【完全無料】海外旅行保険がゼロ円になる裏技!?

ベトナム入国時に出入国カードやビザは必要?税関の通り方も合わせて徹底解説

ベトナム出張の多い私が頼りにしているのが、カードを持っているだけでベトナム航空でビジネスクラスと同等のサービスを受けられる《デルタアメックスゴールド》カード。この1枚ですっかり、ベトナム出張のストレスが激減しました。 ベトナム出張のストレスが激減する「デルタアメックスゴールド」とは

最近、若い女性を中心に人気の観光地ベトナム。

有名なホーチミン、夜市で食べるおいしいフォーなど魅力いっぱいの国ベトナムへの旅行を計画していると

何を準備していったらいいの?
入国審査はどんな感じ?
女子一人旅でも大丈夫?など不安に思うこともありますよね。

今回は、そんなベトナムへの入国の仕方、ベトナム旅行の準備を徹底解説します!

スポンサーリンク

ベトナムはどこから入国することができる?

ベトナムは、北は中国、西はラオス、南西はカンボジアと陸続きになっている東南アジアの国です。

様々なルートでベトナムに入国することが出来ますが、主な空港一覧をご紹介します。

ベトナムへ日本からの直行便が就航しているのは2カ所です。

空港がある場所 空港の名前
ハノイ(首都) ノイバイ国際空港
ホーチミン タンソンニャット国際空港

その他のベトナムにある国際空港はこちらです。

空港がある場所 空港の名前
ダナン ダナン国際空港
ダラット リエンケオン国際空港
フエ フバイ国際空港
フーコック フーコック国際空港
ハイフォン カットビ国際空港
カムラン カムラン国際空港
タムキ チュライ国際空港

べトナム入国にはビザが必要?

まず海外旅行で確認しておきたいのはビザですよね。

ベトナムへの入国時には滞在期間によって、ビザが必要がどうかが分かれます。

ノービザの条件

以下の条件を満たしていればノービザで入国できます。

  • ベトナム滞在期間が15日以内であること
  • ベトナム入国の時点で旅券の有効期限が6ヵ月以上あり、かつ前回のベトナム出国時から30日以上経過していること
  • 往復又は、第三国へ出国するための交通手段の切符を所持していること
  • ベトナム法令の規定により入国禁止措置の対象となっていないこと

短期間にベトナムを出入国する方は要注意

さらに、在ベトナム日本国大使館のホームページによると、上記の条件に加え

「2015年6月より、観光目的の場合に限って、前回のベトナム出国から30日以上経っていないとしても、ベトナムの空港で15日間滞在可能な1回有効のビザを取得することが出来る」

との補足情報が書かれています。

つまり、ノービザでベトナムに入国できるのは2週間以内のベトナム国内だけの旅行の場合で、隣国に陸路や空路で出国してから、もう一度入国する際にはビザが必要ですよ。ということです。

2週間以上ベトナムに滞在したい場合はどんなビザが必要?

観光でベトナムに2週間以上滞在するには2種類のビザがあります。

  • シングルビザ

    シングルビザは、一度出国してしまうと無効となってしまうタイプのビザです。

  • マルチビザ

    マルチビザは期間内であれば何回も出入国が可能なビザです。

シングルビザもマルチビザも、1ヵ月か3ヵ月の期間を選ぶことができます。

ベトナムビザはどうやってとる?

ベトナムビザの取得は

  • 出発前に大使館に行って事前取得する
  • 事前にオンライン申請して取得する

の2通りの方法があります。

出発前に大使館に行って事前取得する

日本にあるベトナム大使館、領事館に出向いて取得することが出来ます。

ビザはその日のうちに発行されますので当日受け取り可能ですよ。

ビザの申請の手順はこちらです。

  1. オンラインで申請書をダウンロードして記入する
  2. パスポート、申請書、代金、写真を現金書留で大使館に郵送する
  3. 1週間以内にビザ付きのパスポートが郵送で届く

オンラインでのビザの申請書の取得はこちら

オンラインでのビザの申請書の取得はこちらからhttp://www.vnembassy-jp.org/sites/default/files/VISAFORM_VIETNAM.docxをダウンロードしてください。

日本語での説明付きなので簡単ですよ。

在日本ベトナム大使館・領事館の住所

在日本ベトナム大使館、領事館は3か所にあります。

  • 〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町50-11

    電話:03-3466-3311、03-3466-3313、03-3466-3314

  • 〒590-0952 堺市堺区市之町東4-2-15

    電話:072-221-6666

  • 〒810-0801 福岡市博多区中洲5-3-8 アクア博多4階

    電話:092-263-7668

事前にオンライン申請して取得する

下記のURLから、事前にオンライン申請をすることができます。

Tờ khai thị thực trực tuyến

必要事項を入力し、ビザ情報をプリントアウトします。

そのビザ情報を持って、イミグレーションで取得することが出来ます(空港の場合はイミグレーション手前にあるビザ発給窓口にて手続きを行います)。

ビザの料金はオンライン決済で25ドルかかります。

申請から3日?5日はかかりますので、余裕をもって申請しておきましょう。

ベトナムに到着してから空港で取得する

こちらのビザはアライバルビザと言い、観光ビザのみの発行となります。

所要時間は30分程度ですが、確実にビザを取得することができるかは不確定なため、この方法はあまりオススメできません。

ベトナムへの入国審査の流れは?

