海外旅行保険がゼロ円になるカード?

[ネパール在住者が徹底解説]ネパール入国に必要なビザの申請方法

海外旅行保険がゼロ円になるカード?
EPOSカード
EPOSカードは、
ゴールドカード以上の補償額の海外旅行保険が無料
旅行保険の付帯条件なし
しかも年会費完全無料
と、海外旅行好きには超オトクなカード。
海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由

大自然や暖かい人々が魅力的なネパールは毎年大勢の方がおとずれる人気の旅行先ですよね。

旅行の準備が楽しいという方も、苦手な方も見落としてはいけないのが、入国手続きに関しての準備です。

実はネパールに入国するにはビザが必ず必要になり、申請手続きに少し手間がかかるんです。

ネパールに住んで8年になるシマケンが、ネパール入国審査の流れや入国カードの書き方、ビザを用意する方法を詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ネパール入国時は短期でもビザが必要!

日本人がネパールへ入国する場合、トランジットなど、たとえ一日だけの滞在であっても、必ずビザを取得する必要があります。

どこでビザの申請・取得ができる?

ネパールでは、現地の空港でアライバル(到着)ビザを取得することが可能です。

もしくは、日本でオンライン申請をするか、大使館へ出向いたりパスポートを郵送するなどの方法でビザ取得ができます。

どんな種類のビザがあるの?

日本人がネパールに滞在するために取得できる一般的なビザは、以下の3種類のうちどれかになります。

  • 観光(Tourist)ビザ
  • 学生(student)ビザ
  • ビジネスビザ

観光(Tourist)ビザの種類は?

ネパールの観光ビザは、日数に応じて3種類のビザに分かれています。

日数 金額(USドル) 日本円
15日 25USドル 3,000円
30日 40USドル 5,000円
90日 100USドル 12,000円

空港で支払う場合は、ドルと日本円が利用可能で、日本円で支払う場合は、レートに関係なく上記の金額を支払うことになります。

VISAとMasterCardブランドのクレジットカードでの支払いもできます。(JCBは利用できません)

日本人が取得するネパールの観光ビザは、マルチエントリー(数次)ビザで、観光ビザの期限内は何度でもネパールに出入国できます。

観光ビザは延長できる?

ネパールの観光ビザは、最初に取得した日数と合わせて最長150日まで延長することができます。

延長したい場合は、ネパール国内のイミグレーションオフィスに行って申請します。

ネパールの空港(トリブバン国際空港)で入国審査をする方法は?

ネパールの空港でビザを取得したい場合は、入国審査の前に申請を済ませる必要があります。

  1. まず、入国審査場に着いてから入国カードに個人情報や訪問の目的を記入します。

  2. 次に、設置されている端末でビザのオンライン申請を行います。

  3. その後、端末の横にある銀行でビザ代を支払います。

ネパール入国カードの記入の方法は?

ネパールの入国カードは、たいてい飛行機内で配られます。

機内で手に入らなかった場合は、入国審査場にあるテーブルの上に入国カードが並べられているので、そちらで入手しましょう。

ネパール語の面と英語の面があるので、ARRIVAL INFOMATION(アライバルインフォメーション)と書かれている英語面に記入します。

ボールペン(黒もしくは青)を用意して、手持ちのカバンに入れておくと便利ですよ。

入国カードの記入方法(15項目)

英語表記 日本語意味 書き方
1 First Name 例:太郎など
2 Middle Name ミドルネーム 空白でOK
3 Family Name 例:木村など
4 Date of Birth 生年月日 DD日MM月YYYY年(西暦で記入)
5 Sex(male/female/Other) 性別(男性/女性/その他) どれかにチェック
6 Passport Number パスポート番号 左詰めで記入
7 Indian nationals from India
may provide other authorised ID
インド人対象:提供できる認可されたID 空白でOK
8 Expiry Date パスポート有効期限 パスポートの有効期限を記入
9 Issuing Contry ビザを取得した国 日本の場合は日本と記入
10 Flight No. フライトナンバー 最後に乗った飛行機のフライトナンバーを記入
11 If you have Nepali Visa ネパールのビザを持っていますか?
  • 日本でビザを取得した場合はビザ番号を記入
  • 空港で申請予定の場合は無記入
duration
days
期間
日数
ビザ有効日数を記入
12 Purpose of Visit 訪問の目的 当てはまる項目にチェック
tourism(観光)
もしくはIf tourism(観光)の中から
Rafting(急流下り)
Trekking(トレッキング)
Climbing(ロッククライミング)
Other(そのほか)
13 Address in Nepal ネパールの滞在先 予約している(予定も可)ホテルの名前もしくは地名を記入
14 Email Eメールアドレス 受信可能なメールアドレスを記入
15 Intended Days of Stay 旅行の予定日数 予定日数を記入

