【完全無料】海外旅行保険がゼロ円になる裏技!?

アメリカ出張でグローバルWiFiを使ってみた!海外レンタルWiFiを比較【口コミ】

海外旅行保険がゼロ円になるカード?
EPOSカード
EPOSカードは、
ゴールドカード以上の補償額の海外旅行保険が無料
旅行保険の付帯条件なし
しかも年会費完全無料
と、海外旅行好きには超オトクなカード。
海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由

qrf

先日シリコンバレー取材の仕事があって、アメリカ(サンフランシスコ)に行ってきました!

仕事柄インターネットがないと仕事にならないので、いつも通信手段は複数確保するようにしています。

そんなわけで今回もレンタルWiFiを利用してみました!

ホテルにWiFiは設置されていましたが、これまでの経験上ホテルのWiFiは当たり外れがあるので、口コミを鵜呑みにしないで、予備のネット回線は欠かせません。

時間の都合でレストランなどの下調べができてなかったので、レストランやカフェなどが出先で探せるように、レンタルWiFiは必須でした。

今回利用したのはグローバルWiFi!実際にアメリカで使った感想などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アメリカ出張でグローバルWiFiを選んだ理由は?

ポケットWiFiの業者はたくさんあります。

そんな中でグローバルWiFiを選んだ理由はズバリ「安心感」です!

というのも、以前海外出張の際にカバンを盗難されたことがあり、その時の苦い経験から、海外に行くときはいつでも「安心感」を優先させています。
レンタルWiFi各社のサポートを比較してみると以下のようになります。

グローバルWiFiのサポート

電話サポート LINE・Skypeサポート
グローバルWiFi 24時間対応 24時間対応

イモトのWiFiのサポートと比較

電話サポート LINE・Skypeサポート
イモトのWiFi 24時間対応 なし

エクスモバイルWiFiのサポートと比較

電話サポート LINE・Skypeサポート
エクスモバイルWiFi 平日9:30-12:00/13:00-18:00
土曜12:00-18:00
日定休
あるが、日本の営業時間内での対応

Wi-HO!・jetfiのサポートと比較

電話サポート LINE・Skypeサポート
Wi-HO! 24時間対応(通話料有料) なし
jetfi 24時間対応 なし

この比較からも分かりますが、グローバルWiFiはとにかく安心!

わたしも色々なポケットWiFiを使ってみましたが、サポートの対応、WiFi機器の品質の高さなどでもグローバルWiFiは圧倒的に優秀でしたね。

グローバルWiFi容量プランの選び方

グローバルWiFiは容量プランが3種類用意されています。

旅行のタイプや、何人でシェアするかなど好きなプランを選ぶことができます。

今回のアメリカ出張では、動画を撮ってインスタやツイッターに上げたり、Skypeで仕事の打ち合わせをしたり、仕事の資料やデータを送受信したりすることがあるので、今回は4G LTE超大容量を選びました。

LTE 300MB 高速 1日300MB SNSに画像をUPしたい方にオススメ
4G LTE 600MB大容量 高速 1日600MB 2~3人で快適にシェアしたい方にオススメ
4G LTE超大容量 高速 1日1.1GB 旅先でもテレビ会議をされる方にオススメ

高速通信4G LTEの対応国が多い!

高速通信4G LTEは、下り最大150Mbpsあり、家庭のブロードバンド回線並みの速さです。

アメリカはもちろん、カナダやアラスカにも対応しているので周遊する場合でも安心して申し込めます。

南米や東南アジアも対象国に含まれています。

随時、対応国が増えているので世界周遊される場合も快適な旅行を楽しめますね。

安心補償パックは申し込んだ方がいい?