次にベトナムに到着してからの入国審査の流れをご紹介します。

  1. 到着ターミナルに到着して入国審査(イミグレーション)の列に並ぶ

    カウンターは50ヵ所あり、日本人は「All Passport」と書かれたところに並びます。

  2. 入国審査官にパスポートと出国用の航空券を提示する
  3. パスポートにスタンプを押してもらい受け取る
  4. 預入荷物を受け取る
  5. 税関検査を通る

    課税対象となるものを持っているかたは赤のゲート、申告の必要がないかたは緑のゲートに進んでください。

    申告する物がある場合は税関申告書とパスポートを。

    申告する物がない場合はパスポートのみの提出でOKです。

  6. 出国用の税関申告書の半券を受け取る
  7. 到着ロビーに出る

これで入国完了です!

ベトナムの入国カード、出国カードは必要?

以前は、ベトナムに入国する際は入国カードの記入が求められていましたが、現在は入国カードや出国カードの記入は求められていないようです。

税関申告書は、ベトナム行きの飛行機で配布されることはありません。

申告する人は、自分で空港税関係員からもらうか、空港内に設置されている税関申告書を利用してください。

ベトナム入国の際に気を付けることは?

次にベトナムへの入国審査の際の押さえておきたいポイントと入国審査がどんな様子なのかをまとめてご紹介します。

ベトナム旅行の経験を持つ私の友人たちにもベトナムの入国審査について聞いてみたところ、ベトナム入国で押さえておきたいのは以下の3点です。

  • 帰りのチケットを用意しておこう
  • 入国審査の質問をされることはあまりない
  • 入国審査には時間の余裕をもって

帰りのチケットを用意

帰りのチケットの提出が求められるかどうかは実際のところ、その時の入国審査官の気分次第ということもあるようなのですが、

ベトナムの入国審査では、ノービザで入国しようとする場合、入国の際に自分のパスポートと帰りの飛行機が分かるものの提出を求められることになっています。

陸路でベトナムから隣国に出国する場合は、そのバスなどのチケットや、それを証明するものの提出を求められることもあります。

そもそも、日本で飛行機のチェックインの際ノービザでベトナムに渡航しようとすると、「往復の航空券または第三国へ出国する航空券が必要です。」と言われ搭乗券を発行してもらえないのですが、「ベトナムから陸路で隣国に出国してそこから日本に帰国する」といえば、ベトナム行きの飛行機に乗ることはできます。

しかし、ベトナム入国に関しては自己責任としますという書類にサインをするよう求められます。

ネットでは、入国の際復路のチケットの提出は求められないという声もありますが、私の友人の中には帰りのチケットを見せるよう言われたという例もあったので、帰りのチケットを持っているのなら提出できるように用意しておくことをオススメします。

入国審査の質問について

実は、ベトナムの入国審査ではあまり質問をされるということがありません。

割と坦々とした事務作業のように入国審査が行われることが多く、全く質問を受けずにパスポートにスタンプを押してもらえたなんてこともあります。

入国審査の質問に関してあまり心配する必要はありませんが、一応予想できる質問の受け答えを準備しておくと安心ですね。

質問 質問(英語) 答え方
ベトナムには何日間の滞在ですか? What days do you stay? 〇Days.(〇日間です)
滞在目的はなんですか? What is the purpose of your stay? tourism (観光です)
どのように出国する予定ですか? How do you plan to leave the country? I will leave here within 15 days.(15日以内に〇〇から出国する予定です)
どこに滞在する予定ですか? Where are you going to stay? I am going to stay at a hotel here.(ここ(ホテルの名前など)に滞在する予定です)
ほかにどこに行く予定ですか?(ベトナムの中で) Where else are you going to visit? After 〇days in Ho Chi Minh City, I will stay in Hanoi for 〇days and depart from Hanoi.(例:ホーチミンに〇日、そのあとハノイに〇日滞在しハノイから帰国します。)
帰りのチケットを見せてください Show me the return ticket, please. Leave the Viet Nam 〇 days after the bus. I will buy the ticket.(〇日後にバスでベトナムから出国します。バスのチケットはこれから買う予定です。)

