば大丈夫でしょう。

ラオスの入国審査の注意事項

  • 入国審査の時に騒がない
  • 写真を撮ることは禁止されているので、写真を撮らない
  • 審査官や係官の指示に素直に従う

もし仮に理不尽だと思うことがあったとしても怒って怒鳴ったり、詰め寄ったりすると最悪強制帰国させられることもあるのでくれぐれも冷静に大人の対応をしましょう。

まとめ

ラオスの入国審査はそれほど難しくありません。

入国カードは英語で書きこめるように分からない単語など事前に下調べしておくと安心ですね。

魅力たっぷりのラオスについたら入国の手続きはスムーズに済ませて快適な旅行を楽しんできてください!