入国時にビザのオンライン申請をする

ネパール空港内の入国審査場に、ビザのオンライン申請専用の機械が設置されています。

上の写真のような機械が5,6台並んで(壊れているのもありますが…)います。

ビザのオンライン申請方法

ビザのオンライン申請方法を説明しますね。

まず最初に、画面に「please tap to continue(画面に触れてください)」と表示されているのを確認したら、画面をタッチします。

すると「パスポートをスキャンしてください」という画面が表れます。

パスポートの写真のページを下側にして置きましょう。

そのほかの情報入力は、全部で4ページに分かれているので、順をおって説明しますね。

  • 1ページ目:Personal info(個人情報)
  • 2ページ目:Address(滞在情報)
  • 3ページ目:Visa Request(ビザ申請)
  • 4ページ目:Image(写真撮影)

1ページ目:Personal info(個人情報)

一ページ目では個人情報(personal info)を入力します。

パスポートをスキャンした際に読み込まれたデータが出力されるので、まず正しく情報が反映されているかどうか確認してください。

もしデータが間違っていたり出力されない場合は、画面のキーボードで手動入力します。

  • First name(名)
  • Surname(姓)
  • Nationality(国)
  • Date of Birth(生年月日)
  • Passport Number(パスポートナンバー)
  • Passport Validity(パスポートの有効期限)
必須項目は必ず入力しよう!

機械の画面上で、赤の*マークがついている所は必須項目になるので、必ず入力しましょう。

逆に赤の*マークがないところは、空白でも問題ありません。

間違いなく入力し終わったら[Next]を押して次のページに移ります。

2ページ目:Address(滞在情報)

2ページ目は、滞在予定の情報と、自分の連絡先などを記入します。

  1. E-Mail Adress(Eメールアドレス)
  2. 受信可能なEメールアドレスを記入します。(携帯のメールアドレスでも可能)

  3. Telephone Number(電話番号)
  4. 日本の電話番号(携帯も可)を記入します。

    分からなければ1と記入するだけでも可能です。

  5. Mobile No.(携帯電話の番号)
  6. 日本の携帯番号を記入します。

    こちらも1だけの数字でも可能です。

  7. Adress in Nepal(ネパールの滞在先)
  8. 滞在先住所を入力します。

    カトマンズであればKTM(kathmanduの略語)と書きます。

  9. Name of the Hotel(ホテルの名前)
  10. 滞在予定のホテル名を記入します。

    タメルのホテルに泊まる予定なら、タメルと入力するだけで大丈夫です。

  11. Street Name(通りの名前)
  12. 滞在予定のホテルのある通りの名を記入します。

    ThamelやKTM(Kathmanduの略)でもOK。

  13. VDC/Municipality(市町村名)
  14. 滞在予定のホテルのある市町村の名を記入します。

    KTM(Kathmanduの略)と記入します。

  15. District(郡)
  16. 滞在予定のホテルのある郡の名を記入します。

    KTM(Kathmanduの略)と記入します。

記入出来たら[Next]を選択して次のページへ移動します。

ホテルの住所がわからない場合

ネパールでは、住所がまだ一般的にはっきり認知されていないんです。

ホテルの従業員も住所を知らないことが多いので、住所がわからなくてもおおよその入力で問題ありません。

3ページ目:Visa Request(ビザ申請)

Visa Requestビザの申請期間を記入します。

  1. 滞在予定期間を入力
  2. 滞在予定期間を画面左下にあるビザ日数から選択(1day:15days:30days:90days)します。

    入力した日数に合わせてFrom(いつから)To(いつまで)の空欄に日程が自動入力されます。

    例:3/5から3/19(15日)