どこから出国する予定かという項目ですが、帰りのチケットを見せた時に入国地と出国地が別々になっている場合、旅程をしっかりとチェックされることがあるようです。

自分がどういう目的で、どういう旅程なのか簡単に説明できるよう準備しておきましょう。

陸路で移動してベトナムから隣国に出国しそこから日本に帰国する予定で、さらにベトナム出国の方法はまだ決まっていないという場合、

基本的には入国審査の際、ベトナムからの出国方法の提出を求められます。

ただ、何人かのベトナム旅行経験を聞いてみたところ、隣国から日本への帰国のチケットを提出しても通してもらえたなど、陸路のチケットがないため入国を拒否されたという声は聞きませんでした。

しかし必ず大丈夫ということも言えないので、なにかしらの出国を予定するものを準備しておくと安心ですね。

入国審査には時間の余裕をもって

入国審査はどの国でもずらーっと人が並んでいるのが普通ですが、ベトナムの入国審査もわりと時間がかかるようです。

平均で30分~1時間弱かかることもあるようなので、次の予定が迫っている場合は急いで入国審査の列に並ぶことをオススメします。

当てはまるかも?ベトナムの税関申告

海外旅行の際にしっかり調べておきたいのは、税関申告の必要なものについてです。

持っていく荷物がチェックに引っ掛かって没収されてしまったり、規定を知らずに持ち込もうとして罰金なんてこともあったりします。

ベトナムの税関申告の必要なものを調べてみると、割とどんな人も引っ掛かりやすいような項目がありました。

持ち込みに制限があるもの

 

品目 制限について
通貨 5000ドル以上の外貨,1500万以上のベトナム通貨の持ち込み
たばこ 20箱以上
アルコール度数22度以上は1.5リットル以上,アルコール度数22度以下は2リットル以上の持ち込み
300グラム以上
その他の物品 500万ドン相当以上の物品

通貨、外貨の持ち込みに関して

通貨、外貨の持ち込みできる金額は1500万ドンは日本円に換算して約7万円です。

日本でベトナム通貨のドンに両替して持ち込む場合は必ず申告しましょう。

また申告をせずに、出国時、規定以上の現金を持ち出そうとすると所持金を没収される可能性がありますので、申告はお忘れなく。

その他の物品に関して

表の最後にあげた500万ドン以上の物品に当たるものですが、在日本ベトナム大使館のホームページには、ビデオカメラ、ラジカセ、CDプレイヤー、パソコン など500万ドン相当を超えるものであり、申告に際してはメーカー、機種を明記しておく必要があります

と注意が促されています。

500万ドンは日本円に換算すると約23000円程度です。

パソコンなどの電子機器は申告の必要が出てくる可能性が高いですので、忘れずに申告するようにしましょう。

また、パソコンの持ち込みの際は必ずメーカーを確認されますのであらかじめ確認しておくか、メモに記入して持って置くといいでしょう。

ビデオカメラの申告について

ビデオカメラの申告が求められていますが、ビデオカメラよりもデジカメを持っていきたいという方は多いと思います。
このデジカメは申告が必要なのか?という疑問がありますが、これは申告不要のようです。
ネットの質問でも以下のようなコメントがあげられていました。
「ベトナムとしては現在も社会主義を維持していることもあり、官憲のいないところで勝手にビデオ撮影されたり、それをテレビで放映されたりすることを嫌います。
でも、写真の撮影には制限がないわけで、デジカメでも同様の扱いです。
実際、イミグレでデジカメを手にしている外国人がいても何も言いません。」

特に気を付けておきたい「持ち込み禁止物品」は?

  • わいせつ物品
  • 骨董品
  • 銃火器
  • 麻薬

ここで気になるのが、わいせつ物品です。

どんなものが対象になるのかというと、在日本ベトナム大使館のホームページでは「べトナム人のモラルに悪影響を及ぼすおそれのある出版物、写真、ビデオ等」と規定されています。

どんなものがベトナム人のモラルに悪影響を与えるものとみなされるのかというと、

税関職員によってその判断は一概に言えないようですが、

  • 乳首が露出している
  • 衣服から乳首が透けて見える
  • 下着や水着の上から乳首のラインが見える。

といったものが当てはまるようです。

ベトナムのわいせつ物品の持ち込みに対する罰金は1000~2000USDという話もあります。

日本円で約10万円~20万円とかなり高額ですよね。

日本の青年向け雑誌や週刊誌、DVDなどのチェックはきっちり行われているようです。

また、わいせつに関係のないものでもDVD、CD、ビデオテープなどは持ち込む際に内容の確認が行われますので、手間と時間がかかっていやだ!という人は持ち込まないようにするのがいいでしょう。

ベトナムから日本に持っていけないものってあるの?