安心補償パックはフル(1日300円)をいつも申し込んでいます。

紛失や盗難の時の弁償金を考えると安価に補償が受けられるので安心料としてはとても安いですね。

万が一に備えて安心な100%補償の「安心補償パック フル」を選びました。

プラン別料金表

一日あたりの定額料金 利用可能データ量
4G(高速) プラン 970円
(定価1,170円)
300MB/日
4G(高速) 大容量プラン 1,270円
(定価1,470円)
600MB/日
4G(高速) 超大容量プラン 1,470円
(定価1,670円)
1.1GB/日
4G(高速) 無制限プラン 2,170円
(定価2,370円)
無制限

公式サイトより-

早めに予約すると早割が適用されるのでオススメですよ。

長期割引プランだとさらにお得

20日以上アメリカに行かれる予定だったら、長期割引プランが断然お得です。

業界最安値をうたっていて、一定期間に達すると定額性になり実際にかなりお得なプランになっています。

長期プラン適用例:アメリカに20日滞在の場合

通常プラン=23,400円
長期プラン=18,000円23%OFF
5400円もお得に!

レンタル日数30日までは、上限18,000円の定額です。

30日以降は1日あたり1,200円が加算され、60日まで上限36,000円の定額です。

4G LTE超大容量×5日レンタル=実際にかかった料金(割引あり)

今回は5日間の出張で、通常プランの4G LTE超大容量をレンタルしました。

実際にかかった費用は以下の通りです。

WiFi通信料

アメリカ本土 4G LTE 1.1GB/日 超大容量
1,670 円/日 × 5日 × 1 台 = 8,350 円
早割 – 1,000 円
わーとら!からの申込みにより20%割引 – 1,470 円

小計 5,880 円

オプション

ライトプラン
500 円 × 5日 × 1 個 = 2,500 円
わーとら!からの申込みにより20%割 – 500 円

小計 2,000 円

手数料

受渡手数料
500 円
わーとら!からの申込みにより20%割 – 500 円

小計 0 円

消費税(税率:8%)

課税対象額2,000 円
消費税額160 円

合計金額 8,040 円

今回はかなり割引が適応されたので助かりましたね〜。

”早割”で1000円値引きされるので、絶対に早めの予約がオススメ!

二か国以上渡航するなら周遊プランがオススメ

アメリカ・ハワイ・アラスカに渡航するなら「アメリカ特別エリアプラン」がオススメです。
それ以外の国も行かれる場合は、世界周遊プランに申し込めます。

申し込み方法

グローバルWiFiの申し込み方法はとっても簡単!

すべてネット上で申し込みができるので、空いた時間にスマホでサクッと予約できます。

受け取り場所(宅配も可能)

グローバルWiFiの受取・返却場所は国内18空港、36ヶ所のカウンターで、受け取りができます。

ハワイ、韓国、台湾、ロサンゼルスでは現地でも受け取れるといううれしいサービスもあります。

また、空港で受け取れない場合は宅配便の受取・返却サービスもあって、受け取り方法が多彩なのが魅力的です。

空港でグローバルWiFiを受け取り【成田・羽田】

成田空港国際線ターミナル2階のグローバルWiFiカウンター

私が利用した成田空港には、グローバルWiFiの受け取り場所がターミナルごとに複数設置されています。

第1ターミナル|南ウィング|中国・韓国・香港・タイ以外

場所 カウンター名称 営業時間 行き方
南ウィング4階 国際線出発ロビー JWiFi&Mobile 7:00-20:30 第1ターミナル南ウィングを4階に上がり、国際線出発ロビーをまっすぐ進んで、Jカウンターのさらに奥にあります。
南ウィング4階 国際線出発ロビー スマートピックアップ 7:00-19:00 上記JWiFi&Mobileカウンターの左奥にロッカーが設置されています。
★:直営カウンター :スマートピックアップ(無人ロッカー)

