海外旅行保険がゼロ円になるカード?

タイ×カンボジア周遊WiFiはどこがオトク?レンタル5社のプランを徹底比較!

海外旅行保険がゼロ円になるカード?
EPOSカード
EPOSカードは、
ゴールドカード以上の補償額の海外旅行保険が無料
旅行保険の付帯条件なし
しかも年会費完全無料
と、海外旅行好きには超オトクなカード。
海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由

東南アジアはいくつかの国が固まっているので周遊がしやすいのが魅力です。

数ある東南アジア周遊プランのなかでも特に人気なのが「タイ×カンボジア周遊プラン」です!

タイとカンボジアは隣国なので、飛行機はもちろん、鉄道やバスといった陸路でも簡単に行き来できちゃうので、旅行のためにあまり休みがとれない方にもオススメ。

アンコールワットなどの見どころもたくさんあるので、一度は行ってみたい周遊プランです。

これからタイとカンボジア旅行に行く前に読んでほしい「タイ・カンボジアの周遊プラン」のWiFiレンタルについてまとめてみました。

スポンサーリンク

タイとカンボジアの海外パケット定額は料金が高い

知らない国でも、インターネットさえあれば、翻訳アプリや地図アプリなどが使えるので安心して旅行できますね。

今使っている携帯電話をそのまま海外で使うこともできるのですが、そのためには各通信会社の提供する海外ローミングサービスに申し込む必要があります。

ドコモの「海外パケ・ホーダイ」auの「海外ダブル定額」ソフトバンクの「海外パケットし放題」などがありますが、非常に値段が高く基本的に1日あたり2,980円も通信料金がかかってしまいます。

自分ひとりの旅行であればまだしも、夫婦や家族で行くとなると費用もその数倍かかってしまいます^^;

スマホの機種によっては定額料金適応にならないケースがあるので注意してください。

海外ローミングサービスを申し込んでいたのに、機種によって適応外になり高額な通信料金を請求されてしまったケースもあるようです。

事前に機種やサービス内容を確認しておきましょう。

事例 「海外パケット定額」適用されずパケット代76万円

今回この記事でおすすめするのは、「レンタルWiFi」です。

「レンタルWiFi」さえあれば、格安でインターネットが使えてしまうだけでなく、タブレットやパソコンなどもインターネットできちゃいます。

しかも「レンタルWiFi」はネット回線をシェアすることができるので、たった1つ契約するだけで、お友達や家族のスマホやタブレットもネットに接続できます。

これから海外旅行に行く方はぜひチェックしてみてください!

タイとカンボジアの無料WiFiスポット(フリーWiFi)事情

タイ政府は、観光客のインターネット環境配備にも気を配っており「Free Public Wi-Fi」という無料WiFiホットスポットが色々な場所に設置されています。

その他にも、レストランやカフェなどでも無料WiFiが提供されているので自由に利用できるのがうれしいですね。

ちなみに、国によってはスタバのWiFiを使うには電話番号で登録しなければいけない仕様になっているのですが、タイでは2016年5月から会員登録なしで利用できるようになっています。

カンボジアの場合、タイよりは無料WiFiスポットが少なくなっています。

カフェやレストランのなかには無料WiFiが用意されているところもありますが、店員さんに聞かないとパスワードを教えてもらえないこともあるので注意が必要ですね。

アンコールワットが有名なシェムリアップなどの観光地では、無料WiFiのあるホットスポットも多いのですが、別のエリアではかなり少ないのが現状です。

個人経営のお店などでは、パスワードが設定されていないWiFiが設置されていることがあります。

これらのWiFiは、不特定多数が利用できるため個人情報を盗まれるリスクがあります。

パスワードなど壁に張り出されているようなものでもセキュリティ面が弱いので、なるべく使わないようにするか、使う場合でも銀行口座などにログインしないようにしましょう。

タイとカンボジアの無料WiFiの感想

タイに設置されている「Free Public Wi-Fi」は、駅やバスターミナル、県庁、警察署、観光地などにあるので、かなり色々な場所でインターネットが利用できます。

ただ、残念なのがネット回線が遅い時があるということですね。

とくに急いでいるような時になかなかつながらないとイライラしてしまいます。

カンボジアは無料WiFiを利用する点ではかなり不便でしたね〜。

中心地ではまだ良くても、少し郊外に行くとまったく無料WiFiスポットがないのでかなり困りました。

海外ポケットWiFiレンタルは安全で便利!