楽しいベトナム旅行を日本にいる家族にもとどけたいと思いますが、

日本に持ち込むことができないものがいくつかあります。

  • フルーツ

    食品用に加工されているドライフルーツは持ち込むことができますが、現地で購入した生のフルーツや食品用に加工されていないドライフルーツは日本に持ち込むことが出来ないのでご注意を。

  • においの強い調味料

ベトナムといえばナンプラーなどの刺激臭がする調味料が有名ですね。

実はこの調味料類は、機内持ち込みに限って持ち込みが禁止されているんです。

液体はなかなか機内に持ち込むことはできませんのであまり持って行ってしまうということがありませんが、注意しておきましょう。

  • 有名ブランドの模倣品

ベトナムの現地では沢山の有名ブランドの模倣品を見かけます。

とにかく沢山売っているんです。

でもこの偽ブランド品、日本の税関が偽物と判断したものは、持ち込むことができません。

目新しさや面白さで購入し、偽物と知りながら日本に持ち込むことも犯罪になりますので気を付けましょう。

  • 骨董品

こちらはベトナムが日本への持ち出しを禁止しているものとなります。

旅行中ひとめぼれしてしまう骨董品に出会うかもしれませんが、残念ながら基本的に持ち出しが禁止されています。

しかし、買った場所やお店の名前、レシートをそろえておけば持ち出しを認めてくれるという話もあるようなので、どうしてもという場合は没収覚悟で持ち込んでみてください。

ベトナム旅行に予防接種は必要?

東南アジアでは、日本人が免疫を持っていないいくつかの病気が蔓延しています。

短期間の滞在だとしても、あらかじめ予防しておくのは大切ですよね。

ベトナムでかかりやすい病気は以下のものがあります。

病名 注意点など 予防・対策
A型肝炎 ベトナムで一番かかる可能性の高い病気

A型肝炎は、 A型肝炎ウイルスに汚染された水や食品(魚介類,野菜など)を摂取することにより感染します。

ベトナムのフォーに入っているレバーのようなものがありますが、それは牛の血の塊です。

ベトナムは感染リスクの高い国とされていますので、大使館のホームページでも予防接種をすすめると記載されています。

対策としては、夜市など外で食事をする際、あまりにも衛生面が悪い場所での食事は避けましょう。

日本脳炎 全土(特に北部)において感染患者の報告はみられているものの、都市部の感染リスクは高くはありません。

日本脳炎ウイルスに感染したブタやイノシシなどの宿主を吸血した蚊を介して感染するので農村部に多くみられ、ハノイの近郊でもみられます。

大使館のホームページでは

予防接種をしておくと安心でしょうという注意喚起がされています。

都市部では感染リスクが高くないので、ベトナムのどこに主に滞在するかによって予防接種を検討するといいですね。

デング熱 国内46都市で183,287人が罹患し30名が死亡。

ベトナム全土で感染の可能性があります。

蚊の発生しやすい6月~11月の雨期に流行

ワクチンや予防接種はありません。

各自、虫よけの対策や長袖長ズボンの着用などで対応することができます。

腸チフス 腸チフス汚染地域(感染リスクの高い地域)に指定されているので注意が必要 日本で予防接種を受けることはできませんが、予防に有効なワクチンがあり,当地で接種可能です。
マラリア 中部高原や東南部などをはじめとした地方(農山村地帯)では感染リスクがあるので注意を要します。 都市部では感染の確認はされていませんが、感染リスクのある地域に滞在する場合は、蚊を媒体とした感染ルートとなるので、蚊に刺されないための対策を取りましょう。
狂犬病 狂犬病患者の多くはメコンデルタ地域からの報告ですが、動物の狂犬病はベトナム全土で確認されています。 狂犬病を持っている動物に噛まれた際すぐに病院に行くことが出来ない可能性もありますので、あらかじめ予防接種を受けておくことがすすめられています。
結核 ベトナムの結核罹患率(人口10万人対133(2016年))は日本の約8倍となっています。 滞在中、帰国後風邪のような症状が長引く場合は早めに病院にかかってください。

しかし、ベトナム入国に関して予防接種が義務付けられているものはありませんので、すべて任意での予防接種となります。

現地に到着してからも予防接種を受けることができます。

現地の医療機関の一覧は在日本ベトナム大使館のホームページから確認することができます。

まとめ

ベトナムはグルメに観光に魅力の多い国です。

入国審査は案外シンプルで、入国、出国カードの必要もなくビザと出国の方法さえつかんでおけば初心者でも安心して旅行できる国なんです。

初めてのベトナム旅行を楽しんできてくださいね!