第2ターミナル|中国・韓国・香港・タイ以外

場所 カウンター名称 営業時間 行き方
3階 国際線出発ロビー JWiFi&Mobile 7:00-20:30 第2ターミナル 3階 出発ロビーをAカウンター方向に進み、Aカウンター・北団体カウンターを通り過ぎた奥にあります。
3階 国際線出発ロビー スマートピックアップ 6:30-19:00 上記JWiFi&Mobileカウンターの右手にロッカーが設置されています。
第2ターミナル1階 JWiFi&Mobile 7:00-21:00 第2ターミナル 1階 国際線到着ロビーのBゾーン到着出口向かい側、インフォメーションカウンターの隣にあります。
★:直営カウンター :スマートピックアップ(無人ロッカー)
グローバルWiFiは成田空港のみ「中国・韓国・香港・タイ向け」と「それ以外の国」と、行き先によってカウンターが異なるので注意が必要です。

出発するターミナルに応じて、受け取りカウンターを事前に指定できるので無駄がありませんね。

ちなみに、第一ターミナル4F南ウィングには「最短10秒受け取り」のロッカーも設置されています。

時間帯によってはカウンターが混んでいることもあるので、少し余裕をもって手続きをしました。

 空港の受け取りカウンターは日本語で質問できるのが安心

カウンターについたら、パスポートを提示して名前を伝えればポケットWiFiを受け取れます。

行き先や返却日などを確認して、サインしたら手続き完了。

無事に成田空港でグローバルWiFiのWiFiキットをレンタルできました

グローバルWiFiは、充電器などの一式を一つのポーチにまとめて渡してくれるので、持ち運びも便利ですね。

大きさは少し大きめの財布くらいなので、カバンのちょっとした隙間にも簡単に収納できます。

ポケットWiFiは預け荷物に入れてはいけない規則なので、コンパクトなのはとても助かります。

ポケットWiFi本体を見てみると、私が使っているスマホより一回り小さめの大きさでした。

現地に着くまでは電源を入れてはいけないので、搭乗待ち時間の間にポーチに入っていたQRコードを読み取って説明書をチェック。

レンタルしたポケットWiFiは現地に到着するまで電源を入れてはいけません

羽田空港の場合

羽田空港の場合、グローバルWiFiの受け取り場所は以下の3ヶ所です。

羽田空港発の深夜便を利用する場合(23:45~6:30に受け取る場合)は委託カウンターのJAL ABCカウンターでの受取りとなります。

場所 カウンター名称 営業時間 行き方
国際線ターミナル 2階 グローバルWiFiカウンター 6:30-23:30 国際線ターミナルを2階に上がり、京急線改札口の横を奥に進むとあります。(到着ロビー内ではないので注意)
国際線ターミナル 2階到着ロビー スマートピックアップ 5:30-23:00 上記グローバルWiFiカウンターの奥にロッカーが設置されています。
国際線ターミナル 3階出発ロビー JAL ABCカウンター(深夜専用) 23:45-6:30 国際線ターミナルを3階に上がり、出発ロビーLカウンター前にあります。
★:直営カウンター 

現地アメリカでグローバルWiFiを使った口コミ―接続方法

サンフランシスコ空港に到着

飛行機に乗って約9.5時間、目的地に到着しました。

空港についたらすぐ、ポケットWiFiの電源を入れてみました。

電源ボタンを長押しして起動して、ルーター本体の裏面に書かれているSSIDとパスワードをスマホの設定画面から登録すればOK。

グローバルWiFiにはWiFiのIDとパスワードがテプラで分かりやすい場所に貼ってあるので接続もとても簡単です。

グローバルWiFiの機器は、いつ借りてもきれいな状態のものが貸し出されて、電池持ちもかなりよいです。

レンタルWiFiなら、飛行機が着陸し、通信機器を利用してもよいとアナウンスがあってからすぐにインターネットに繋がるのが便利です。

ネット接続は問題なし

空港から市内(ダウンタウン)への移動には空港鉄道(BART)を利用しました。

この車内でもWiFiはとても快適に使えたので移動時間でも現地情報のリサーチができます。

今回のアメリカ出張は急なイベントだったので、あまり下調べもしていませんでしたが、何やらサンフランシスコではシーフードが有名らしい…。

さっそく予約したホテルの近くでシーフードが食べられるお店をネットで調査してみます。

海岸に向かいながらトリップアドバイザーなどでレストランを調べ、口コミや写真を見ながらお店に行くことができ、安価にとても美味しいシーフードが食べられました!