  3. First Visit To Nepal(最初にネパールを訪れたのはいつですか?)
  4. 最初にネパールを訪れた年を記入します。

[Next]を選択して次のページへ移動します。

4ページ目:Image(写真撮影)

最後に端末に付属されているカメラで写真撮影します。

画面の中のカメラのマークのボタンを押すと撮影がされます。

写真にしっかり本人が写っていれば、他人が写り込んでいたり、不鮮明であっても問題はないので気軽に写真を撮りましょう。(やり直しもできます。)

写真を確認して問題なければ[Next]を選択して次のページへ移動します。

5ページ目:最終確認

次に「入力された情報に問題はありませんか?」と、確認する画面が表示されます。

間違いがなければ、Submit(提出)を押してください。

入力もれ等があれば、前の画面に戻り再入力しましょう。

最後に「Visa Entry Receipt」という、バーコード付きの小さなレシートが出てくるので、それを必ず受け取ってください。

ビザ料金を支払う

ネパールビザをオンライン申請したら次にビザ料金を支払います。

申請の際に利用した機械のすぐ近くにある、RASTRIYA BANJYA BANK(銀行)カウンターで、ビザ料金を支払いできます。

申請日数 米ドル 日本円
15日 25 US ドル 3,000円
30日 40 US ドル 5,000円
90日 100 US ドル 12,000円

基本的に米ドルでビザ代を受け付けていますが、日本円やクレジットカード(VISAとMasterCardのみ)でも取り扱ってくれます。

日本円でビザ代を支払う場合は、レートに関係なく規定の代金を支払います。

万が一に備えたい方は、日本で米ドルを用意しておくと安心ですよ。

最後に領収書(Tourist copy)と控え(Immigration copy)をもらいます。

控えは入国審査の際に必要になるので、大切に保管しましょう。

これで事前の手続きは終了です。

入国審査ゲートに並んで入国手続きをする

ネパールビザの申請手続きと代金の支払いが済んだら、入国準備の完了です。

つぎに入国審査場で用意した3点を持って、入国審査ゲートに行き入国手続きを行います。

  • 入国カード
  • オンライン申請のレシート
  • ビザの料金の領収書の控え(Immigration copy)

入国審査ゲートはどこに並ぶ?

ネパールの入国審査ゲートではビザあり(with visa)とビザなし(without visa)の列があります。

空港でビザを申請された方は、ビザなし(without visa)の列に並んで下さい。

日本でビザを取得してこられた方は、ビザあり(with visa)のラインに並びます。

カウンターは滞在予定日数別に90days:15days/30daysの2レーンに分かれています。

これを通過すると空港の入国審査は終了です。

入国審査はどれくらい時間がかかる?

