海外旅行保険がゼロ円になるカード?
スポンサーリンク

【写真あり】フィリピン・セブ島のATMを使って現地通貨ペソに両替(現金引き出し)する方法を詳しく紹介します

海外旅行保険がゼロ円になるカード?
EPOSカード
EPOSカードは、
ゴールドカード以上の補償額海外旅行保険が無料
旅行保険の付帯条件なし
しかも年会費完全無料
と、海外旅行好きには超オトクなカード。
海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由

綺麗な海に囲まれたフィリピンは日本からも近く、日本人にとっても人気の観光地の一つですよね。

セブ島などのリゾート地に旅行!となったら用意したいのは現地の通貨。

手軽に簡単に現地通貨に両替するには現地に到着してから現地のATMを利用して現地通貨を引き出す方法がオススメ。

今回は、フィリピン(セブ島)のATMを利用して現地通貨に両替する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

フィリピン(セブ島)のATMはどこで見つけられる?

フィリピン(セブ島)のATMは空港内各所に、またセブ市内の銀行やショッピングモールなどの中で簡単に見つけることができますよ。

フィリピン(セブ島)のATMで利用することのできるカードは?

フィリピン(セブ島)のATMでは、どこのATMでもMasterCard、VISA、JCBのいずれのブランドのカードを利用することが出来ます。

フィリピン(セブ島)のATMで利用することのできる日本のカードには以下のものがあります。

フィリピン(セブ島)のATMの使い方

今回はBPI(バンク・オブ・ザ・フィリピン・アイランズ)とSECURITY BANKのATMを利用してみました。

それぞれのATMの利用の仕方を詳しく紹介しますね。

BPI(バンク・オブ・ザ・フィリピン・アイランズ)のATMの利用の仕方

BPI(バンク・オブ・ザ・フィリピン・アイランズ)のATMを利用してフィリピンペソに両替してみました。

  1. カードを挿入する
  2. 向かって右側にあるカードの挿入口にカードを挿入します。

    今回はMasterCardを利用しました。

  3. 表示する言語を選択する
  4. 「Please select language(表示する言語を選択してください)」と表示されます。

    BPIのATMで利用できる言語は、英語とTAGLISH(タグリッシュ)です。

    タグリッシュとは?

    TAGLISH(タグリッシュ)とはフィリピンで利用されている言語の一つで、タガログ語と英語が混ざった混成語でフィリピンではよく使われている言葉です。

    今回は英語を選択して次に進みます。

  5. 取引金額の選択を行う
  6. 次に進むと「Please select a transaction (取引金額を選択してください)」と表示されます。

    PHP10,000(約21,100円)
    PHP5,000(約10,500円)
    PHP2,000(約4,200円)
    PHP1,000(約2,100円)
    INQUIRY(残高照会)
    ENTER WITHDRAWAL AMOUNT(引き出し金額を入力)
    OTHER SERVICES(その他のサービス)
    の中から選択します。

    自分で金額を入力して引き出し金額を設定したい場合はENTER WITHDRAWAL AMOUNT(引き出し金額を入力)を選択すると入力画面に切り替わります。

    フィリピンペソの簡易表記方法フィリピンペソはPHPと表記されます。
  7. レシートの有無の選択
  8. 次に「Do you want a receipt?(レシートは必要ですか?)」と表示されます。

    レシートは何かトラブルがあった場合に必ず必要になってきますので、発行して持って置くようにしましょう。

  9. 暗証番号を入力する
  10. 「Please enter your Personal identificacion Number(PIN)and press ENTER key(あなたの暗証番号を入力してENTERキーを押してください)」と表示されたら手元に設置されているキーパッドから暗証番号を入力します。

    暗証番号を入力したらキーパッドの右側にあるENTERと書かれた緑色のボタンを押してください。

  11. 取引方法の選択
  12. 「Please select from account(取引方法を選択してください)」と表示されます。

    CURRENT(当座預金)
    SAVING(預金)
    CREDIT(クレジット)
    PREPAID(プリペイド)
    から選択できます。

    今回はクレジットカードのキャッシングを利用して引き出すのでCREDIT(クレジット)を選択しました。

  13. 利用手数料の確認
  14. 「Do you agree to pay surchaege 250.000For this transaction?(この取引にかかる手数料を支払うことに同意しますか?)」と表示されます。

