海外旅行保険がゼロ円になるカード?

タイ×ベトナム周遊WiFiはどこがオトク?レンタル5社のプランを徹底比較!

海外旅行保険がゼロ円になるカード?
EPOSカード
EPOSカードは、
ゴールドカード以上の補償額の海外旅行保険が無料
旅行保険の付帯条件なし
しかも年会費完全無料
と、海外旅行好きには超オトクなカード。
海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由

ベトナム出張の多い私が頼りにしているのが、カードを持っているだけでベトナム航空でビジネスクラスと同等のサービスを受けられる《デルタアメックスゴールド》カード。この1枚ですっかり、ベトナム出張のストレスが激減しました。 ベトナム出張のストレスが激減する「デルタアメックスゴールド」とは

東南アジアの魅力を最大限に満喫したい!

そんな方にオススメなのが「タイ×ベトナム周遊プラン」です。

タイとベトナムは地理的にも近いこともあり、お互いの国を行き来するフライトもたくさんあるので旅行の計画もしやすいのが魅力!

これから周遊プランを考えているなら、タイとベトナムの両方で使えるレンタルWiFiがあると、旅行がもっと便利になります。

タイとベトナム周遊旅行に行く前に読んでほしい「タイ・ベトナムの周遊プラン」のWiFiレンタルについてまとめてみました。

スポンサーリンク

タイとベトナムの海外パケット定額は料金が高い

今使っているスマホを旅行に持っていきネットを楽しむためには、各携帯電話会社の海外向けプランに加入する必要があります。

例えば、ドコモの「海外パケ・ホーダイ」、auの「海外ダブル定額」、ソフトバンクの「海外パケットし放題」などがありますが、これらのプランは料金は非常に高く1日あたり2,980円も!

もし二人で旅行に行く場合にはわずか1日で約6000円もの出費になってしまうんです^^;

スマホの機種によっては定額料金が適用されないケースもあります。

ですので、海外パケット定額対応の国であっても事前に確認しておくことが大切です。

事例 「海外パケット定額」適用されずパケット代76万円事例

今回この記事でおすすめしたいのは、海外旅行の頼もしい味方「レンタルWiFi」です。

レンタルWiFiひとつあれば、お友達や家族とシェアできますし、セキュリティ面でも多くのメリットがあるんです!

タイとベトナムの無料WiFiスポット(フリーWiFi)事情

タイやベトナムでは様々な場所で無料WiFiが使えます。

とくにタイでは、2011年から「Free Public WiFi」という政府が設置した公衆WiFiサービスが使えるようになっています。

事前に登録が必要ですが、県庁や警察署、病院、公立の学校、病院、有名観光地などでインターネットができるので非常に便利です。

ベトナムでも同様で、ほとんどのカフェやレストランで無料WiFiを提供していますね。

国によってはホテルなどでWiFiが有料のものが多いのですが、ベトナムではほぼ全てのホテルでは無料WiFiが提供されています。

カフェやレストランではパスワードが設定されていないWiFiも存在します。
利用するのは便利ですが、個人情報を盗まれるリスクがあるので、極力使わないようにしましょう。

タイとベトナムの無料WiFiの感想

タイでは「Free Public WiFi」が使えるので非常に便利だったのですが、時間制限があるので注意が必要ですね。

ショッピングセンターなどで提供されている無料WiFiを利用するためのパスワードをもらうために、インフォメーションセンターでパスポートを提示したりと結構面倒でした。

バンコクなどの中心地では無料WiFiのホットスポットも多いのに、中心から離れると接続できる場所が少なくなるのでかなり不便さを感じましたね。

ベトナムでも同様で、ハノイやホーチミンといった都市以外では無料WiFiの数がやはり少なかったです。

ホテルなどでも無料WiFiを利用できる反面、ネット回線が遅いところや、電波が悪いところもあるので、安定してインターネットを利用するのは難しかったですね。

海外ポケットWiFiレンタルは安全で便利!

モバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)を使うには、複雑な設定が必要だと思っている方もいるようですが、そんなことはありません!

モバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)は事前に設定された状態で受け取ることができるので、そのまま電源オンにするだけでOK。

電源をオンにしたら、スマホやタブレットで設定する操作も非常に簡単!

