【完全無料】海外旅行保険がゼロ円になる裏技!?

【写真あり】ニュージーランドのATMを使ってニュージーランドドルに両替(現金引き出し)する方法を詳しく紹介します

海外旅行保険がゼロ円になるカード?
EPOSカード
EPOSカードは、
ゴールドカード以上の補償額の海外旅行保険が無料
旅行保険の付帯条件なし
しかも年会費完全無料
と、海外旅行好きには超オトクなカード。
海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由

こんにちは!ニュージーランド・オークランド在住のリリです。

ニュージーランド旅行で現地の通貨をできるだけお得に手軽に両替できたらいいですよね。

実は日本で両替するよりも現地のATMで日本のカードを使ってニュージーランド ドル(NZD)へ両替する方がお得なので今回はその方法を詳しく紹介しますね。

スポンサーリンク

ニュージーランドのATMで使える日本のカードの種類

ニュージーランドのATMではVISA、Master Card、Cirrus、PLUS、JCBデビットカードのカード利用ができます。

ニュージーランドにはATMはどこにある?

ニュージーランドでは街中のいたるところにATMがあります。

銀行内やショッピングモール内にあるのですぐに見つかりますよ。

ニュージーランド・オークランド市内にある銀行

オークランド市内のメインストリートであるクインストリートには数メートルおきにANZ銀行、Kiwi銀行、ASB銀行、bnz銀行とニュージーランドの代表する銀行である各社のATMがそれぞれ立ち並んでいます。

クインストリートにあるANZ銀行の場所

オークランド市内にある主要駅のブリトマート駅近くに日本でも有名なH&Mというファストファッションのお店があります。

H&Mの正面ゲート側に信号機があり、渋谷のスクランブル交差点のような大きな交差点があります。

H&Mの向かい側に、ANZと白字のロゴと周りが明るいスカイブルーとネイビーの色が特徴的なガラス一面で覆われた大きなビルがANZ銀行です。

建物の中と外にそれぞれ一つATMがあります。

ANZ銀行の営業時間

月曜~金曜まで 9:00~16:30(窓口)

ショッピングモール内の銀行は土日も営業しており、19:00まで営業しているところもあります。

ATMは24時間使用できます。

ニュージーランドのANZ銀行ATMでニュージーランドドルへ両替する方法

ANZ銀行(オーストラリア アンド ニュージーランド 銀行)のATMを使ってニュージーランド ドル(NZD)へ両替しました。

今回は日本でも使っているJCBデビットカードを利用しました。

  1. カードを挿入
  2. 緑色のカード挿入口にクレジットカード(or デビットカード)を差し込みます。

  3. 表示言語を選択
  4. 次に「Please enter your PIN then press Enter(PIN入力後にEnterを押してください。)
    Press Clear for correction(修正時はClearを押してください)」と表示されます。

    それぞれ英語の表記があり、英語が苦手・・・と戸惑うかもしれませんが安心してください。

    画面左下の”日本語”の表記のところをタップすると日本語表記に切り替わります。

    オークランド内にあるANZ銀行(オーストラリア アンド ニュージーランド 銀行)のATMはどれも日本語対応の表記があるので英語が苦手でも大丈夫です!

  5. 暗証番号(PIN)を入力
  6. 手元にあるテンキーから暗証番号を入力します。

  7. 引き出し金額を選択もしくは入力する
  8. ANZ銀行のATMではキーパッドから金額を入力するほかに、画面に表示される
    $ 20、$ 60 、$ 100、$ 200 の中から指定し選ぶことが出来ます。

  9. 取引方法を選択する
  10. クレジットカード、デビットカードでキャッシングする場合は画面上にある「クレジットカード」を選択します。

  11. レシートが必要かどうか選択する
  12. レシート(取引明細)を印刷するか選択できます。

    レシートがあると万が一の時に役に立つので、必ず受け取りその場で捨てずに保管しましょう。

  13. 手数料を確認する
  14. 一回の取引に対して手数料が$ 3.00 (約234円)かかります。

    ANZ銀行の手数料

    ANZ銀行は2018年7月以降手数料がかかるようになりました。(2019年3月現在)

    「はい」を選択すると取引内容の詳細が画面上に現れます。

    レシートにも記載されますが、この場でも確認しましょう。

    「JPY口座から支払う」をタッチして進みます。

  15. お金とカードを受け取る
  16. お金とカードが同時に出てきますので焦らず、現金とカードをそれぞれ受け取りましょう。

    ※ 取引した金額がATMから出てきた金額と同じか必ず確かめてくださいね。

  17. レシートを受け取る
  18. 最後にレシートが出てくるので捨てずに受け取りましょう。

これで取引完了です。

ATMで使う英単語

  • 普通預金(Saving Account)
  • 当座預金(Cheque Account)
  • 貯金(Saving)
  • 引出し(Withdraw)
  • 預金(Deposit)
  • 暗証番号(PIN)
  • 振込(Transfer)
  • 利子(Interest)
  • 元金(Principal)
  • 両替(Exchange)

ニュージーランドのATMを使う時の注意点

ニュージーランドのATMを使う時の注意点をまとめました。

各銀行の建物内に設置されたATMを利用しましょう

オークランド市内のメインストリートであるクイーンストリートには道沿いにATMが数メートルおきごとに設置されています。

そのほとんどは建物の壁側に設置され、日本のように囲まれた空間は一切ありません。

クイーンストリートは観光地であり平日、土日ともに多くの人が行き交います。

ホームレスも多く、時々お金を求めてくるときがあります。

いつどんな人に狙われるか分かりませんので、リュックであれば自身の前側に抱えながらお財布、携帯とすべてのものから目を離さず、たとえ誰かが声をかけようともATMから離れないようにしましょう!

できる限り各銀行の建物内に設置されたATMを利用すると安心ですよ。

警備員に見えても近くに人がいれば疑おう!

声をかけられても無視する!

現金とカードを絶対に忘れず受け取る!

クレジットカード(or デビットカード)利用時の暗証番号について

暗証番号の入力は3回間違えると利用がロックされ、クレジットカードは使えなくなります。

ロック解除するにはカード会社へ連絡するか、帰国して手続きをしなければならなくてはいけません。

面倒にならないようにカードの暗証番号は出国前に確認しておきましょう。

ニュージーランドのATMでは「7桁」の入力を求められますが、日本で作ったときの暗証番号4桁を入力しENTERボタンを押せば大丈夫です。

出国前に暗証番号を確認する!

7桁入力できても登録してある4桁の番号を入力すれば大丈夫

ATMでトラブル発生しても慌てずに

ATM内に現金が用意できていないことがあるようです。

その場合、取引手続きを終えてからクレジットカードがなかなか戻ってこない場合もあるようですが、たとえ10分以上経過しても、ATMからは決して離れず、ATMの連絡先または使用したクレジットカード会社へすぐに連絡をとりましょう。

現金が出てこない場合にもレシートはかならず出てくるので捨てずに証拠として大事に保管しましょう。

カードが戻ってこなくても慌てない

人が後ろに並んでいても10分は待つ

ATMから離れない

その場でATMに記載された連絡先またはカード会社へ連絡する

使用するカード会社の連絡先を携帯へ登録しておく

レシートは捨てずに保管する

さいごに

ニュージーランドは街中やバスの中で気軽に話しかけてくれたりと、とてもフレンドリーな人たちがとても魅力的!

上手にATMを利用して旅行を楽しんできてくださいね!