海外旅行保険がゼロ円になるカード?

【写真あり】アメリカ(サンフランシスコ)のATMを使って米ドルに両替(現金引き出し)する方法を詳しく紹介します

海外旅行保険がゼロ円になるカード?
EPOSカード
EPOSカードは、
ゴールドカード以上の補償額の海外旅行保険が無料
旅行保険の付帯条件なし
しかも年会費完全無料
と、海外旅行好きには超オトクなカード。
海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由

大自然もエンターテイメントも充実したアメリカとくにサンフランシスコは人気の観光地ですよね。

そんなアメリカに旅行に着いたら、すぐに必要になるアメリカドルをなるべく簡単に手軽に両替できたらいいですよね。

両替の方法はいろいろありますが、今回はアメリカ・サンフランシスコのATMを利用して米ドルを引き出す方法をご紹介します。

スポンサーリンク

アメリカ(サンフランシスコ)のATMはどこで見つけられる?

アメリカのATMは空港内各所に設置されています。

街中でもたくさんある銀行にATMも併設されていたりと、簡単に見つけることができますよ。

アメリカ(サンフランシスコ)のATMで利用できるカードの種類は?

アメリカのATMでは、どこのATMでもMasterCard、VISAのいずれのブランドのカードを利用することができます。

アメリカのATMで利用することのできる日本のカードには以下のものがあります。

アメリカ(サンフランシスコ)のATMの使い方

今回は、2種類のATMを利用して米ドルを引き出してみました。

それぞれのATMの使い方をご紹介しますね。

us bankのATMを利用して米ドルを引き出してみた

まずはus bankのATMの使い方からご紹介します。

  1. カードを挿入する
  2. カードを挿入口に差し込みます。

    ATM機械の右手にカードの挿入口があります。

    今回はMasterCardを利用しました。

  3. 表示する言語を選択する
  4. 「Key in your PIN,and press Enter.(キーパットでピンを入力し、エンターキーを押す)」と表示された画面左下に、
    Language(言語)
    Exit and return card(中止しカードを取り出す)
    と二種類のメニューが表示されてます。

    Language(言語)のボタンを押すと切り替えることが可能な表示言語が表示されます。

    us bankのATMでは英語、スペイン語、中国語のほかに、なんと日本語を選択することができるようになっています!

    日本語をタップして選びましょう。

  5. PIN番号(暗証番号)の入力
  6. 手元にあるキーパッドを利用して暗証番号を入力します。

    暗証番号を入力し終わったら、緑色のENTER(確定)ボタンを押しましょう。

  7. 取引の方法を選択する
  8. 取引の方法を選択します。

    「速い現金(40ドル)して終了」とはワンタッチ取引のことで、このボタンを押すといろいろな操作の手間を省いて、40USDをすぐに引き出すことができます。

    その他に
    「現金の引き出し」
    「預け入れ」
    の中からも選ぶことが出来ます。

    今回は一番上のワンタッチ取引を選択して40USDを引き出しました。

    アメリカドルの表記方法

    米ドルはUSDと表記されます。

  9. レシートの有無の選択
  10. レシートの有無を選択します。

    レシートは何かトラブルがあった場合に必要になるので、必ず印刷しておくようにしましょう。

  11. 取引にかかる手数料の確認
  12. 今回の取引に対しての手数料の確認画面です。

    us bankのATMでは3USD(約300円)の手数料がかかります。

    金融機関からの手数料がある場合、別途料金」となります。

    このまま取引を続ける場合は「はい」を選択し次に進みます。

  13. 取引レートの確認
  14. 為替レートについて2種類の表示が出てきます。

    「為替換算ありの引き出し(us bankのATMが設定している為替レートでの両替)」
    「為替換算なしの引き出し(利用しているカード会社が設定した為替レート)」
    の中から希望の取引を選びます。

    ※為替レートについては下記の「ATMが提示する割高レートに注意」の項目で詳しく解説しているので参考にしてください。

    「為替換算なしの承諾」を選択して次に進みます。

  15. 現金を受け取る
  16. 次に進むと「現金をお取りください」と表示されます。

    機械の下側から出てくる紙幣を忘れずに受け取てください。

  17. レシートとカードを受け取る
  18. レシートとカードが出てきます。

    忘れずにレシートとカードを受け取りましょう。

これでus bankのATMの取引は完了です!