たった2つの操作だけです。

(1)ポケットWiFiに書いてある「SSID」に接続
(2)パスワードを入力する

これだけでOK!

ほとんどのモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)には、SSIDとパスワードが本体に貼り付けてあるので、それを見ながら入力していけば接続完了!

一度設定をしてしまえば、後は何もせずに勝手にインターネットができるようになるので非常に便利なんです。

ポケットWiFiは、家まで郵送してもらうこともできるほかに、主要空港で受け取ることも可能です。

設定に自信が無かったり、使い方を教えてほしいという方は、空港での受取りにして係の方から色々教えてもらうのがオススメですよ。

タイ×ベトナムでWiFiレンタルを使った口コミ

  • バンコク市街地で使用しましたので全く問題ありませんでした。
  • バンコクではもちろん、水上マーケットなど都心から離れたところでも使用出来ました。
  • アユタヤ遺跡でも満足出来ます。 バス移動の時でも、郊外でも、安定して使えました。
  • ベトナムは、繋がりにくくなる場合があるとか聞いていたのですが、問題無く使用出来ました。
  • ホイアン、ミーソン遺跡でも問題なく利用できました。

(価格コム)

なぜタイ×ベトナム周遊がオススメなのか?

タイとベトナムの周遊がオススメできるひとつの理由は、アクセスの利便性です!

とくにベトナムは、タイやシンガポールといった国よりも日本から近く、4時間から5時間ほどで簡単に行くことができちゃいます。

ベトナムからタイのアクセスも、ベトナム航空を利用すれば、かなり多くのフライトがありますので旅行の計画に合わせて自由に時間を選べるのがうれしいポイントですね。

タイとベトナムにはそれぞれ世界遺産があるので、ふたつの国の世界遺産ツアーなんていうのも良いかもしれませんね!

タイとベトナムは時差がなく、日本との時差もわずか2時間だけなので、数日の旅行でも問題なく楽しめるのもタイ×ベトナム周遊プランのメリットです。

ベトナムとタイの周遊でレンタルWiFiを利用する場合には、「アジア周遊WiFiプラン」などのプランを申し込む必要があります。

レンタルWiFi各社のタイ×ベトナムを比較してみる

ここからは、タイとベトナム向けにレンタルWiFiを提供している、主な5社の料金を比較していきたいと思います。

1日間のレンタル料金を比較してみました。

タイ・ベトナム周遊 レンタルWiFi 1日間の料金
最安 jetfi 680円〜

(アジアプラン)

2位 XMobile 950円~

(アジア周遊プラン)

3位 WiHO 980円

(アジア周遊プラン)

4位 イモトの
WiFi
1020円

(アジア周遊プラン)

5位 グローバルWiFi 1,180円

(アジア周遊プラン)

実に様々なレンタルWiFi会社がアジア周遊プランを提供していますね。

でも、あえて個人的にオススメしたいのはグローバルWiFi です!

その理由は、24時間365日体制での対応、LINEやSkypeなどの無料通話での対応している点ですね!

旅行先で万が一のトラブルに遭ってしまっても、すぐに対応できるのは安心です。

タイ×ベトナムにWiFiレンタルは便利

各国の英語力をランク付けする「EF EPI」において、タイの英語力はアジア14位でした。(日本は6位)

バンコク、パタヤ、プーケットといった観光地であれば、英語や日本語を話せるスタッフもいますが、他の場所ではタイ語でしかコミュニケーションがとれないこともよくあります。

これとは対照的に、ベトナムの英語力はアジア5位と非常に高く、英語ができるベトナム人は比較的多くいますね。

しかし、ベトナム独特の訛りがあることも多く、人によっては言っていることが聞き取れないということも…。

そんな時でもレンタルWiFiがあれば、翻訳アプリを使ってコミュニケーションがとれますし、地図アプリで案内してもらうこともできます。

急なトラブルなどの万が一の際でも、レンタルWiFiでLINEやskypeを使えばすぐに助けを呼ぶこともできちゃいます。

さらにタイ、ベトナムでは東南アジアを代表するような観光地やリゾート地も多いので、レンタルWiFiがあればすぐにSNSでシェアすることも!

安全で楽しい旅にするためにもタイ・ベトナム周遊する際にはレンタルWiFiを持っていくのをオススメします!