【完全無料】海外旅行保険がゼロ円になる裏技!?

フィリピン(マニラ・セブ島)旅行でグローバルWiFiをレンタルしてみた感想

海外旅行保険がゼロ円になるカード?
EPOSカード
EPOSカードは、
ゴールドカード以上の補償額の海外旅行保険が無料
旅行保険の付帯条件なし
しかも年会費完全無料
と、海外旅行好きには超オトクなカード。
海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由

飛行機から見たセブシティ

先日、フィリピン(マニラ・セブ島)旅行に行ってきました!

今回はセブ・パシフィック航空でまずはマニラへ、一泊してセブ島へ乗り継ぐというプランです。

今回もレンタルWiFiを利用してみましたが、今回利用したのはグローバルWiFi

実際にフィリピン(マニラ・セブ島)でグローバルWiFi を使った様子などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

旅行前: 事前予約が絶対オススメ

グローバルWiFi は当日の空港でのレンタル申し込みもできますが、ポケットWiFiが品切れになってしまったり、手続きに時間がかかったりする可能性もあるようです。

成田空港、羽田空港、関西国際空港での受け取りなら、前日の15時までに申し込めるので、前日のお昼休みから急いで申し込んでも間に合います。

スマホからでも申し込めるので気軽で良いですね。

グローバルWiFiのフィリピン(マニラ・セブ島)プランには何がある?

グローバルWiFi の申し込み方法はとっても簡単!

フィリピン(マニラ・セブ島)では「フィリピン3G 300MB」「フィリピン3G 600MB」「4G LTE 300MB」「4G LTE 600MB」「4G LTE 1.1GB超大容量」「4G LTE 容量無制限」というプランが提供されています。

3G 中速 1日300MB メール、SNSメッセージがメインの方にオススメ
3G 中速 1日600MB 2~3人でシェアしたい方にオススメ
4G LTE 高速 1日300MB SNSに画像をUPしたい方にオススメ
4G LTE 高速 1日600MB 2~3人で快適にシェアしたい方にオススメ
4G LTE超大容量 高速 1日1.1GB 旅先でもテレビ会議をされる方にオススメ
4G LTE容量無制限 高速 容量無制限 旅先でもネットをガンガン使いたい方にオススメ

今回利用したのはグローバルWiFi の4G LTE超大容量プランです。

1.1GBの大容量が使えるので、動画を撮ってインスタやツイッターに上げたり、Googleマップを使う時でも容量の不安なく使えました。

補償プランは100%タイプがオススメ

安心補償パックはフル(1日300円)をいつも申し込んでいます。

紛失や盗難の時の弁償金を考えると安価に補償が受けられるので安心料としてはとても安いですね。

以前海外で置き引きに遭ってしまって大変な思いをしたことがあるので…盗難などの保障はかなり重視しています。

それで迷わず、万が一に備えて安心な100%補償の「安心補償パック フル」を選びました。

中部国際空港(セントレア)のカウンターで、グローバルWiFiのポケットWiFiを受け取ってみた

中部国際空港(セントレア)アクセスプラザにあるグローバルWiFiレンタルカウンター

メリット①: Global WiFiはサービスがきめ細やか

私が利用した中部国際空港(セントレア)では、グローバルWiFi の受け取り場所は2か所ありました。

  • アクセスプラザ 2階受取・返却カウンター
  • アクセスプラザ 2階受取ロッカー

出発するターミナルに応じて、受け取りカウンターを事前に指定できるので便利ですね。

空港ターミナル手前のアクセスプラザにあるグローバルWiFiカウンターでポケットWiFiを受け取りました。

グローバルWiFiのカウンターで予約したポケットWiFiを受け取り

メリット②: 空港の受け取りカウンターで日本語で質問できるのが安心

グローバルWiFi の専用カウンターでは、時間帯によってはカウンターで少し並ぶこともあるようなので、少し余裕をもって空港に到着しました。

いつもながらグローバルWiFiの直営カウンターでは分かりやすい事前説明があるので安心して使えますね。

カウンターについたら、パスポートを提示して名前を伝えるだけでポケットWiFiを受け取れます。

行き先や返却日などを確認して、サインしてさっそく出発!