この記事でオススメしているモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)ですが、これまで使ったことがないと「使いこなせるか心配…」という方もいるかもしれませんね。

でもご安心ください!

モバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)は事前に様々な設定がされたものが送られてくるので、そのまま電源オンにするだけでOK!

電源をオンにしたら、後はスマホやタブレット側を簡単設定するだけです。

(1)ポケットWiFiに書いてある「SSID」に接続
(2)パスワードを入力する

たったこの2つの操作をするだけ!

ほとんどのモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)は、SSIDとパスワードが本体に貼り付けてあるので、それを見ながら入力していけます。

一度接続してしまえば、後は自動的につながるようになっているので複雑な設定は一切ありません。

このモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)があれば、友人や家族のスマホやタブレットも全て接続できるので非常に経済的なんです。

ポケットWiFiの受け取り方法ですが、事前に郵送してもらう方法もありますが、主要空港で直接受け取る方法もあります。

設定などに自信が無い方は、手渡しにしてもらってカウンターで操作説明を受けた方が安心かもしれませんね。

タイ×カンボジアでWiFiレンタルを使った口コミ

  • バンコク市街地で使用しましたが全く問題ありませんでした。
  • プレアビヒア(タイとの国境近く)も、途中のでもサクッと繋がりました。
  • シェムリアップ内の移動では、どこでも問題なく繋がりました。
  • ホテルではWiFi利用にてルーターを使用しませんでしたが、外出時は利用し支障なく使えました。
  • バンコクではもちろん、水上マーケットなど都心から離れたところでも使用出来ました。

(価格コム)

タイ×カンボジアで同じレンタルWiFiは使えない?

タイとカンボジアは陸続きで、歴史的にも深い関わりがあります。

過去には、国境線の場所について軍事衝突があったことも….。

なかには、同じような地域だから同じレンタルWiFiで使えちゃうんじゃない?と持っている方もいるかもしれませんが、タイとカンボジアは、言語や宗教、政治などでも異なる別の国です。

それで、タイとカンボジアを周遊する際には「アジア周遊WiFiプラン」などのプランを申し込む必要があります。

タイ向けのレンタルWiFiをカンボジアで、カンボジア向けのレンタルWiFiをタイで使う、ということはできないので注意が必要です。

レンタルWiFi各社のタイ×カンボジアを比較してみる

ここからは、タイとカンボジア向けにレンタルWiFiを提供している、主な5社の料金を比較していきたいと思います。

1日間のレンタル料金を比較してみました。

タイ・カンボジア周遊 レンタルWiFi 1日間の料金
最安 jetfi 680円〜

(アジアプラン)

2位 XMobile 950円~

(アジア周遊プラン)

3位 WiHO 980円

(アジア周遊プラン)

4位 イモトの
WiFi
1020円

(アジア周遊プラン)

5位 グローバルWiFi 1,180円

(アジア周遊プラン)

レンタルWiFiといっても様々な料金設定になっています。

この中からあえて個人的にオススメするのはグローバルWiFi です!

レンタルWiFi会社としては珍しい24時間365日体制での対応と、LINEやSkypeなどの無料通話対応などのサービスが魅力的なんです!

急にインターネットが繋がらなくなってしまった場合や、ポケットWiFiを紛失してしまった場合でもすぐに対応してもらえるのは安心ですね。

タイ×カンボジアにWiFiレンタルは便利

タイとカンボジアの中心地や観光地では英語ができるスタッフも多いのですが、タクシーやトゥクトゥクの運転手さんは英語ができないこともよくあります。

そんな時でもレンタルWiFiがあれば、翻訳アプリで目的地を相手に見せることもできますし、地図アプリを使って自分でレストランやカフェも探せます。

いつでもネットが使えると、万が一でもLINEやskypeで家族や友人と連絡がとれるという安心感もありますね。

タイでは有名な寺院やリゾート地、カンボジアでは世界遺産「アンコール遺跡群」などなど一度は行ってみたい観光地がたくさんあります!

レンタルWiFiで、楽しいタイとカンボジア旅行を楽しんで下さい!