ネパールの入国審査はたいていの場合、空港到着から入国手続き完了までは30分ほどで行えます。

ただ、端末の故障や、混雑の具合によっては1時間半から2時間程度かかることもあるので、スケジュールは余裕をもってたてておくといいですよ。

日本にいる間にオンライン申請する方法

ネパールのビザ申請は、日本を出発する前に日本で済ませておくこともできるんです。

日本でビザ申請してあると、ネパールの空港内での混雑回避にとても役立つのでおすすめです。

こちらのオンライン申請サイトでは、ビザ発行はできず申請のみ可能です。

オンライン申請の方法

日本でオンライン申請をするには下記のURLからネパールのイミグレーションオフィスのサイトを開きます。

Immigration

中央に「Advice for Online Visa Applicants」という、ビザを申請する際の注意点などが表示されます。

よく読み、閉じると入力画面が表れます。

観光ビザの場合は、このまま記入を始めてください。

他のビザを申請される場合は、画面上にほかのビザ名が表示されているので、そちらをクリックして別のページに移動しましょう。

オンライン申請の入力方法

オンライン申請で、入力する項目は16か所あります。

  1. Name(名前)
  2. Surname(姓) First Name(名)の欄に苗字から順に入力します。

  3. Nationality (国)
  4. 日本人の場合はJapaneseと入力します。

  5. Date of Birth (生年月日)
  6. 生年月日を入力します。

  7. Passport Number (パスポート番号)
  8. パスポートに記載されたパスポート番号、英数字すべて入力します。

  9. Passport Validity(パスポート有効期限)
  10. パスポートに記載されているパスポート有効期限を入力します。

  11. Permanent Address (Home Country)(日本の住所)
  12. Street No.(番地) Street Name(町名) Pin number (郵便番号)

    日本の住所を番地から順に入力します。

    日本の表記とは順番が逆なので気をつけてください。

    郵便番号は最後に入力します。

    ちなみに必須項目ではありません。

  13. Adress in Nepal(ネパールの滞在先)
  14. ネパールの滞在先住所を入力します。

  15. House No.(家の番号)
  16. まだホテルの予約ができていないなどの場合は、空白でも大丈夫です。

  17. Street Name(通り名)
  18. ThamelやKTM(Kathmanduの略)などと記入します。

    Ward No.(地区番号)タメルであれば29です。

    分からなければ 1 と記入してください。

    VDC/ Municipality(都市名) 

    KathmanduやKTM(Kathmanduの略)と入力しましょう。

    District(郡名)

    こちらもKathmanduやKTM(Kathmanduの略)と入力してください。

  19. occupation (職業)
  20. 職業を記入します。

    空白でも申請可能です。

  21. contact telephone No. (日本の電話番号)
  22. 日本の電話番号を入力します。

  23. Cell Phone No. (携帯番号)
  24. 日本の携帯番号。または家の番号でも差し支えありません。

  25. Email Address (メールアドレス)
  26. Eメールアドレスもしくは携帯のメールアドレスを入力します。

  27. Visa requested from(滞在予定日)
  28.  From Date(いつから)To Date(いつまで) 到着予定日と出国予定日を入力すると何日滞在するか自動計算されます。

  29. First Visit To Nepal (以前にネパールに来たことがありますか)
  30. ネパールに来たことがあるかないか答えます。

  31. New Visa (新規) Extension of Visa(延長) Transfer of Visa(トランジット)
  32. 日本から来られる方はNew Visa(新規)を選択して下さい。

    トランジットの場合は Transfer of Visa(トランジット)を選びます。

  33. Address in Nepal(ネパールの滞在先)
  34. ネパールでの滞在先を再度入力します。

    空白でも可能です。

  35. 写真を選択
  36. 「Click to Upload」をクリックして、写真を選択し貼り付けます。

  37. submitをクリック
  38. すべて入力し終わったらsubmitをクリックします。

  39. バーコードを印刷
  40. 表示されたバーコードを印刷します。

印刷したバーコードを、直接空港まで持っていき、銀行の窓口に提出すると料金の支払いをすることができます。

日本でネパールビザを発行する方法

日本ではネパール大使館(東京)と名誉領事館(大阪)でネパールビザを発行してくれます。

東京と大阪では少しですが方法が違うので、そんな違いもあわせて日本でビザ申請手続きの方法をご紹介します。

*現在、在福岡ネパール名誉領事館ではビザ申請・発行を行っていません。(2019年5月現在)

ネパール大使館(東京)でビザ発行手続きをする場合

ネパール大使館(東京)でビザ発行手続きを行う場合は、必要書類4点を事前に用意します。

必要書類

  • パスポート(日本出国時に残存期間が6ヶ月以上あるもの)
  • 申請書
  • 証明写真(3.5×4.5)
  • 申請料:15Days=3,000 円 30Days=5,000 円 90Days=12,000 円

ネパール大使館(東京)のサイト

https://jp.nepalembassy.gov.np/ja/ビザ/

申請資料の受領は翌々営業日以降となります。(土日・祝日・ネパールの祝日を除く)

*時間に余裕をもって作成しましょう。

ネパール大使館(東京)の郵送による申請受け取り方法

ネパール大使館では、遠方に住んでいる方や時間の都合のつかない方のために郵送サービスを行ってくれています。

必要書類

  • パスポート(残存期間が日本出国時に 6 ヶ月以上あるもの)
  • 申請書
  • 証明写真(3.5×4.5)
  • 申請料:15Days=3,000 円 30Days=5,000 円 90Days=12,000 円