レンタルしたポケットWiFiは日本で電源を入れてはいけません

ポケットWiFiをゲットしても、国内で電源を入れてはいけないので要注意です。

搭乗待ち時間の間に説明書をチェックします。

グローバルWiFiのレンタル品と付属品・マニュアル

レンタルしたポーチを開けてみると機種はGlocalMe G3でした。

グローバルWiFi では最近、東南アジア方面はだいたい同じ機種になってきているように感じます。

重量が重たいのが難点ですが、バッテリー容量が一日中ヘビーに使っても問題ないほど大きい(いざと言うときはスマホにも充電できる)のがメリットですね。

ほかにも液晶画面が大きいので残量などの確認がしやすいのも便利なポイント。

今回はオプションは安心補償パックフルのみ追加でモバイルバッテリーなどは追加していませんが、標準プランでUSB充電器と変換プラグがセットになっているので基本的にこれだけでも問題なし!

マニラ到着!さっそくポケットWiFiを使ってみた

マニラ・ニノイアキノ空港

メリット③: 使い方は超簡単!

マニラ・ニノイアキノ空港に到着したのですが、ここでちょっとしたハプニング発生!

セントレアーセブ間は日をまたいでの乗り継ぎになるため、空港で一泊するする必要があったのですが、当てにしていた空港内のカプセルホテルがいっぱいとの情報が…。

慌てて空港近くのホテルで空室のあるところを探すことにしました。

グローバルWiFi は飛行機が着陸後、通信機器が利用できるようになれば設定なしですぐにスマホが使えるので、こういう時に助かりますね!

使い方は、電源ボタンを長押しして起動、ルーター本体の裏面に書かれているSSIDとパスワードをスマホの設定画面から登録するだけです。

空港直結のホテルを無事に予約できました

マニラ着陸後、入国審査までの移動中にグローバルWiFi を使って近くのホテルの空室を検索、空港から専用通路で直結しているホテルに空室を見つけることができました。

乗り継ぎ時間は8時間程度なのですが、この年齢になると空港野宿はさすがに無理…睡眠にお金はケチってはいけませんね^^;

とはいえ当日予約だったのにそんなに高い料金ではなく、ほんの数十分前の予約だったのにも関わらずフロントにも予約情報が入っていたので、安心して一晩休むことができました。

快適な寝床が確保できてほっと一息

ポケットWiFiの使用中は、このように利用した容量(ギガ)がリアルタイムで表示されるので安心ですね。

レンタルWiFiの利用量が画面でリアルタイムに確認できるのは便利です

今回利用したのは4G超大容量プラン(1.1GB)、現地の宿の回線がどの程度使えるか分からないのでいつも最大の容量をレンタルしています。

電源を入れると、使用上の容量についての説明が表示されます。

画面の大きい機種ならではですね。(その分重いけど)

レンタルしたポケットWiFiは画面が大きくて使いやすいです

 

日が変わって、マニラ-セブ島へセブパシフィック航空の国内線で移動します。

セブパシフィック航空

今回の目的地であるセブの海とセブ市街が見えてきました。

マクタン空港に着陸間際に見えたセブシティ

飛行機が着陸し、通信機器の使用が許可されるとポケットWiFiの電源をONすればすぐにスマホが使えるのは本当に便利です。

降機する人の行列が途切れるまで待って、その間にちょっと情報収集を済ませておくと時間を有効に使えます。

機内でも使えるのがレンタルWiFiのメリット

メリット④: ネット接続は問題なし

レンタルWiFiならタクシー移動中もネットが自由に使えるので安心です

セブ島での宿はAirbnbを利用しました。

そのため、ホテルに泊まる時のようにホテル名をタクシー運転手に伝えればOK…とは行きません。

Airbnbのホストから来たGoogleマップのリンクを開いてドライバーに見せたところ、ドライバーはしばらくGoogleマップを拡大したり縮小したりして、「OK、分かった!」と理解してくれた様子…。

移動中もGoogleマップを開いておけば自分がどこにいるのかが分かるので安心できますね。

カフェのWiFiを使うと速度やセキュリティが心配ですが…

Airbnbは食事などがついていないので、食事をする場所を探すのにもグローバルWiFi は大活躍!