    BPIのATMでは利用手数料としてPHP250(約530円)が請求されます。

    確認したらYESを押して次に進みましょう。

  15. カードを受け取る
  16. カードを受け取ります。


  17. 現金とレシートを受け取る
  18. 機械の下側から紙幣が出てきます。


    ]

    レシートも忘れずにとっておきましょう。

これで取引完了です。

SECURITY BANKのATMを利用してフィリピンペソを両替してみた

マニラの空港内にあるSECURITY BANKのATMを利用してフィリピンペソに両替してみました。

  1. カードを挿入する
  2. 画面右下にあるカードの挿入口にカードを挿入しましょう。

    今回はMasterCardを利用して現金を引き出しました。

  3. 暗証番号を入力する
  4. カードが挿入されると、「Please enter your Personal identificacion Number(PIN)(暗証番号を入力してください)
    Please Press ENTER If your pin is less than(6) Digit(暗証番号が6桁以下の場合は入力した後にENTERを押してください)」と表示されたら手元にあるキーパッドを利用して暗証番号を入力します。

    暗証番号が6桁以下の場合はキーパットにある緑色のENTERボタンを押してください。

  5. 取引口座の選択
  6. 「Please press the property for your desired transaction(ご希望の取引の方法を選択してください)」と表示されます。

    Balance inquiry(残高照会)
    Transfer(送金)
    Checkbook reorder(小切手)
    Bills payment(請求書の支払い)
    Withdraw cash(現金引き出し)
    Farstcash(ファーストキャッシュ)
    Creditcard cash advance(クレジットカードのキャッシング・サービス)
    の中から利用するカードに合わせて選択しましょう。

    今回はWithdraw cash(現金引き出し)を選択しました。

  7. 取引方法の選択
  8. 「Please press the proper key for your desired from account(希望する取引を選んでボタンを押してください)」と表示されます。

    SAVINGS(預金)
    CHECKING(当座預金)
    CREDIT CARD(クレジットカード)
    の中から取引方法を選びます。

    今回はクレジットカードでのキャッシングを利用するので、CREDIT CARD(クレジットカード)選択しました。

  9. 利用手数料の確認
  10. 「For all cards issued abroad this ATM will charge an access fee of PHP250 in addition to any fees that may be charged by your bank(全てのカードはこのATMを利用する際に250フィリピンペソ(約530円)が請求されます)」と表示されATMを利用する際にかかる手数料の説明がされます。

    確認したらYESを押して次に進みましょう。

  11. 引き出す金額の設定
  12. 「Please enter desired amount(希望金額を入力してください)」と表示されたら、手元のキーパッドから希望の金額を入力します。

    金額を入力したら、Please confirmのYESを選択して次に進みましょう。

  13. カードを受け取る
  14. 「Please get your card(カードを受け取ってください)」と表示されたらカードが出てくるので忘れずに受け取りましょう。

  15. 紙幣とレシートを受け取る
  16. 機械の下側部分から紙幣が出てきます。


    レシートも受け取ったらこれで取引は完了です!

フィリピンペソについて

フィリピンの通貨ペソについて紹介します。

フィリピンペソの補助通貨はセンタボです。

フィリピンペソ紙幣の種類

フィリピンペソ紙幣は6種類あります。

金額
1,000ペソ 青色
500ペソ 黄色
200ペソ 緑色
100ペソ 紫色
50ペソ 赤色
20ペソ オレンジ色

旧紙幣に注意

フィリピンでは旧紙幣での偽札が多かったため2010年に現在の新しいデザインの紙幣が発行されました。

2016年の1月には旧紙幣が失効券となり、2017年4月からは一切使用することが出来なくなっています。

見たことのないお札がお釣りなどで混ざっていないか、確認してくださいね。

フィリピンペソ硬貨の種類

硬貨の種類は6種類です。

10ペソ
5ペソ
1ペソ
25センタボ
10センタボ
5センタボ

このうち10センタボ、5センタボはあまり使われていません。

細かいお金を持ってくと便利

フィリピンでは、小さいお店などやタクシーに乗る際など大きい金額のお金を出すと取り合ってくれないことがあります。

お釣りをだしてくれないなんていうこともあるので、大きいお金はできるだけショッピングモールや大きいスーパーなどで使用し、小銭や小さめの金額もお財布の中に用意しておくようにしましょう。

まとめ

フィリピンのATMは利用方法も簡単で分かりやすいです。

フィリピン旅行の際は、現地のATMを上手に利用して快適な旅を楽しんできてくださいね。