上記の必要書類4点を現金書留で送ります。

申請書はホームページからダウンロードして記入します。

普通郵便では絶対に送らないようにしましょう。

*ネパール大使館(東京)と名誉総領事館(大阪)で返送方法が少し違いますので注意してください。

ネパール大使館(東京)での郵送手続き注意点

現金書留で郵送する際、返信用封筒及び簡易書留分の切手も必ず同封しましょう。

料金は重さにより異なるため、郵便局で確認してください。(料金が不足している場合は、着払いとして扱われます。)

ビザは到着後一週間以内に返送されます。

住所:郵送先

〒153-0064 東京都目黒区下目黒6丁目20-28

TEL:0337136241

名誉領事館(大阪)で行う場合

名誉領事館(大阪)でビザ申請を行う場合は必要書類4点を準備します。

必要書類

  • パスポート(残存期間が日本出国時に6ヶ月以上あるもの)
  • 申請書
  • 証明写真(3.5×4.5)
  • 申請料:15Days=3,300 円 30Days=5,500 円 90Days=13,200 円

申請書はホームページからダウンロードして記入します。

東京と大阪で必要な書類はほぼ同じですが、申請料がわずかに違い大阪の方が割高になります。

名誉領事館(大阪)は申請書のダウンロードができるので(ネパール大使館【東京】のホームページにはありません)ダウンロードして自宅で記入してから書類だけ提出すれば時間を節約できます。

郵送による申請受け取り方法

必要書類を郵送して申請することも可能です。

必要書類

  • パスポート(残存期間が日本出国時に6ヶ月以上あるもの)
  • 申請書(ダウンロードが可能です。)
  • 証明写真(3.5×4.5)
  • 申請料:15Days=3,300 円 30Days=5,500 円 90Days=13,200 円

大阪名誉領事館での郵送手続き注意点

大阪名誉領事館での郵送手続きの場合は送はゆうパックの着払いになります。(返信用封筒や切手は不要です)

ビザ添付済みパスポートは、受付日から土日祝と休館日を除いた 2日後に領事館から返送されます。

住所:郵送先

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-9-21 8F

在大阪ネパール名誉総領事館 TEL:06-6776-0120

東京の大使館と大阪の領事館どちらで申請したらいい?

東京の大使館と大阪の領事館でどちらも必要な書類などは大きな差はないのですが、かかる費用と手間に違いがあります。

大阪は割高ですが、郵送の際に返信用の封筒や切手を用意しなくてもよかったりと若干便利です。

実際にはどちらでも問題なく申請できますので、ご自身のお好みの方を選んでくださいね。

日本でビザを取得しておくと空港での時間短縮やストレス軽減にもつながります。

言語面で不安がある方なども、日本で事前にビザを取得していかれると安心ですよ。

ネパール入国時に気をつけるべき事

異国の地に行くときは少し心配なこともありますよね。

入国時に気になる点についてまとめました。

観光ビザの有効期間は最長どれくらい?

ネパールの観光ビザでの滞在は最長150日までと決まっています。

空港では90日までのビザが発行できます。それ以上の滞在を申請するには、ネパールのイミグレーションオフィスでビザの延長を申請することが必要です。

イミグレーションオフィスDepartment of Immigration in Nepal

持ち込み禁止の物はある?

ネパールでは主にポルノ雑誌・ビデオ、麻薬、銃器の持ち込みなどが禁止されています。

とくに知らずに持ち込んでしまうこともありがちな禁止物を、以下に挙げてみました。

注意すべき持ち込み物

  • 外貨(無制限持ち込み可能だが、USD2,000=日本円20万円相当以上は要申告
  • 紙巻タバコ200本、または刻みタバコ250gまで
  • 酒類1L、またはビール1ダース(アルコールが入っているみりんやエタノールなども含)まで
  • テント1張り、寝袋1枚まで
  • 苗と種を含む植物、果物、野菜、花類 不可
  • まとめ

    ネパールの入国手続きはすこし煩雑なので、事前に準備しておくと手間が省けて余計なストレスが減らせますよ。

    スムーズに入国して、ぜひネパールの旅を楽しんできてくださいね。