時間が限られる旅行中でもグローバルWiFiがあると非常に便利ですね^^

今回利用したのはダウンタウンにあるミニホテル。

リーズナブルなホテルでしたが、WiFi環境があまりよくなかったのが残念なところ。

でもグローバルWiFiをレンタルしていったのでホテルWiFiを使わずに乗り切ることができました。

グローバルWiFiは、超大容量や容量無制限などにも対応しているので「ホテルのWiFiが思ったより使えない!」というときにも安心なのがいいところです。

手元にWiFiがあると、いつでもすぐに日本にいる家族や友だちとメールやLINEで連絡が取れるので非常に安心感がありますね。

レンタルWiFiの使用量が画面で確認できます

かなり高速に使えるので、調子に乗って動画を送受信しすぎるとかなりパケット容量を消費してしまいます。

今回わたしが利用したのは1日あたり1.1GBの「超大容量プラン」。

普段外出時にそんなに使うことはありませんが、これだけの容量があれば旅先でも気にせず動画を見たり送ったり、仕事のデータのダウンロードなども気にせずできるのはとても安心です。

バッテリーも問題なし

GoogleマップをずっとONにしていたので、ポケットWiFiのバッテリー容量が足りるか心配だったんですが、全く問題ありませんでしたね。

一日中かなりヘビーに使った日でも予備のバッテリーは必要なかったほどです。

グローバルWiFiでレンタルしたポケットWiFiはいつでも電池持ちが良い印象です

グローバルWiFiのキャリアはエリアも速度も快適なVerizon

アメリカでグローバルWiFiを使うのは初めてだったので心配だったのが通信速度です。

仕事柄ネットの速度には敏感で、速度が遅いとかなりストレスを感じますが、今回借りたグローバルWiFiではとっても快適に使えました!

インターネットの速度はアメリカ(サンフランシスコ)の市内で計測しました。

時間帯によってある程度の変動はあると思いますが、体感的には24時間いつでもかなりの速度で繋がりました。

回線速度は全体的に非常に高速で利用でき、動画を見たり、インスタやツイッターに動画を上げるのも完全にストレスフリーでした。

仕事で大きなファイルを送信しないと行けない時もスムーズに送信でき、仕事に支障が出ることもなく使えました。

帰国後の返却場所はどこ?

成田空港のグローバルWiFi返却BOX

日本に帰国したら、レンタル品を忘れずにポーチにしまって、空港のグローバルWiFi返却BOXに返却します。

余計な手続きが必要ないですし、24時間いつでも返却できるのが便利です。

ちなみに今回の旅行では、行きは羽田空港、帰りは成田空港を利用しましたが、返却BOXであれば国内どこの空港からでも返却できるのも便利ですね。

アメリカ旅行にはグローバルWiFiが安心!

アメリカのレンタルWiFiを調べている時に、値段がもっと安いところも見つけましたが、私はグローバルWiFiを選んでよかったと思います。

今回は初めてのサンフランシスコ+シリコンバレーだったので、不安要素をできるだけ減らしたくてグローバルWiFiにしました。

  1. (1)グローバルWiFiは機器の状態がいつも良い状態に保たれているので、機器のトラブルに遭う心配がかなり低い
    (2)万が一トラブルに遭ったとしてもLINEで相談できるので国際電話が使えなくても(使い方が分からなくても)相談ができる

この2点が決め手です。

おかげで今回もWiFiに関しては全くトラブルなく、アメリカ旅行中の小さなトラブルもネットで検索して解決できたので助かりました。

グローバルWiFi は他社に比べてやや高めの価格帯ですが、安心料と思えば全く高くないですね。