TravelexのATMを利用して米ドルに両替してみた

次に利用したのはTravelexのATMです。

こちらのATMの利用方法もご紹介します。

  1. カードを挿入する
  2. カードを挿入口に差し込みます。

    画面向かって右側にある挿入口にカードを挿入しましょう。

    カードを挿入すると「Chip card detected.(カードのチップが読み込まれました)
    Please re-insert your card to continue.(カードを再挿入してください)
    Please do not remove your card until instructed.(指示があるまでカードを取り出さないでください)」と表示されます。

    一度カードを取り出してから、もう一度挿入し直します。

  3. 表示する言語を選択する
  4. 「Please choose your language(あなたの言語を選択してください)」と表示されます。

    TravelexのATMでは英語とスペイン語を選択することができます。

    今回は英語表記を選択しました。

  5. 暗証番号(PIN)を入力する
  6. 「Please enter your PIN and then press here(PINを入力してここを押してください)」と表示されます。

    画面下に設置されているキーパッドを利用してPIN(カードの暗証番号)を入力します。

    暗証番号を入力したら、画面上に表示されている文字の左にあるボタンを押して次に進みましょう。

  7. 口座残高の確認
  8. 次に「Would you like to check your account balances?(あなたの口座の残高を確認しますか?)」と表示されます。

    ここでは残高の確認は特に必要でないためNOを選択して次に進みます。

  9. 取引方法の選択
  10. 次に「Select transaction(取引方法の選択)」と表示されます。

    表示上から順に
    「WITHDRAWAL(引き出し)」
    「INQUIRY(残高照会)」
    「TRANSFER(振替)」です。

    今回は現金の引き出しを行うので一番上の「WITHDRAWAL(引き出し)」を選択しました。

  11. 取引口座の選択
  12. 「Please select the transaction account(取引口座を選択してください)」と表示されます。

    Cheking(当座預金口座)
    Sarving(預金口座)
    Credit Card(クレジットカード)
    から選択します。

    今回はクレジットカードのキャッシングを利用して現金の引き出しを行うので「Credit Card(クレジットカード)」を選択しました。

  13. レシートの有無を選択する
  14. 次に「Would you like a receipt?(レシートが必要ですか?)」と表示されるのでYESを押して次に進みましょう。

    レシートは何かトラブルがあった場合に必要になるので忘れずに発行するようにしてくださいね。

  15. 引き出す金額の選択
  16. 「Please select amount(取引金額の選択をしてください)」と表示されます。

    ATMが設定している金額
    20USD(約2,200円)
    40USD(約4,500円)
    60USD(約6,700円)
    80USD(約9,000円)
    100USD(約11,000円)
    200USD(約22,000円)
    の中から選択(希望金額の横のボタンを押す)できます。

    希望金額を手入力したい場合はotherを選ぶと、画面が切り替わりテンキーから数字を入力できます。

  17. 為替レートと取引の確認
  18. 取引の確認画面が表示されます。

    • Cash Withdrawal(引き出し金額)100USD
    • Access Fee(利用手数料)4USD
    • Total Amount(合計引き出し金額)104USD
    • Terminal Exchange Rate(為替レート)1USD=120.9866円
    • Transaction Amount With Conversion
      (この取引での日本円換算)12,583円

    取引内容を確認したら画面右下の「Continue With Conversion (この取引で確定する)」を選択しましょう。

  19. カードを取り出す
  20. 「Pleace remove your card(カードを取り出してください)」と表示されますので、カードを取り出しましょう。

  21. 紙幣とレシートを受け取る
  22. 機械の下側から出てくる紙幣とレシートを忘れずに受け取りましょう。

これで取引は完了です!

ATMが提示する割高レートに注意

今回アメリカで利用したATM二種類はどちらもレートの案内表示がされました。

us bankのAMTの提示するレート

Us bankのATMでは

  • 「為替換算ありの引き出し」=us bankのATMが設定している為替レートでの両替
  • 「為替換算なしの引き出し」=利用しているカード会社為替基準レートでの両替

から好きなタイプを選択できます。

ATMの提示しているレートは割高に設定されていることが多いため注意しましょう。

この場合「為替換算なしの承諾」を選択するとカード会社為替基準レートでの両替になりおトクになります。

TravelexのATM提示するレート

TravelexのATMでは画面にATMが設定しているレートのみが表示されます。

この場合は「Continue Without Conversion」を選択するとカード会社規定の為替レートで両替を行うことができます。

カード会社為替基準レートとは?

VISAとMasterCardなどのカード会社によってそれぞれその日の為替レートに合わせて独自のレートを設定しています。

カード会社のホームページからレートを確認することが出来ます。

まとめ

アメリカに旅行する際には現地のATMを利用すると手軽米ドルが手に入るのでオススメですよ。

特にus bankのATMはTravelexのATMに比べて1USD手数料が安く、さらに日本語の表記も選択することが出来たのでとても便利でした。

アメリカ(サンフランシスコ)に旅行する際には上手にATMを利用して快適な旅を楽しんできてくださいね。