宿のすぐそばにあったカフェを見つけて、朝食はシナモンロールとカフェラテをいただくことにしました。

口コミをチェックして静かなことを確認してやってきたので、東南アジアの喧噪からちょっと避難できました。

コーヒーのレベルも高くてグローバルWiFi さまさまです。(シナモンロールは甘かった)

メリット⑤: バッテリーも問題なし

セブ市内のショッピングモール

朝食後、タクシーで10分程度のショッピングモールにやってきました。

ショッピングモール内にフリーWiFiがありましたがやはり速度が遅い、そして誰が使っているか分からないフリーWiFiはセキュリティにも不安があります。

超大容量プラン+バッテリーも大容量なのでフリーWiFiにつなぎ替えたりセキュリティを心配しながら使ったりしなくてもいいのが旅のストレスをかなり軽減します。

その後もGoogleマップやネットのクチコミ情報を参考にしながら地元の美味しいレストランを探します。

セブ島名物のレチョン(子豚の丸焼き)、皮がパリッとしていて肉質も柔らかくジューシーで、非常に美味しいです!

セブ島名物のレチョン(子豚の丸焼き)

今回オプションでモバイルバッテリーを追加していませんでしたが、一日中かなりヘビーに使った日でも本体バッテリーだけで十分持ちました。

メリット⑥: 通信速度も問題なし

セブ島でのグローバルWiFI 4Gプランの速度を計測してみました。

日本でスマホを使う時と遜色ない速度が出ています。

これだけの速度が出ていれば動画を上げたり仕事で使う大きなデータを送受信したりするのもストレスフリーですね。

通信速度が遅いのって地味にストレスになるので、助かりました。

これが今回利用したAirbnbの宿です。

宿のWiFiはかなり不安定でした

WiFiも完備していましたが、利用者が多くなる?夕方~夜の時間帯は満足に通信ができないような状況。

何度かトライしてみましたが一番使いたい時間にまともに使えないのはかなり辛いですよね。

グローバルWiFiを持ってきてよかったと感じた瞬間でした。

しかし、調子に乗っていたら一日の容量を超えてしまいました。

グローバルWiFi のこの機種では、容量を超えると画面中央右側に「⚠FUP」という表示が出るようです。

グローバルWiFi では1日あたりの規定容量を越えた場合、通信スピードが128kbpsまで低速化しますが、引き続き利用することはできます。

容量を超えると自動的に課金されることはありません。

回線速度が遅くなったとしても、日本時間24時の時点で元に戻るので、この時も数分後(フィリピンと日本の時差は1時間)には復旧しました。

空港の返却ボックスにレンタルキットを返却

グローバルWiFiの返却BOX

日本に帰国したら、レンタル品を忘れずにポーチにしまって、返却BOXに返却します。

ちなみに今回の旅行では、中部国際空港(セントレア)を利用しましたが、返却BOXであれば国内どこの空港からでも返却できるのも便利ですね。

まとめ: Global WiFiは安定感・安心感があってオススメ

フィリピン(マニラ・セブ島)に対応しているレンタルWiFi会社の中にはグローバルWiFi よりも値段が安いところもあります。

それでも、私が個人的にオススメするのはやっぱりグローバルWiFi

  1. グローバルWiFi は、機器の状態が良く状態に保たれているので、機器のトラブルを避けられる
  2. 万が一トラブルに遭ったとしてもLINEで相談できるので国際電話が使えなくても(使い方が分からなくても)相談ができる

この2つのメリットはかなり大きいですね。

旅行中には小さなトラブルありましたが、グローバルWiFi のおかげですぐにネットで解決することができて本当に助かりました!

グローバルWiFi は他社に比べると価格がやや高めですが、十分値段に見合ったサービスと質だと思いますね。